スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・10・12 愚痴とオンナゴコロ

体育の日を含むこの連休は、各地で体力測定のイベントも行われてい
たようですが、年々自分の体力低下を憂えているSophieです。

先週末は、マイミクさんが出場するYOSAKOIまつりや、市内のデパー
トで開催された草月展に行ったりしていたのですがそれはまたブログ
のmy lifeカテゴリに書くことにしてーーー。

マックスも書かれていたように、先週はSteve Jobs氏が亡くなった
ということがけっこう私の中でも大きなニュースでした。

私は主人のマックを使わせてもらっているユーザーというだけで、
iPhoneもiPadも持っていないし、Steve Jobsがそんなにすごい人だ
とは最近まで知らなかった、コンピューターのド素人です。

初めて彼の名前を覚えたのは、通訳の先生にすすめられて見た、あの
有名な、スタンフォードでのcommencement speechのYou Tube
でした。

その中に、”毎朝必ず鏡の前で歯を磨きながら「もし、今日が自分の
人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいと思う
だろうか?」
という質問を自分にしている。そして数日「ノー」が続
いたら、変化を選択する。”ーーという箇所があります。

ガンを宣告されてはいなくとも、この世でひとつ「完全に100%確実
なこと」は「人間は必ず死ぬ」ということなのですから、今元気であ
ったとしても、死を意識し自分の心の声にしっかり耳を傾けて聞こう
としたら、この質問は、自然と自分のやるべきこと、今大事にしなけ
ればならないことが見えてくる「究極の質問」なのだろうなあと思い
ます。

最近、派遣の秘書仕事のことでずーっと主人に愚痴っていた私なの
ですが、昨日食事の時についに堪忍袋の緒が切れたのか?!主人に
「じゃあ、やめれば?僕も外でいろいろ気に入らないことはあるけれ
ど、家でそれを言ったことはないよ。悔やみごとばかり聞かされるの
もこっちも気が滅入るし。楽しんでやってるならいいけど、そうじゃ
ないうえに、リスペクトもされないボランティアみたいなことしなく
てもいいだろう。派遣なんだからそんなに責任感感じることない。こ
の仕事やらなきゃ生活できないわけでもないし!」
と言われてしまいました。

うーん、たしかに・・・。

「今日が自分の人生最後の日だったら、この仕事をやりたいか?」と
自分に聞いたら、間違いなく「ノー」だもんなあ・・・。

別に私がしなくても、かわりはいくらでもいるだろうしなあ・・・。

でも、でもっ!

同時にその主人の言葉に「ムカリっ」とアタマにきたことも事実。

横から娘がボソッと
「女は、愚痴を聞いてもらうのがストレス発散なんだよ」
と口をはさんだのですが
そうっ!それそれ!そうなんだっ!

べつに解決法を教えてくれと言ったりアドバイスを求めたりしている
わけではなく、ただ聞いてくれて「そうだよね」「大変だね」「よく
頑張ってるよね」と言ってくれるだけでいいのだ。

理詰めのもっともなことを言われるとかえって腹がたつ。

なんなんでしょうねえ、この心理・・・?!

毎月楽しみに読んでいる「リセット」というフリーマガジンがあるの
ですが、それをプロデュースしているのが「全亭協」(全国亭主関白
協会)会長の天野周一という方。

協会の名前とは裏腹に、関白は天皇(妻)に次ぐナンバー2の座、妻
の笑顔が世界の平和を作るという理念のもと、日々、妻との紛争を平
和的に解決する技を磨き精進している団体で、到達度によって段位ま
で授けられているそうです。

愛の三原則ーー1、「ごめんなさい」と恐れずに言おう 2、「あり
がとう」をためらわずに言おう 3、「愛してる」を照れずに言おう
ーーを始め、様々な”お役立ち”三原則を作っていらっしゃるのですが、
その中に、「お返事三原則」「相槌三原則」というのがあります。

お返事三原則
1、うん
2、へえ~
3、わかった

相槌三原則
1、そうだね!
2、分かるよ!
3、その通り!

それに時々「ーーってか、まじ~~!」
と入れるといいそうなのですが、ほんと、けだし至言であります!!

「大体さ、パパって共感力がないのよねっ」

と娘相手にまた愚痴を言いながら、主人を「全亭協」に入れたいと心
から思った私でありました。

ただ、この三原則については、妻の話をまともに聞いている必要はな
く、ただテキトーなところでこれらの言葉をはさめばよい、とのこと
です・・・。

ちなみに、「全亭協」の段位はコチラをご覧ください
   ↓
http://www.zenteikyou.com/znintei.html



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#647 No title
まあ、世の中で一番難しいのが夫婦関係です。Sophieのところだけでなく世界中で同じことが起きていますのでご安心を。「全亭協」の「妻の話をまともに聞いている必要はなく、ただテキトーなところでこれらの言葉をはさめばよい」はお勧めできないですよね。「真剣に聞く」ことと「共感して聞く」ことが大事だと思います。
#649 No title
火星と金星のお話ですね!

女性は聞いてもらうだけで、すっきりして共感してもらうだけで、元気が出たりするのにね~。

ソコントコロ、分かってほしいですよね。

お仕事大変なんですね。
がんばって下さい!
#650 マックスさま、
それが出来るのはコーチングをマスターしたマックスぐらいかもしれませんねえ~~~?!
メールで「Sophieの気持ちがわかる」と言ってくださってホッとしました。
私としては、贅沢は望みませんから、ウンウンと相槌だけでもしてくれるといいかな、とは思っているのですが・・・
#651 Kumikoさま、
火星と金星ーーそうそう、ソウナンデス。

でも逆に考えると、向こうは向こうで、なんでコッチの気持ちがわからないんだ!と不満を持っているかもしれませんね。

私も、けっこう「鬼嫁」段位、いってるかもしれません・・(笑)
#652 No title
たまにお邪魔します。

おしゃべりの中で、愚痴を言うのが楽しいのかな
と思う女性がいますが、ストレス発散でもあるの
ですね。


ところであまり関心ないかも知れませんが、今年
のホークス強いですね。クライマックス・シリー
ズを応援しています。(川崎選手などイケメンも
いますね。)

ではでは。
#653 No title
アストンマーチャンさま、ありがとうございます。
そうなんです、ストレス発散ですのでテキトーにうんうんと
聞いてあげてくださいね。
野球あまり興味はありませんが、地元ですので
盛り上がるとやはり楽しいです。
優勝するとバーゲンなど恩恵もあるし♪
ムネリン、結婚しちゃうのがちょっと残念?!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。