スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足で6月のこと


まだ6月のことです(遅っ!)

雨の多い6月でした。

身体的には新たに股関節が痛んで、メンテとケアに励んでおりました。

写真のアップがまだできません〜〜。



6月6日

ギンギラ太陽's の公演 at あんみつ姫のショーをやってる劇場で。

今回は短編集、みたいな感じで、昔のネタも含めた短い演目が次々と。

一枚券が余ったので母を誘いましたら、

「なんでも行ってみます」と、私たちに同行。

この好奇心が元気と若さの秘訣かもしれません。



6月10日

辻井伸行コンサート。at アクロス。

今回はニューヨークのオルフェウス室内管弦楽団とのベートーヴェン。

オルフェウス管弦楽団は指揮者を持たないという独自のスタイルで、
ソリストとして活躍しているメンバーたちの「音楽的志向が見事に集
約し」たユニークな楽団。

私はこの楽団のこと知らなかったので、本当のところ何の前知識もな
く行ったのですが、「指揮者がいないのにどーしてこんなにピッタリ
息があうの!」と驚くほど完璧な演奏をされるのにびっくりしました。




6月13日

水栓工事。家が24年も経つと、水回りも一斉に不具合が出始めます。

体だけでなく、家にもメンテが必要なこの頃・・・お金がかかってし
ょうがありません。


6月16日

けやき会、at 西中州「goh」。

改装されてからは初めて。
個室が出来ていてちょっとだけ広くなっていました。

お料理の感じが、なんとなくきれいな「和食」っぽくなっているよう
な気がする。


6月18日

西南大学読書教養講座、公開授業。

前回、道尾秀介さんの対談に行ってとてもよかったので今回も申し込
みました。

今回は、「テルマエロマエ」の作家、漫画家のヤマザキ マリさん。

サッパリキッパリとした、カッコイイ、素敵な方でした!

ランダムなメモより
 ↓
表現するために大事なもの
想像力
言語
知性、教養、経験値
知性がないと想像力が育たない
想像力は読書によって育まれる



6月19日

父の七回忌、at 東長寺。

そのあと、東長寺ウラにある和食の「石堂橋白つぐ」で食事。

叔母や従兄弟、妹、娘、などが思い出を話し、その人しか知らない父
の一面が語られそれがとてもよかった。




6月24日

大学の福岡支部同窓会前日、東京から来られた理事長をお迎えして、
お昼を唐津の「飴源」へご案内。



6月25日

同窓会総会 at 筥崎宮迎賓館。



6月30日

しばらく前から、血の混じったヨダレを流して、ものが食べづらそう
にしていたロッキー。

なかなか口を開けようとしないのでよくわからず、病院で麻酔をして
中を見てもらったら、くるみ大の腫瘍ができていました。

病理検査に出して調べてもらったら、メラノーマとのこと・・。

ダックスやレトリーバーにわりと多い病気なのだそうです。


人間のメラノーマも非常に予後の悪い病気ですが、犬の場合も同じで、
見えるところを取っても必ず再発すると言われました。

自分がどういう最期を迎えたいかを考え、それと同じことをしようと
思い、まず「痛み苦しみは最低限に」「Quality of Lifeを第一に」
「手を尽くしてももうダメという最期のところに来て苦しむようなら
安楽死を」⇦(これだけが人間は出来ないのですがね・・・)と、
先生にお願いしました。



ものが食べられるように、取れる範囲の腫瘍を除く手術だけをしてい
ます。


再発が早く、今現在(8月19日)2回手術をしていて、今度29日
に3回目の予定。

そろそろ限界かなあ・・・

肺やリンパ節に転移したら呼吸困難になると言われていますが、今
のところ食欲もあり、自分で食べる意欲もあり、体重減少もほぼあり
ません。

でもあまり長くはないと思うと、ロッキーがいなくなることを考える
だけで滂沱の涙。

皆、ペットとの別れをどうやって乗り越えているのか?

経験者のお話を伺い心の準備をしているのですが、その場になるとど
んなに覚悟していても無駄でしょうねえ・・・。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。