スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・11・23 山梨へ

福岡市民としてソフトバンクホークス優勝日本一は嬉しいSophieで
す♪

ーーが、実は先週水曜日から6日間、ずっと甲府→東京をうろうろし
ていたので、夜のニュースで結果を知っただけ。臨場感ゼロ・・・

従妹夫婦が、長年住んでいた出雲から今年3月に引っ越したので、新
居を訪ねるという名目で16日から3日間、母と叔母2人と一緒に甲
府へ行って来ました。

私は山梨へ足を踏み入れるのは初めて。

甲府は「盆地」だということは子供の頃習った知識で知ってはいまし
たが、見事にぐるり見渡すかぎり遠くに近くに山、山・・・しかもそ
の山々が”並”の山じゃない。

富士山を始め、八ヶ岳、身延山、北岳、甲斐駒、南アルプス・・山々
から発するいい”気”が盆地中に満ちているように感じました。

美術好きのジュンコ叔母が、画廊に勤める友人から「是非行ってみて」
と勧められたという「清春芸術村」にまず行きました。
  ↓
山梨へ


もと小学校だった敷地に、白樺美術館やルオー礼拝堂、安藤忠雄氏設
計の光の美術館(クラーベ・ギャラリー)、移築された梅原龍三郎の
アトリエ、などが建っています。

見応えもあるし、自然の環境との調和も素晴らしく、訪れた人をほっ
と癒してくれる所だなあーと思いました。

ラ・リューシュ(芸術家の育成の場として建設された集合アトリエ。
パリのモンマルトルにある本家本元をそっくり模して建てられたそ
う。モンマルトルのラ・リューシュにはかつてマルク・シャガール
も住んでいたそうです)
  ↓
DSC00979_convert_20111122181751.jpg

アントニ・クラーベの作品を展示してある安藤忠雄設計の光の美術館
内部。外から見た建物と中に入っての空間の使い方が全然違って驚く。
  ↓
DSC00976_convert_20111122181617.jpg

外側はシンプルな箱に見える
  ↓
DSC00978_convert_20111122181712.jpg

これはなんと茶室。阿川弘之氏によって「徹」と命名されたそう。
でもいったいどこから登る? しかも着物着て??
  ↓
山梨へ

黄色い建築物の題名は「エッフェル像」
  ↓
DSC00980_convert_20111122181833.jpg

雲一つない青空を背景に、白樺の美しさが映える
  ↓
DSC00981_convert_20111122181919.jpg


時々ここを訪れるという初老の紳士が、叔母達に「山梨県立美術館
は絶対行かれてくださいよ」と言われたので「では・・」と次は山梨
県立美術館へ。

ここはミレーの作品の収集で有名だそうで、「種をまく人」「落ち穂
拾い」などの他、バルビゾン派の画家達の作品も多く展示してありま
した。

山梨といえば、果物やワインのイメージしかありませんでしたが、芸
術面もこんなにすごいんですね!

夜は盆地全体の夜景を見渡せる露天風呂のある温泉に連れて行っても
らい、そこで山梨名物「ほうとう」と「鳥もつ煮」をいただきました。

「ほうとう」は観光客にとって好き嫌いが分かれるそうですが、私は
大分の「だんご汁」も大好きなので、この系統は好物です♪

鳥もつ煮は2010年のB-1グランプリで優勝した甲州名物だそうで、
こってりした甘辛さがとっても美味でした。

翌日は、本栖湖―精進湖―西湖―河口湖とまわって、富士山の五合目
までドライブ。

本栖湖は晴れて風のない日は、水面にきれいに逆さ富士が映り、
その光景が1000円札の裏の図柄になっていますーーと聞き、
「ホント?」と1000円札を取り出して見てみました。ほんとだ!
毎日のように使用しているお札なのに、野口英世の裏がどういう
図柄かなんて、全然覚えてもいませんでした。

精進湖から見る富士山は、前にちっちゃい富士山があるように見え
るので「抱え富士」と呼ばれるそうです。
  ↓
DSC00988_convert_20111122182113.jpg

ここは西湖の端っこだったか河口湖の端っこだったか・・・
もう覚えてないわ、このナサケナイ記憶力・・・
  ↓
DSC00997_convert_20111122182215.jpg

河口湖沿いはお店も多く、綾小路きみまろのお店もありました。
ミーハーな私はすぐ記念写真。お店の中にはライブDVDが流れていて
「言ったことは忘れ、聞いたことも忘れ、そして忘れたことさえ
忘れていくーーー」
なんて、まるで私に話しかけているようではあり
ませんか!
  ↓
DSC01019_convert_20111122182442.jpg


初日にも増して空気も澄み、青空が広がる素晴らしい秋晴れで、五合
目からの眺望も北アルプスまで見え、息をのむ雄大さ、美しさで感動
しました。

富士山の中に入ってしまうと、山肌も黒く、絵でみるような青いイメ
ージとは程遠いのですが、各湖から眺める富士山は本当に神々しいく
らいに美しく、みな自然と手を合わせて拝んでしまいました。

ロッジの方が言われるには「富士山は日本一のパワースポット」
なのだそうです。

DSC01011_convert_20111122182347.jpg

富士山五合目でしか食べられないという富士山メロンパン。
  ↓
DSC01008_convert_20111122182305.jpg


従妹たちの住んでいるところは市内ではなく鰍沢というところなので
すが、「鰍」という字で思い出したことがあります。

4~5年前、娘と2人で北海道周遊バスツアーに行ったときのこと、
長い道中、時々ガイドさんがクイズをするのですが、「魚ヘンの漢字」
シリーズにこの「鰍」という問題が出て、「秋の魚なんだからサンマ
でしょ?」
ととっさに答えたおバカな私・・・。

(少し考えれば「秋刀魚」だということはわかったのですが)

正解は、はい、「かじか」です。

3日目は昇仙峡で自然がつくった造形美を堪能したあと、サントリー
登美の丘ワイナリーへ。

昇仙峡は紅葉の見頃。
  ↓
山梨へ

DSC01034_convert_20111122182629.jpg

昇仙峡のシンボル、覚円峰。
  ↓
DSC01035_convert_20111122182725.jpg

昇仙峡にある影絵の森美術館の藤城清治氏の作品の数々はどれも
幻想的で綺麗でした!
  ↓
DSC01037_convert_20111122182823.jpg


DSC01040_convert_20111122182904.jpg
  ↑
登美の丘では広大なぶどう畑を見渡しながら美味しいランチをいただ
き、そして、母達を見送るために松本空港へ。

諏訪湖を通ります
  ↓
DSC01053_convert_20111122182952.jpg


3日間、長距離を毎日運転してくれた従妹に感謝です。

母達を見送ったあと、東京へ向かう私を甲府駅まで送ってくれた車中
で、久しぶりに従妹と2人でゆっくり話が出来ました。

ケイコ叔母の長女である従妹は私と同い歳なのですが、小さい時から
利発で独立心が強くしっかりしていて、すぐピーピー人に頼る私とは
正反対。

結婚してからも、どんな苦労があっても決して親にも頼らず弱音を吐
かず、「だって言ってもどうなるわけでもなし、しょうがないでしょ」
「みんな人生それぞれいろいろあるんだから」と自分で乗り越えて行
く彼女の芯の強さは身内ながらほんとに尊敬してしまいます。

人生何がおこるかわからない、おきたことで自分の力ではどうしよう
もないことは覚悟を決めて「受けて」いくーーという姿勢です。

「OOちゃんはほんとに偉いよね」と言う私に、母は、

「でも母親からしてみれば、娘が辛いときは心配してやりたい気もあ
る。何も話してくれないというのもちょっと寂しいかも・・・」

「じゃあ、ちょっとでもなにかあるとすぐギャーギャー言う私ってけ
っこう親孝行?!」

「ーーあんたは言い過ぎ」

やっぱり・・。

甲府は、すこし足を伸ばせばいろんな名所観光地に行くことが出来る
恵まれた場所だということがわかり、「次回はぜひ安曇野・あんずの
里を春に訪れたい」と従妹と約束して、甲府駅から東京へ向かった私
でした。

to be continued--



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#687 No title
たくさん、行かれましたね。私は東京の最西部に住んでいるので山梨は近いですが、最近行っていないです。富士山メロンパンですが、火山岩に見えました。失礼しました。楽しまれたようでよかったですね。ソフトバンクがどんなバーゲンをするのか楽しみです。
#688 No title
ソフトバンクホークス 日本一 おめでとうございます。
私はやはり 日ハム ファイターズ、、を応援しちゃいますが 理由は単に北海道出身というだけで、実際には 日本を離れてから 球団が札幌本拠になった
ので、Sophieさんが 臨場感がない、、っていうの わかります。応援しているし 勝つとうれしいのですが やはり 地元にいて 街の大きなスクリーンで 応援するとか味わえないので 興奮度は ぜんぜんちがうでしょう。
山梨の旅行も とても 楽しめたみたいですね。景色も とても きれいです。
北海道の旅行で 鰍を サンマと平気でいってしまったりするところ、、とても共感もてま~す。
お母さんとも 仲良しなんですね、、お友だち感覚でいいですね。
マックスさんが Facebookに 写真をアップしてたのですが、なんか見覚えのある、、Sophieさんでした。
ところでカナダは 冬に入りました。さむ~いです。
#689 No title
秋を満喫されていますね!
うらやましい~

Sophieさんの従妹は生きる姿勢に軸がスっと通っていてカッコイイですね。
私もSophieさんよりのタイプなので、お恥ずかしい・・・^^;
助けてくれる人々がいるうちが花と思うことにします^^
#690 マックスさま、
私も八王子が山梨寄りだったなんて初めて知りました!
週末ちょっと足をのばすのにほんとにいいところですねー
メロンパンの茶色いところはチョコで、あれは溶岩をあらわしているそうです。美味しかったですよ♪
バーゲン、私は行きませんでしたが、さっそく娘は出かけていました。
#691 Ilovesapporoさま、
地元のチームが勝つとやはり興奮しますよね。
ホークスは8年越しの悲願でしたし。

最後の日に横浜でマックスに会いインターコンチでランチをご一緒しました。短い時間でしたけど。
Keikoさまともお目にかかれる日を夢みておりますよ!


#692 Kumikoさま、
助けてくれる人がいるうちが花^^
そうそう、そうですよね~
それも感謝です。
(私には、Kumikoさんもしっかりしたイメージがあるのですが)

しかしあまりにもdepend onぶりがひどい私は
もう少し従妹を見習ったほうがいいのかもしれません・・
#693 No title
国際試合のような緊迫したシリーズでしたが、
ホークスよく勝ち切りました。日本一に相応しい
チームです。(今後は、ムネリンや主力の去就が
気になるところですね。)
それと、ケータイやネットでも優勝サービスがあ
ればいいですね。


秋の旅行シーズンを満喫されているご様子。諏訪湖
が綺麗に写っています。寒そうですが、澄んだ空気
が感じられました。

ではでは。
#694 アストンマーチャンさま、ありがとうございます!
ムネリンがメジャーに行くのは間違いないようですし
和田も・・となるとだいぶ戦力が落ちるのでしょうね。

たしかに、秋の方が空気が澄んでいるように感じます。
3日目は雨の予報だったのですが、曇りでなんとか
もちこたえましたので昇仙峡も傘をささずにまわれて
ラッキーでした。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。