スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月

暮れに、英語の生徒さんだったコウタロウくん(去年関西の大学を卒
業して九電工に就職)が、また干支の博多人形を持ってきてくれまし
た。
ありがとう!!o(^▽^)o
 ↓
IMG_1041_convert_20160104123110.jpg


コウタロウくんのおじさまが博多人形師でいらっしゃるのでいつも、
可愛らしくて優しい雰囲気が特徴の干支の置物をいただきます。

仕事の方はまだ慣れず、怒られることも多いそうですが、彼の人柄を
思うと、きっと先輩や上司の方々から愛情かけて育ててもらっている
のだろうなあ・・と思います。

真面目で優しいーーおじさまの博多人形の作風と同じですネ。


追記

このおじさまの工房の若いお弟子さんが、琴奨菊のコトバウワーポー
ズの博多人形を作って贈ったところ琴奨菊がとても喜んで、結婚式に
も呼ばれたという記事が新聞に載っていました。
このお弟子さんは10年目で、今春独立を許されてご自分の工房を持
たれるそうです。



1月1日


いつものように、主人の実家へ。

両親が亡くなった後もお兄さんが当主として変わらず歓待してくださ
り、恒例のおせちとフグをお腹いっぱいいただきます。

お兄さんと主人はお酒は底なし。
シャンパンと日本酒、何本空けたやら・・・。


サトシくんとこの賢い双子ちゃんは、ただいま百人一首を暗記中。


今回、東九州道が椎田道路につながっていたため、車での往復が時間
的にだいぶ楽でした。

ニュースにも時々出ていた、最後まで立ち退きを拒否していたみかん
農家の方が行政執行でついに土地を明け渡しとなったので、来年は大
分まで高速がつながってますます便利になっているでしょう。

公共の利益とはいえ先祖代々の土地を奪われ、畑を分断されることに
なったみかん農家の方には申し訳ないけれど、私たちにとってはすご
〜く時間短縮で楽になるし恩恵を受けるのでありがたいです。m(_ _)m






1月2日

夕食を母の家で。

恒例のお正月のお食事。

毎年、大晦日は弟夫婦、1日は妹家族、2日を私たちーーーと、順番
によんでくれます。(一度に入りきれないので)

「いったい私はいつまで人をよばなきゃならないのかね〜?」
と言ってますが、ホント、母の手作りのお料理目当てに、子供達だけ
でなく、叔母たち(父の妹たち)、お友達、と次々に来客があり、休
む暇もありません。

何事もあまり褒めなかった父が、
「俺が死んだらこれで商売をせよ」
と言ってたくらい、母の黒豆や栗きんとんは絶品です!!

がめ煮、昆布巻き、ローストビーフ、卵焼き、ブリのお刺身、サーモ
ンマリネ、カニ入りポテトサラダ、などが並びます。

「いつも代わり映えしなくって」
と、母は言いますがーーー変わらないからいいんです。




1月4日

お休みも終わり、また普段の生活開始。

私はさっそく整体へ。



1月5日

今日はピラティス。


今年もメンテが大変だ・・・・。

  





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。