スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月末から11月にかけて

またまた「いっきに日記」。


10月31日

大学の同窓会福岡支部で毎年行われている「秋の研修会」。

今年は、大濠公園内の名門レストラン「花の木」にて、店長でソムリ
エの黒木昭博氏のお話とワインの試飲会とランチ。

黒木氏はとってもイケメン
  ↓
花の木

テイスティングは五感をフルに使って。

ワインのほかにも、沖縄サミットに田崎真也氏率いるソムリエチーム
の一員として参加された時のエピソードなど面白いお話満載。


マリリンモンローも魅了したという伝説のオニオングラタンスープを
特別に当時のレシピに忠実に再現してくださった。
 ↓
オニオンスープ


40名分をいっきに出すのは非常に大変なことだったそうだ。




11月1日

リビングフォト今道しげみ先生とEPSONとのコラボセミナーに参加。

今回はEPSONの新型機種も使いたい放題。こういう機器って、新しい
ものが出るたびにコンパクトになり機能が良くなっていてスゴイなあ
〜・・といつも思う。

忽那汐里が出るCMで、「写真、一緒にいいですか?」と聞かれたカッ
パの子が、立ち上がって「いいよー」と答えるのがとてもカワイイ。

参加されていた方が、みんな本格的なデッカイ一眼レフを持ってらし
て、プリントして出来上がった写真のボケ具合の素敵さがやっぱり全
然違ったので、ミラーレス派だった私も「やっぱりデカイのが欲しい
なあ・・」と、ちょっと欲が出てきてしまった・・・。

イマイチの仕上がりの私の作品
 ↓
フォトセミナー

IMGP1556_convert_20121117215153.jpg

IMGP1566_convert_20121117215351.jpg



今道先生はPENTAX RICOHともコラボセミナーをされることがあり、
東京で、参加者がとても多い時など「向井理(RICOHのCMに出てい
る)くんを呼んでくれないかな〜?」と頼んでみられたことがあると
かーーーー(ダメだったらしいけど)

でもでも・・・それって、そのうち実現するかもしれませんよね!



11月3日

娘の運転練習を兼ねて、八女の喜多屋さんの秋の蔵開きへ。
  ↓
喜多屋


私の長年のお友達、みっちゃんの妹さんが嫁がれているところなので、
とても親しみを感じる。

いろんなコンクールで賞をとられた折り紙付きの美味しいお酒や焼酎
を作られていて、蔵で働いてらっしゃる方々が皆和気あいあいとほん
との家族のような雰囲気なのが印象的だった。

みっちゃんの妹さんの内助の功もすごく大きいと思う。



11月6日

英語関係のお友達Mさんのお母様が今年2月に92歳で亡くなられた。

そのお母様がお一人で最後まで暮らしておられた、築120年という
旧家は、文化財的価値のある素晴らしいものだそうで、「それをぜひ
見て欲しいから」と言うMさんに誘っていただき、お邪魔した。

敷地の一部が古墳!、というなんとも広大な土地に、見るからに由緒
ありげな立派なお家が・・・.
 ↓
糸島満生さん宅

IMGP1614_convert_20121117220426.jpg


入って右手にはグランドピアノ
 ↓
IMGP1611_convert_20121117220140.jpg

毎週ピアノの先生が来られて、亡くなるその日もレッスンをされてた
そうだ。ピアノの他にも、お茶お花は言うに及ばず、コーラス、三味
線、書、と多才な趣味人でいらしたようだ。




お昼はMさんがお弁当をとってくださって、奥の座敷でいただく。
(まるで老舗の料亭〜) 
 ↓
IMGP1598_convert_20121117215611.jpg


二階にあがる階段
 ↓
IMGP1599_convert_20121117215650.jpg



二階の回廊から見下ろした景色は映画のワンシーンのように素敵
 ↓
IMGP1603_convert_20121117215835.jpg


時計、鏡、窓枠、襖、どれひとつとっても歴史と趣を感じる。もう今
では再現できないわざも数多く使われているそうだ。
(家全体を鑑定団に見てもらいたいくらいだ)

IMGP1613_convert_20121117220332.jpg

IMGP1609_convert_20121117220034.jpg

IMGP1610_convert_20121117220110.jpg

IMGP1612_convert_20121117220300.jpg

IMGP1602_convert_20121117215803.jpg

IMGP1600_convert_20121117215732.jpg

なんと「美容室」まである
 ↓
IMGP1607_convert_20121117215908.jpg

土間に残るかまど
 ↓
IMGP1608_convert_20121117220002.jpg



これからもしこの家を維持していこうと思ったら莫大な費用がかかる
ので、Mさんは今後の取り扱いについて悩まれていらした。

屋根の修理だけでも、特注で瓦を焼くことから始めなければならず、
1000万以上かかるだろうということだった。

取り壊してしまうには、あまりにももったいない。

なにかいい方法が見つかるといいなあ・・・。



お母様はご自分が92歳というもうとっくに人の手を借りて頼っても
いいお歳だったにもかかわらず、ご近所の一人暮らしのお年寄りを回
って手作りのお弁当を届けたりされてもいらしたという。

部屋数が12もあるという広〜〜い古〜〜いおうちをこれだけ美しく
維持され、最期は「ちょっと気分が悪くなった」と臥せられた間にス
ーッと亡くなられたそうだ。

なんと見事な生き方・・・・。



80代90代の、元気ないきいきと暮らしている方々がとても多いと
感じるこの頃。


先日も、博多駅で人と待ち合わせをする前に少し時間があったので
丸善を覗いて、98歳で詩人デビューをした柴田トヨさん(現在は
101歳)の詩集「くじけないで」を立ち読みしていたら、こんな詩
があった。
  ↓
「先生に」


私を おばあちゃんと呼ばないで

「今日は何曜日?」

「9+9は幾つ?」

そんなバカな質問も しないでほしい


「柴田さん、西条八十の詩は好きですか?

小泉内閣をどう思います?」

こんな質問なら うれしいわ




「すごい!!」と思った。「素敵!」と思った。

そして、「かっこいい!!」とも。




12月には日本もこれからの行き方を決める大事な選挙がある。

まだまだ若いぞ、50代!

「ど〜しようもないわ」なんてあきらめずに、よりよい日本になるよ
うに、しっかり考えて1票を投じたい。




 

追記

50代、まだまだ若いぞ!ーーとイバれない出来事があったのを忘れ
ていた。

Mさんのお母様のお家に伺う際の手みやげに、私が前日から美味しい
プリンとロールケーキを買ってきて、主人と娘に食べられないように
「食べるべからず!」と紙を貼って冷蔵庫に入れていた。

朝11時に一緒に行く皆さんが来られて、玄関まで持って降りて、
割り勘にしたお金を徴収。

「さ〜、出発しましょ!」と車を出し、「どんなお宅か拝見するの楽
しみね〜〜♪」とおしゃべりしながら高速に乗ったとたんーーーーーー

「ああ〜〜〜っ!!」

玄関に置いたプリンとロールケーキの紙袋を忘れてきたことに突然、
気がついた!!

あああ〜〜〜〜、またやっちゃった・・・・・

仕方なく、急遽、ショッピングモール近くのお菓子屋さんに立寄り、
ケーキを調達・・・・(もちろんこれは私持ちです)

自分のアホさ加減に自己嫌悪。

帰宅後、「食べるべからず」と書いていたプリンとロールケーキを
差し出し、「食べて・・・」 と言う私に「なにやってんの」と、
主人と娘がおおいにあきれたことは言うまでもナイ・・・。
 



スポンサーサイト

トラックバック一覧

まとめ【10月末から11月に】

またまた「いっきに日記」。10月31日大学の同窓会福岡支部で毎年行われている「秋の研修会」。今年は

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。