スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足で5月のこと

5月9日

友近ーーではなく?!”水谷千重子”の”キーポンシャイニング歌謡
祭”
へ。at サンパレス。

IMG_1581_convert_20160609084003.jpg

初めてだったので、「コントでもやるのかな?」という認識で出かけ
ましたら、ほんとに「歌謡祭」でした。

相川七瀬、岩崎宏美、堀内孝雄、などベテラン実力派の歌手がたくさ
ん出演して次々に熱唱。

合間に友近ーーじゃない、水谷千重子や千重子ファミリーが軽いトー
クで笑わせてくれます。

ゲスト歌手の中で(私は知らなかった方なのですが)根本要という人が出て
こられ、フツーのおっちゃん風なんだけど、トークがメチャ面白く、
芸人さんみたい!

でも、このおっちゃんが歌い始めた途端、鳥肌がたちました!

上手~~~~~い!!

この人の声、すごく好き!

歌手活動はとても長く、スターダストレビュー(というグループの名
前は聞いたことがある)のボーカル、ギター、だったそうです。

この人の歌を聴けただけでも来た甲斐があったし、全体的にも”バラ
エティに富んだ歌謡ショー、”といった趣で、楽しく過ごすことがで
きました。


ちなみにーーー”キーポン”ってなんじゃらほい?と思っていたら、
keep on のことだそうです~。




5月11日

映画「ROOM」を観る。at KBCシネマ。

主演のブリー・ラーソンがアカデミー主演女優賞を獲った作品。

7年間、誘拐監禁されそこで妊娠、出産した女性とその子供がある日
ついに脱出を試みる。

無事救出されたものの、その後の生活を立て直すのがまた大変で・・。

ハラハラ、ドキドキ、そして子役の素晴らしい演技も相まって、親子
の情とか家族関係とか、考えさせられるところもたくさんあり、「あ
あ、観てよかった」と感じる映画でした。

それにしても、あの小さな監禁部屋で、子供を5年間、あれだけきち
んと育て教育してきた主人公のジョイに(産んだ時はまだ10代!)
感心しました!




5月13日

アメリカから帰って7年間暮らした飯塚時代に住んでいたマンション
で一緒だったお友達と、久~~~しぶりに集まり、ランチ。
at 篠栗の栄屋。

IMG_1604_convert_20160528215645.jpg

住んでいた方達が皆同じような年頃で子供たちも同じくらいだったの
で、お部屋を行ったり来たりして遊び、味噌醤油の貸し借りもした、
子育て世代にはもってこいの、長屋のようなマンションでした。

あれからン十年~~
あの頃砂場で遊んでいた子供たちが、結婚して親になるのですから、
月日の経つのはあっという間です・・。

フラの先生になったテイコさんは、6月末に生徒さんたちとコスモス
コモンで発表会をされるそうです。

ジュンコさんのお着物はお母様の大島紬。
ご自分で着付けも出来るそう。

みっちゃんはゴルフの腕前も上がってきてるし、それぞれに打ち込め
るものがあるからか、変わらず若々しくて素敵です。

栄屋のお料理も季節感あふれて目にも嬉しい美味しさでした。

次回は、テイコさんのフラの打ち上げを兼ねて、夏のお料理をいただ
きに、またまいりましょう。



夜は「きままに音楽の夕べ」チャリティコンサート。at アクロス。
 ↓
IMG_1587_convert_20160609084038.jpg

「四季」の演奏の中、後ろの大きな白いキャンバスに次々に絵を描い
ていく、という音楽と絵のコラボが面白かったです。




5月19~20日

京都。

ESSのお洒落なマダムでPaul Bocuseのワイン会仲間でもあるヨーコ
さんからお聞きしていた、大徳寺聚光院450年を記念しての狩野永
徳・松栄の襖絵と千住博の障壁画「滝」の特別一般公開
を私も見てみ
たくて、主人の学会に便乗して、一緒に新緑の京都へ。

「大徳寺の隣りの今宮神社のあぶり餅もオススメ」と、みちこさんか
らも教えてもらっていたので、そちらも楽しみに。

聚光院のガイドツアーは2時に予約していたので先に今宮神社の方へ。

右と左にあぶり餅のお店があり、両方入ってみました。

IMG_1607_convert_20160528215733.jpg ↑
おこげが強いのが右のお店で、私はこのくらい香ばしい方が好きでし
たが、主人は「焦げすぎ」と言い、左のお店の方が好みのようでした。

左のお店にて
 ↓
IMG_1623_convert_20160528215809.jpg

どちらも美味しかったです!(^ ^)v


聚光院は千利休の菩提寺だそうです。

IMG_1634_convert_20160528215926.jpg

こんなところでお茶会ができたらいいでしょうねえー。

千住博の36枚の「滝」は、ブルーと白のコントラストが素晴らしく、
そのスケールに圧倒されました。

撮影禁止なので写真は撮れなかったのですが、あの色は写真ではその
ままの色は出せないと思うので(パンフレットの色とも全然違いまし
た)、ぜひ本物をご自分の目で見ることをお勧めします!


そのあと、世界遺産の下鴨神社へ。

清々しい参道
 ↓
IMG_1635_convert_20160528220002.jpg

IMG_1646_convert_20160528220035.jpg


みたらし団子は、ここが発祥の地だそうです。(「御手洗祭り」が語
源だとか)


夜は、京都で鍼灸師として働いている甥っ子ユーキ(妹のとこの次男)
を呼び出して、鴨川の川床でお食事。

IMG_1652_convert_20160528220142.jpg

川床でのお食事は初めて。
暑くもなく寒くもなく丁度いい気候で、心地よい風が吹いて、京都な
らではの風情があるし食事は美味しいし、満足満足♪

大阪の学校を出て京都で働いている福岡育ちのユーキ、大阪弁なのか
京都弁なのか?ビミョーなアクセントの関西弁をしゃべる。

これから京都弁に洗練されていくのか?!

仕事でお年寄りを相手にすることが多いからか、私たちにもちゃんと話
を合わせてくれて、コミュ力高い!

楽しい夜でした。


今回、京都のお土産は、ネットで見てあまりの可愛さにキュンキュンし
た、聖護院が出してるnikinikiのデコ八つ橋を。
 ↓
IMG_1660_convert_20160528220255.jpg

IMG_1661+(1)_convert_20160528220321.jpg

IMG_1663_convert_20160528220347.jpg

食べると、味はしっかり八つ橋の味です。

季節ごとにいろいろデザイン変わるそうで、これから京都へ行く度、
毎回覗いてみようと思います。

ネットで見た「不思議の国のアリス」シリーズが欲しいなあ~!




5月21日

Oさんのお嬢さんユリちゃん(娘と高校の同級生)の結婚式。
at ホテルオークラ。

そこでトーンチャイムの演奏をさせていただきました。

ユリちゃん、と~~~ってもきれいでした!!

新郎とは勤め先が同じだったことが知り合ったきっかけだそうです。

彼が一目惚れして、猛アタックがあったらしい。

恋の勝者となった新郎のまあ、この世の春といった笑顔で嬉しそう
だったこと!

おめでとうございます、末長くお幸せに




5月27日

長崎のAさんからまた博多座へのお誘い♪

今回は宝塚!
宙組「王家に捧ぐ歌」

実は私、宝塚の舞台を観るのは初めてです。

ヴェルディのオペラ「アイーダ」を基にした作品だそうです。

敵対する部族の将軍と王女さまの恋を縦糸に、親子の愛、祖国愛や
国を治めるとは?平和とは何か?までテーマはなかなか深い。

歌も演技も素晴らしく、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

そして、いきなり最後は、今までの劇とは全然関係なく、羽を背負っ
て大階段を降りてくるーーというお決まりのザ・宝塚!というフィナ
ーレが。

「オオオッ~~、これか!これですか!」

宝塚にハマる方々の気持ちが少しわかるような気がしました。




5月28日

英語の生徒さんの御宅に、母と一緒にお呼ばれ。

そこのおばあちゃまが母のお友達というご縁で、お孫さんたち4人の
英語をみるようになって、今は末っ子のノリくんがうちに通ってくれ
ています。

今時珍しく、おばあちゃまが厳しく威厳がすごくあって、きょうだい
4人がおばあちゃまのいうことをピシッと聞いて、お躾けが見事!

私と母はひそかに「ゴッドマザー」と呼んでいるのですが、本当に尊
敬します。

4人のママであるお嫁さんも、結婚当初から同居で、朝昼晩、お食事
も一緒だし、外出もままならなかったと思うのですが、喧嘩しながら
も仲が良くお姑さんとほんとの母娘のようで、とっても素敵なご家族
です。*∀o(^^*)♪


この日は、お姉ちゃん二人と長男のヨシキくんもいて、久しぶりに会
えて一緒にお食事もできて、なんとみんなで5時間近くもお喋りをし
てしまいました。

私のお役目も、ノリくんが大学に入ったら卒業ーーだと思うので、あ
と3年かな。


先日京都で会った甥っ子もそうですが、こうして若い人たちが成長し
ていく姿を見るのは幸せだなあ・・・と思います。

反比例してこちらは老いて消えてゆくのですけどね。

ま、それが世の条理というものでありましょう・・・・。





5月29日からは、母と北海道へ。
それはまた別項でーーーー
















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。