スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・3・12 日本語は素晴らしい!

Sophieです。

昨年の東日本大震災から1年が経ち、マスメディアでも特集記事・番
組が多く見られますね。

編集後記が筋トレに載るのは月曜日ですが、10、11日と大分に泊ま
りがけで行く用事があるため、〆切より早く送ってしまおうと思い、
実際これを書いているのは金曜日の夜中です。

今日(9日)は、友人Fさんに紹介していただいて以来私もファンにな
ったソプラノ歌手、林麻耶さんが出演される「てあとろ・だもうれ」
(愛の劇場)第2回コンサートに行ってきました。

これは麻耶さんたち4人の仲間が、クラシックは「敷居が高い」と敬
遠している人たちにも「楽しい!」と思ってもらえるようにと笑いや
おしゃべりやエンターテイメント性のあるものをと始められたコンサ
ート。

第1回は昨年のまさに3月11日の夜でした。

あの夜は、震災や津波の被害がここまで大きなものだとはまだよく
わかっていない時で、それでも会場の其処此処で「とんでもないこと
が起こった」というひそひそとした不安そうな会話が聞こえていまし
た。

私自身も、東京に住んでいた当時大学生の娘と連絡が取れず、コンサ
ートの第1部だけを聴いて早々に帰宅したことを思い出します。

(娘は卒業旅行のスペインから帰国途中で地震の時はちょうど空の上。
成田には降りられず、横田基地でしばらく缶詰状態となり、結局関空
に回され夜遅くにやっと入国できたのでした)

いろんな意味で日本が大きく変わったあの日と同じ会場で、「あれか
ら1年経ったのだなあ・・・」とあらためて振り返ったことでした。

直に被災地に入りもせず、直に現地の声も聞かず被害者の方々と接し
てもいない遠くにいる私に何も語る資格はありませんが、自分に出来
る募金や省エネ、東北の物産を買うなどの協力は続けていきたいし、
東北のことに常に関心を持って心をよせていきたいと思っています。

9日のコンサートでは、いま大切にしたい「日本の心」ということで、
日本語の歌ばかりが歌われたのですが、井伏鱒二、北原白秋、石川啄
木らの詩による曲、やなせたかし氏の作詞による曲、そしてたくさん
の文部省唱歌などを聴いて、あらためて日本語の美しさ、というもの
に心をうたれました。

なかでも、国文学者の清水重道作詞の組曲「沙羅」は、文語調で格調
高すぎて?!よく意味はわからないのですが、それでも「ああ、日本
語ってなんて情緒のある、やわらかくて美しい言葉なんだろう」と日
本人であることを誇らしくさえ感じました。

組曲3曲目の「北秋の」はこんな感じ
  ↓
北秋の
 峡(かひ)の凝々(こご)しき道の曲(くま) 
 わが見し花に
 名づけてよ 君

 いなむしろ
 君によそへて
 呼ばましものを
 
 みつみつし
 白く小さき
 北秋の花

(ちなみに作曲者は信時潔という東京音楽学校(現・東京芸大)の教
授だった方で、「海ゆかば」や「慶応義塾塾歌」を作られた方なのだ
そうです。へー)

山道で白い愛らしい花を見つけて、愛する人をそっと思う、なんてロ
マンチックな歌でありましょう。

言語はその国をあらわす文化だと言われますが、私達はこんなに品格
のある、優美でかつ凛とした言葉を持つ国民なのだなあ~・・と再認
識いたしました。

非常に控えめで感情表現は苦手だけれど、言わなくても相手の気持ち
を思いやり、恩着せがましくなく相手の必要をさりげなく満たす、あ
うんの感覚というのはやはり、ひとつ日本人の美徳ではないかと思っ
たり・・・。


春はあけぼのーーーと、ちょっと古典などひもときたくなりました。

あ、古典といえば、「枕草子」の「ものはづくし」に例えてYMCAで
日本語を勉強している留学生達(主にアジア系)の作品が壁に貼って
あったのですが、彼らの観察眼と感性もなかなかおもしろいものがあ
りましたよ。

日本的なもの

どこでも道路に書いてある「止まれ」。

似合わないもの

足がきれいじゃないのに短いズボンやスカートをはくこと。

顔がハンサムで体に筋肉もあるのに声が女みたいに高い男性。

夏にはスカトの下にレギンスをはいてる人が、冬には短いスカトの下
にうすいストキングをはいているの。

つい油断してしまうこと

自分が本当に愛してる人も自分のことを愛していると思ってしまうこ
と。


憎いもの

何回もくり返すミス。
後ろ姿がバリ可愛い!!と思って顔見たらllili○l ̄L  



やっぱり日本語最高!!

英語、何するものぞ!!

ーーって、あ、これ「”英語”リーディング」のメルマガでした・・・・。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#743 No title
「北秋の」は難しいです。「凝々しき」「いなむしろ」「よそへて」「みつみつし」の意味が分かりません。東京にいても3・11は他人事のようです。ちょっとしか貢献していません。
#744 No title
私もふとした拍子に「日本語ってなんてやさしく美しく奥深い響きをしているんだろう」としみじみ思い入り感心することがあります。

#745 マックスさま、
そうなんです、
私もよくわからないんですーーが、感覚的にとっても美しい
と思ってしまいました。

子々孫々まで伝えていってほしいーーと天皇陛下も言われたように
震災のことを「風化」させないこと、が大事ではないかと思いました。
#746 Kumikoさま、
ほんとほんと
日本語をもっともっと
大切にしていきたいと思ったことでした。

英語の早期教育もいいけれど
根幹は母国語よねえ・・
と思う私です

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。