スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫が帰って

お嫁ちゃんのまきこさんと11月に生まれた孫(男の子)が、1月中
旬から福岡の我が家に1ヶ月の予定で滞在していたのですが、ついに
2月16日に帰っていってしまいました。

お産を実家のある名古屋でしたあと、お里で1ヶ月半過ごし、そのあ
とこちらへも来てくれたのですが、「姑のところに赤ちゃんと二人で、
よく1ヶ月も滞在できるよね〜!」と、友人たちからは珍しがられま
した。

が、全然気をつかわなくていいおっとりとしたお嫁ちゃんで、お互い
無理することもなく自然体で、あっという間の楽しい楽しい幸せな1
ヶ月でした。

新幹線で名古屋にもう一度立ち寄り数日過ごしたあと、住まいのある
横浜へ帰り、いよいよ若夫婦だけでの子育て開始です。

まきこさんはお産1ヶ月前からお里に帰っていたので、息子は単身生
活?!が4ヶ月にわたったわけで、子どもに会えたのはその間5回ほ
どだったでしょうか。

まきこさんが毎日動画で様子は知らせてはいましたが、実際に会って
抱っこしたりすることで父親としての自覚も責任も出て来るのでしょ
うから、彼がほんとの意味で父親になっていくのはこれからです。

でもとても協力的で甲斐甲斐しく世話もするようですから、なんとか
二人でやっていくことでしょう。

まきこさんは10月から仕事に復帰する予定で、それまでにもう一回
は(たぶん6月ごろ?)福岡に長期滞在をしに来てくれるそうで、楽
しみにしています。


お嫁ちゃんと赤ちゃんがいる生活は、彼らがいなくなったあとにその
幸せな時間のありがたさが身にしみました。

2月の連休に、お宮参りのために息子も横浜から帰省してきて、その
間は私達夫婦、娘、そして息子夫婦と赤ん坊、の5人プラスちびちゃ
んで食卓を囲んだわけですがまあその賑やかで楽しいこと!

人が多いとこんなに家って賑やかなんだ〜〜!と、今さらながらに
びっくりしました。


娘が東京の大学を卒業して帰ってくるまでは、夫婦二人っきりの生活
で、無口な主人と会話もなく食事もそそくさと(手をかけて作っても
主人は食べるの5分だし!)すませていたわけですが、息子とお酒を
くみかわす主人は上機嫌でよくしゃべって楽しそう

まきこさんとクックパッドみながらお料理作ったり、一緒に買い物に
出るのも楽しいし、私、娘、まきこさんと毎夜3人でお茶飲みながら
”女子会”をして、結婚、仕事との両立、話題の本、おしゃれ、などな
どいろんな話題で盛り上がったり。

娘は、結婚についても、ちょっと歳上のまきこさんの話は素直に聞け
るようで、いろいろと考えることもあったようです。

60代から0歳児まで(隣りには80代の母もいて)ーーーわやわや
過ごすこんな生活・・・いいなあ〜〜〜・・・

同居、っていいかも〜〜!ーーと妄想する私でした。
(でも会社やめない限りは息子たちは福岡に戻って来ることはない)


お嫁ちゃんと孫が帰ってしまってポッカリ空いた心の穴を埋めるため
ーーというわけでもないのですが、ちょうど入れ違いに「ベルギー人
の青年を3ヶ月ホームステイさせてくれない?」とお友達からの依頼
があり、引き受けることにしました。

誰かのお役にたつうちは、元気だということ。

お世話ができることに感謝しながら、またわやわやと過ごしていきた
いと思っています。




ひいおばあちゃん(私の母)と
 ↓
IMGP1876_convert_20130302200536.jpg


何を見ているの?
 ↓
IMGP1923_convert_20130302200616.jpg


お宮参りの写真を撮りに。
お姉さんに「着付け」をしてもらってます
 ↓
IMGP1931_convert_20130302200654.jpg





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。