スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄金のアデーレ」とヘレンさんの品格

11月30日

「黄金のアデーレ 名画の帰還」を観に行きました。


主人公は80代のマリア(ヘレン・ミレン)
戦時中ナチスに略奪され、戦後はオーストリアのベルヴェデーレ美術
館に所蔵されていたクリムトの有名な絵画「アデーレ・ブロッホバウ
アーの肖像」の自分は正当な継承者であると、駆け出し弁護士のラン
ディ(ライアン・レイノルズ)と共にオーストリア相手に訴訟をおこ
して、紆余曲折ありながら勝訴して取り戻すーーという実話に基づい
たストーリー。

誰でも一度は目にしたことがある有名な絵に、このようなストーリー
があったとは、驚きでした!

法廷モノの映画は私の好きなジャンルですが、そのうえにヒューマン
ドラマ、バディもの、ハラハラドキドキ、素敵なファッション、夫婦
や家族の絆、人間としての成長、という要素もふんだんにあり、私の
好きなものが全部つまった映画でした。
(つまり過ぎの感もあり?!)

ヘレン・ミレンは、何年前だったか、スターチャンネルで「二重誘拐」
(”The Clearing”)
を観て印象的だった記憶があります。

ロバート・レッドフォードの奥さん役だったのですが、そのときもファ
ッションがシンプルだけどとても品があって素敵だったのと、凛とし
た雰囲気や、全然崩れてないスタイルの良さに、「うわ〜、こういう
ふうに歳をとれたらいいなあ〜〜!」と憧れてしまいました。


「クイーン」でのエリザベス女王の役など、とにかく品のある役が板
についている女優さんだなあ〜・・と思っていたら、 略歴で「父は
英国に亡命した元ロシア貴族」というのを知り、さもありなん、と合
点がいきました。



「二重誘拐」を観た時からもう何年もたっていて、さて、憧れたヘレ
ンさんに少しでも近づいているかと思いきやーーーーいやいやいや、
「品格」の「ひ」の字もなく・・・

その前に、まず、スタイル崩れてますから〜〜〜〜!













スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#941 No title
ヘレンミレンは映画REDでは、工作員のスナイパー役でした。いろんな役を演じているせいか、ちょっと気になる俳優ですね。容貌も歳を重ねてからの方が好感が持てる気がします。


はやぶさ2が地球スイングバイに成功し、小惑星に向かう軌道に乗りました。先日はあかつきが金星軌道への投入に成功しましたね。はやぶさファンだったSophieさんにとっても嬉しいニュースではなかったでしょうか。ではでは。
#942 アストンマーチャンDBSさま、
RED、ブルースウイルスですね、観たと思うのですがヘレンミレンが出ていたのもあらすじもなーんにも覚えてないわ・・・。

たしかに歳とるほどに魅力ある女優さんですよね。

はさぶさ、ほんとヨカッタヨカッタ!
日本の技術力を誇らしく思いますね!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。