スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adam君、Tim君のFarewell Party

トヨタの工場に一緒に行ったAdam君とTim君が8月に帰国するとい
うので、ESSの通称「女子会」が企画して、我が家でFarewell Party
をしました。
  ↓
DSC00439_convert_20110719085716.jpg

もちろんpotluckですが、それに加えて今回はFukkoさんがカリフォル
ニアロール、Mさんがお好み焼きをdemonstrationして、作り方を彼
らに伝授?!することになりました。

手ぬぐいのはちまきもサマになっている二人です。
  ↓
DSC00445_convert_20110719085806.jpg

DSC00450_convert_20110719085852.jpg
  ↑
(Fukkoさんの説明によると、アメリカのLos Angels発祥の
California Roll、アメリカには黒い食べ物というのがないので、
海苔を外側にすると黒い=「気持ち悪い」ということで、海苔を
内側、ごはんを外側に巻く裏巻きになったそうです)


ハケン先のアメリカ人スタッフの一人はジョンズホプキンス大学出身
なのでそれもすごいと思うのですが、ケンブリッジの子たちとトヨ
タに行った話をしたら、「Cambridge~!!あそこは世界一の大学
だよ~!」と言って賞賛していました。

そんなすごい大学、どんな受験制度で入るんだろうと思って聞いてみ
たら、イギリスは16歳でGCSE (General Certificate of
Secondary Education)、18歳でGCE-Aレベル (GCE Advanced
Level) という全国統一試験を受けなければならないそうで、
このGCE-Aで優秀なグレードをとるとCambridgeやOxfordにapply
する資格を得ることが出来るそうです。

そのあと、各専門によって試験科目や試験方法、面接内容は違うそう
ですが、文系はエッセイを書くことも多いみたいです。

ネットで話題になったものとして2008年のケンブリッジ大の問題
「あなたが仮にカササギ(magpie)なら何をするか」というものが
ありました。

受験対策的な知識では歯が立たず、受験生自身の考える力、独力で論
理を組み立てる力を見極める質問ーーということでしたが、私がもし
受けたら(「私が受けたら」なんて仮定の話としても無理がありすぎ
ですが・・)まず、単語がわからず「magpieって何?」で終わって
しまうでしょうね~(笑)

このほか、ケンブリッジ大の問題には「警察に見抜かれないよう他人
に毒を盛るとすればどうするか」「政治家に代わり、大手家具店イケ
アの店長に国家運営を任せないのはなぜか」
という問題もあったそう
です。

今の日本の政治家だったら、イケアの店長にまかせた方がまだよかっ
たりして?!

そうそう、漢検の単語帳作りで、また新たな言葉を覚えたのですが、

「千金の裘は一狐の腋に非ず」

an expensive fur coat will not be made with a single fox alone.
(毛皮で作る高価な裘(かわごろも)は1匹の狐だけでは作れない)
ということから、
to rule a country requires many great men.
(国を治めるには人材を集め衆知の力を借りるべきである)
というたとえだそうです。

うーん、これも管さんに贈りたい言葉ですな・・・。

ケンブリッジの子たちとはもう一回会う機会があったのですが、それ
は7月20日の編集後記へ続くーーーーーーーーーーーーーーー→



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。