スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会

10月14日

ESSの友人たちと、毎月恒例となった PAUL BOCUSE でのワイン会。

Paulさん(ニックネーム)、マユミさんが加わり、今月のテーブルは
5人の予約のはずだったのですが・・・あれ?
若いハンサムな男性が店長さんに案内されて、私たちのテーブルにや
ってきました。

最初、誰かのお友達かと思ったのですが、なんと、東京から出張で博
多に来て「晩御飯どこで食べようかなあ~」と”くうてん”をウロウロ
してたらたまたまポールボキューズの前を通りかかり、面白そうな
イベントがあってるなと思って入ったーーという飛び入りの方でした。

「お一人テーブルになさいますか、それとも合席になさいますか?」
と聞かれて「合席で」と希望なさったら、私たちのテーブルに案内さ
れたそうです。

お店の人も、5人も6人も同じでしょ、と思われたのでしょうか。私
たちには「合席いいですか」とのお尋ねはなかったデスヨ。

ま、いつもfriendlyなESSのこと。もちろん、皆、初めての方でも
全然ダイジョーブ。
大歓迎いたしました。
むしろ「こんな平均年齢高いテーブルでゴメンね」という気持ちです。


初めてとは思えないくらい打ち解けて、私たちオジサンオバサンの会
話にも屈託なく入ってきてくれますし、ご自分のお話もいろいろして
くださいました。

お年を聞いたら32歳とのこと。
医療関係のお仕事で、医師や看護師向けの研修や講演会を企画してい
らっしゃるそうです。
今回の出張は、二日市済生会での打ち合わせということでした。

とても自然体で堂々としてらして、かつ、人懐っこくスマートな感じ
がするのは、渋谷生まれの都会っ子だから?!
それともこの頃の若い世代の特徴?

自意識過剰でモノを知らずヒネていた若き日の自分を思うと、うらや
ましい限りです。
(いや〜、オバサンになってからはもう何でも言えちゃうし「恥ずか
しい」という気持ちもなくなったし最近はとっても”自然体で楽”で
すけどね。)



さて、今月の食材は島原から。

前回書いたように、自分の味覚に自信はありませんが、毎月九州各県
から届く特産品の素材も最高なので、このPAUL BOCUSE のワイン会の
お料理はほんとに美味しいと思います!

前菜  島原のお野菜と「たまらん堂」の熟成卵(1個280円!)
のムーレット仕立て(ワインの中でポーチドエッグにしたのだそう)
 ↓
IMG_0630_convert_20151020092650.jpg

お魚はアコウの蒸し焼き ソース・ベアルネーズ
柔らかく炊き上げた大根と松本農園の生姜風味のコンソメ
 ↓
IMG_0631_convert_20151020092713.jpg

舞豚(まいとん)のキャラメリゼ パン ド エピス風味
イチジクのロースト サラダ添え
 ↓
IMG_0632_convert_20151023120241.jpg

舞豚、水玉模様の豚さんでカワイイ。(お肉に水玉模様はないけどね)
 ↓
http://maiton.jp

デザート 柿のタタンとマスカルポーネアイスクリーム
 ↓
IMG_0633_convert_20151020092849.jpg


ミス島原と一緒に。(お土産にミカンをいただきました)
 ↓
IMG_0634_convert_20151020092929.jpg



嬉しい一期一会もあり、美味しく楽しいワイン会となりました。

フルヤさん、ありがとうございました!

出張の日にちと合えば、またご一緒いたしましょうね!

一期一会が二期二会、三期三会・・・となりますように。













スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。