スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足で7月のこと

ついに2か月以上のタイムラグとなってしまいました。((((;゚Д゚)))

9月現在、ロッキーは4度目の手術をし、下顎の骨奥にまでガン
が浸潤し、麻酔の覚めも悪くなったそうで、今後の対応は考えな
ければならないねえ・・と先生に言われました。
が、まだ「食べる意欲」があるし、動けるので、自分で食べよう
とする限りは頑張らせてあげたいね、とも言われています。



最近、周りの状況がいろいろと変化していると感じます。

うちの横と向かいの一軒家が次々と更地になり、アパートやマンショ
ンが建つことに。
向かいの広いお家に一人で住まわれていたおじいさんは認知も出だし
て一人暮らしが無理となりケア施設に入られたそうです。

楽しみに読んでいたブログや日記が次々とお休み、あるいは閉じられ、
その理由がやはり介護や病気などで今ちょっと余裕がない・・という
もの。

自分の人生のステージも、ゆるりと回って違う段階に入ったような、
そんな気がしています。

弟や母と同じ敷地に住んでいるのですが、その土地の相続のことも考
えなければならない段階に来ているようです。

長男である弟のところには子供がないため、いずれ家土地は売って、
介護付マンションに二人で入る予定らしい。

うーん、それを聞くと、うちだって、階段だらけの3階建て。ロコモ
になればいつまで住めるかわかりません。

ひとも場所も、いつまでもこのまま、いつまでも変わらないーーとい
うことはないのだ・・とヒシヒシと感じるこの頃です。


北海道旅行以来、写真のアップも手順が結構面倒なこともあり滞った
まま。
「すべてが面倒」と思うこともトシとった証拠らしいのですが、ほん
と、時々何もかも「億劫」に感じることがあり、コワイコワイ・・・。
(゚△゚;ノ)ノ
このブログもやめてもいいようなものですが、せめてもの自分への
頭の体操、かつ備忘録として出来る限りは続けてみようかと思ってい
ます。





7月1日

日英協会のK氏に声をかけていただき日英協会の総会後の講演会へ。
at ホテルニューオータニ。

イギリスの「ガーター勲章」の意味や歴史や逸話などの講演。
「勲章」なんて我が人生には全く関係ないものではありますが、
視点を変えてのお話を聞くと
「ほ〜。そういう意味もあるのか」と興味深かったです。



7月3日

ロッキー1回目の手術。

腫瘍が取れて少し食べやすくなり食欲が出てきたのか、減少していた
体重も戻る。


7月5日

年1回やっている、血液検査と全身CT検査(首から下)。

子宮筋腫や胃のポリープはそのまま変わらず。だけど、
「内臓脂肪が増えましたねー。太りましたか」
との指摘・・ゔゔゔ・・・・去年に比べて4キロ太ったんです!

でも、血液検査は優等生。
貧血も今年はOK。

今年、初めて、頸動脈エコーというのをしてみる。

動脈硬化の度合いがわかるそう。

結果、肥厚0.5mm。「けっこう太くない?」

0.7mmまでは正常値だそうです。

「大丈夫ですよ」と先生は言われるけど、

え〜〜、でもあと0.2mmしか余裕がありませんケド!!


7月7日

Bettyさんご用達の久留米「中津留」でお食事を。

極上のお肉で女将自らがすき焼きを作ってくださいました。

こんな美味しいすき焼き初めてでした。


7月15日

まきこさん、仁太と母とバスツアーで角島へ。


角島大橋を通ってみたかったのですが、長さや規模からいうと、昔住
んでたルイジアナ州のPontchartrain湖にかかるCauseway(38.35km)
の足元にも及ばないし、海の色の綺麗さでは宮古島にかかる橋の方が
ーーと、比較しちゃうと、
「な〜んだ、こんなもんか・・」
とガッカリしてしまいました。

いやいや、目の前の景色をただありのままに楽しめばいいのです。

何事も比較したり比べたりして優劣をつけても、いいことは一つもあ
りません。


仁太も一緒に楽しかったのですが、でも、そこは3歳児。

まだ団体のバスツアーにはちと早すぎました。

行きでは突然「うんこ〜〜!」と叫び、大型バスを路上に停めさせ、
ガソリンスタンドのトイレへ。

帰りには、小倉の都市高速の渋滞でバスが全然進まぬ中、
「おしっこ〜〜」と泣き始める。
おむつも持っておらず、ガマンできずにママの膝でおもらし・・・・。

やはり、トイレ付きのバスのツアーにするか、万全の対策と備えをし
ておくべきであった、と反省・・。

皆さん、ご迷惑かけてすみませんでした。○| ̄|_



7月17日ー18日

私の還暦祝いを息子が計画してくれて、みんなで嬉野温泉の大正屋に
泊まってお祝い。(ひと月早いけど)

成長ないまま年だけ食って還暦になってしまって、本人戸惑うばかり
・・・。

あまり「こうなりたい」という大それた野心もなく、流れに逆らわず
に生きてきたような気がします。

でもそれなりに試練にあったり、その時々で道を示されたり、絶妙な
タイミングで必要な方々に出逢ったり、不思議と、ちゃんとsomething
great(私は神様と呼ぶ)に導かれてきたのだな、と感じています。


サプライズで、(おきまりの)赤いチャンチャンコ、バースデーケーキ、
KANREKI 60というロゴ入りの赤いTシャツ、みんなのメッセージ入り
の思い出の写真集、などをプレゼントされ、感激、感謝、感涙!!

本当にありがとう!。゚(゚´Д`゚)゚。

これからの人生は弱っていくアタマと体といかに折り合ってゆくかー
が課題でしょうね。

お手本は母ですが。ヘロヘロの私は、とてもあそこまでしっかりと凛
としては・・.ゆけないだろうなあ・・・・。



7月24日

ロッキー2度目の腫瘍除去手術。


治すための手術ではなく、口から食べられる状態を保つための、QOLの
ためのもの。

メラノーマはやはり進行がとても早い..。



7月25日

けやき会、at「 馳走なかむら」

北九州から移転してきたお店。

北九州のGさんから教えていただいたのですが、室礼や季節のお料理が
本当に細やかですてきでとっても気に入ってしまい、この時から、結局
いろんな機会に利用させていただき毎月行くことに。


7月26日

母と、はなみずき会・佐賀や久留米に蓮の花を見るバスツアーへ。

花を見るツアーは、天候や時期がピッタリ合うとは限らず、盛りを過ぎ
ていたり逆にまだだったり、難しいものがありますね。

今回も一つ、お寺で栽培されてる蓮がとてもお見せできる状態ではない、
ということでキャンセルとなり、急遽代わりに石橋美術館へ。

ま、こんなこともあります。


7月28日

友人のIさんが主催された、ピアノとドラムの組み合わせ、という珍
しいコンサートへ。 at コットンクラブカフェ。

ピアニストの三舩優子さんが宝塚のスターみたいに美しく、かつ演奏
も素晴らしくて、最前列でウットリしてました。





















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。