スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・10・6 rucksack-freakの妄想

妻夫木くんファンの友人に誘われて、映画「悪人」を観て来たSophie
です。

「誰がほんとうの悪人なのか?」という観終わってやるせない悲しい
気持ちが残る映画でした。

脇を固める樹木希林、柄本明らの演技が素晴らしく、生きて行くせつ
なさみたいなものが胸をしめつけました。

この映画は福岡、佐賀、長崎、が舞台で、おなじみの地名や場所が映
画の中に出てくるのも九州人にとっては興味深いところ。

特に、父親役の柄本明と、間接的に娘が殺される原因を作ったチャラ
けた大学生役の岡田将生がKubrickという本屋さんの前でもみ合うシ
ーンは、福岡市赤坂の「けやき通り」という、名前どおりけやき並木
が両側からトンネルのように続くおしゃれな通りなのですが、私が結
婚してから5年間住んでいたところでもあり思い入れ深くみてしまい
ました。

映画の中に行った土地、住んでいた土地などが出てくるとそこを再訪
したような気持ちになり、その時感じた風、におい、温度、などの感
覚までよみがえってくるようです。

1日の映画半額の日には、今度こそ!と「食べて、祈って、恋をして」
を観て来たのですが、(今回はちゃんと題名を言えましたよ)
その映画の中ではローマとバリ島に再訪?!することが出来ました。

ローマは2年前、バリ島は去年行ったのですが、そのときのローマの
石畳の感触、ピザやワインの香り、バリ島のお寺の独特のお香やプル
メリアの香り、肌にはりつくような湿気と暑さ、夕陽のまぶしさ、な
どが鮮やかに思い出されました。

映画自体は、主人公が自分を'SEEK'するのになぜそんなに世界を回ら
なければならないのかいまいち動機がわからなくて、ハテナだった
のですが、先日会ったアメリカ人Tamahさんによると「自分探しで
インドに行くのはアメリカ人にはすごくよくわかる」そうです。

ふ~~~ん・・・。

「でもこれは原作の本の方がいいよ」ということだったので、やはり
ちゃんと読んでみようと思います。
(買うだけ買って、毎度のごとくに放り投げてあるの・・・)

ところで、この「食べて、祈って、恋をして」で私が一番印象に残っ
たのは、映画の内容よりも、バリ島でジュリア・ロバーツ演ずる主人
公が自転車に乗っていて、後にboyfriendとなるFelipeの車と接触す
る場面で、彼女がからっていた、藤で編んだ四角いバッグをリュック
にしたもの。(「からう」ってわかります?背負うことですが、これ
って方言なのかしら?)

「あ~~!これ欲しい~!かわいい!♪」

このビデオの最初にちらっと出てきます。
     ↓



実は私はリュックフリークなのです。

ウォーキングが趣味なので、重心が片寄らず両手が使えるリュックが
一番歩きやすいし便利だから。

しかし!

私はトレーニングウェアを着て、歩くのが目的で歩くわけではなく、
ワンピースやスカートに歩きやすいミュールといういでたちで普段の
生活の中でバスや地下鉄に乗らないでかわりに歩くーーというながら
ウォーキングがほとんどなのに、私が欲しいデザインのリュックとい
うのがまったく売ってない

リュックといえば、基本いわゆるアウトドアのデイパックスタイルで
すが、私はワンピースにも似合う、もっとエレガントでお洒落で可愛
いリュックが欲しいわけです。

たとえば、光沢のあるサテン生地にリボンがついてたり、思いっきり
レースひらひらだったり、シャネルのようなキルティング生地でゴー
ルドチェーンの肩ひもだったり、ケリーバッグをリュック型にしたり、
フランスのリセ風だったり、上等な皮で書類も入り通勤に使えるリュ
ックだったり、もこもこのウールで羊型のリュックだったり、パーティ
にも行けるようなスパンコールいっぱいのちっちゃめのリュックだっ
たり・・・と、用途によっていろいろ使えるように頭の中には山のよ
うにデザイン画が描かれているのですが・・・。

最近の私の妄想は「私のデザインをもとにリュックを作ってくれると
ころを見つけて、オリジナルリュックをネット販売し、それが大評判
となり大儲けする」ーーというもの。

妄想が高じて、この頃はなかば本気でブランド名まで考えちゃってる
私です。

「よくそんな妄想で遊べるよね~」

と娘にはあきれられていますが、母は、

「なんでも、やってみれば?」

と、これまたなかば本気?!

とりあえず、ジュリア・ロバーツの藤のリュックのデザインはいただき
です!(^∇^)/ 

「Sophieデザインのリュックを作ってみたい」という方がいらっしゃ
いましたら、ぜひご連絡くださいませ。

一緒に「大儲け」いたしましょう?! ♪♪


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#304
「からう」これは方言です。

「からかう」のミススペルかな?と思いました。

でも携帯に「からう」があるから使うのかな?

#305 No title
リュックブランドに賛同者が現れるといいな~♪
エレガントなリュックは私もみたことありません。
ぜひブランド名にはSophieが付いて欲しいです!

ちなみに私も「からう」は分かりません。
#306 マックス、
携帯の方に、いろいろと細かいアドバイスをいただき
本当にありがとうございました!
これこそステップ バイ ステップですね!

「からう」はやっぱり方言でしたか~~

「ランドセルをからう」とか言うんですけどねー
#307 Kumikoさん、コメントありがとうございます
倉敷で「からう」は言わない・・・
これは、関門海峡を越えてしまうとダメなのか・・・??
境界線はどこであろうか?

リュック、気に入ったのがないのなら
自分で作ってしまおう!のノリです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。