スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009・9・16 はじめまして

はじめまして。今日から水曜日に編集後記を担当させていただきます Sophieです。

Makiさんが卒業するまさにその日、友人のマックスと東京で会う段取りをしていて編集後記のお話をいただいたというのも、マックスの言う「引き寄せ」だったのかもしれません。

最初は、Makiさんの後任なんて荷が重すぎる~!と思ったのですが、
「何を書いてもいい、(実は)格調高くなくてもいいのです」とのマックスの言葉と、私のなかの「直感」が「これは自分を成長させる新しい扉だぞ、 チャレンジしてみろ!」とそそのかす(?!)ので、思い切ってやらせていただくことに しました。

もとより、行動範囲も狭くアグレッシブでもない私ですが、こうして折々にタイミングの良い「人との出逢い」によって今までも新しい道を示してもらってこられたのではないかとあらためて感謝の気持ちがわいてきます。

これからこのメルマガを通して、ひとりひとりの読者の方々とつながることによって、また自分の知らない世界やものの見方や知識を教えていただけるとワクワクしております。どうぞよろしくお願いいたします!

さて、私は福岡に住んでいるのですが、福岡は、いま筥崎宮で放生会 (ほうじょうや)というお祭りの真最中です。

どんたく、山笠と並び博多三大祭りに数えられる、生きとし生けるものの「いのち」や実りの秋を迎えて海山の幸に感謝を捧げる祭りで、その起こりは1000年前にもさかのぼるとか。

参道には700もの露店が立ち並び(数では日本一だそう)、期間中100万を越える参拝者でにぎわいます。

先日12日の初日に、私が聴講生としてエセ大学生になっております市内のとある大学の留学生10名ほどを連れて、他3人のガイド仲間とこの放生会に行ってまいりました。

あくまで「引率」です。「ガイド」です。

しかし、実は福岡にン十年住んでいながら、放生会に行くのは初めての私。ペーパードライバーならぬペーパーガイドもいいとこです。

今年は2年に一度の御神幸行列が行われる年で、運良くちょうどその御神輿が街へ出て行く儀式に居合わせることが出来て、また宮司さんからいろいろ説明もしていただけましたが、何を見ても何を聞いても、
「へえ~~、ほ~~~っ、ほおおおーーーっ!」といちいち一番大きくうなずいていたのは私だったような・・・・。

ーーー「引率したというより引率されていっただけやね。」(陰の声)

このように、Makiさんが築き上げてきた、スケールが大きく知的で上品で格調高い世界とはほど遠い、ずっこけた編集後記になることとは思いますが、どうぞご容赦くださいませ~。       m(_ _)m

--------------------------------------------------------------
Maxです。Sophieを紹介しますね。
・福岡市在住。資格ー英検1級、通訳案内士。
・性格はいたってノーテンキ。
・20代の終わりに夫の留学について、アメリカ、ルイジアナ州ニューオリンズに2年滞在。その体験が英語や異文化との出会いとなりました。
・目下はまっているのはウォーキング。どこまでも歩きます!
--------------------------------------------------------------

☆☆☆これ英語で何て言う☆☆☆

□直感: intuition (an idea or a strong feeling that
 something is true although you cannot explain why)
□アグレッシブ: aggressive (acting with force and
 determination in order to succeed)
□神輿: a portable shrine
□露店: a stall
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。