スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・10・26 ライアンの結婚

ますます小さな字が見えづらくなり、韓流ドラマ「太陽をのみ込め」
を「大腸をのみ込め」と読んでしまったSophieです。(どんなドラ
マやねん!)

我が家は、息子が大学で上京して以来、空いた部屋を利用して日本語
学校、大学、日米協会、その他いろいろな関係から頼まれたときにホ
ームステイの受け入れをしているのですが、今までに16歳から65
歳まで、10カ国以上の方々がうちに数週間単位でステイしていかれ
ました。

その時だけのご縁の方もありますが、中にはあちらの国を訪ねて逆に
ホームステイさせてもらってお世話になった方々や、絶えずメールで
近況報告をくださる方もいます。

人間関係って、曰く言いがたい「相性」みたいなものがあると思うの
ですが、そういう方々とはお互いなにかご縁をつないでいきたいとい
う、英語で言う”chemistry”があるのだろうなあと思います。

ライアンもそういう人のひとりです。

ドラゴンボールZにあこがれて日本語に興味を持ち、高校で日本語を
習っていたため、来日前からかなりのレベルではあったようですが、
こちらで日本語学校に入ってからはますます磨きをかけていき、人な
つこい性格も幸いして日本人の友達も沢山出来て、ほんとに上手な日
本語を話すようになりました。(博多弁まで上手くなりました)

私はステイしていった方たちのゲストブックを作っているのですが、
それを見るとライアンが初めてうちに来たのは2007年の5月。
当時24、5歳だったでしょうか。

空港から直接、初めて我が家に来たライアンは、なんとおまわりさん
と一緒でした!

地下鉄の駅を降りたはいいけれど、うちを見つけられずに結局近くの
派出所で尋ねたところ、警察の方がわざわざ連れてきてくれた、とい
うのです。

これも人なつこさのなせるわざ?!

日本大好き、福岡大好きになったライアンは、いったん帰国して働い
てお金を貯めてはまたやって来てしばらく滞在するーーーということ
を繰り返しておりました。

街を歩いていて、テレビに声をかけられインタビューされたことがき
っかけでローカル番組にも何回か出演?!したこともあります。

主人は「ライアンって”ER”に出て来るカーターに似てない?」と言
うのでけっこうイケメンの部類かも。

そのライアンが今月8日、故郷のサンディエゴで日本人の女の子アイ
ちゃんと結婚式を挙げ、23日の日曜日には福岡で結婚Partyがあっ
たので私も出席してきました。
  ↓
DSC00805_convert_20111024114321.jpg

振り返って思えば、2人の最初の出会いを作ったのはこの私なのです。

2007年にドゥロス号という国際親善と文化交流を目的に世界各国を
回っている世界最古の現役船(船上書店が有名)が博多に入港した時、
ライアンを誘って見学に行ったら、その船上で自作の絵を展示してい
たのがアイちゃんでした。

実はアイちゃんも、飯塚に住んでいた時分の知り合いのお嬢さんだっ
たので「あら~、アイちゃん!」と思わぬ再会に驚き、そこでライア
ンを「いまうちにホームステイしてるの」と紹介したのでした。

ライアンもイラストや漫画を描くアーティストだったので、お互い趣
味や話も合い、自然に魅かれていったのだと思います。

アイちゃんが描いたウェルカムボード
  ↓
ライアンwedding party

ライアンの作品はこちらから
   ↓
http://ryan-a.com/

アイちゃんの作品はこちらから
   ↓
http://aiuenogallery.blogspot.com/

結婚にいたるまでは紆余曲折ありながらーーだったようですが、こう
して若い2人の幸せな様子を見ていると、最初の小さなキューピッド
役が出来たことにとても嬉しくなる私なのでした。

アイちゃんのウエディングドレスは、アンティークドレスをリメイク
して自分でちくちく縫った手作りだそうです
   ↓
DSC00824_convert_20111024114402.jpg


もしライアンがドゥロス号に行かなかったら、アイちゃんと出逢えて
なかったかもしれないーーと思ったら、なぜかふと、昔観た"Sliding
Doors"
という映画を思い出しました。

主人公の女性(グィネス・パルトロー)が、地下鉄のドアが閉まって
乗り損なった場合と、開いて乗れた場合とで運命や恋の行方がどう変
わっていくかーー2つの場合が並行して進んでいくユニークでなかな
か面白い物語でした。

もし家を出るのが5分遅かったら、もしあの角を曲がらなかったら、
もしあの日あの場所を訪れなかったら、もしあの時あの決断をしてい
なかったら・・・だからこそ出逢えた人もあり、またそのために出逢
えなかった人も沢山あるのだろうな。

私達はふたつの人生を同時に送ることはできないからそれは永遠にわ
からないのだけれど。

運命はほんのひとつの曲がり角の差、ドアが閉まるか閉まらないかの
差かもしれないと思うとき、やはりなにか"chemistry"を超えた神の
采配
とでも呼ぶべきものを感じざるをえません。

それにつけてもいま毎日思うのは、年頃になった娘のこと。

「どこかに赤い糸で結ばれた運命の人がいるのでしょうが、どうぞ神
様、最善の時に最善のかたちで巡り会わせてくださいますように」
ーーと父の「仏壇」の前で手を合わせて祈るこのごろの私であります。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#664
ライアンとアイさんを結ぶつけ、二人が結婚したこと素晴らしいです。

ドラゴンボールZにあこがれて日本語に興味を持ったのは面白いです。
#665 マックスさま、
うちにステイしていった日本語学校関係の方々は、漫画がきっかけという人がすごく多かったです。ジャパンポップカルチャーおそるべし!!ひとつの立派な文化ですね。
#666 No title
自分がキューピット役になったお二人がご結婚されるほどに、固く結ばれていったなんてとっても素敵なお話ですね♪

アイちゃん、美人なお方ですね。
artistの雰囲気が漂ってます。

”あの日あの時あの場所で、君に会えなかったら・・・”
小田和正さんの名曲が流れています♪
#667 Kumikoさま、
そうそう、この小田さんの曲がぴったりですね~♪

Partyは、若いお友達が沢山集まり、私達夫婦は最年長でした。
浮いたわ~

でも手作り感のあるとてもあたたかいパーティでした。
#673 No title
仏前で神様にお祈りとは、強い親心を感じました。
娘さんの幸運を願わずにはいられません。

たまたま番組欄で「スライディングドア」を見つけた
ので録画して観ました。ヒロインのきつい冗談は、
英国ではよくあるのでしょうか。また、「まさかの時
にスペイン宗教裁判」という冗談が意味不明でした。
背景やセンスの違い(欠如?)があるのでしょう。
ストーリーは、なかなか面白い展開・結末でした。

ではでは。
#674 アストンマーチャンさま、ありがとうございます!
細かいところは全然覚えてないので、冗談や「スペイン宗教裁判」のくだりはウーム記憶にない・・・
私ももう一回見なくてはなりませんねー
グィネスが綺麗だったわ、とか、相手役の男性(ハムナプトラにも出てた)がチワワみたいだったわ、とかそういう印象しか残ってないのもなんだかなあ~・・・・

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。