スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・8・31 ”信じる”ということ

私はあまり人を疑わないというか、あまりものを考えてないというか、
良く言えば素直、悪く言えば無防備?!

ーーというのも、先週「振り込め詐欺」に遭いそうになったSophie
です。

英語関係の知人の名前とアドレスで、「ある仕事でスペインに来てい
てるのだが、ホテルに帰る途中で武器を持った強盗にあい、何もかも
盗られてしまい大変困っている。とりあえずホテル代と日本に帰る費
用をいくらでもいいので貸してもらえないだろうか。帰国したらすぐ
返すのでーー」というようなメールが ”Help! Emergency” という件
名で英語で届いたのです。

そう親しくはないけれど、お世話になったこともある方だったので、
「それは大変!困ってらっしゃるだろうな」と単純に思ってしまい、
翌日、指定されたWestern Unionで、お金(5万)を振り込もうとし
たら、窓口の方が、「この方のお名前で昨日から何人かが振り込まれ
に来られたのですが、ちょっとこれ問題になっているので直接ご本人
に電話で確認されて本当かどうか確かめられた方がいいですよ」との
こと。

ビックリしてしまい、共通の知人に電話で聞いてみたところ「彼女の
コンピューターがハッカーにのっとられて情報がすべて盗まれた」そ
うなのです。

つまりメールを出したのは彼女になりすました全くの別人

もちろん彼女はスペインなんかにはいなくて、日本で元気でご無事で
した。(それはまあ一安心)

(でもこの話よくある”手”らしく、ロンドンバージョンのメールを受
け取ったことがある人もいるそうです)

ハッカー(hacker)という言葉を聞いたことはあったけれど、なん
となく今まではスパイものの映画の中の出来事のような感覚でいたの
ですが、こんな身近に、一般人相手にも起こりえるのだわ・・と、先
進技術のこわい部分をあらためて思い知りました。

「でもホラ、振り込む前にわかったんだから、やっぱりなにかに守ら
れてたのよ、ラッキーだったわ~!」と、どこまでもノーテンキな私
に、「ちょっと考えれば、ヘンだとわかるだろう。なんでそうすぐ信
じるかな」と主人はあきれ顔でしたが、だって、とってもありそうな
話だったんですもの・・・。

基本、何に対しても誰に対しても「性善説」の私なのですが、ある友
人には、「みんないい人なんてそんな甘っちょろいヤワな考えでいた
ら、アナタがもし社長だったら会社はすぐのっとられてしまうでしょ
!」と言われてしまいました。

・・う~ん、そうかもね・・。・・・( ̄. ̄;)

(でもハナから何もかも疑って、人を信用しないのもねえ・・)

ところで、「信用」といえば credit

「クレジットカード」って言うくらいですから。

土曜日の同通クラスでリスニングをしながらの逐次通訳練習をした時
に(その日はYoung African Leaders’ Forum のQ&A sessionとい
うのが課題でした)、’take credit for them’ という箇所があって、
「クレジットカード」=「信用」という図式しかなかった私は、それ
を「彼らに信頼をおく」なんて訳してしまいました。

ああ、ハズカシ。

‘credit’ って ‘praise or approval because you are responsible
for something good that has happened’
という意味があって、
take credit for ~「それが自分の功績になる」。

この場合は、オバマ大統領が「スタッフのやったことを自分がやった
ことのようにはしないよ」と否定形で使っていたのでした。

そこで思い出したのが、映画 “In Her Shoes” の中で、私がとても
感動した部分で ‘credit’ という言葉が出て来たーーということ。

ちょっとスクリプトで調べてみました。

Rose が結婚することになって、祖母 Ella とRoseの父Michaelが、
Roseの母(Ellaの娘)の自殺以来の長年の確執を経て和解した時に、
こちらもやっと真に理解し合えた姉妹、幸せそうなRoseとMaggieを
見つめながらの会話。
 ↓
“They are so lovely. You should be very proud. “

と言うElla に対して、
「自分は何もできなかったんじゃないかと思う」
と、父親が humble に言います。
    ↓
“I’m afraid I can’t take much credit.”

(ふ~ん、こういうふうに使うのね・・)

そのあとの、彼をなぐさめる Ella のせりふがまたいいのです。
    ↓
“Well, it’s not always easy taking care of yourself and someone
else at the same time.”

相手の過去を非難せず、逃げ道と言い訳をかわりに言ってあげて、
しかも許して励ましてもいる。

Ella役はシャーリー・マクレーンなのですが、この人ほんとにいい味
だしてます。

さて、ここでまた話は変わりますが、5kg太って体脂肪32.8%になっ
てしまい、ダイエット続行中の私。( ̄ω ̄;)

毎晩の習慣になったお風呂上がりの体重計、先週の段階で2kg減、体
脂肪は(やっと)30%をきりました。

「ふむふむ、まずまずでないかい?」と気を良くしながら昨日も乗り
ましたらーーー

ええええ!!表示された数字がなんと48.3kg!! 前の晩より5kg近く
減っとる!

いきなり一晩にしてモデル体重です。・・・ンナバカな。

「電池がないんじゃないの?」「間違いなくこわれてるよね」
と夫と娘。

まったく「信頼」できない体重計です。

でも、私思ったんですーーー「人間って結局自分の信じたいことしか
信じない」
のだと。

ウソでもいい。 私はこの体重計を「信頼」して、いい気分でいる方
を選ぶことにしました。

ずっと、こわれたまんまでいいからね、体重計クン!




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#586 No title
銀行窓口の親切な対応が救ってくれましたね。
銀行の指示は最適なものでした。良かったです。
やはりすごくついていると思います。
でも気をつけて下さいね。
#587 No title
間一髪で詐欺を回避できてよかったですね!

まさか自分の身に!?と思ってますものね。
他人のことはよく見えるけど、自分のこととなると分からなくなるのは私も同じです^^;

体脂肪率の減少おめでとうございます!
この調子で続けてがんばって下さい!
#588 マックスさま、
ほんと、窓口の人が注意してくれなかったら5万円被害にあうところでした!ついてます!
こういうことは、やはり行動する前にひとこと、まわりの人に相談するべきですね。
#589 Kumikoさま、
ハッカーってものすごく頭のいい人だと思うので、もう少し違う方向で世のため人のために役立ててほしいですよね~

体脂肪は、30%を超えると、「軽度肥満」って表示が出るんです(泣)
軽度肥満と普通体重のハザマにいる私です・・・
#620 おっと、危ないメール
実は、先日、いきなり「お父さん、今朝早く元気な男の子が生まれたよ!」というメールが携帯に入りました。心当たりのない携帯からです。

これはもしかして間違って送って、送信者は知らせたと思っているのに、受信者のお父さんは知らないまま返事をせずに、後々家庭不和の原因になるかなと思って(笑)、「間違いではありませんか」と返信しようとしました。
しかし、文を打ち終わったところで、「はて、これはもしかしたら、当方の携帯情報を取得するための新手の罠かもしれない」と思い、すんでのところでやめました。

危ない危ない・・・
#621 Terryさん、お久しぶりです
悪い人はあの手この手でわなをしかけてきますので
簡単に信じてはいけないことが
悲しい世の中ですね・・
11月はお目にかかれるといいなと思っております。
#823 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。