スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲット!!

 2月29日、今年最初の庚申(かのえさる)の日ということで、
福岡市藤崎の猿田彦神社で「初庚申(はつこうしん)大祭」がありま
した。

うるう日に初庚申が重なるのは昭和7年以来80年ぶりなのだそうで
す。

昭和7年は、母が生まれた年でしかも申年。

今まで一度も行ったことなどなかったのに、今年は「自分が生まれた
年以来のめでたい記念の年だから行ってお参りしたい」と、前日に積
もった雪がまだあちこち残る朝、母はてくてくと出かけて行きました。
(ーーということをあとで知ったのですが)

でも、朝のうちはものすごい人出で、待ち時間2時間ということで、
膝の悪い母は長時間立っていられずやむなく断念・・。

それでも、どうしても初庚申のお参りをしたいからーーと夕方出なお
したら、母の強い願いに神様もこたえてくれたのか、早朝のうちに売
り切れてしまってもうないだろうとあきらめていた縁起物のお猿の面
も残っていて、4コも買えたそうです。

初庚申の日にこの猿面を玄関に掛けると「災いが去る」と言われてお
り、また猿は木から落ちないことから、受験のお守りに求める人も多
いとか。

なんとなくユーモラスなかわいいお猿の面(博多人形師が作ります)
  ↓
猿面


母のおかげで、こんなに苦もなく手に入れちゃっていいのかしら。

みんなの幸せを願う母の気持ちがいっぱいこもったお猿さんです。

親孝行しなくっちゃねえ・・・・。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#739 No title
 猿のお守りがあるのですね。写真では大きさが分か
り難いのが残念でした。それと博多焼って食べ物のこ
とかと思っていました。(>_<)Kuuu
 何にしろ、除災開運で、良いことがあればよいですね。

 関西の人は、よそでは関西風の標準語を話します。
他所の人に「関西弁、出ないんですね」と言われると、
内心喜んで、「そうですね・・・。ホンマ全然、出ま
へんわ」と、最近あまり使われない様なコテコテの関西
弁ギャグで応える人がいました。

 九州出身の人も、ほとんど標準語で話されることが
多い気がします。九州弁はあまり聞きません。地元で
は「何々バイ」とか「~タイ」と言うのでしょうか?
 幕末ドラマの影響か九州弁というと、
「じゃっどん、そげん良かこつばなかとですタイ」
というイメージがありました。でもこれは、西郷さん
のセリフみたいなので鹿児島弁でしょうか。
 九州と言っても広いので、各県・地方で言葉の違い
もあるのかと想像しました。
 ではでは。
 
#740 アストンマーチャンさま、
あはははーーー
そうですね、博多焼きは言われてみればおかしいわ^o^
博多人形のまちがいです、スミマセン!
書き直しておきました。

博多弁は、学生時代の友達としゃべる時は自然と出て来ます。
~するったいね、~やけんねー、~やろ? ~しとった、
などなど。
「~ばい」はここらへんでは(女性は?)言わないなあ・・・
関西弁って、よその人が真似して言っても
地元の人にはすぐよそ者ってバレるんですってね。

お猿のお面はあまり大きくありません。
手のひらよりも小さい。
母のおかげで初めてゲットできて
今年はなんだかいいことがありそうです。

ではでは。


#741 No title
お久しぶりです。
実は、ワタシもゲットです。たぶん・・・
そして同じく自分で買いに行っていません(笑)
月末でとても無理だと諦めていたのですが、ちゃっかり
お客さまに頼んでしまいました。
おっとは、呆れていましたが
7日におじゃまするので、そのとき受取ります。

車の中で、スタッフさんが次は80年後だそうですよ~
それを聞いてみんな もういないね~ですって・・・
#742 きくさま、
なんてやさしいお客様なんでしょう~~
良かったですね!

80年後ーーーうちの娘だっていないかもしれない・・・
やはり、そんな珍しい初庚申だったのなら
ご利益も大きそうですね!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。