スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・4・23 桜を追いかけて

先週18日に、初めて、大阪造幣局の「桜の通り抜け」に行って来た
Sophieです。

熊本-天草-雲仙に続く、母と妹との母娘3人の”桜旅”第2弾です。

今年は寒さのために開花が遅れるということで当初の開門予定の15
日が17日に延びたため、15日出発予定だった私達もスケジュール
変更を余儀なくされました。

大阪もソメイヨシノはほとんど終わっていましたが、造幣局の桜は
八重の品種が多いので普通よりも開花の時期が遅いのだそうです。

大阪は馴染みがなくて、記憶に残るところでは数年前、梅田と道頓堀
あたりをウロウロしたぐらいなのですが、さすが西日本一の大都会で
すねえー!

今回初めてバスで高速道路を走ったのですが、あらためて街の大きさ
にビックリしました。梅田付近にはバンバン高層ビルが建築中で、活
気のあること!

造幣局の桜の通り抜け(一方通行なので通り抜けと呼ばれる)は、明
治時代から続いているそうです。

満開時に1週間だけ開放されるので、その期間の人出はものすごく、
私達も人の波にもまれながらエッチラオッチラ少しずつ進みます。
  ↓
IMGP0524_convert_20120422171119.jpg


「日傘はたたんでください」
「1カ所に立ち止まらないでください」
「写真は手早く撮って進んでください」

ーーなどと絶えずガードマンから注意の声が飛んでいます。

南門から入り、北門へ抜けるまで約560m。道の両側に129種類の桜
の木が354本。

「これはわざわざ来る価値があるわねえ~♪」と母も満足げ。

IMGP0515_convert_20120422170942.jpg
  ↑
地面に届くほどたわわに?桜が咲いているので花の中で写真が
撮れちゃう。

色も多彩です
IMGP0519_convert_20120422171041.jpg

大阪造幣局の桜

IMGP0529_convert_20120422171341.jpg
  ↑
毎年、いろんな種類の桜を紹介するために「今年の桜」を決めていて
今年は「小手鞠」でした。

IMGP0548_convert_20120422171710.jpg

IMGP0546_convert_20120422171631.jpg

しだれはやっぱり素敵。それにしてもうしろのマンション(官舎?)に
住んでいるヒト、うらやましい・・・。
  ↓
IMGP0535_convert_20120422171450.jpg

IMGP0540_convert_20120422171526.jpg

IMGP0527_convert_20120422171304.jpg

IMGP0525_convert_20120422171230.jpg


母の歳になると、つい「来年も桜が見られるだろうか・・」と思って
しまうそうなのです。
(旅に出て、きれいなもの珍しいものを見るたびに「冥土のみやげ、
冥土のみやげ」と言うのが口癖になっておりますが、このぶんでは
”冥土のみやげ”が多くなりすぎて持ちきれない?!)

造幣局は大阪が本局なんだそうです。

(ここでまた無知をさらしてしまいますが)私、”造幣局”というくら
いだからお金はすべてここで作られているのだろうと思っていたので
すが、造幣局で作られるのはいわゆるコイン(貨幣)のみなんですね。

紙幣は日本銀行が発行し、作っているのは国立印刷局なんですって・・。

造幣局の仕事に「地金、鉱物の分析、試験」なんてのもありました。

ふ~ん、そうなんだ~・・。

ケロヨンみたいに見える建物。丸い部分がコインを表しているんで
すね?
  ↓
IMGP0541_convert_20120422171557.jpg

旧正門(空に小さく飛行機もうつってます)
 ↓
IMGP0552_convert_20120422171754.jpg

壁にあるマークも桜
  ↓
IMGP0563_convert_20120422171847.jpg

造幣局の入口門で守衛のオジサマと
  ↓
IMGP0565_convert_20120422171926.jpg

ひとつ賢く?もなれたし、大満足の旅でしたが、ただひとつ、今回
地元の人と触れ合う機会がなくって、大阪弁があまり聞けなかったの
が残念でした。

新幹線でとっても近いということもわかったし、ぜひ次回は「2度
づけ禁止!」の串カツを食べながら、local peopleとお話がしてみた
いです!



造幣局は大川(旧淀川)の川沿いにあり、大川沿いはずっと公園や緑
地帯になっていて、どこまでもサイクリングが出来そう。川がまっす
ぐなので、レガッタ(ボート)の練習もしていました。

桜の時期は両側に屋台が出て夜遅くまで賑わっています。

宿泊は造幣局のすぐ近く、帝国ホテルだったのですが、そこの船着場
からディナークルーズの船に乗り、大川を上下してみて、「大阪って
“水の都”なんだなあー』ということも新たに認識しました。

今から乗船。
  ↓
IMGP0570_convert_20120422172001.jpg

お料理は帝国ホテルのものなのでとっても美味しいフルコースでした
  ↓
IMGP0573_convert_20120422172037.jpg

屋台が出て賑わう造幣局の川岸
  ↓
IMGP0587_convert_20120422172150.jpg

ライトアップされて幻想的
  ↓
IMGP0586_convert_20120422172113.jpg

噴水まで・・
 ↓
IMGP0593_convert_20120422172223.jpg

昼間とはまったく違う景色になりますね
  ↓
IMGP0598_convert_20120422172259.jpg


桜を堪能した私達、翌日は堺へーー

ーーーーつづく


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#762
「桜の通り抜け」のお花見は豪華ですね。帝国ホテルのディナーも最高。
#763 マックスさま、
お天気がとても良くって桜が青空に映えました。
こんなにゴージャスな桜たちは初めてでした♪

ところで、ロゴマーク、かわいいのが出来ましたね!
あれはマックスがご自分でもアイディアが出されたのかしら?
#764 瓜二つ
お母様と妹さん、そっくりではないですか!
当方、すれ違いで残念でした・・・
#765 No title
 通り抜けは桜もですが、人の顔も多く見られたこと
でしょう。でも、一見の価値はありますね。私も一度
しか行ったことありません。  
 その大阪造幣局と京都市の仁和寺、奈良県の吉野山
が、私の観た近畿三大桜の名所です。行ってない名所
もたくさんあるので、独断と偏見のベスト3でした。

 久しぶりに「桜前線」を聴きました。昭和歌謡なの
でもう古いですね。(>_<)kuuuu
 ではでは。
#766 Terryさま、
Terryさまは造幣局の通り抜けは行かれましたか?
大阪もなかなかおもしろいですねー

6月はよろしくお願いいたします

#767 アストンマーチャンさま、
吉野山の桜というのはよく聞きますが、
まだ見てないので来年は行ってみたいですー

「桜前線」っていう曲知りませんでした
私も古い昭和人間なんだけどな・・・

#768 No title
桜も3人の女性も個性さまざまでとってもキレイ!
桜のお写真は、さすが習われているだけありますね^^

これをみると、造幣局に行きたくなりました。
来年はぜひとも・・・!

私もSophieさんと同じで、ずいぶん大人になってから紙幣の印刷は造幣局ではないことを知った派です^^;
良かった。
#769 Kumikoさん、コメントありがとうございます
大阪には新幹線のぞみで行ったのですが、岡山って近いなー!
と思った次第です。日帰り圏内ですねっ

造幣局の中(お金を作るところ)も見学したいなあ~~~!!
とも思いました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。