スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月経って

リハビリを始めてから1ヶ月経過。

まだ左足の痺れはあるものの、以前に比べて格段に「気になり度」が
減っていて、日常生活にはほとんど支障がありません。

腰痛も、時々湿布が必要な時はあるけれど、痛み止めは飲まなくても
大丈夫。

体重は1.8キロ減。(適正体重まであと4キロ)
体脂肪率は0.8%減。(標準範囲に入るまではまだまだ・・)

コンピューターのお言葉は
「体脂肪が体重に比べ過度な状態。皮下脂肪型腹部肥満。」

1ヶ月しか経ってないのに、早くも停滞期で、ここ2週間、体重がピ
クリとも動きません。


お久しぶりに会った人からは必ず「太ったね〜!」と言われます。

今日も、息子の幼稚園時代のママ友に1年ぶり位に偶然街で会ったら、
「え〜、随分ふっくらしたんじゃない〜?」と言われました・・・しか
も続けて
「あなた素敵だった頃は何キロだった?」

ーーぐすっ。
もう素敵じゃないのね・・・
(まあ、前は素敵だったと思ってくれていたということはありがたい
ことですが)


トレーナーさんからは「1ヶ月に1キロのペースでいいですよ」と励ま
されてはいるものの、やっぱり結果は早く出た方が・・と少々アセり気
味。


でも、多分腰痛で運動不足になってから半年で増えた体重なのだから、
これから半年かけてまた減らしていけばいいのだよね、理論上は・・・。

リハビリ始めて、「いい筋肉」を作るための運動の大切さを思い知った
んだから、脊柱管狭窄症もかえっていい機会だったのかもしれないーー
と前向きに考えよう!と自分に言い聞かせる私です。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。