スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あさが来た」と母校

10月31日

女子大同窓会福岡支部の秋の懇親会。at 嵯峨野。

支部長のご挨拶のあと、嵯峨野の若女将 藤井春奈子さんによる「和
食の文化とマナー」のお話。
 ↓
IMG_0670_convert_20151101143010.jpg

ちょっとかしこまった高級料亭での会でしたので、お着物姿での参加
の方がいつもより多かったです。

IMG_0671_convert_20151101143031.jpg

上品で美味しいお食事をいただきながら、春の「花の木」での総会時
に引き続き、「私と母校」という題で、10数名の方にお話をしてい
ただきました。

今回も、各年代で大学生だった頃の世相や生活ぶりが違うのも面白く、
それぞれのお話がひとつのドラマのようで本当に興味深いものでした。

今回最高齢の参加者は88歳のSさん。

Sさんが女子大に入学されたのは戦時中。ずれ込んで夏入学となり、
それは終戦のほんの数週間前のことだったそうです。

小倉駅から東京へ行くまでに警戒警報で幾度も列車が止まり、時には
窓から飛び降りて逃げたり、関西で足止めをくったり、小田原以降は
焼け野原であとは歩いていってくれと言われたりーーで、生田の校舎
にたどり着いたのは出発してから7日後のことだったそうです。

今なら新幹線で5時間の道のりを、うら若い女性が着の身着のままで
1週間!!

大学で「学ぶ」のも命がけの時代でした。


私たちの母校は日本で最初の女子大学で、現在のNHK朝ドラ「あさ
が来た」のヒロイン白岡あさは、大学創立者の一人で実業家の広岡浅
子がモデルとなっています。
(ですから支部会全員、いまの朝ドラは熱心に観ています!)

とは言え、恥ずかしながら、実はいまの今まで、成瀬仁蔵が創立者と
いうことは知っていましたが、広岡浅子という名前は私は全然知りま
せんでした。

ここでちょっと広岡浅子について同窓会新報の受け売り
 ↓
1849年京都の油小路三井出水家に生まれた浅子は、17歳の時大阪の両
替商加島屋広岡家に嫁ぎますが、間もなく明治維新の激動で危機が訪
れた加島屋を再興して加島銀行を設立、さらに大同生命の創業と事業
の近代化を図るなど事業の一線で獅子奮迅の活躍をしました。
広岡家が再興のために買収した飯塚の潤野炭鉱の立て直しに拳銃を懐
に忍ばせて、坑夫達の採掘を監督したという武勇伝も残っています。


女子大学創立に奔走していた成瀬仁蔵の思想に賛同し、いち早く協力
したのが、吉野の林業で莫大な財を成していた土倉庄三郎(テレビで
は鶴瓶?)。
彼が浅子に声をかけ、発起人の一人にしたそうです。

浅子が総理大臣伊藤博文を紹介したことによって、賛同の人脈は西園
寺公望、近衛篤麿、大隈重信、板垣退助、渋沢栄一など錚々たる人物
に広がっていったというのですからその影響力たるやまさに
「びっくりポンや!」



常々、従属的な立場しかない女性を救い、女性の地位を高めるために
「知的な成長を手伝うこと」が信条であった浅子は、成瀬仁蔵の「女
子教育」
という本を読んで我が意を得たりと深く感動し、政界への働
きかけ、金銭(創立資金が今のお金で約200億円!)や土地提供
(目白のキャンパスは東京の三井家の別荘地だった)などの面で多大
な尽力をすることになり、本当に浅子なくしては大学の創立も発展も
なかったと言えるようです。


大学に入学後、一年生の夏休みに全員が必ず教養特別講義の合宿をさ
せられる軽井沢の「三泉寮」も、三井家からの寄贈であったというこ
とです。

いや~知らなかったわ~!
(そこらへんの話もたぶん合宿中にされているはずなのでしょうが、
いかにいい加減に参加していたかがわかる・・・)


浅子のすごいな、と思うところは三井のお嬢様として生まれて、時代
の転換期だったとはいえ、ことさら何もしなくても裕福に何不自由な
くただ贅沢にうらうらと生きてゆくことも出来たでしょうに、自分の
ためにでなく、また単なる「お金儲け」のためでもなく、「今より少
しでもみんなが幸せになる世の中を実現」できるようにと邁進してい
った姿勢です。

まさにborn with a silver spoon の人が noblesse oblige を果たし
た生涯だったのだなあー!と感銘をうけました。


浅子が引退後、御殿場で定期的に開いた勉強合宿には、井上秀、市川
房枝、村岡花子などが集ったそうですが、そういう先人たちが、女性
が学び社会で活躍するのが当たり前である時代の礎を築いてくれたの
でしょうね。



ああ、「大学に行けるのがあたりまえ」なんて思わずに、そのありが
たさを噛み締めながら、若い頃にもっともっと真剣に、大学で何を学
ぶのかを考えるべきであったーーー

後悔先に立たず・・・・。○| ̄|_


でも、「学ぶに遅すぎることはない」という言葉もあります。


It's never too late to learn!



やっぱりやろうかなあ、会議通訳クラスのお勉強・・。

















スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#939 No title
広岡浅子の様な凄い女性がおられたのですね。母校の創始者とは羨ましいです。昨年の村岡花子氏もですが、ドラマで初めて知りました。朝ドラも結構ためになりますね。

ホークスに和田復帰で、反対に日本シリーズMVPのデホさんがメジャー行き?とか、FA宣言したマッチの動向は?、それ次第でムネリンも古巣復帰・・・。V2したのに、意外に選手の去就が多いですね。情報があればまた教えてください。ではでは。
#940 アストンマーチャンさま、
いつもホークスの応援ありがとうございます^^
今年は私は孫ちんの世話に忙しく、街に出ることもなく優勝セールにも行きませんでした・・
朝ドラにそのうち大学設立の話も出てくるでしょう。成瀬仁蔵は誰がやるのかなあー?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。