スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・9・7 息子の結婚

先週末、東京での息子の結婚式という一大イベントを終え、脱力
しているSophieです。

なにしろ、あの大型台風12号が接近、上陸という最中でしたので、
まず親や親戚一同が福岡から東京へ飛行機で入れるのかどうか、
また式当日が大雨だったらホテル⇄教会の移動は一体どうなるのか、
ギリギリその日になるまで皆目予想がつかず気を揉みました。

「家族も親戚も出席出来ない式になるかもね~」などと最悪の場合も
覚悟しました。

幸いというか台風の進路が西寄りになったので、なんとか台風の上を
またぎ越すかたちで(だいぶ揺れましたが)無事東京へ入ることがで
き、式のあと教会の庭での写真撮影の時だけ陽が差し、ホテルに戻る
タクシーに乗り込んだ途端に雨が降り出す・・など、すべてが奇跡的
に守られましたーーが、台風が向かった四国、近畿、東海の方面でも
その日結婚式だった方々もたくさんいるだろうことを思うと申し訳な
いような気持ちになります。

息子達の3月の婚約式は震災のため中止となりましたし、今回も死者
が沢山出た大型の台風の日と重なり、人生の節目が別の意味でも忘れ
られない日となりました。

式は上智大学内のクルトゥルハイム聖堂にて。
神父様による結婚の誓約。
  ↓
慎太郎結婚式

神父様は、震災と津波に遭った高校生の作文を引用され、「いま
ある5%の不足を嘆くのではなく95%の当たり前と思っている
大きな恵みに感謝する生き方を」ーーと話されました。

披露宴はホテルオークラにて。
ウェルカムボードは私が描きました。
  ↓
ウエルカムボード

来賓のE役員は、「お互いを理解し合うためにケンカも時には必要。
でもそのとき、”理のある方”が引くこと。感情に走っている方は引っ
込みがつかないので。それがコツです」ということを話され、私の方
が「ナルホドお~~・・」と大きくうなずいてしまいました。

ケーキ入刀
  ↓
慎太郎披露宴

キャンドルサービス
  ↓
慎太郎披露宴


結婚式、披露宴とも上司、同僚、友人など沢山の方々にご出席いただ
き、大学で彼が上京して以来息子の私生活は全然伺い知れず状態の私
でしたが、こんな素晴らしい方々に囲まれている幸せ者だったのだと
いうことがわかり、私の知らないところで、皆さんにそれぞれお世話
になったり成長させていただいたりしたのだろうと思うと、自然と頭
が下がり感謝の気持ちでいっぱいになりました。

また「彼は場を盛り上げながらみんなを引っ張って行くリーダーシッ
プのある人気者ですよ」「仕事もすごい出来ますよ」と(当日限りの
お世辞かもしれないとは思いつつ)言っていただくと、帰省して家に
いる時はぐ~たら寝てばかりの彼でしたが「お~、外ではちゃんとや
っておったのだな」と安心したり・・。

親はなくとも子は育つ。

すべての準備を親に頼らず自分達ですすめていき、仲人をたてなかっ
たので、始めの挨拶から最後の謝辞まで全部彼が自分の言葉でしゃべ
り、(それがユーモアがありまたホロリともさせ、両家代表の御礼の
挨拶をした主人よりも数等上手かった!との皆の感想)なかなか見事
なものでした。

大学生活を始めたばかりの頃は
「手紙って何円切手を貼ればいいと?」
「お湯沸かすのって、何分たてば沸くと?」

などと聞いてきていた息子だったのに・・・。

いつのまにか、しっかりと自分の足で立ち、こうして戸籍の上でも完
全に親から巣立って行き、お嫁さんと二人で新しい「家庭」という単
位を作っていくことーーそれは確かにとても嬉しいことなのですが、
その事実に直面して意外にも大きく私の心にポッカリ穴が空きました。

当日までそんなこと思いもしなかったので、ちょっと自分でもビック
リです。

男の子は高校にもなると、ものは言わず、外で何をしているやら皆目
わからず、まして大学で離れてしまうとますますわからず・・でした
が、それでも長い夏休みなど家にいることも多かったし「within 家族」
であり我が家が彼の「家」であったわけですが、これからは横浜の新
居が彼らの「家」であり、旅から帰ったりして「あ~、やっぱり我が
家が一番いいね」と言うhome sweet home は、そこになるのでしょ
う。

膝の上で「かわいい、かわいい」と抱っこしていた子どもの頃を思い
出すとぼわっと涙が出てきましたが、たぶんそれは、大事大事に慈し
んで育ててこられたお嫁さん側のご両親も同じこと。

お互い、寂しさはあるけれど「家族が増えた」とも言えるわけですし
新しい絆でまたそれぞれの歴史を刻んでいきたいと思います。

働きだしてから、不規則な生活プラス飲みごとのせいでかなり太って
しまった息子ですが、これからは食生活の面も安心です。

「タニタの社員食堂の料理食べて、森三中の大島が痩せたらしいのよ
~。タニタの本、送るね。これで、痩せさせてねー」

と、またいらぬ世話をやく私に、

「はい、健康面からもしっかりサポートして元のイケメンに戻したい
と思います!」

と素直に返事をくれるかわいいお嫁ちゃん。

ーーしかし、ふと横にいる主人の見事に突き出したメタボなお腹を見
ると、「こりゃ、説得力ないわ・・エラソーなこと何も言えないなあ」
・・・と赤面する私でありました。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#590 No title
おめでとうございます。良かったですね。
Sophieは、やはりお母さんです。結婚式ですから生まれたときから今までの息子さんとの人生を瞬時に回想しますよね。息子さんは十分イケメンですし、お嫁さんは美人でお似合いです。二人の幸せな人生をお祈り致します。
#591 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#617 No title
息子さまのご結婚おめでとうございます!!

あの花柄のドレス、聡明なお顔立ちの新婦さんにとてもよく似合っていますネ♪
息子さんは、太っているようには見受けられませんが・・・今でもイケメンですよ^^

寂しい反面、家族が増えての新しいスタート。
親にとっても子供にとっても一つの区切り。
さらにいっぱい楽しいことがありますように。


#618 マックスさま、ありがとうございます!
心から祝福してくださるいい方ばかりに囲まれて、二人はほんとに幸せだと思いました。感謝の心でいっぱいです。
まだ娘は家におりますが、こちらもいつまでもいても困る?!わけですから、今から私達も少しずつ夫婦二人になる準備と覚悟をしていかねばねえ・・・などと思っております。

#619 Kumikoさん、ありがとうございます♪
生い立ちからのプロフィール紹介で、大学生時代の写真が映ったときに、やっぱり現在との差が明らかとなりました・・・
家系的にも?!トシと共に太るタイプでしょう・・

ほんと、両方にとって新しいスタートですよね。

そうそう、娘と母との式後の箱根ー岡山旅行はとってもとっても楽しかったそうです。いろいろ情報ありがとうございました。

岡山の後楽園が素晴らしくて感動した!!と娘は興奮していました。
私もほんと、早く行きたいわあ~~~
#622
息子さんの祝結婚!
今、TVでタニタのやつやってました・・・
#623 Terryさま、ありがとうございます
いまだに体脂肪計は「軽度肥満」と私に告げる・・・
11月までにはなんとか「普通」に戻りたい私です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。