スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・2・9 何に焦点をあてるか

家の庭の白梅が満開となり、春が近いことを感じるSophieです。

ご自分でも小説を書かれる、文章の達人である私のお友達が、mixiの
日記に、

「桜の美しさはどことなく自信のようなものが窺える。”まあ、じっ
くり御覧なさいまし。わたくしって綺麗でしょう” というような。
比して梅は・・”咲いてみましたが、よかったらご覧下さい”・・
こんな雰囲気かなあ」

と、うまいことを書いていらっしゃいました。

「世界に一つだけの花」ではないけれど、それぞれに美しさがあって
比べられませんねえ。

先々週、高2のEちゃんと、彼女の学校の実力テストの復習をしてい
ましたら、とても感慨深いリーデイングの問題の文章がありました。
(高校の教科書とか問題って、ほんとにたくさんいい読み物に出合い
ます)

W. Mitchellという人についての文章だったのですが、この方の人生が
信じられないくらいドラマティックなのです。

元海兵隊だった彼、46歳の時バイク事故で全身の65%以上を火傷
し、16回に及ぶ手術を受け、皮膚移植のために顔は色の違うパッチ
ワークのようになり、指はなくなり、体の自由もきかなくなりました。

しかし、海兵隊魂なのでしょうか、彼は決してくじけませんでした。

"I am in charge of my spaceship. It's my up, my down. I could
choose to see this situation as a discouragement or starting
point."


6ヶ月後には、飛行機を操縦していました。

そして友人と wood burning stove companyを作り、それがバーモ
ント州第2の民間企業にまで発展、ビジネスマンとして成功します。

ところが、バイク事故から4年後、今度は、彼が操縦していた飛行機
が離陸時に墜落するという大事故

脊椎損傷で下半身は完全に麻痺してしまいました。

しかし、ここでもくじけず、自立できるように懸命にリハビリを続け、
今度はなんとコロラドのCrested Butteという町のMayorになり、
環境問題に尽力しました。

その後、連邦議会の議員にも立候補。(その時のキャンペーンメッセ
ージが、"Not just another pretty face". 自分の奇妙な容貌とハン
ディキャップをpositiveな長所としたのです)

ラフティングもする、スカイダイビングもする、大学院で公共行政学
の修士もとる、そして恋もし、結婚もしました。

彼の波瀾万丈な人生とpositive mental attitudeが目にとまり、メデ
ィア出演もするようになり、public speakerとしてもひっぱりだこに
なります。

「体がこうなる前は、10000のことが出来ていた。今は9000のこと
しか出来ない。そこで、失った1000のことをいつまでも嘆くか、
まだ出来る9000のことに焦点をあてるか。」

「私は大事故を2回も経験した。その事故を”出来ない”っていうこと
の言い訳に使わないことを私は選んだ。この私の経験が、いま辛さや
困難を抱えている人たちが一歩下がって違った視点で、もっと広い視
点で物事を見られることの助けになればいいと思う。”たぶん自分の
状況はそう悪くもないんじゃないか?”ってね」

「経験とは、その人に起こることではなくって、起こることに対して
その人がそれをどう扱うか、なんだよ」

小指の先を切っただけでもそのことばかりが気になり一日ブルーにな
って「皿洗いが出来な~い」と言い訳にしてしまうナサケナイ私は、
この彼の言葉に感激しながら、Eちゃんに

「すごいねー、すごいねー

と文法的解説などそっちのけで興奮してしまいました。

梅であるか、桜であるかにかかわらず、今いる場で自分のありのまま
で、精一杯自分の花を咲かせることがやっぱり大事なのであるな、と
あらためて思ったことでした。

久しぶりに「世界で一つだけの花」を聴きたくなった私です。



W. Mitchellの画像はこちら
   ↓


世界に一つだけの花
   ↓


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#405 No title
W. Mitchellさんは、その困難をまるでゲームを楽しむかのように乗り越えていってますね。
その努力たるや、私の想像を絶するものでしょうし、途中の過程でいろんな想いがあったのでしょう。

まず1:9=できないこと:できること、

この発想が彼の全てですね。

こんな状況になったら、

9:1=できないこと:できること

と考えてしまいますもの。

朝日新聞に、「勉学の神様には梅が咲くのでそこに祈願に行くのに、合格したらサクラサクといい、桜にいいとこどりされてる感もある、けどそれぞれの個性を考えればそれでいいのかも」
というコメントがありましたよ!
#406 Kumikoさん、コメントありがとうございます
この方の名前は私今まで全然知りませんでした。
まったくすごい人がいるものだなあ・・と、信じられない思いでした。全身火傷の治療の痛みというのは人間が経験する最も惨い痛みだそうです。ううう・・・

朝日新聞のコメント、なるほどね~~!デス。
#407
二度の大事故から立ち直る精神力が凄いです。

それをどう扱うかですね。

教科書や問題集でそこまで感激するほど感性豊かですね。
#408 Max、コメントありがとうございます
私だったらやけどの時点で人生投げ出していますーーー

ほんとにこのごろの教科書やリーディング問題はいいんですよー!ためになります!
#409 暗香
見習いたいものですが、なかなかできません。
ところで、サクラサクが来たら、せめて「匂い遣せよ」と言いたい・・・恩着せがましくて狭量ですかね(汗)
「暗香」(あんこう)は、梅の香りが高いことを表すものとか。
#410 Terryさん、
またまたTerryさんの博学ぶりに驚く、「あんこう」と聞いたら食べる魚のアンコウしか思い浮かばなかった私・・。

その後お体の方は大丈夫ですか?
そろそろ3月の予定はたちましたか?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。