スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・12・1 ケイトさんのこと

 寒くなってきて風邪ひいてる人も多いみたいですね。私もどうもあ
やしい・・・Sophieです。

先月中旬の2週間、我が家にケイトさんという65歳の女性がホーム
ステイしていました。
   ↓
ケイトさん空港


その間日本語学校に通われたのですが、日本に来るのは4度目で、今
回も福岡に来る前、飛騨高山や京都を2週間めぐってこられていまし
た。

肩からかけるキャンバス地のバッグには「恵斗」「旅行」と赤いマジ
ックできれいな字で大きく書いてあります。

ケイトさんは「アーティスト」ということで日本語学校の方からは紹
介されていましたが、一緒に暮らして話していくうちに、いろんな顔
があることがわかりびっくりしてしまいました。

絵を描くアーティストでもあり、書家でもあり、俳句もつくり、内科
の医師であり、サイクリストでベジタリアンでエコロジスト、家庭で
は主婦でありひとり息子の母であり(と同時に何人もの里親にもなっ
ている)、敬虔なクウェーカー教徒であり、そして平和活動家でもあ
ります。

滞在2週目の木曜日、以前から親交があったというNAC(Never
Again Campaign) が主催する会で、ケイトさんが講演されるという
ので、私も英語関係の友人を誘って聞きに行きました。

日本語でもしゃべりたいというので、何日も前から一生懸命原稿を書
いて準備されていました。

日本語は10年勉強しているということでしたが、ペラペラというわ
けではありませんがちゃんと漢字も織り交ぜてわかりやすい原稿にな
っており、感心しました。

「もうトシですから、ぼちぼちです」

と笑うケイトさんは、髪は白いしお化粧っ気もないのですが笑顔とか
動作、しぐさ、歩き方などがすごくかわいらしく感じる方でした。

相撲が大好きで、ちょうど始まった九州場所を見に行くことも出来て
たいそう喜んでいらっしゃいました。

毎日のテレビ中継では、白鵬が出てくると「はくほ~~~!」と手をたた
きながらテレビに走っていき、ちょこんと正座をして応援されるのも
微笑ましかったです。

また、時々、こう言いたいのだけど日本語が出てこないーーーという
ことがあるらしく、その時は「ウーン・・・・」と言いつつ宙をあお
ぎ、そしてどうしても出てこないと、「ハアァ~~~~」とうなだれ
て深いため息をつかれるのです。

その様子がかわいく、また、逆に自分も英語をしゃべる時おおいに
「言いたいことが言えないもどかしさ」を感じているので、いたく共
感したことでした。

講演の内容は、直接的に「平和」というものというよりは、ケイトさ
んの住むサンタフェにからめて話されたものでした。

でも、サンタフェには大戦中、日本人の収容キャンプがあったり、近
くにはロスアラモスという原爆を作ったところ(現在も研究所がある)
もあり、また日本軍が炎天下米軍捕虜を長距離行軍させて多数の死者
を出した「バタン島死の行進」では、サンタフェ出身の兵士がたくさ
んいたことなど、戦争や日本との関係は深いものがあるのだとおっし
ゃっていました。

ニューメキシコ州の州都であるサンタフェは2100mの高地にあり
1610年にスペイン人がつくった町だそうですが、プエブロやナバ
ホなどnative Americanも多く住んでいて、「アングロサクソン、ヒ
スパニック、ネイティブアメリカン」の3文化のまちと言われていた
のですが、最近はメキシコと中米からの不法移民が増えて4文化?!
になりつつあるそうです。

写真も見せてもらいましたが、Adobeという独特の赤茶色の建物がと
ても美しい町で、私の「ぜひ行ってみたいところリスト」のひとつに
さっそく加えました。

会の最後の質疑応答で、「太古の昔から人間は戦争をしていてそれが
絶えることはないと思いませんか?」とのちょっと意地悪な質問が出
たのですが、ケイトさんはそれに

「それでも私は私がいいと思う出来ることをやるのです」
I have to do what I think is right.

と答えられました。

大統領に手紙を書き、デモ行進をし、牛の肉を食べない(牛のゲップ
がメタンガスを出し地球温暖化するからだって)、そんなことがなん
の役に立つかわからないけれど、自分はそう願いながらやっているの
だ、と。

いままで何十人とホームステイをしてきましたが、こんな短期間の
あいだにこんなにいろんな面で教えられ影響をうけた方はいませんで
した。

私がつけっぱなしにしていたテレビや電気を、しょっちゅうパチンパ
チンと消していってたケイトさんを思い出しながら、赤面しつつエコ
に目覚める私です・・・・。


毎日颯爽とこのスタイルで日本語学校に通われました。
    ↓
ケイトさん自転車

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#346 NoTitle
ケイトさんて、なんて多才の持ち主なんでしょう!
毎日がとても充実してるんだろうなー。
自分がしたいことをおそらくほぼすべて行動に移してるんだろうなー。

「それでも私は私がいいと思う出来ることをやるのです」
I have to do what I think is right.

こういう押し付けがましくない信念の持ち主、とてもステキですね。
自分ができることをできる範囲でする。
みんながそういう気持ちを持っていれば、もっと世の中よくなると思います!
#347 Kumikoさん、コメントありがとうございます
ほんと、人間としてとても尊敬できる、こんなふうに歳とれたらいいな、と思うお手本のような方でした。

不法移民がふえドラッグやアルコールの問題、ティーンエージャーの妊娠、などいろいろ問題も多いそうですが、その子供達の更正にも尽力されているみたいです。
#348
偉い人ですね。
凄い人と知り合いになってしまいますね。
#349 マックス、コメントありがとうございます
そうですね~
こういうとき本当に出逢いのありがたさを感謝します。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。