スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申年ぼちぼち活動開始

1月7日

ケンタくんの英語、お正月明け1回目。

ケンタくんたちのおじいちゃんおばあちゃん(Hさん)宅からも、毎
年干支の博多人形をいただきます。
 ↓
IMG_1068_convert_20160113204722.jpg


Hさんは、ずーっと昔から(私が子供の頃から)うちの近所で自転車
屋さんをしていらっしゃいます。

寡黙なご主人に、いつも笑顔の美人の奥さん。

”真面目、勤勉、実直”を絵に描いたような、働き者のご夫婦です。


18年前、私が英語教室をすることになった時にHさんの奥さんが
「うちの孫も教えて」と、私にとって”最初の生徒さん”を連れてき
てくださいました。

それが、ご長女のお子さんであるヒロトくんとサキちゃん。

それから、入れかわるように次女のお子さんであるコーヘイくんとケ
ンタくんも、続けてずっと来てくれました。


日曜日以外ほとんど休んだことのないお店が、昨年12月に、平日な
のに閉まっている日が続き、お具合でも悪いのではないかと(1年ほ
ど前に手術なさったことがあるので)心配していたのですが、英語の
時にケンタくんに聞いたらやはり、年末31日まで入院されていたと
のこと。


髪が白くなられたくらいで昔とあまり変わらない外見でいらっしゃる
ので、いつまでもお若くてお元気ーーと思っていたのですが、考えて
みればうちの親よりも少し年下というくらいですからもう80に近く
ていらっしゃるのかな。

幸い、年が明け2週目過ぎた頃からまたお店が開いていたのでホッと
しました。


それにしても時代の流れとはいえ、OO屋さんのおじちゃん、おばち
ゃん、と親しく呼んでいたうちの近くの昔からの個人の商売のお店と
いうのが全国チェーンの大型店やスーパーに押され次々になくなって
いったのは、寂しいものがあります。


うちから少し北に行ったところ、いつも車で通るところに、紳士服の
仕立屋さんがあるのですが、いつ通っても、古い家屋のガラス戸越し
に黙々と俯いてお仕事をしている仕立屋さんのおじさんの姿が見えま
す。

HヤマやAキや安価なスーツの全国チェーンの店が至る所に台頭して
いる中、まだまだこういう昔ながらの個人のお店が地道にやっている
のを見ると、思わず心の中で「体に気をつけて頑張ってください!」
とグッと拳を握ってエールを送ってしまいます。


Hさんの自転車屋さんも、後継ぎはいらっしゃらないのでおじちゃん
の代で閉じてしまわれることになるのでしょうが、お孫さん達も皆、
立派に成長されもうご安心だと思います。

あとは体に無理のないように、お元気でもう少しお店も続けてほしい
な~・・と願わずにはいられません。




1月10日

前から興味があったアイシングクッキーのOne Dayレッスンへ。
at コンフォート(facebookつながりのAさんがプロデュースしてい
らっしゃる、ハーブティーのお店)

アイシングクッキーは、私より娘が興味があって「習いたい」と言っ
てるのですが、何せ今は身動きがとれないため、私が代わりに、まず
どういうものかを体験して来ました。


指導してくださるのは、Aさんのお友達のユーコ先生。

ここまでの準備をしてくださっていました。
 ↓
IMG_1055_convert_20160113204503.jpg

これは先生のお見本
 ↓
IMG_1056_convert_20160113204540.jpg

これは私の作品
 ↓
IMG_1057_convert_20160113204627.jpg

稚拙さがモロわかる!

線一本描くのも大変だということがわかりました。

先生は「慣れ」だとおっしゃいますが、模様を描くのは結構細かい作
業ですから、うーむ、これは私のように大雑把な「まっ、いっか」で
済ませてしまう人間には向かないかも・・・

まだ娘の方がキチンとやれるかもしれません。


レッスンの後は、Aさんお手作りのキャラメルチーズケーキとオリジ
ナルブレンドのハーブティーをいただきました。
 ↓
IMG_1058_convert_20160113204658.jpg

これだけでも参加した甲斐がありました!

ありがとうございました!




1月12日

うちの近くに出来た、ヨガやピラティス、パーソナルトレーニング、
などが出来るスタジオに体験へ。

オーナーのご自宅と一緒になってる白いおしゃれな建物の1階です。

歩いて行けるというのが何より。

チケット制なので、無駄にならないのもいい。

今年は出来るだけ、アレコレ体を動かすことをやろうと思っています。
(それも出来るだけリーズナブルにね)






スポンサーサイト

お正月

暮れに、英語の生徒さんだったコウタロウくん(去年関西の大学を卒
業して九電工に就職)が、また干支の博多人形を持ってきてくれまし
た。
ありがとう!!o(^▽^)o
 ↓
IMG_1041_convert_20160104123110.jpg


コウタロウくんのおじさまが博多人形師でいらっしゃるのでいつも、
可愛らしくて優しい雰囲気が特徴の干支の置物をいただきます。

仕事の方はまだ慣れず、怒られることも多いそうですが、彼の人柄を
思うと、きっと先輩や上司の方々から愛情かけて育ててもらっている
のだろうなあ・・と思います。

真面目で優しいーーおじさまの博多人形の作風と同じですネ。


追記

このおじさまの工房の若いお弟子さんが、琴奨菊のコトバウワーポー
ズの博多人形を作って贈ったところ琴奨菊がとても喜んで、結婚式に
も呼ばれたという記事が新聞に載っていました。
このお弟子さんは10年目で、今春独立を許されてご自分の工房を持
たれるそうです。



1月1日


いつものように、主人の実家へ。

両親が亡くなった後もお兄さんが当主として変わらず歓待してくださ
り、恒例のおせちとフグをお腹いっぱいいただきます。

お兄さんと主人はお酒は底なし。
シャンパンと日本酒、何本空けたやら・・・。


サトシくんとこの賢い双子ちゃんは、ただいま百人一首を暗記中。


今回、東九州道が椎田道路につながっていたため、車での往復が時間
的にだいぶ楽でした。

ニュースにも時々出ていた、最後まで立ち退きを拒否していたみかん
農家の方が行政執行でついに土地を明け渡しとなったので、来年は大
分まで高速がつながってますます便利になっているでしょう。

公共の利益とはいえ先祖代々の土地を奪われ、畑を分断されることに
なったみかん農家の方には申し訳ないけれど、私たちにとってはすご
〜く時間短縮で楽になるし恩恵を受けるのでありがたいです。m(_ _)m






1月2日

夕食を母の家で。

恒例のお正月のお食事。

毎年、大晦日は弟夫婦、1日は妹家族、2日を私たちーーーと、順番
によんでくれます。(一度に入りきれないので)

「いったい私はいつまで人をよばなきゃならないのかね〜?」
と言ってますが、ホント、母の手作りのお料理目当てに、子供達だけ
でなく、叔母たち(父の妹たち)、お友達、と次々に来客があり、休
む暇もありません。

何事もあまり褒めなかった父が、
「俺が死んだらこれで商売をせよ」
と言ってたくらい、母の黒豆や栗きんとんは絶品です!!

がめ煮、昆布巻き、ローストビーフ、卵焼き、ブリのお刺身、サーモ
ンマリネ、カニ入りポテトサラダ、などが並びます。

「いつも代わり映えしなくって」
と、母は言いますがーーー変わらないからいいんです。




1月4日

お休みも終わり、また普段の生活開始。

私はさっそく整体へ。



1月5日

今日はピラティス。


今年もメンテが大変だ・・・・。

  





あけましておめでとう、だけどまだ12月のこと

2016年、あけましておめでとうございます

昨年と同じく、のんびりとひと月遅れのブログになってしまった怠惰
な私・・・

今年もよろしくお願いいたします
(^∇^)ノ

駆け足で、昨年の続き・・

2015年12月6日

ワタリさんからのお誘いで、下大利の喫茶店「レ・グラン」でトーン
チャイムの演奏をさせていただきました。

IMG_0886_convert_20151210204731.jpg

ワタリさんとは福岡市主催の国際交流セミナーでお会いして以来、英
語や音楽関係のいろんなご縁で、もう10年以上の友人となりました。

このレ・グランでは、ワタリさんたちのお仲間が、定期的に演奏会を
開かれているそうです。

カントリー、ハワイアン、フラ、フォーク、などなど、ちょっと平均
年齢高め(私たち含め)の皆様が、趣味の音楽を自分流に”楽しんで”
やってらっしゃるーーという感じ♪

手作り作家さんの作品も常時展示即売されていて、ギャラリーも兼ね
た素敵な空間でした。

お客様との距離がムチャクチャ近くって、ちょっと緊張しました。

IMG_0882_convert_20151210204627.jpg

トーンチャイムの音色が気に入っていただけたら、またお声がかかる
・・かも?





12月13日

Bettyさんのお誘いで、この時期天然のカモづくしのお料理で有名な、
小郡の「さとう別荘」へ。

さとう別荘2

大正時代に建てられたという、歴史を感じる趣のある凝った建物とお
庭です。

さとう別荘


Bettyさんはここのお得意様でいらっしゃるそうです。

お食事の後は、Bettyさんのご自宅でお茶をいただきました。

何度伺っても、センス溢れる近代美術館のようなご自宅にはため息が
出ます。

なんせ、自分が何もこだわりのない(というか美的センスがない)の
で、家具・調度品や器に至るまで何事にもご自分の趣味が一貫して徹
底している方って尊敬します。





12月16日

トモコさんと玉置浩二のディナーショー。at Hotel New Ohtani。

トモコさんのご主人が行けなくなったため、急遽お声がかかって、
なんてラッキ~~~!

IMG_0990_convert_20151231153452.jpg

玉置浩二、「なんかヘンな人」ーーというイメージしかなくて、別に
ファンでもなかったのですが、実際のステージを見て聴いたら・・・
「わ~、スっごくいい!!」

胸にジ~ンとくる・・・意外でした~。(失礼)

詩も曲も声も、全部トータルにいい!

来ている方はファンの方が多いのでしょう、
アンコールでは、どんな歌も一緒に振りをしながら歌えるし、しかも
ハモってるし!
さすがです!


写真を撮り忘れたのですが、
ニューオータニのお料理もとても美味しかったです。

IMG_0991_convert_20151231153537.jpg

IMG_0992_convert_20151231153602.jpg


トモコさん、素敵な夜をありがとうございました!





12月19日

トーンチャイム、クリスマスコンサート。at 山王病院1階ホール。

院長先生とリーダーのO先生ご夫妻がお友達、という関係で実現した
ものです。

事務局のFさんが準備の段階から、行き届いてすべての段取りをして
くださったおかげで、私たちは何をする必要もなく、とっても楽チン
でした。

チラシも、サンタさん柄の可愛いものを事務局で作ってくださり、そ
の宣伝効果のおかげか?!1階ホールいっぱいに並べられた椅子は満
席。2階や3階の回廊から立ち見のお客様も。


今回の私の出来はーー間違った音を出さなかったかわり?!空振りで
鳴らなかった音がいくつか・・・

ああ、いつになったら「完璧!」と胸を張れる演奏が出来るのか・・
道は遠い。

IMG_0993_convert_20151231153639.jpg


夜はO先生行きつけの、舞鶴の「胡房」で打ち上げ 兼 忘年会。

年明けを待たず新年会の日程まで決まり、楽しい夜は更けていったの
でした。





12月23日

加藤登紀子コンサート。at キャナルシティ劇場。

IMG_1007_convert_20151231153805.jpg

これはカズコちゃんが行けなくなって、クリスマスプレゼントとして
いただきました。

しかも前から4列目というとってもいい席!
ありがとうございますm(_ _)m


こちらも別にファンというわけではありませんでしたが、長年やって
らっしゃる方は大物感、存在感が違いますね。

東北やペシャワール会への寄付活動もずっとされていて、社会につな
がる活動をされているところも単なる歌手ではない、人間としての幅を
感じます。

でも70過ぎてらっしゃるからか、喉の調子が悪かったからか、声は
(特に高音部がかすれて)あまり出てなかったような・・・。

後ろの方で、いつも来ているファンらしき方が「今日は出ている方だ
ねー」と話されているのを小耳に挟み、そうなんだ~・・と思いまし
た。

このコンサートも結構平均年齢は高かったと思うのですが、アンコー
ルでは皆立ち上がり手拍子でノリノリ。

調子に乗って私も立ってステップしてたら、あ・・ヒザが・・・

翌日から、また調子が悪くなりましたよ。

やっぱり無理はイケマセンな・・・。




12月24日

例年なら、教会のミサで厳かにクリスマスイブの夜を過ごすところで
すが・・・

今年は、千住真理子のディナーショーへ。at ホテルオークラ。
(これは自腹)

IMG_1008_convert_20151231153835.jpg

ご近所のKご夫妻と
 ↓
IMG_1010_convert_20151231153902.jpg


千住真理子さん、プロ活動40周年だそうです。
50歳を超えられているとは思えない細さと美貌で、見た目も麗しい
ヴァイオリニストですねえ!

お兄さんの千住明さんがMCをされました。
ご家族やきょうだいのエピソードも交えながらのトークも興味深く、
楽しめました。

アヴェ・マリアを3曲弾いてくださったので、ミサに出たような敬虔
な気持ちになれましたよ。(と言い訳をする)


こちらはChristmasの仁太
 ↓
IMG_1023_convert_20151231154112.jpg

今年は休みが短く、息子たちがお正月に帰ってこられないのが残念。






12月26日

ESS忘年会。at 冷泉閣ホテル。

まず、有志メンバーが演ずる「一杯のかけそば」(Yamashoさん脚本・
演出)の英語劇。
 ↓
IMG_1013_convert_20151231153940.jpg

皆さん、長いセリフもちゃんと暗記され(危ういところはアドリブも
され)Yamashoさんの高い要求に応える演技で、思わず私もグッ・・
ときて涙をこらえる場面も・・。

舞台装置や小道具もよく出来ていて臨場感もあり、場面転換にはプロ
ジェクターを駆使、音楽や照明係までちゃんと割り振られていて、す
ごいなー!と思いました。

Yamashoさんのご挨拶
 ↓
IMG_1020_convert_20151231154008.jpg

buffet形式の食事の後は、提供された品々をオークションにかけ、売
上金はESSへの寄付と劇団の経費に。

そのあとは、演歌あり詩吟あり英語の歌あり、のど自慢の方々お歌の
披露。


本当に芸達者、才能豊かなユニークな方々の集まりだなー、とあらた
めて感心してしまいました。

IMG_1021_convert_20151231154034.jpg

来年は、私も真面目に例会に復活したいです。





12月27日

ケイタローくん、百日のお祝いでお食い初め。

また一つ節目の行事を元気に、皆で揃って済ませることができたこと
に感謝です。

IMG_1030_convert_20151231154137.jpg
(ますます”坊”に似てきた)



ケンタくんの大学合格も決まり、暮れにひと組お見合いのお引き合わ
せをして、お互い好印象でいらしたようで、私もちょっとハッピーな
気持ちで一年の締めくくりと成りました。
(うまくいくといいなぁ)


母は元気にお正月に向けてお料理開始。




12月31日

いつものように年越し蕎麦はとなりの母のうちで。

いつものように紅白を見る。

いつものように年が暮れてゆく幸せをかみしめながら。

この「いつも」がいつまでも続きますようにと祈りながら。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。