スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノの言い方

「ものの言い方大全」という本が売れているらしい(手にとったこと
ないので中身はよく知りませんが)。

たぶん、結果同じことを言ってるのだけど、モノは言いよう、どんな
言葉を使うかによって相手に与える印象や心証が違いますよーーとい
うことなのだろうと思います。

子育てや人間関係などでよく言われることにも、「短所は長所に置き
換えてみましょう」なんてものがありますよね。

のろま、グズ→慎重、仕事が丁寧
おしゃべり→場を賑やかにする
暗い→もの静か
などなど。

先日、お嫁さんが女医さんなのでよくお孫さんを預かっているという
60代の方が、ご自分は、息子さんが小さい頃すごく忙しかったので
手の込んだお弁当を作ってあげられなかったことをちょっと後悔して
らして、せめて?!ゆとりの出来たいま、孫にはリキ入れてお弁当を
作ってあげたいものだと思い、お嫁さんに
「忙しいときは私がお弁当作ってあげるから言ってね」
と申し出たところ、
「大丈夫です、私、お弁当作るの好きですから」
と一言のもとに却下?されたという話をされました。

昔は私も「嫁」の立場で嫁サイドで考えてしまったであろうこのエピ
ソードを、自分も孫が出来た今、完全に「姑」の立場に立ってしまい
ました。

ハッキリパッキリした賢い方なのであろうこのお嫁さん、同じ「けっこ
うです、出来ますから」と伝えるとしても、たとえば、「まあ〜、嬉し
い!今のところは大丈夫ですけれど、そう言っていただけると心強いで
す。何かのときはお願いします!」と言ったとしたらどうだったでしょう。

お姑さんは、悲しくもがっかりもされなかったのではないかと思います。

あらっ!私も年の功?
こういう、相手の立場を思いやることが出来る言葉遣いが出来るように
やっとなったじゃん?

ーーなんて、いい気になったらすぐ足下をすくわれます。

最近、お見合いのお世話をすることがあり、相手の方のお名前を電話で
先方の仲人さんに伝える必要がありました。

お名前を「並川」さんということにしましょう。
その「並」を伝えるのに、「特上と並の”並”ね」と言った私ーーー復唱
された電話の向こうの仲人さん、
「はい、並行の”並”の字ですね」と言い換えられました・・・。

そうよねえ、人に「特上と並の”並”」は失礼よねえ・・・。

う〜ん、やっぱり買おうかな、「ものの言い方大全」。






スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#903 No title
おはようございます。
ワタシも思わず納得でございます。
考えてみれば、義母には、可愛くない嫁でした。
物事はっきり言って結構叱られておりました。
同居ってめちゃくちゃストレスが溜まるのですよね~
それでも、マイナスとプラスを考えると、子供達やワタシにとってもプラスになっていると思いますが
ワタシも今では、姑の立場ですから共感してしまいました。

漢字を尋ねることも結構ありますので、自分では、気をつけているつもりですが、なかなか例えの漢字が思いつかないこともしばしばです。
まだまだ日々学習の毎日です。
ワタシもその本欲しいです。
朝から長々と失礼いたしました。


#904 No title
 ものも言い様とかいいますね。頼みごと・頼まれごと
などは、特にそんな気がします。忌み言葉や避けるべき
言葉なんかも、無意識に使ってしまいそうで怖いです。
言葉は心の使いとも聞きますから。
話し言葉はその場で消えて、後に残らないはずなんです
が本意でなくても、意外と人の心に残ることもあって油
断できません。ではでは。
#905 きくさま、
コメントありがとうございましたー!
ほんと、日々学習ーーであります。
「姑」の立場になってみて初めてわかること、見えてくることもありますね。


娘の名前を伝えるのに、以前「仁丹の仁」と言ったところ、
相手が若い人で、「仁丹」そのものを知らなかったのか「??」という顔をされたことがありました・・。
世代によっても使い分ける必要がありますなあ・・・

#906 アストンマーチャンさま、
コメントありがとうございます!
「言葉は心の使い」
なるほどなあー
美しい心でいると美しい言葉が出てくるかな。
美しい心は難しいかもしれないけれど、
ねたみ、ひがみ、意地悪・・そういう言葉が出て来ないような心ではいたいものだと思いました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。