スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンギラ太陽’s「外食王オムレット」

先週金曜日、もはや恒例になった、ギンギラ太陽’sの公演に出かけて
いきました。

ギンギラーーは、地元の人にしかわからないローカルネタを、擬人化
した建物や乗り物のかぶりものを被ってやる劇団です。

きちんと情報の裏打ちのある、時代を反映したネタで、笑いのなかに
真実が見えたり、シニカルだけどホロリとさせる温かさがあったり、
主宰している大塚ムネト氏の脚本の上手さにはいつも感心させられま
す。

昔からのレギュラーメンバー全員での公演は2011年で終わりというこ
とでしたが、メンバーが若干変わってもギンギラらしさはそのままで
安心しました。


公演開始前、お約束の写真撮影タイム
  ↓
ギンギラ

開演前の小ネタに出演したのは小売り家電業界の面々
       ↓
   IMGP1278_convert_20120915174325.jpg

私達の大好きな、劇団「ぎゃ」の雪絵さん。前作、前々作で「ゲイツ
ビル」の役どころだったので私達は「ゲイツさん」と呼んでいる。
    ↓
IMGP1279_convert_20120915174408.jpg


生き残りをあれこれ模索していた地元のベスト電器が、最近、ついに
業界最大手のヤマダ電機に買収されてしまいました。

この話も、きっとそのうちギンギラの舞台になることでしょう。




その日の本舞台の内容は外食産業。

デフレで外食の値段もどんどん安くなり、味や素材にこだわると、マ
クドナルドの100円バーガーや手軽で便利なコンビニチェーンにどん
どん客をとられていってしまうーー「味を守るべきか、安さを追求す
るべきか」というジレンマに悩むオムレツ専門店(物語上の架空の店)
のオムレット王子やロイヤルホスト(これは地元の老舗外食チェーン
店)が出てきます。

今、会社や商売をやっていくのはほんとにむずかしい時代になってい
ますが、古くからある地元の店がなくなるのはものすごく寂しいもの
です・・・つい最近も、近所のスポーツ用品店がなくなっていました
・・・。



さて、ギンギラ太陽’sの次回公演は年明けて1月5日と6日。

テーマは「スーパーマーケット三国志」〜「ユニード」「寿屋」「ダ
イエー」の誕生を描く流通三国志〜人々が力をあわせて正しい安売り
を求めた「希望と勝利のモノ語り」だそうです。

ユニードに寿屋ーーーーな、なつかしい!

先行予約が公演終了後できる、というので、私達ギンギラ鑑賞仲間4
人はさっそくロビーの受付けで申し込みをして帰ったのでありました。

もう、来年1月の予定が入りましたよ!

私の手帳には今年12月までのカレンダーしかないので、そろそろ来
年の手帳を用意しなければなりませんーーーということで、時間があ
ればロフトや東急ハンズをのぞいている私です。

でもまだまだ時期が早すぎて、秋始まりのものしか置いてなかったり、
種類が少なかったりで、気に入ったものが見つかっていません。

私の、手帳に対しての譲れない条件は「日曜始まりであること」なの
ですが、なんだか年々、「日曜始まり」の手帳が少なくなっていって
るような気がするんです。

「1週間の始まりは日曜でショ!」ーーと私は思うのですが、今は
「月曜始まり」の方が主流なんでしょうか・・・?



当分手帳さがしは続きそうですーーーー。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。