スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな秋

10月13日 食欲の秋

スペイン料理の先生をしていらっしゃるMさんからお誘いいただき、
ラ・ロシェルの美食会に行ってきました。

今回は、坂井ムッシュと、ラ・ベットラの落合務シェフがいらしての
フレンチとイタリアンの饗宴。それに福岡ロシェルの現シェフ、お若
い五島シェフが加わり、コースのそれぞれのお料理を担当されました。

珍しい、 美味しいお料理に、シャ ンパン、赤白ワインもおかわり自由
で、なんというシアワセ

お料理のごく一部

雲丹のスパゲッティ
 ↓
IMGP2978_convert_20141014193305.jpg

カチュッコ(イタリア のブイヤベース)のカルタファタ包み   
 ↓
IMGP2981_convert_20141016185852.jpg

カルタファタとは、230℃の高熱にも耐える透明なcooking foilな
んだそうです。

黒毛和牛ロース肉のアンクルート

IMGP2984_convert_20141016185944.jpg

日本料理でいえば塩釜包み焼きみたいな感じの料理法でした。
肉のうまみと ジューシーさがギュッと閉じ込められてすごく美味し
かった!


洋梨とキャラメルのティラミスに八女茶の シャーベット添え
 ↓
IMGP2986_convert_20141016190117.jpg


テーブルを回って記念撮影をしてくださいました。
 ↓
IMGP2985_convert_20141016190021.jpg


ダイエットは台無しでしたが、幸せだったのでヨシとしよう。




10月15日 音楽の秋

女子大の先輩Sさんのお宅でのホームコン サート。
しかもテーブルいっぱいの、お心尽くしのランチ付き。


ゲストはバリトンの崔宗宝さん。
 ↓
IMGP2989_convert_20141020170317.jpg

崔さんは来月28日に福岡のFFGホー ルでコンサートをなさいます。

190cm近くの長身から出される声の豊かなこと!
部屋の空気が震えるのがわかるほどで す。

でも、ただ声量があり力強いだけでなく、 しっとりとした質感や感情
で、ず~ん・・と訴えかけるものがあり、最初に歌われたカッチーニ
の「アヴェ・マリア」で心を揺さぶられ、すっ かり魅了されてしまい
ました。


Sさんご自身もソプラノで歌われ、最後はお二人で 「メリーウィドウ」
を熱唱。

Sさんは手術もされたあとで体調が悪い時もあったそうなのですが、
歌の力でまた元気になってきたーーとおっしゃっていました。

たしかに音楽や歌には、人を癒す力がありますね。

それに、お手伝いに来られていたお嫁さんも お料理を作られたり、5
歳のお孫さんがかいがいしくお皿の給仕をしてくれたり、また ご主人
様がとても優しくSさんを気遣われる様子も温かく、微笑ましく、この
ご家族の愛情が一番の薬だったのかもしれないなあ・・と思ったこと
でした。




10月17日 バスハイクの秋

大学の 同窓会福岡支部恒例の、秋のバス研修旅行がありました。

今年は、キューピー鳥栖工場→朝倉「時季(とき)の蔵」で昼食→
中冨くすり博物館、というコース。

キューピーの工場内は撮影禁止。残 念。

卵を1分間に600個割る機械というのが すごかった!
卵黄はもちろんマヨネーズ作りに。卵白はケーキや練り製品などに。
殻もいろんなものに加工、利用されたりと、すべて無駄なく使ってい
るそうです。

工場見学のお楽しみとして、ちゃんと「おみやげ」もいただきました
ヨ。(ディップソースとマヨ炒め調味料)


「時季の蔵」は、大川の「庄分酢」さんがされているとってもお洒落
なレストランで、お料理にお酢やヴィネガー、ソースなど庄分酢さんの
製品が使われています。

素敵な外観
 ↓
IMGP3000_convert_20141020170430.jpg

はっきり言っ て”辺鄙”なところにあるにも かかわらず、お客様がいっ
ぱい!でした。それだけの価値があるということですね。

私も前から来たかったところだったので念願 叶ってとても満足!

健康のため に、”飲む酢”も買いました。

庄分酢の奥様(とてもお綺麗)にお見送りしていただいた後は、
中冨記念くすり博物館へ。

久光製薬(サロンパスで有名)が創業145年を記念して開設したところ。

観光協会の説明によりますとーーー
「日本に2ヶ所しかない、「くすりの博物館」のひとつ。
鳥栖市田代(たじろ)地域は、江戸時代に薬を作って、家庭へ売り歩
く(配置する)田代売薬が発祥した地です。その歴史資料や道具を中
心に、珍重な生薬ほか、多数のくすり関連の遺産を公開しています。
先人達が残した知恵や貴重な「くすり」の文化遺産に触れ、命の尊さ
や健康への願いを学ぶことが出来ます。
また、敷地内に薬になる植物を約400種も観賞できる薬木薬草園が有
り、四季折々の景色を楽しめます。」


モダンで洒落た外観は、イタリアの彫刻家の設計だそうです。
 ↓
IMGP3001_convert_20141020170552.jpg

裏には広い薬草園があり、館員の方が説明してくださいました。
 ↓
IMGP3002_convert_20141020170629.jpg

驚いたことには、うちの庭にもあるありふれた草木や花も、ほとんど
が薬草としても効能があるものでした。
知らなかったなあ~

天気も良く、爽やかな充実した一日でした。



10月18日 結婚の秋

主人の大学時代の同級生のお嬢さんの結婚式に夫婦で出席。

奥様とはJazzコーラスでもご一緒してるし、なにかと縁があるのです
が、何よりも不思議なご縁だと驚いたのが、お嬢さんの結婚相手が、
私が高校時代にと~~ってもお世話になった恩師のご長男だというこ
と。彼が生まれたとき、私は母と産婦人科病院にお祝いに行ったこと
を覚えています。

その恩師は後年、K附設に引き抜かれ、娘のムコ殿も「僕も習ったこ
とあります」とのこと。高3の時はクラス副担任だったそうです。

まあ、いろいろ”縁”はつながるんですねえ!

新郎新婦は二人とも医師なのですが、研究や論文など仕事のことで論
じ合ったり刺激し合ったりされてる様子がすごくアカデミックで、お
互いに高めあっていける素敵な夫婦になるだろうなあ・・・と思いま
した。

前にも書いたかもしれませんが、私、学者同士の夫婦、音楽家同士の
夫婦、ってなぜだかすごく憧れるんです。
互いが良きライバルであったり助言者であったり、「切磋琢磨」って
いうイメージがあるからでしょうか。

11月1日も、お友達の息子さんの結婚式に押しかける?!ために、
宮古島に行く予定。

またまたハッピーオーラのお裾分けをいただきに。
楽しみです♪





スポンサーサイト

大人の文化祭

このブログにも時々登場する、いつも美味しいものを食べさせてくれ
るエイコさん。
10日、彼女のご主人がお勤めの大手広告会社のOB有志の文化祭?
がNHKギャラリーで開催されていて、エイコさんが自分の日頃やっ
ているおもてなしやお料理をパネルにして展示されているというので、
娘の高校時代のママ友と一緒に見に行きました。

OBの方々は、それぞれ長年培われた得意の趣味(油絵、水墨画、写
真、陶芸、書、折り紙、などなど) を披露・展示されていました。
どれも玄人はだしで素晴らしい!

このごろ、”老後の生き甲斐”について話す機会があったのですけど、
こういう形で人に見てもらえるくらいの趣味があるって、 やっぱり人
生を楽しく豊かにしてくれると思う。いいなあ・・・


こちらがエイコさんのコーナー
 ↓
IMGP2972_convert_20141010232319.jpg

何を隠そう、一番右のパネルの料理写真は、私が撮ったもの。
こうしてパネルに レイアウトされると、なんだかとっても上手に見え
る♪

パンやケーキは、会場の決まりで、販売は出来ないそう。残念!
IMGP2965_convert_20141010232355.jpg


その後
エイコさんも一緒に、会場近くの「とねりこ」でランチ
  ↓
IMGP2974_convert_20141010232422.jpg

いつも思うことなんだけ ど、エイコさんの糸島のおうちをカフェにし
たら、 絶対はやるのになー。

でも、いい加減にゆる~く、 好きなひとに食べてもらうのが一番気軽
でいいのだそうです。

ま、そのスタイルが エイコさんらしくてカッコイイのですけどね。


食べたあとは、家まで歩いて帰りましたヨ。運動、運動!


楽しい一日でした。


 

3ヶ月経って

リハビリを始めてから3ヶ月が過ぎました。

現在、薬はやめていますが、ぶり返して悪化することもなくひと安心。

体重ーー4.8kg減(目標体重まで あと1キロ!)

リハビリ前と比べて、だいぶお腹まわりがスッキリとしてきた・・・
(と思います)。

でも、実は2ヶ月半を過ぎたころから、完全な停滞期になってしまい、
体重も体脂肪も全然変わらないどころか、6回目の計測では逆に体脂
肪が若干増えていたりして、すっかりやる気をなくしてしまい、体重
計に乗るのも見るのもイヤになり、気持ちまで停滞期になっていまし
た。

「この壁を打破するには、何かドラスティックな方法をとる必要があ
る!」と思い、以前から、整体カイロでお世話になってるアカリさん
から勧められていた酵素ドリンクだけを飲んで過ごす一日ファスティ
ング(いわゆる断食)をしてみることにしました。

開始は前の晩8時から。8時以降は何も食べないようにして就寝。

実行したのは何も予定の入っていなかった土曜日。

この日は、朝、昼、晩、就寝前、に80ccの酵素を飲むだけで過ごし
ます。(その他には、水やカフェインの入ってないお茶類はいくら飲
んでもOK。私はごぼうほうじ茶や野草茶などを飲みました。)

「酵素で栄養は摂れるから、あまりお腹はすかないと思いますよ」と
言われていたとおり、覚悟していた程には空腹感はなく、案外楽に一
日過ごすことが出来ました。

でもさすがにお風呂に入ったあとはフラフラしてきて、「あ〜、もう
ダメ、わたし寝るわ」といつもより早く就寝。

翌日曜日の朝食まで酵素ドリンクですませ、お昼は玄米おかゆ、フル
ーツやサラダ、みそ汁。夜は水炊きを少々。

ーーーで、結果、停滞していたカベをついに突破したうえに1kg近く
体重が減っていました!おお〜!

もちろんまた食べ始めれば戻るかもしれませんが、なんだか「はずみ」
はついたような気がします。

3ヶ月の1クールは終わりましたが、希望どおりあと2ヶ月リハビリ延
長も出来たので、11月末までこの調子で続けようと思います。

なかなか肝心の体脂肪は減ってくれないのですが、トレーナーさんが褒
め上手で「始めたころに比べたら、すごい前進してますよ。とにかく、
停滞していても増えてはいないんですから、すごいことですよ!」と励
ましてくれるんです。

意志力のない私は、こういう強制かつ激励してくれるパートナーがいて
くれることはとってもありがたいことだと感謝しています。


しかしーー
以前のブログに書いた「腹筋」のエクササイズはいまだに全然できません
・・・




大成功!

友人Iさんと一緒に企画した、イタリアンレストランでのチェロのサ
ロンコンサート、先週土曜日に無事終了いたしました!

アンティークの家具でしつらえられた趣あるレストランは、よく手入
れされた西洋風のお庭もとても素晴らしいところです。

Iさんが応援している、チェロ奏者の原田哲男さんは、桐朋出の実力
もさることながら、背が高くスラッとした爽やかなイケメンで、聴い
てもヨシ見てもヨシ

伴奏の榎元圭さんもこれまたイケメンの若き実力派で、ほぼ女性で占
められた会場は、音楽とともにお二人に見とれるため息もきっとあっ
たに違いありません。

お二人は最高のコンビだと思いました。ホレボレ・・・

IMGP2951_convert_20140928092737.jpg

エルガーの「愛の挨拶」に始まり、バッハ、ドヴォルザーク、ラフマニ
ノフ・・そしてアンコールは「白鳥」や「おくりびと」、とバラエティ
豊かな聴きごたえのあるものでした。


Iさんにとってもこういうイベ ントごとを主催されるのは初めての試
みで、演奏者やレストランとの交渉、準備、お客様の声かけ、など色々
大変なことも多かったのですが、その甲斐あって、レストランの定員
いっぱいのお客様が来てくださり、皆さん「とても良かった」「楽しい
ひとときだった」と喜んでくださり、すんでみれば、とっても楽しくや
り甲斐のある充実した作業でした。

手出しは覚悟していましたが、ギリギリなんとか赤字にならずにすみ、
次につなげることが出来そうです。やった~!

Iさん自身もピアノの先生で、演奏者でもあり、これから精力的に活
動されていくようです。
私もまた、いつでもお手伝いしますよ、頑張ってくださいね。


遠いところを来てくださった皆さん、本当に本当にありがとうござい
ました!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。