スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・7・20 ちょっとだけnoblesse oblige

「女の子のサッカー?おもしろいの?」と、実は何の認識もなかった
Sophieですーーースミマセン、あやまりますm(_ _)m

「最近明るい、いいニュースはスポーツと女性のみ」と誰かがテレビ
で言ってましたが、なでしこジャパンの勝利はほんとに被災地を始め
日本全体を力付けてくれる快挙でしたね

日本だけでなく世界中に感動を与えた優勝だったと思います。

私が彼女達の姿に感動したのは、「女子のサッカー?」という(私の
ような)偏見にもめげず、好きなことにひたすら打ち込んできた一途
さもさることながら、それが自分達のためだけでなく、これから世界
をめざす後進の選手達のために・・という強い思いがあったというこ
とに心を打たれたからでした。

「辛いときは私の背中を見て」という澤選手の言葉にその覚悟と責任
があふれていて、その言葉が言えるほどに辛くても苦しくてもここま
でやってきたという自負があるのだろうなあ・・と胸がじ~ん・・と
して涙腺がゆるんでしまいました。

自分のためだけでなくーーというと、noblesse oblige (高い身分に
伴う義務。金持ちや身分の高いものは、そうでない人々を助けなけれ
ばならないという考え方)という言葉を思い出します。

先日、またESSのメンバーとケンブリッジ大学の学生達と飲む機会が
ありました。
   ↓
DSC00456_convert_20110717224814.jpg

1次会のあと、Nickというphilosophyをやっている学生と、M新聞
のジャーナリストRobertと高校の英語の先生Michelle (いずれも
ESSでのニックネーム)と私の4人で流れで2次会に行く事になり、
そのときNickの話をいろいろ聞くことができました。

「ロンドンに帰り卒業したあとどうするの?」との問いに
「たぶん英語の先生をする」というNick。

「へー、イギリスを動かしているのはCambridgeとOxfordと言って
もいいぐらい超一流の名門エリート大学のイメージからしたら意外と
平凡・・??」と、これまた勝手な偏見で思ってしまったのですが、
よく聞くと、お金を得るための仕事ではなく(それはまだこれから
とのこと)、英語をしゃべれないため仕事に就けず生活も苦しい移民
の人たちのためにボランティアで教えるーーという意味でした。

イギリスの教育の根本は、小学校から「社会の中でどう生きるか」を
教えることにあるそうですが、世界に誇る頭脳が集まるCambridge
という最高峰の大学に入れた才能と力を、自分のためにだけでなく、
助けを必要としている人たちのために、あるいは社会全体のため世界
全体のためにどう貢献させていくのか、ということをやっぱりちゃ~
んと考えているんだなあ・・・とこれがほんとのエリートなんだと
感心してしまいました。

DSC00459_convert_20110719090106.jpg
(Nick、make a difference in the world してくださいね~)


現代のnoblesse oblige は、高い身分や地位や、お金持ちに限ったこ
とではなく、誰にでもできることなのかもしれません。

みんなが、自分のためだけでなく、他人のために少しだけ視野を広げ
たり少しだけ何かを犠牲にしたり、ちょっとだけ手助けをしたり譲り
合ったり与えたり、それだけでこの世の中はずいぶん違ったものにな
るような気がします。

みんなが被災地のことを思い自分に出来ることをし、ちょっとずつ
我慢して節電につとめている日本なんか、今「総noblesse oblige」
していますよね~。

しかしーーー

Nickに教えられ澤に感動した私でしたが、昨日、鹿児島の小学校時代
の同級生W氏から、鹿児島名物「天文館むじゃきの白熊」が届きまし
た。
  ↓
300.jpeg
(こちらは宅配用の冷凍のもの)

(きめのこまかい、ふわっとした氷の食感と、生のフルーツの
新鮮さはやはりお店で食べるしかありません・・)
  ↓
400.jpeg


何をかくそう、私はこの「白熊」が大、大、大好物なのです。

「これは私のだから!!私の許可なく食べないように!!」

と、早速主人と娘に言い渡し、独り占めして食べようという私・・・

分かち合う気全然なし。

オイオイΣ\( ̄ー ̄;)

ーーーnoblesse obligeはどこへいった?!


「まず隗より始めよ」との言葉を知らないか?!






スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#550
イギリスの教育の根本は、小学校から「社会の中でどう生きるか」を教えるですか。凄いですね。ケンブリッジの学生がボランティア活動をする。魂が綺麗です。
#551 No title
カキ氷のような白熊(ネーミングがカワイイ♪)おいしそうー!!
独り占めしたくなる気持ちは理解できます^^

私もなでしこ達の活躍を録画で観ましたが、なんの予備知識がなくても胸が熱くなる試合にホロリきました。
精神力の強さを尊敬します!
#552 Cheers to Nadeshiko Japan , the British students and to Shirokuma-shaved ice!
なでしこJapanかっこ良かった~~
良いことは伝染しますよね!きっと日本中に・・

イギリスからの学生さん達本当に素晴らしかったですね、沢山見習うことがありとっても爽やかな出会いでした・・一抹の寂しさと共に彼等の幸運を祈っております。

白熊~~~!ものすごく暑い夏にはもうこれ最高ですよね。西新の蜂楽饅頭のコバルトアイスと共にダントツのかき氷だと私は思っています。フルーツ沢山(底にも隠れていますよね)の白熊にやや軍配が上がるかな・・そのうちフードブログにもアップします*
#553 マックス、
以前うちにホームステイしたスウェーデンの男の子も、高校生のときから海外ボランティアに参加していました。
「自分達は恵まれているから、そうでないところを助ける義務がある」って言ってたのを思い出します。
これは本人の意識なのか育ちなのか教育の賜物なのか宗教的バックグラウンドなのか・・??
#554 Kumikoさま、
こういう、頑張る人のうえに神様が微笑むと、ものすごく爽やかで嬉しい気持ちになりますね。
スポットライトがあたらないときも自分の信じるところを一途にやってきたからなんですね~

白熊、ぜひぜひ本場で召し上がってみてくださいませ!
#555 Fukkoさま、
結婚式はいかがでしたか?

いろいろとお世話いただき本当にありがとうございました!
Robertも、今度来る学生さん達の歓迎会を絶対しましょう!と
言っています。
またうちを使ってくださっていいですよ~~
楽しみにしています♪

8月5日に鹿児島に行くので、生の(というのもヘンですが)
白熊と、ぢゃんぼ餅を食べられる~~~ウレシイ♪

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。