スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 ESS 夏合宿

8月最後の土、日は恒例のESSのサマーキャンプでした。会話は
原則すべて英語。

今年の夏合宿の場所は佐賀県古湯温泉。とってもいい所でした!

宿泊はひなびた温泉宿(ゴメン)でしたが、横を流れる川がとても
きれいで、山の空気はおいしいし、赤とんぼもたくさん飛んでいて、
子どもの頃遊んだ田舎の風景を思い出すような懐かしさを感じます。
  ↓
18_large_convert_20120902201021.jpg


蛍やかじかガエルも生息するそうです。

ケロッピに似たカエルの石像
  ↓
DSC_0005_convert_20120827170306.jpg


「いい湯だな〜」と歌っているようなカエル
  ↓
IMGP1117_convert_20120827165824.jpg



いつもは会員有志がchair personになりディスカッションというかた
ちをとるのですが、今年はその役をアドバイザーのBrianとMarkみず
からやってもらうことになりました。

Brianが用意したのは、参加者の名前をもじったりして入れ込んだスパ
イ小説のようなものが用意され、誰が誰の名前かを当てるというゲー
ム(たとえば私は悪に立ち向かう正義集団の一員、神出鬼没のFunky
になっていた)と、culture gapを感じた経験や恥ずかしかった話をお
のおのがスピーチする、という2つ。

Markが用意したのは「6ヶ月後に小惑星が地球に衝突します。生存で
きる確率は30%。あなたはどうしますか」というもの。

Markのテーマでは、私達の年代が比較的高くあまりこの世に思い残す
こともないためか?!「特別なことはしない」「普段と同じように過
ごす」という人が大多数でした。

なにがなんでも生き残るために、シェルターを作る、2〜3ヶ月分の
備蓄をするーーというような生に執着する人がいないなんて、枯れて
いるというか、達観してるというか、悟っているというか・・・。

「好きな人を呼んで毎日Partyをする」という方がいましたが、小林
聡美主演の映画「かもめ食堂」で似たようなセリフがありましたね。

「もし明日地球がなくなるとしたら、何をしたい?」って片桐はいり
に聞く場面。

「私は・・おいしいもの食べたいです」

「そうでしょう?私もそう!おいしいもの作って好きな人だけ呼んで
一緒に食べるの」

「そのとき私も呼んでくれますか?」ーーーこんな感じの会話。

「まわりの人に思いっきりやさしくして愛してるって言う」「いらな
い物を捨ててシンプルに暮らす」「古今の名著を片っ端から読む」な
どと言われた方もいましたが、考えてみればそれって世界の終わりを
待たなくても「今」でも出来ますよね・・。

スティーブ・ジョブズではないけれど、「もし明日死ぬとしたら」と
考えると自分にとって大事なものだけが見えてくるのかもしれません。

死を意識することはより良い生を生きることなのだーーと思いました。



culture gap の話の中で、日本人が写真を撮られるときによくやる
「ピース」サインの話題が出て、「あれの元は、イギリスのチャーチ
ル首相がやったVサインである」とBrianが解説してくれました。

しかし、このVサイン、手のひらを自分の方に向けてやると、まった
く違う、相手を侮辱するお下品なジェスチャーになってしまいます。

このジェスチャーの成り立ちというのもBrianが話してくれました。

England と France が戦った百年戦争の頃、イングランドの長弓隊は
大きな弓を遠くまで飛ばし、フランス軍の兵士を一度に大勢殺す、フ
ランスにとっては手強い敵でした。

そのため、フランス軍は長弓手を捕虜にとった時は、彼らの右手人差
し指と中指を切断してしまいました。(Ouch!!…..)

この2本の指がなければ弓は引けなくなるからです。
これを知ったイングランド勢は激怒して、フランス軍に向けて人差し
指と中指を立てて見せて「俺たちはまだ指があるぞ、おまえらなんか
ものともしないぞ」と挑発したーーーというのが通説だそうです。



お店で、「2個ください」というつもりで、このお下品な侮辱サイン
をやってしまった、という失敗談もありました。

くれぐれもお気をつけください!


でも、culture gapってなにも国際間のことだけでなく、夫婦間でも小
さなことで感じることあります。

お味噌汁の味とかお雑煮の具材とか代表的なものでしょうが、我が家
では、私が結婚して最初に「へー」と思ったことは、私はお刺身に普
通のお醤油を使うのが好きなのですが、主人は刺身は絶対とろみのあ
る濃い刺身醤油でなければだめだ!と言ったことでした。

ま、これは各々小皿で好きなお醤油を使えば問題ないのですが・・。

夫婦間"culture gap"は、お互いあまり「こだわり」が強くない方が、
うまく折り合えて、conflict にまで発展せずに平和に共存?!でき
るような気がいたします・・・
はい。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#837 とろみ
刺身にとろみのある醤油・・・そういえば関西ではハケでネタに醤油を塗るのですが(最初は驚いた)、御主人は関西系?
それとも、他の地域でもそうあんんでしょうかね?
#838 Terryさま、
とろみがあるーーと書くと語弊がありますね、実際にとろみがあるわけでなく私のイメージとしては”さらっとしてない”んです。
他の地域のことは知らないのですが、
たぶん東京の方には”刺身醤油”なるものはないのではないかなあ・・・?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。