スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a Mother's Sacrifice

うちに来ている英語の生徒さん、高校3年のヨシキ君が、英語のスピ
ーチコンテスト暗誦部門に出ることになった、というので、この1ヶ
月間、通常のクラスとは別に、時間をとって練習に付き合っていまし
た。

彼が選んだ課題は、"A Mother's Sacrifice"

私は知らなかったのですが、東北大地震の時にあった本当の話だそう
です。

レスキュー隊が、ある家で家の下敷きになった女性の死体を瓦礫の隙
間から発見します。

そのまま隣りの家の捜索に移動したレスキュー隊でしたが、その女性
が前屈みになり手を伸ばし物を支えている祈りのような奇妙な姿勢で
亡くなっていたことに引っかかりを感じたレスキュー隊の隊長が、一
度離れた彼女の家にもう一度引き返して、彼女の体の下の空間を探っ
たところ、ブランケットにくるまれて眠っている赤ん坊がいるのを発
見します。

注意深くがれきがひとつひとつとりのぞかれ、赤ん坊を救出し、くる
まれていたブランケットをあけるとそこには携帯電話がひとつありま
した。

そこに最後に残されたメッセージにはーーーー
 
 ↓

(この英語は暗誦文とは若干違いますが、大筋は同じです)




最初にこの話を読んだときからこの最後の言葉に涙が出てしまった私
ですが、練習を重ねるたびに読みもうまくなり、感情も入りジェスチ
ャーで臨場感が出てくるヨシキ君の暗誦を毎回聞くにつけ、一層この
最後の言葉で泣けてしまうのでした



ヨシキ君のおうちでも、彼のご家族(おばあさま、ご両親、大学生の
お姉ちゃん二人と小学生の弟)が聴衆となって練習に付き合っていた
のですが、英語がよくわからないおばあさまも感動されていたそうで
す。

でも、おばあさまにとっては、もうひとつの感動する理由があったら
しいです。

ヨシキ君は性格的にと〜〜ってものんびり、おっとり、ぼ〜〜っとし
た?!子で、小さい頃は人より1歩も2歩も遅れをとる、お勉強の飲
み込みも遅く、理解して腑に落ちるまですご〜〜く時間のかかる子だ
ったそうです。

運動会のダンスでも、となりの子が手を上げるのを見てからおもむろ
にそれを真似してゆっくり上げるので、全体の中で彼の動きだけが
テンポずれてて目立ち、とても恥ずかしかったという話も聞いたこと
があります。

とても教育に熱心でいらっしゃるおばあさまは、「この子は少しネジ
が足りないのではないかしら」と非常にヨシキ君の将来を心配され、
小さい時から心をくだいていらしたのだそうです。

おばあさま自ら本屋で問題集を買ってきて、「これを毎日やって提出
しなさい」と課題を与えたり、(それを反抗もせずに素直にやるヨシ
キ君も偉いと思うのですが)私はひそかにおばあさまのことを(尊敬
を込めて)「ゴッドマザー」と呼んでいたものでした。

「この子をなんとか一人前に自立させなければ・・」というおばあさ
まの思いはご両親以上に強かったかもしれません。

でも、一歩一歩確実にそれこそカメさんの歩みのように、素直に着実
に努力が出来るという能力を持っていた彼は、先生方にも恵まれて学
校でも上位の成績で、こうして英語スピーチコンテストの学校代表に
も選ばれるようになりました。

ですから、全文を暗記し堂々とスピーチをする彼の姿を見て、「あの
子がここまで成長して・・・」と、おばあさまは感無量だったのだと
思います。

「この子に何が向いているか」をいつも考えてこられたおばあさまの
勧めもあって、彼はいま、医療・看護・福祉方面の大学を受ける方向
で、勉強も頑張っています。

その優しくおだやかで忍耐強い性格が活かされ、彼はきっと患者さん
たちの体だけでなく心の癒しにもなることでしょう。

17日に大野城で行われたスピーチコンテスト本番では、残念ながら
入賞は出来なかったそうですが、「頭マッシロになるようなトラブル
もなく、やれることはやりました」と満足げな彼に、私も、おっきな
おっきな金メダルをあげたい気持ちです。


Mother's Sacrificeのお話は「この子のためなら・・」という親の思い
の究極の姿ですが、ここまで愛されたこの赤ちゃん、まわりの人みん
なにも愛されて、自分の人生を大事に幸せに生きていってほしいなあ
・・・と心から祈るばかりです。

















スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#831 thank you!
So touching...I think I'll share it on my FB and blog.
#832
Sophieのブログの話題の本質は温かいものに触れていると思います。

あなたがいつも何にフォーカスしているかがわかったような気がします。

Sophieが慈愛溢れる話題を提供できているのはあなたにその質が多分にあるからだと分かりました。

素晴らしいです。

だからあなたはいつも温かい出来事に出会うのでしょう。

今分かりました。

心から尊敬します。
#833 No title
美里さま、
シェアありがとうございます!
#834 マックスさま、
尊敬だなんて・・・てれてれ。
過分なお言葉ありがとうございます。

私もヨシキ君のおかげでこんなに感動する話を知って、
また、彼の頑張りにもほんとに感動させてもらって
感謝です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。