スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸島へ

10月7日

東京から叔母と従妹が来福。

母と一緒に、糸島へお連れする。

この叔母は叔父(父の弟)の奥さんで、2年前に叔父が亡くなり未亡
人となりました。

石油会社に勤めていた叔父について広島や仙台にも住んだことがあり
ますが、どこへ転勤してもすぐ馴染み、お友達も多い社交的な叔母で
す。美味しいものや流行りのものが大好き。

今回の糸島も叔母のリクエストです。


お昼を鮨・和食「空」(Ku)のカウンターでいただきました。
 ↓
image.jpg
(HPよりお借りしました)

私はお鮨ではイカと貝類は取り立ててそう好きではないのですが、に
ぎりたてのイカと鳥貝が、ま~~とろけるように柔らかく、なんと美
味しかったこと! o(≧▽≦)o .。.:*☆

平日の昼だというのに、アクセスが便利なところでもないのに、お客
様もいっぱいでした。

「空」のあと、二見浦に新しく出来た観光スポットPalm Beach the
Gardens
に立ち寄りました。農産物のマーケットやカフェ、波佐見焼
のお店などが集まってとてもオシャレな雰囲気。

カフェのテラスからの眺め。
 ↓
IMG_0567_convert_20151007233550.jpg

新しいspotだからか平日の昼だというのに駐車場は満杯で人がいー
っぱい!(写真の浜辺には誰もいないけど)
「平日の昼間なのに(シツコイ)暇な人が多いんだね~!」
ーーって、自分たちもその一人だけどね。

土日の混雑はいかばかりかと想像できます。


近くの「つまんでご卵」のケーキとコーヒーをいただいたあと、「伊
都の九大を見たい」という母と叔母のリクエストで、初めて九大のキ
ャンパスの中へ。

パスをもらってゲートを通って、キャンパス内を見学。
ーーと言っても知人もなく、建物内をウロウロも出来ず、車で主要道
路を巡っただけですが。

それでも、学部ごとに立派な建物や施設が立ち並び今も工事中のとこ
ろも多く、どんどんキャンパスが拡張している様子は見て取れました。
すごいなあ・・・

キャンパスの向かいには、新しく大きな素晴らしい講堂が出来ていま
す。
椎木講堂という、まったく個人の寄付で建てられた講堂だということ
なので「誰か九大卒業された方なのかしらね〜?」なんて母と話して
いたのですが、後で聞いたところ三洋信販の創業者の椎木さんという
方が九大創立百周年を記念して寄贈されたものだそうです。
どっひゃ〜〜!太っ腹〜〜!!(*゚Q゚*)

入ってすぐのgallerìa。まるで巨大なアートのようです。
 ↓
IMG_0572_convert_20151007233633.jpg

IMG_0578_convert_20151007233710.jpg

ちなみにガレリアの意味(ネットの受け売り)
 ↓
GALLERIA(ガレリア)とは、イタリア語で「トンネル」または「地下
道、坑道」を表す言葉。ミラノにある、鉄とガラスで組まれ、通り抜
けのできる大型吹抜け空間があまりに美しかったため、都市における
新しい公共空間の代名詞となったわけです。 英語のgallery(ギャ
ラリー)って、このガレリアが語源になっているのです。


2階にあるイタリアンのお店(ITRI ITO)も美味しいそうですから、
次回はここを目当てにまた訪れたいと思いました。

ところで、講堂内の一室のドアに「ノーベル賞受賞会見場」と書か
れた貼り紙があったので「大村さんって九大と何か関係あった?」
と訝しく思っておりましたら、その日の夕方のニュースで謎が解け
ました。
九大の先生が、ノーベル化学賞をとるかもしれないと期待されてた
そうで、とられた場合の準備をされていたわけですね。
うーん、残念!
ノーベル賞は九大の悲願だそうですが、でも近い将来それは現実に
なりそうな気がしました。


九大をあとにして向かったのはコスモスが咲く平原歴史公園

満開にはあと一歩でしたが、十分綺麗でした。
(10月はコスモスを見に、という母の願いも叶いました)

the cosmosは「宇宙」という意味になりますが、花のコスモスは”宇
宙のように調和のとれた美しい花”という意味から名付けられたそうで
すよ。

IMG_0581_convert_20151007233854.jpg

IMG_0587_convert_20151007233946.jpg

平原地区は銅鏡などが数多く出土していて、弥生時代の伊都国王の
お墓があったと考えられているそうです。
ここの歴史を多くの人に知ってほしいから、地元の人たちがコスモ
スを植えて人が沢山訪れるようにしたんですよーーと、説明書きの
看板の前でお会いした井手さんという男性が話してくださいました。

井手さん、83歳になられるそうです。これからもお元気でコスモ
スを咲かせて皆さんに伊都の歴史を伝えていってください!


従妹のユウコちゃんからの画像
 ↓
IMG_0592_convert_20151011102616.jpg

ユウコちゃんの旦那サマは写真家で実家が表参道なので住まいも表
参道という、なんとも羨ましい都会暮らし・・・と言ったら、ユウ
コちゃんいわく、普段の買い物なんかは近くのスーパーが紀ノ国屋
だから高くてかえって”不便”なんだそうです。
「糸島の野菜、安っ!」と感激してました。


来るたびに新しい発見がある糸島。

今度は工房や窯、クラフト中心に見て回りたいな、と思っています。







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。