スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・5・26 胸キュンのうた

遅まきながら?!東方神起を聴きだしたSophieです。

大学で第二外国語に韓国語をとっている韓流ファンの娘が持って帰っ
たCDです。

ジャケットの写真を見ても、最近テレビドラマに出ているジェジュン
以外は、まったく見分けがつかない私。

「ユチョンは帰国子女で英語がうまいから、英語の歌詞はほとんどユ
チョンが歌ってる。ジュンスは一番歌がうまい。ユンホはダンスが一
番うまい。チャンミンは一番年下で、年下の人のことはマンネと言う
の。ジェジュンは家がちょっと複雑で案外苦労人なんだ。」

ーーといろいろ娘が説明してくれるのですが、うーん、みんなカッコ
いいけど、やっぱり見分けがつかない・・・。

それにしても、この人たちの日本語のうまいこと!!

すごく早いテンポのラップ調の曲も、よどみもアクセントもなく見事
な日本語で、ほんとに感心してしまいました。

そのCDの中で胸がキュンとして励まされる歌だったのが、
「明日は来るから」
   ↓


「雨降るときには君の傘になろう 風吹くときには君の壁になろう」

「どんなに闇の深い夜でも 必ず明日は来るから」

とあのきれいな顔で歌われると、不思議と希望がわいてくるではあり
ませんか!

また、最近の口蹄疫のニュースに関連して思い出した歌があります。

昔々、子供だったころ、「あーるー晴れたひーるーさがり」♪ で始
まる「ドナ ドナ」という歌がNHKのみんなの歌でながれていまし
た。

動物好きの私は、この歌を聴くたび、市場に売られてゆく(つまり殺
される)子牛がかわいそうで、涙が出たものでした。

いま、連日の口蹄疫で殺処分される牛のニュースを見るたびに、この
「悲しそうなひとみで見ているよ」という歌詞を思い出し、胸がきゅ
んと痛みます・・。

先日の福岡の地元紙に、現場の獣医師が、自分が往診していた牛を処
分しなければならない時の話がのっていました。

「右手の指先が痛い。ひたすら牛に注射を打ち続けた。数えてみれば
140頭近い。」

「子牛もいた。何のために生まれてきたんだろうと考えながら・・。
鎮静剤を打ち、おとなしくなったところで静脈に殺処分用の薬剤を入
れる。作業効率化のため1列に並ばされた牛。1頭ずつ倒れていく。」

「暴れる子豚を抱き押さえ、獣医師が心臓に注射を打つのをじっと待
つ。腕に感じるぬくもり、震え・・。『切ない、すさまじい悲鳴をあ
げるんです。』人間の赤ちゃんが泣き叫ぶのに似た声が、今も耳に残
っている。」

ーーーとは、養豚場で豚の殺処分を手伝った行政職員の話です。

「忠富士」を育てた酪農家の方が、そのブランド牛を生み出すには
20年以上も交配を繰り返したと言ってらっしゃいました。

手塩にかけた我が子のような牛を市場に出せずに、無駄に殺さなけれ
ばならないその心中はいかばかりでしょうか。

心情的なもの以上に、経済的な損失も想像を越えるものでしょう。

ーーーでも、
「どんなに闇の深い夜でも 必ず明日は来るから。」

一日も早くこの伝染病が収束し、宮崎が誇りとするこの産業が立ち直
ることを祈るばかりです。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#200
口蹄疫の件Sophieは感じる心があって素晴らしいです。
尊敬します。

「YouTube画面をブログに載せる方法 FC2」で検索すると山ほど方法が出てきます。
#201
マックス、
ありがとうございます。

そーなんです、FC2の言うとおりにトライしてるのですが
なぜか最後の最後でアップロードを拒否られていつも失敗するのです・・
主人と一緒にやってもらっても同じ結果で「わからん!」と言われてしまいました・・
#202
私も5人の顔が違うことは分かりますが、誰が誰やらさっぱり・・・

口てい疫の記事を読みました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100517/214459/?P=1

それに加え、Sophie-sanの文を読み、胸が痛くなりました。
我が子のように育ててきた家畜ですものね。
早く事態がおさまることを祈るばかりです。
#203
こんばんは~
お久しぶりです。
PCを新しくしたのですが、前のデータがうまく保存できなくて、こちらがわからなくなっていたのです。
買って1ヶ月なのに修理に出す羽目に・・・
で今また前のXPに戻ったのでここに遊びにこれました。

東方神起いいでしょ。
ワタシ2年位前までFC会員でしたよ。
活動休止なんて悲しいですが
ジェジュン大好きでしたね~
すいませんミーハーで・・・
ホームページもうすぐなので、できたら連絡します。
 
#204
Kumikoさん、
記事を読みました。
現場の現実はほんとに「地獄」なんですね・・・
無念でたまらないーーという言葉がとっても重く心にのこりました。
#205
きくさま、
ホームページ楽しみにしています!

私は東方神起の顔と名前がいまだに一致しません・・っていうか
名前がまず覚えられません・・・

でもとにかくすごい子たちですね。

娘はそのほかに、BIG BANGというのが大好きで、こんど
東京でのコンサートに行くそうです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。