スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜、桜の旅

4月1日から3日まで、母と妹と3人で熊本―天草―雲仙を旅してき
ました。

母娘3人泊まりがけで旅するのはほんとに久しぶり。

今回、「天草に行ってみたい」という母の要望に私達がほいほいと
便乗したかたちです。

父が亡くなったおちこみから回復しつつある母は、「80過ぎたら明
日なにがあってもおかしくないから」と、出来るうちに出来ることを、
行けるうちに行きたいところへ、と精力的になっています。
 
今回は天草が入っていたY旅行のツアーを使いましたが、ちょうど桜
が満開の時期と重なり、どこへ行っても見事な桜、桜、桜ーーーこん
なに桜を満喫した春はありませんでした。

おおげさでなく、ほんとに「ああ日本人に生まれて幸せ」って思いま
したよ。

<1日目>
まずは新幹線で熊本へ。熊本城の桜からスタートです。

ガイドの研修などで何回も熊本城へは来ていましたが、「桜の小路」
という町家を再現したお食事処やおみやげものが集まる新しいスペー
スが出来ていてびっくりしました。

ちょうどこの4月1日から熊本は政令指定都市になったそうです。
おめでとうございます。

熊本ー天草ー雲仙旅行

桜とお城ってなんてgood match なんでしょう!
  ↓
IMGP0377_convert_20120405212915.jpg



熊本からはバスツアーとなり、一路天草へ。橋をたくさん渡ります。

天草といえば天草四郎
  ↓
IMGP0380_convert_20120405212949.jpg



幕府のキリシタン弾圧や重税に反抗した農民たちが一揆をおこし、
その総大将となった美少年ーーという程度が私の知識なのですが、
私、彼に関してはひとつ長年の疑問があったのです。

「なぜ若干16歳のそう強そうでもない男の子が、何万もの農民を率
いて幕府と戦う”総大将”に選ばれたのか?」

天草キリシタン館でいろんな展示物を見ても、その理由については何
も記述は見当たらず、疑問は解消されないまま・・。

妹が言うには「ジャンヌ・ダルクのようなものじゃない?」

うーん、やっぱりなにか神様の御神託のようなものがあったのかなあ?

途中寄った道の駅にある天草名物?!「タコ入道」は、「五多幸(た
こ)」にかけて、5つの幸せー受験、健康、恋愛、子宝、商売繁盛―
がかなうご利益があるタコ。 
     ↓
IMGP0384_convert_20120405213107.jpg



「もう健康しか願うことがないわ」という母に笑ってしまった私です
が、アレ、そういえば私もそうだわ・・・。

最後に残るは「健康」ですねー。

1日目の宿泊は下田温泉にて。

東シナ海に沈む夕日が素晴らしい!ということでしたが、正直なとこ
ろ、糸島(福岡西部)のサンセットロードからの夕日の方がいいぞ
・・・と思った私でした。

IMGP0390_convert_20120405213147.jpg




<2日目>
妙見浦を見ながら、大江天主堂へ。
          ↓
IMGP0398_convert_20120405213230.jpg


キリシタン解禁後、初めて作られた天草を代表する教会。

フランス人のガルニエ神父が私財をすべて投じて建てられたそうです。
 

「五足の靴」として有名な、若かりし時代の与謝野鉄幹、北原白秋、
木下杢太郎、吉井勇、平野万里らがこのガルニエ神父を訪ねてきて
異国の地で熱心に布教を続けるガルニエ神父との語らいにおおいに影
響を受けたといわれています。
  ↓
くわしくはコチラ


「カソリックの神父は私物は持たないはずなのに”私財”をなげうって
ってヘンだなあ・・・」と思ったのですが、これで納得しました。

祖国に帰るため支給されるお金もすべて貯めておき、神父様自身は2
度とフランスの土を踏むことも親に会うこともなく、ほんとうに日本
のためにすべてを捧げてくださったのですね・・。

教会のふもとにある「ロザリオ館」では、押し入れの奥の隠れ部屋な
ど、当時の隠れキリシタンの風俗や生活を知ることができます。

私は「踏み絵」を見るたびいつも思うのですが、私がもし当時のキリ
シタンだったら「見つかったら拷問か死刑」なんて言われたら、絶対
すぐ踏むよなあ・・・。

そして踏んだあとで「いいもーん、心の中で信じてるんだから」なん
て自己弁護しながら。

そんな私にはルルドの聖母の清らかさと神々しさが眩しい・・・・。
       ↓
ルルドの聖母像



富岡城は、島原の乱で農民側が幕府軍を攻めたて、あわや陥落という
ところまで追いつめたところ。

IMGP0406_convert_20120405213313.jpg

IMGP0410_convert_20120405213352.jpg


そんな激しい合戦があったなんて想像もできないくらい今はのどかで
静かな佇まいです。

ここから鬼池港へ向い、希望者はここでイルカウォッチングの船に乗
りました。
IMGP0413_convert_20120405213430.jpg

海の色がグラデーションになってとってもきれい。(イルカ組は「数
えきれないほどのイルカの群れが見れたうえにボートの近くでジャン
プをしてくれた!感激!」ーーだったそうです。)


イルカウォッチングに行かないグループは塩工場の見学。
(私達は塩組。泳げないとなんとなく小さいボートで沖に出るのは
こわいのです)

くみ上げられた海水を太陽と風だけでじっくりと時間をかけて結晶さ
せるため、海の50種類ものミネラルがそのまま含まれたまろやかで
うまみのある塩が出来るそうです。
  
汲み上げた塩水を櫓の上からネットを通して循環させ濃度を濃くして
います。
  ↓
IMGP0417_convert_20120405213519.jpg


製造過程でできる「にがり」は、健康・美容・ダイエットにもいいと
かーーー(もちろん真っ先に買いましたとも)。

塩



興味のある方はコチラから買えます。

鬼池港から島鉄フェリーに乗って口之津港へ。

次に立ち寄った「みずなし本陣ふかえ」には1991年に噴火した普賢
岳の土石流の被災家屋がそのまま保存された公園がありました。

IMGP0425_convert_20120405214512.jpg



津波もそうですが、こういう自然災害はあっという間に到達しすべて
を破壊してしまうんですね・・・。

後ろに見えるのが普賢岳
   ↓
IMGP0423_convert_20120405214357.jpg



島原城と武家屋敷が残る町並み散策。

IMGP0432_convert_20120405214648.jpg

島原城からの眺め
  ↓
IMGP0431_convert_20120405214602.jpg
 
島原城のお濠に咲いていた桜
    ↓
IMGP0442_convert_20120405214826.jpg

武家屋敷町の散策
  ↓
IMGP0439_convert_20120405214736.jpg

武家屋敷の地域には津和野の掘割のように水路があるのですが、島原
の水路は水がきれい過ぎて、プランクトンが少なく、鯉がすぐ死んで
しまうのだそうです。

水清ければ魚棲まずーーこれって本当だったのね。

2日目は雲仙泊。

雲仙に入ってまだ明るかったので少し地獄めぐりをしました。
  ↓
IMGP0451_convert_20120405214914.jpg


硫黄のにおいが満ちています。

ここは古くは「君の名は」のロケもあったとかで古い看板も残ってい
ました。

車だん吉がトトロになったような添乗員さんが、「”真知子刈り”で有
名です」と「言いまつがい」。皆大爆笑。

この添乗員さん、アオサのことを「海でとれるアオナが旬で・・・」
と言ったり、つっこみどころ満載でした。でもおかげで道中がとても
楽しく過ごせました。だん吉トトロさん、ありがとう!

露天風呂から降るような星が見えるはず・・・だったのに、夜半から
空模様があやしくなり、ほどなく暴風雨となりました。

さて、3日目はどうなることか・・・と危ぶみながら就寝。


<3日目>
日本中に春の嵐が吹き荒れた爆弾低気圧の日です。

朝起きたら窓の外は雲海のように1寸先も見えず、風がゴウゴウと鳴
り、雨もひどく、8時出発で仁田峠に行く予定は全員キャンセル。

9時半にホテルを出ることになりゆっくりと朝風呂を楽しむことは出
来ました。

この風の強さではバスも飛ばされそうよねえ・・と心配しながらの出
発でしたが、日頃の行いが良いのか私達の運の強さか?!目的地に降
りる頃になると不思議と雨はやみ、風も歩くのには支障のないくらい
で、滞り無く無事にすべての行程を終えたのでした。

橘公園の桜
  ↓
IMGP0454_convert_20120405215053.jpg

IMGP0455_convert_20120405215144.jpg

IMGP0463_convert_20120405215222.jpg



それから諫早経由で
  ↓
大村市の大村公園。キリシタン大名の大村氏の城下町で、この公園
は九州一という菖蒲園があるそうです。菖蒲の季節にまたぜひ訪れ
たいものです。
 うしろの田んぼのような所が全部菖蒲園です
    ↓
IMGP0465_convert_20120405215410.jpg

IMGP0466_convert_20120405215450.jpg

玖島城というお城もありました
  ↓
IMGP0473_convert_20120405215636.jpg

佐世保に入りハウステンボスを横目に見ながら西海橋へ。

IMGP0482_convert_20120405215719.jpg

ゴーゴーと強風の吹く中、歩いて橋を渡ったのでした。
ひぃ~~~


後で知ったのですが、テレビでは「危険なので外出は控えるように」
と言っていたとか・・。

こんな日にしっかり出歩いて?いた私達って・・。

高速にのり、帰路のバス中であったゲームでは、トトロ添乗員の体重
と年齢を足した数を当てる、というクイズに妹がピタリを当て
カステラ1箱をゲット

続くじゃんけんゲーム(添乗員と同じものを出したら勝ち残る)に
私が勝ち抜き、岩のりの瓶をゲット!

賞品が3つのゲームに姉妹で2つをかっさらい、トトロ添乗員に
「なんてあつかましい姉妹でしょうか!」と言われたのでした。

最後まで強運だった今回の旅でした。

さて、18日からまた母娘3人で、今度は大阪造幣局の桜の通り抜け
に行く予定です。

桜の旅はまだ続くーーーーーーー。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#755 はじめまして
愛媛県在住、スキップという老犬を飼っているアラフォーのパート主婦です。”天草””イルカ”でネットサーフィンしていて、なぜかこちらにたどり着きました。(笑)そして、お母さんと親娘3人の表情がとても素敵だったので、羨ましくてコメントした次第です。私は両親共、天国へ行ってしまっていますし、とても優しい兄はいるものの、やはり女姉妹に憧れます(*^_^*)
天草といえば、実は今年に女友達3人旅で、熊本旅行を計画中です。こちらのような桜にはもう遅いのですが、有意義な旅に出来たらと思います。
#756 スキップママさま、
”天草””イルカ”でヒットしたのですか、ビックリ!
コメントありがとうございました、嬉しいです♪
愛媛は松山にだけ行ったことがあります。

女3人、一番楽しい、旅のパターンかもしれません。

ぜひ、天草にいらっしゃるのでしたら、イルカウォッチングなさってくださいませ。90%以上の確率でちゃんと見られるようです。

スキップくんは犬種は何でしょう。
うちには11歳のダックスフンドのロッキー君がおります^ ^ vv
#757 うふ♪犬友ですね(笑)
天草のイルカウォッチング魅力的ですね。
スキップは♀なのです(♂名なのでよく言われます(笑)[MY DOG SKIP]という映画から名前をもらいました。殺処分寸前のわんこだったので、自称コーギーで自称12歳なの。ちなみにスキップは松山にいますよ。どこかで、バッタリ!なーんて あったらいいですね。
#758 スキップちゃん♀でしたか
かわいいでしょうねー
私はダックスでなければコーギーを飼いたいと思っていたので
コーギーも大好きですv-238

これからも時々訪問よろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。