スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・6・8 イケメン君との日々

先週から、20歳のイケメン君と暮らしているSophieです。( ^ ^ )v

コロラドにあるアメリカ空軍士官学校の18名が、日本語研修と日本
文化体験の目的で来福していて、そのホームステイのホストファミリ
ーとなっているのです。

彼らはほんとなら山形県の庄内に行く予定だったのですが、3月の震
災のため、急遽研修先が福岡に変更されたのです。

我が家に来たのは、Andrew君というむっちゃカッコイイ青年です。 
制服姿のなんと凛々しいこと! 
          ↓
   Andrew

Andrew

いつもより、日々のごはん作りにリキが入るのはなぜ?!
ーーでも、スケジュールが連日一杯で、家で晩ご飯を食べないことも
多く、今日も少林寺拳法体験とかで帰りは10時過ぎになるそうです。

昨日は、お茶と陶芸に行ってました。

食品サンプル作りでお寿司を作ったり、和太鼓演奏もしたり、日舞、
三味線、田植え、そば打ち、など、日本に住んでる日本人の私でも、
ほとんどやったことのないことを連日体験し、その他にも市長やアメ
リカ領事を表敬訪問、また高校生や大学生との交流など、ほんとに盛
り沢山の毎日です。

その合間をぬって?!我が家でも1回、Partyをしました。

ESS関係でやはり空軍のホストファミリーをされてる方々や、私の
仕事先のスタッフの他に、以前我が家に4回ホームステイしたことの
あるRyanがたまたままた福岡に遊びに来ていたのでカノジョと共に
急遽飛び入り。

楽しい会となりました。
  ↓
Party with Andrew

うちでPartyをする時は、いつもpotluck(参加者がそれぞれ食べ物
を持ち寄る)party なのですが、これはほんとにラクチン♪

ズボラで怠け者の私でも、1~2品用意するだけでいいのでいつでも
気軽に開くことが出来るし、他の方から新しいレシピも教えてもらえ
るし、紙皿紙コップを使えば洗い物の手間も省けます。

その中でいろいろおしゃべりしてわかったこと。

Andrew君はお母様も空軍だったそうです。(お父様は弁護士)

現在、同級生に女性の数もかなり多く「25%ぐらいはいる」と言って
いましたが、お母様の時代はまだ女性は少なかったのではないでしょ
うか。すごいなあ・・・

Colorado SpringsにあるUS Air Force Academyは、全米で7番目
の大学なのだそうです。(何をもって7番目なのかはわかりませんが
・・とにかく知力体力共に優れてなければ入れないエリート校らしい)

「空軍なら、もう飛行機にも乗れるの?」と聞いたら、

「まだグライダーだけ。卒業したらもう2年パイロットコースに行き
ます」ということでした。

彼は大学でいえば3年生ですが、最初の1年間の厳しさは相当すごか
ったみたいです。(1年目が一番厳しく、あと学年が上がるにつれ、
だいぶ楽になってくるそうですが)

規律正しく、自由時間というものはほとんどなく、男女交際禁止、携
帯禁止、私語禁止、テレビ雑誌禁止、禁止禁止のオンパレード、教官
からは怒鳴られ、シゴキのような訓練の日々。

重~いカバンを片手に持って(肩からかけてはだめ)どこまでも走ら
されたりした、と聞いたときは、そういえば映画なんかで重い銃器を
持って兵隊が走るシーンってあるなあ・・と思ったりしました。

また、勉強の方も科学、工学、社会科学、人文科学などコースも多彩
でとても難しいようです。

入学時1300人ちょっといた同期生が、今は1000人だそうです
から、dropout率、かなり高いですよね。

そうやってふるいにかけられ、精鋭が残るのですねえ・・。

今度の日曜日は長崎に行きたいというので連れて行く予定なのですが、
そこで、空軍のCadet(士官候補生)であるAndrew君にはぜひ、歴
史の一事実としても原爆資料館は見てもらいたいな、と思っています。

フロリダにいるガールフレンドのことを屈託なく話すAndrew君は、
今時の普通の若者にしか見えません。

卒業したら自動的に空軍少尉になれるそうですが、たとえもし戦闘機
に乗ることがあっても、彼には1個も爆弾を落とすことなくあってほ
しいな・・・と願うホストマザーの私なのでした。


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#523 No title
1989年コロラド州デンバーに4ヶ月ほど出張していました。Colorado Springsは何度か車で行き途中US Air Force Academyの奇妙な建物が気になっていました。大学とは知りませんでした。懐かしいです。

potluckは有効な方法ですね。Sophieの人脈はすごいですね。
#524 マックスさま、
Air Force Academy を見られてたのですねー
これもまた何か縁を感じます
奇妙な建物なんですか(笑)

potluckは思いついたらいつでも出来る手軽な方法で
しかもけっこうバラエティに富んだ豪華な食卓になりますから
いいですよね♪
#525 No title
おっしゃるとおり、イケメンですね!

ご飯作りに力が入るのも納得♪

つかの間の楽しい生活、満喫してくださいね。

それにしてもSophieさんのおうちはお城みたいですね!
#526 Kumiko-san
彼は17日に帰国予定です。

今日も帰りは10時過ぎになるみたいで
私の料理の腕をふるうことができません?!

家は、写真マジックで広く見え、
壁紙が派手なので豪華に見えるだけですが、
皆さん「居心地はいい」とおっしゃってくださいマス。
#527 No title
アンドリュー君、ほんとイケメンですね。
20歳なんですか、落ち着いて見えますね。
Sophieさんのお宅 とても立派なうちで、日本でないみたいです。
外見もそうですが、リビングが パーティができる広さなんですね。英国調なデザインで すてきです。
士官学校の生徒、日本満喫して帰られるのですね。いい思い出がたくさん残るでしょう。
ポットラックは 私もたまにします。負担がかからないので、気軽にできますよね。お酒は、、ありですか???


#528 Maple Leafさま、
ほんと、見かけは若くても落ち着いてしっかりした考えを持っているのに感心します。

うちのデザインは、インテリアコーディネイターにおまかせでした。(何風かはわからないのですが、「年月を経て趣が出るようにしてほしい、古~い図書館のような」と希望を出しました)

ポットラックはお酒あり。です。
ただし、Andrew君はアルコール禁止、で飲めません^ ^;

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。