スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・3・30 あなたに会えて・・・

毎日これでもかというくらい次々にコトが起こり状況が変わる原発の
ニュースを見聞きするたびに、思わず手を合わせて祈ってしまう
Sophieです。

どうか早く冷却がスムーズにすすむ状態になって、この危機を脱しま
すようにーーー。

原発が安定してくれれば、すべてが前向きに進みだすような気がする
のですが・・。

外国の報道の方がこの原発については深刻に受け止めているようで、
スイスのThomasさんは「うちにステイしてもいいから、しばらく国
外に逃げてはどうか」とメールをくれました。

日本への渡航制限をされてる国もある中、先週末、仕事先のアメリカ
人スタッフが、こちらで知り合ってお付き合いをしていた日本人女性
と予定どおりめでたく結婚式を挙げられました。

ご両親と妹さんはアメリカから、おじさまおばさまはイギリスから、
従兄さんはニュージーランドから、それぞれ、成田を使わないように
して入国されたそうです。

お相手の女性のご家族がクリスチャンなので、結婚式は教会で挙げら
れ、私も彼のご家族のアテンド通訳をするために出席しました。

歳とるにつれ、お葬式か法事ごとばかりの私・・結婚式なんて、ホン
ト久しぶり。

こちらまで、しばし幸せな気持ちにさせていただきました。
     ↓    
    アミンさん結婚式
   (お顔をのせられないので後ろ姿だけ・・)

この結婚式に関しては、仕事として、私もいろいろと日→英の翻訳を
頼まれ、初めてのことも多かったのですがとても勉強になりました。

諸事情があり披露宴関係は私の友人Mさんにお願いすることになった
ので、私がやったのは、結婚式の招待状、披露宴のメニューを英語に
なおすこと、牧師先生のお話を含む結婚式の内容すべて、あと(一番
大変だったのが)新婦のお父様がある雑誌に載せられたエッセイの翻
訳でした。

エッセイは直接なにも式には関係なかったのですが、お父様がどうし
ても彼のご家族や親族の方に読んでほしいということで頼まれたもの
です。(去年交通事故で死んだ愛犬についての内容でした)

かなり内容が詳細で、感情的で、最後は「詩」でしめくくってあった
ので「これ、英語でどう表現するんだろう・・・」というようなこと
がたくさんあって、そのたびに頭をかかえてしまいました。

でも、自分でも意外だったのですが、苦労しながらも、この「言葉を
さがす」また「日本語の直訳ではなく意味とニュアンスを残しながら、
英語として読んでおかしくない文章の流れにする」という作業がとて
もおもしろくて楽しかったのです。(最後native checkをしてもらっ
たら、やはりあちこち冠詞に赤ペンが入っておりましたが・・)

微力ながら、若いカップルの門出にほんの少しお役にたてたかもしれ
ないという喜びと相まって、やらせていただいて良かったなあと思
いました。

This day I will marry my best friend, the one I laugh with, live
for, and love.


ーー招待状の表に印刷してあった言葉です。

彼らは新しい家族としてこれから生きていくわけですが、いまACの
コマーシャルでも言ってるように、日本全体がひとつの家族として力
を合わせていかねばならないときですよね。

自分達へのエールとしても、「勇気を持って生きること」と歌って
くれるこの歌を今週はご紹介したいと思います。
    ↓


「あなたに会えて・・・」

               作詞・作曲  山崎 朋子

奇跡のように生まれてきたわたし
奇跡のように生まれてきたあなた
長いときを越えて青く光る地球
歩いて来た道の途中 たくさんの出逢いの中で
あなたが教えてくれた あきらめない強い気持ち
あなたに会えてよかった だから今のわたしがいる

弱く小さな心 同じ苦しむときも
「大丈夫」と優しい声
心の中に響いてる
あなたが教えてくれた がんばれば歩いてゆける
あなたに会えてよかった だから今のわたしがいる

一生懸命生きる
どんなにつらいときだって
あなたが教えてくれた
勇気を持って生きること
勇気を持って生きること



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#447 No title
私が知っている日本に少し住んだことがある外国人男性は物凄い確率で、日本人女性と結婚しています。

欧米の女性はずけずけと主張するので、日本人女性は献身的でつつましく思えるのでしょうね。この男性もきっと幸せです!

通訳で大変だったと思いますが良い経験ですね。

素晴らしい詩です。
#448 マックス、ありがとうございます!
このお嫁さんも、かわいらしい雰囲気の方でした。
出逢いは、ラテンレストランで、テーブルが隣同士だったーーということらしいです。すごい運命・・・.

私自身にもほんとに勉強になったいい機会でした。
感謝しています。
#449 No title
This day I will marry my best friend, the one I laugh with, live for, and love.

なんて素敵な言葉でしょう!!!
私もほっこりいい気分になれました♪

これをいい機会としてSophie-sanも本格的に翻訳デビューするなんてどうでしょう!?

#450 Kumikoさん、コメントありがとうございます
とても翻訳デビュー?!とはいきませんが
でもけっこう楽しかったです。
よい勉強の機会となりました。

披露宴もホテルではなくレストランで少人数だったので
とても家族的な暖かいものだったそうです。
This day I will marry----の言葉はぜひKumikoさんご自身のときにもお使いくださいませ!v-238


#454 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#455 Keikoさんへ
Keikoさま、
コメント本当にありがとうございました。
翻訳の件につきましては、モト原稿の新婦のお父様の方に
お聞きしてみなければブログにはのせられないかもしれませんが
個人的にお送りすることは出来ると思います。
私のメルアドにご連絡いただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします!
   ↓
pucca72@jcom.home.ne.jp

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。