スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のあれこれ 2

8月14日

クラブツーリズムのツアーで、SLやまぐち号と秋吉台サファリラン
ドへ。クラツーの夏休みの子供向け企画ですね。
恐竜に興味がシフトした仁太ですが、まだまだ乗り物系も動物も大好
き。
 
関門海峡を越えて~ (トイレ洗面台付きの豪華バスよ)
 ↓
IMG_0445_convert_20150904100439.jpg

新山口からSLやまぐち号に乗り込みます。
IMG_0444_convert_20150904100411.jpg

IMG_0433_convert_20150904100255.jpg


道中、すごい山の中でも、撮り鉄さんたちが待ち構えているのに驚きました。

終点は津和野ですが、私たちは地福で下車して、先回りして待ってい
たバスにまた乗って秋吉台のサファリランドへ。

園内はバスに乗ったままの移動だったため、名物の「エサやりバス」
には乗れず。
ルート通りに進むのですが、中の道路が大渋滞で、予定よりだいぶ時
間がかかってしまいました。

くつろぐトラ
 ↓
IMG_0440_convert_20150904100541.jpg


帰りは、蒲鉾屋さんでショッピングして最後は関門トンネルの人道を
歩いて渡るーーというシメがあったのですが、膝が痛い私は「パス」!
主人は「渡ったことがある」と言ってやはり「パス」!(ーーと言っ
ても渡ったのって中学生の時らしい。一体何年前?)

ちょうど仁太も寝ていたので私が抱っこしてお留守番。バスでトンネル
出口まで移動したのですが、結局自動車道の方が混んでて、歩いて渡っ
た人たちの方が早く着いておりました。

この人道は約780m、雨が降ってもダイジョーブ、というのでジョ
ギングやウォーキングをする人たちも多いそうです。

山口と福岡の県境に線が引いてあるので初めて通る人は、そこをまた
いで写真を撮るのがお決まり。(息子たちもしてました)

腰や膝が悪くなると自分で車を運転しての長距離移動はもうなかなか
出来なくなりましたので、こういうツアーはほんとに楽だし手間無し
世話無しで助かります!

クラツーさま、ありがとう♪



8月15日

ムコどのの実家のご法事ごとに私たち夫婦は失礼したのに、なぜか息
子たち家族が出席。

ムコどののお兄様と息子は出身高校が同じで、非常に母校愛と縦の連
帯が強い高校なので、それだけで仲良くなって、結婚式以来、息子が
帰省するたびにご馳走になったり飲みに連れてってもらったりお世話
になっています。

こうしてきょうだいとも親戚づきあいができるなんてありがたいこと
だと思います。



8月16日

娘のお友達きっくーが東京から遊びに来てくれました。

きっくーはもともとこちらに住んでいて娘と小、中が一緒だったので
すが、高校から東京の音大付属へ進み、今は新進のピアニストです。
今度11月に東京でソロリサイタルをオーケストラと一緒にするそう
です!
すごいぞ、きっくー!!

きっくーがピアノを始めたのは4歳からだそうですが、小学校の頃に
はもう毎日4~5時間は練習していたのではないかしら。

娘が「ほんとによく練習してたよねー」と今更ながら感心していまし
た。

お母様がピアノの先生でとても厳しかったそうですが、でもやはり自
分が好きでなければ続かないことですね。

その話を聞いて、この前、高校生のケンタくんの英語で読んだ教科書
の内容を思い出しました。

「どんな分野においてもマジックナンバーは10.000時間である」
というものです。
 ↓
1990年代の研究で、あるtop music school のヴァイオリン科の
学生を技術的にadvanced, intermediate, basic,の3つのグループに
分けて、それぞれに同じ質問をしました。

「最初にヴァイオリンを始めてから、今まで、何時間練習してきまし
たか?」

その結果、だいたい皆5歳ぐらいから始めていて、その頃はほとんど
差はなく、週に2~3時間。

8歳ごろから差が出始め、advancedの学生は週8時間はやるようにな
り、大きくなるにつれ、週20時間以上、20歳になるまでにゆうに
10.000時間を越えていた一方、その時、intermediateの子はお
よそ8000時間、basicの子は4000時間であったそうです。

そして、練習しないのにとてつもなく上手い、という学生は一人も見
出せなかったとも。

この法則はどの分野にも当てはまり、天才と言われるモーツァルトも
5歳で作った曲は耳にしていた音楽スタイルのただの模倣であって、
真のオリジナルではなかった。彼の本当のスタイルが確立したのは
21歳の時、実に271作目---Piano Concerto No.9であった。
そこに至るまでとっくに10,000時間は費やしていたのだ、そうです。

ビルゲイツも自分のsoftware companyを創立するまでにプログラミン
グに取り組んだ時間は10,000時間を越えていたのですって。

天才ほど努力するーーというのは本当なんですね。いや、努力が天才
を作るのか??!

逆に言えば、どんな凡人でも、なにかを10,000時間やればひと
かどのexpertiseにはなる、ということでしょうか?

いや~、でも寝食忘れてもそれだけ飽きずにやれる、ということは余
程好きなことでなければ無理でしょうから、まず「好きなもの」を見
つけることが大事なのかもしれません。

その「好きなもの」が見つかった子は幸せですね。


話は変わりますが、

英語の教科書って、ほんと面白いです。

ケンタくんの夏休みのReadingのドリルをやってた時も、「へ~~、知
らんかった~!」と叫んだことがありました。

ローマ字についての話だったのですが・・・・
     ↓
私たちが小学校で習うローマ字は「訓令式」というものだが、街なかの
signや駅名、地名など生活に実際使われているのは「ヘボン式」である。

(綴り方の違いはたとえば、訓令式で新宿は"sinzyuku",ヘボン式では"Shinjuku".)

ヘボン式ローマ字は幕末に日本にやってきたアメリカ人のJames Curtis
Hepburn
が英語の発音をもとに作ったものである。


ーーーというところで、ヘボンさんって、Hepburnだったのね!と初めて
知りました!

オードリー・ヘプバーンのHepburnですよ!

そっか~、英語発音だと確かにヘバン、ヘボン、と聞こえますものね。

ヘボン式って、英語の発音に忠実にカタカナにしちゃってたんですね。

もちろん、そのReadingの主意はそこではなく、なんかもっと深い結論
があったはずなのですが、ヘボンがHepburnだったということのほうが
衝撃的で、あとは忘れちゃった~~。(^o^)



8月17日

息子たちは、私の妹家族と一緒にアゴラ山の上ホテルのビアガーデン。

8月18日

じんたを連れて、市役所前の広場に出来てる「涼園地」という水浴び
をしながらスライダーなどで遊べる遊び場へ行きました。
小さなほうのスライダーでもこわかったらしく、すべったあと大泣き
して、ママの元へ。
まだまだヘナチョコです。


夜は、8月生まれの主人と私のために、息子たちの奢りで近所のレス
トランでお祝いしてもらいました。ありがとう
主人には帽子、私にはお洋服をプレゼントしてくれました

娘たちからのプレゼントは、主人にはカジュアルシャツ、私には(と
いうか私が自分でリクエストしたのだけど)欲しかったワンダーコア
smart!♪倒れるだけで腹筋、ワンダ~コア~♪のコンパクト版です。

実は、膝が痛くなって動けなくて3ヶ月近くすっかり運動不足になっ
てしまい、(自分的には「2キロぐらい太ったかな」という感覚だっ
たのですが)久しぶりに会ったトレーナーさんから「太ってますよ、
絶対もっと太ってますよ!」
と言われ強制的に体重計に乗らされたら
・・・なんと4キロも太ってました・・・。

リハビリで痩せたぶん、ほぼリバウンド・・・・。

膝に負担かけずに運動するやり方で、これ以上増やさないように、ま
たダイエット頑張らんと!!


8月19日

北九州の「いのちのたび博物館」でやっている恐竜展に行く予定で家
を出たのに、やはり距離の長い車の移動は退屈らしく仁太がぐずるの
で、急遽行き先変更。コストコへ。

でっかいティラミスを買う。

ダイエットの決意はどこへやら??


8月20日

あ~あ、ついにまきこさんと仁太が帰ってしまいます。
(息子はあと数日、こちらで仕事)

午前中、ホークスタウンでやってるTeam Lab Islandへ。
IMG_0462_convert_20150904100758.jpg

自分の描いたものがプロジェクションマッピングの中で動きます。

じんたはまだきれいに塗り絵はできませんが、それなりに?!芸術的。

11170349_847198748668032_7070334995832263770_n.jpg
(画像お借りしました)
9e5420d46be66d83197a251f8f708a971-1_convert_20150904100702.jpg
(画像お借りしました)

ギリギリまで楽しんで、空港へ送っていきました。

別れる時はいつも寂しい。

じんたは会うたびに大きく、おしゃべりになっていき、子供の成長っ
てほんとに早いな、と思います。


子供によって親も成長させられますが、まきこさんも、子育てがひと
段落したあとの自分のために保育士試験の勉強をしていて、今回筆記
が無事合格し、次の実技試験に向けてうちのピアノで暇があれば一生
懸命練習していました。

小さい頃少し習っただけというので、思うように指が動きませんが、
課題曲の「海」(演奏のみ)と「ちびっかぶーん」(弾きながら歌も)
を何度も弾いているうちに、おお、だいぶ上手になってきましたよ!

10,000時間は今から本番までには無理でしょうが、やればやっ
ただけ結果がついてきますよ。頑張れ!

ちなみに、「ちびっかぶーん」ってなんのことだかご存知ですか?

ちびな「蚊」の歌なんですよ。(知らなかったわ)
以下がその歌詞なのですが
 ↓
ちびっかぶーんはちっちゃな蚊
下水のお水がふるさとで
ちびっかぶーんのきょうだいは
3330人

ちびっかぶーんはやさしい蚊
人を刺すのがイヤだった
ちびっかブーンははらぺこで
いつまでたってもチビだった

ちびっかぶーんに花達が
朝露お飲みと言ったけど
ちびっかぶーんを蝶々が
あっちへおゆきと追い出した

ちびっかぶーんは秋の朝
寒さに凍えて死んでいた
ちびっかぶーんを神様は
ちっちゃなちっちゃな星にした
ちっちゃなちっちゃな星にした


なんか、子供の歌にしては悲しい結末だと思いませんか?
聞きながらちょっと切ない気持ちになってしまった私でした・・・。

でも、現実には、この季節うちの庭では洗濯物干すたびに蚊の総攻撃
を受けるので、「蚊」に対してはいっさい同情はしませんけどねっ!!




8月のあれこれ まだつづく



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#943 思い出したように
御無沙汰しております。
ヘボン=Hepburn=ヘプバーンの件、私の得意分野です(笑)
他にも、ワイシャツ=White shirtは有名。
メリケン粉・メリケン波止場・メリケンパンチのメリケンは、Americanの発音を耳で聞いた結果。
#944 Terryさま、
実はね、ヘボンのこと書いたとき、真っ先にTerryさんのことを考えたんですよ。
「いやー、たぶん知ってるだろうな」って。
やっぱりねー
さすがだわ!

ヘボン=ヘプバーン、はほんとに新鮮な驚きでありました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。