スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマや映画や舞台や

1月13日

アロマオイルを使った、ボタニカルワックスバー作りのレッスン。
by natural and more 竹田知子先生。

フランス製のエッセンシャルオイルとドライの花やハーブ、そして櫨
(ハゼ)から作った木蝋を使います。
 
IMG_1070_convert_20160124162938.jpg

櫨の実から作る天然の植物性ワックスは和蝋燭や鬢付け油の原料とし
て昔から使われてきたものですが、近年ヨーロッパなど外国への輸出
が多くなり「Japan Wax」としてとても人気だそうです。

まず、自分が使う精油を幾つか選びます。

ハーブ系、フローラル系、樹木系、スパイス系、柑橘系、など系統が
同じものが相性がいいのはもちろんですが、それぞれのグループをサ
ークル状にしたチャートみたいなものがあって、隣り合ったグループ
同士も合うのだそうです。

ビーカーで溶かしたロウがやや冷めたら、精油を入れ、型に流し込み、
ドライフラワーなどを思い思いに散らし・・・
 ↓
IMG_1069_convert_20160124162852.jpg


持ち帰りの箱に入れてーー出来上がり!
 ↓
IMG_1071_convert_20160124163012.jpg


”香り”というのは、ダイレクトに脳に働きかけるそうです。
ある香りを嗅ぐとそれにまつわる思い出がパーッと瞬時にその時の感
情まで一緒に湧き出てきたり。
(たとえば、好きだった人の香りとか、風に春の匂いがすると入学式
を思い出すとか)

私は、(今まだ売っているのかどうかわかりませんが)LAZY SUSAN
”アップルサイダー”というポプリとオイルが大好きで、その香りを嗅ぐ
となぜか若い頃暮らしていたアメリカのNew Orleansを思い出します。

私の中では、「アップルサイダー=アメリカ」って感じ。

ーーで、先生に「アップルサイダー」の香りを作れないか、と聞いて
みましたところ、天然の精油には「林檎」はない(作れない)のだそ
うです。

一番近いところでは、シナモン➕カモミール、ではないかと言われま
した。

でもやはりシナモンとカモミールでは私の「アメリカ」の香りにはな
りませんでした・・・・。


ところで、
「久しぶりにLAZY SUSANに行ってみようかな。まだ”アップルサイダー”
は売って いるかな・・?」・・・と思って、LAZY SUSAN をネットで
調べてみた過程で、 初めて知ったびっくりポンなことがありました。

LAZY SUSANって、単純に「怠け者のスーザンちゃん」だと思っていた
のですが、 これって普通名詞で、
 ↓
(主に米国で用いられる)食卓にのせる 回転盆[台] (主に英国で用
いられる)dumbwaiter《食卓に置いて料理や調味料などをのせるもの》.

という意味があるんですって!

へ〜〜、知らなかったわ〜〜!w(゚o゚)w
イギリスのdumbwaiterって表現も面白い。


さしずめ、我が家で呼ぶとしたら”LAZY SOPHIE”ですな。






1月14日

スペイン料理のM先生の恒例の新年会。at ラ・ロシェル。

今年のentertainmentはM先生のお友達だというイタリアからのオペラ
歌手の方!ちょうど翌日に福岡でコンサートがあったので日程が合わ
れたのだそうです。
 ↓
IMG_1078_convert_20160124163037.jpg


お馴染みの皆様と一緒に素敵な音楽に美味しいお料理。

気分も晴れやかにhappyに、今年もいい年になりそうな気がしました。





1月15日

映画「ブリッジ オブ スパイ」を観る。

原題はBridge of Spies と、spyが複数形。
映画をみてその意味がわかりました。

トム・ハンクスが好きなので、それだけの理由で観に行ったのですが、
すっっっごくいい映画でした!!

ソ連との冷戦期、ソ連側のスパイとソ連に捕獲されたアメリカのパイ
ロットとの 交換の交渉を民間の弁護士一人の手に託される。それに
偶然東ドイツ側に残されたアメリカ人学生の運命まで絡んでの実話
です。

この前の「黄金のアデーレ」もそうだったけど、実話の持つ重さって
圧倒的迫力があります。

交渉の場は東ベルリン。

ドイツが東と西に壁を隔てて分けられる歴史。乗り越えようとして射
殺される 人々・・・。貧しさ、寒さ。そういう、「昔現実だったこと」
を大画面を通して自分がその場にいるかのように追体験できることは
映画でしかできないことかもしれません。

トム・ハンクス演じる弁護士とソ連のスパイが、敵味方を超え、男同
士なにか人間としての尊敬の念を抱いてゆくところがグッときました。

個人としてなら人間同士、こうして理解しあえるのに・・。

この時代から比べて世界は少しは平和になっているのだろうか・・・?

むしろもっと複雑なかたちで、あるいは安穏と暮らす私たちには見え
ないところで(ISILなど・・)世界の争いはひどくなっているとも言
えるかもしれないなあ・・とちょっと背筋が冷やっこく感じたのでし
た。




1月16日

これも恒例。大好きなコント集団「THE NEWSPAPER」の舞台。
at JR九州ホール。

今年は、ファンクラブとコネ?!のあるKさんにチケットをお願いし
ていたので、なんと最前列の真ん中の席!
きゃー!
ありがとうございます!

昨年の振り返りを皮切りに、安倍首相の演説から始まる政治ネタの数々。
よく研究されてピリッと本質をついた風刺がきいていて、とにかく面
白い!!!

今年の秀逸は、松下アキラ扮する甘利大臣。
もーお、そっくり過ぎる!(*≧∪≦)

このあと程なくして金銭授受問題で辞任してしまわれましたが・・・。
来年はこのネタも加わることでしょう。

松下アキラは、プーチンさんにもなったのですが、登場してからしば
らく背広の前を開けて内側をじっと眺めること数十秒・・・・
何してんだろ?と皆が不思議に思い始めたころ、ひとこと。

「ウラジミール(裏地見る)・プーチンです」

爆笑〜〜〜ヽ(≧∀≦)ノ


鉄板ネタの「さる高貴な方々のご家族」シリーズでは、おもむろに登場
してきた侍従長が、足を組んでいた私を指差し、
「そこのアナタ。さる高貴な方々の御前で、足を組むのはちょっと・・」
と、たしなめられてしまいました。

また、最前列の別の男性には、
「そこのアナタ、足ちょっと広げすぎ。もうちょっとこうお行儀よく・・」
(と、手のひらを狭める仕草)

「特に最前列の皆様は、目立ちますからお気をつけて」
とご注意を受けました。(笑)

さる高貴なご家族についてはシーーッ!ですので、ここには書けません。

さる高貴なご家族にお目にかかりたい方は、ぜひTHE NEWSPAPERの公演を
見に行ってくださいネ





1月17日

この日も舞台を観に。

「とりあえずお父さん」at キャナルシティ劇場。

藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明、の4人芝居。

イギリスのアラン・エイクボーンという脚本家原作のコメディ。
(原題は、"Relatively Speaking")

4人のそれぞれの勘違いや誤解やタイミングの悪さ(良さ)が交錯し
たお洒落なドタバタ劇(ドリフのように走り回りはしませんが)でした。

「こんなアホな勘違い、ないやろ!」とは思うのですが、でも「あり
そう」と思えてしまう設定がとってもウマイ!

人間って、相手の言葉を自分の都合のいいように解釈したり思い込ん
だりするところがありますものね。それで勝手に喜んだり嬉しがった
り落ち込んだりひがんだり・・・。


ちょうど同じ頃送ってきた大学の同窓会報に、卒業生である脚本家の
大石静さんの講演会が特別講座として行われた時の、講演要旨が載っ
ていました。

「脚本家は、”物語をセリフで表現する”というのが他の仕事にはな
い独特なものです」

「人間はだいたい思っていることの2割ぐらいしか口にしない。本音
の8割は隠している。その表層の2割をセリフにして、奥の8割を感
じさせなくてはならない」


ーーと言ってらっしゃるのを読んで、そうか、だから現実の生活でも、
2割を聞いた人が「奥の8割」を自分で脚色してしまうところがあって
受け取り方の違いとか誤解とかが生まれてくるのだろうなあ〜・・・と
思ったりしたことでした。


今、日曜夜にやっている「家族ノカタチ」というドラマが面白くて毎週
見ているのですが、その中で、主人公(香取慎吾)のお父さんの陽三
さんが、再婚相手の連れ子でコミュニケーションが苦手な浩太くんが
転校することになった時
「人間、挨拶と”ありがとう”と”ごめんなさい”だけちゃんと言えれば
なんとかなる」
と言ってました。

言葉って、シンプルが一番?!












スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#945 No title
多々活動されているので、Busy Sophieさんですね。
”dumbwaiter”は一寸捻った感じが英国風かも知れません。

九州地方は先週、水道凍結や断水が報じられていましたが、
福岡は大丈夫でしたでしょうか。

朝ドラ「あさが来た」で、女子大の創始者が登場しましたね。
見たことあると思ったら、確か去年の大河に長州藩士役で出ていた俳優さんだと思います。


もう早2月です。プロ野球キャンプも始まりました。
V3目指すFSHの仕上がりにも注目ですね。 
ではでは。

#946 アストンマーチャンさま、
こんにちは。先週の雪、九州人にとってはほんとにすごかった!私は一歩も家から出ずに丸まっていたら腰が固まってしまいました。
ついに、成瀬仁蔵先生登場しましたね〜!
あの俳優さん、大河は見てなかったのですが、NHKのグレーテルのかまど、というお料理番組に出てる人ではないかなあ?かわいいですよね。
出番が多いといいな。
ホークス、今年も活躍してくれるでしょう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。