スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

ブログを読んでくださっている皆様、明けましておめでとうございま
す!

いつもありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m

辰


さて、今年は初めて息子のお嫁ちゃんを迎えてのお正月でした。

出張先の大阪から直接福岡へ戻った息子は28日から、お里の名古
屋に寄ってきたお嫁ちゃんのマキコさんは30日からの滞在でした。

30日の夜は居酒屋で弟夫婦も交えて食事。

31日の夜は家で”かにすき”をして皆で鍋を囲み、10時過ぎには隣
りに住む母のところへ移動して、紅白を見ながら年越し蕎麦。

元旦の朝はおせちとお雑煮を食べ、昼からはいつも通り主人の実家が
ある中津(大分県)へ。

一昨年からグループホームに入っている主人の母(89歳)をまず訪ね、
お嫁ちゃんを初紹介。

誰が誰かもうほとんどわからないし、かみ合う会話にはならないので
すが、人が訪ねてきてくれると嬉しいのか陽気に始終笑って、何かを
しゃべり続けてとても楽しそうにしてくれます。

いつもニコニコと明るい義母は施設でも人気者です。

「生きてきた姿がやっぱり最後にそのままあらわれるのよねえ」
と私が帰り際に言うと、
「その言葉覚えておくからね」と息子。

(うわ、ものすごく意地悪でヘンクツでいっつも怒っているおばあ
ちゃんになって「やっぱりね・・」と言われたらどうしよう・・・)


主人の実家は兄が後を継いで家長となり、一世代めぐりもうご自分の
息子や孫が訪ねてくる立場なのですから本来なら私達が「帰る」とは
言えなくなっているのでしょうが、変わらずあたたかく迎えてくださ
るのがありがたいです。

中津では「ふぐ」を食べるのがお決まりです。

筑紫亭のおせちーふぐ刺しーふぐちり、そして、ヒレ酒をはじめとっ
ておきの日本酒を飲むのが男性軍の楽しみ。

ふぐをこれだけお腹いっぱい贅沢に食べられるのは一年にこの日だけ
なのでそれも中津へ帰る魅力?!なのかも・・・(特に娘はそうです)

息子とマキコさんは、甥のところの双子ちゃん(女の子)のアンパン
マンごっこの遊び相手をしてすっかり気に入られた様子。
(息子はバイキンマンとなり、パンチやキックで退治されてました)

2日は主人は出勤。娘とマキコさんは早起きをして、一緒にデパート
の初売りへ。

でも限定300個の3デパート合同福袋はすでに整理券も配られたあ
とで手に入らず、「読みが甘かった!」と来年の教訓にしていました。

それでも、娘は、お目当てのブランドの狙っていたコートが安くなっ
ていて最後の1着を買うことが出来たそうで上機嫌。

マキコさんも「福岡は東京にあるブランドは全部あるし、こっちの方
が近くにまとまってて買いやすい」といたくご満悦でした。

2日の夜はこれも恒例、母の家で手作りのお正月料理を堪能しました。

特に、黒豆、きんとん、昆布巻き、の3つはどんな有名料亭のものよ
りも美味しいとまわりの皆から言われているもので、毎年「これ、売
り出したらいいよね」という話になるのですが、いまだ妄想段階です。

その席で、年末ジャンボ宝くじの当たり番号を照合。

3億円あったらーーと夢をふくらませておりましたが、残念ながら
最高3000円が1枚とあとは300円が数枚・・・・

1万円に「おしい!」というくじが5枚ありましたが、ハズレはハズ
レだもんねえ・・。

今度は年賀状のお年玉くじに期待しようっと。

そうこうして、3日の午後に息子夫婦は横浜へ帰っていったのですが、
ほぼ丸4日間、お嫁ちゃんと初めて一緒に過ごしてみての感想ーーー
「驚くほどぜっんぜん気をつかわなくてよかった」!

私はもともと、ホームステイなどをしてもあまり気を使って疲れると
いう方ではないのですが、やっぱりこれも相性があると思うのです。

多分マキコさんのおっとりした性格も幸いしているのでしょうが、ま
るで今まで何十年もここで一緒に過ごして来たかのように彼女は自然
体で、こちらも素のままでいられて、とにかく一緒にいてほんとに楽
でした。

どこへ行っても誰と会ってもスッと場になじみ会話も弾むし、遠慮し
過ぎず出しゃばり過ぎず、はしゃぎ過ぎずおとなし過ぎず、緊張し過
ぎずニコニコと気配りをする、実にバランスのいい人だなあ~・・と
感心したことでした。

「一緒にいて楽しい。無理しないでそのままの自分でいられる」
というのはやはり結婚の決め手であると同時に、家族にとってもすご
く大切なことであるとすれば、息子は本当にいい結婚をしてくれたと
あらためて思いました。

しかもマキコさん、ものすごく運のいいヒトで、
元旦の朝、弟夫婦と一緒に近くの神社に初詣に行って引いた懸賞付き
おみくじで「大吉の金賞」を当て、いかにもめでたい!!といった感
じの宝船の飾り物を抱えて持って帰りました。

交際中、息子と一緒に行った初めての競馬では、マークする箇所を間
違えてしまい、息子から散々バカにされたらしいのですが、その間違
ってマークした馬が大穴で勝ってしまい、100円が10万円になっ
たそうです。
(あら~、1000円買っとけばよかったのに~ーーーと、欲の深い私
は思いましたワ)

このお嫁ちゃん、我が家の「福の神」になってくれるやもしれませぬ。

「今年の年末ジャンボは、マキコちゃんに買ってもらおうっ!」と
心に誓いつつ、こうして新しい家族が増え、みんなで仲良く元気に新
しい年を迎えられたことを心から感謝した三が日でした。

最後の日、空港へ行く前に母と一緒に
  ↓
2012年お正月



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。