スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状とfacebook

年賀状の交換は、普段おつきあいのある方々とはもちろんですが、我
が家はそれよりも、年に一回賀状だけのおつきあいの方々の方がずっ
と多いかもしれません。

ある時期ある場所でご縁があっても、以来疎遠になったり会う機会が
なくなってしまった方々と、年に一回だけのご挨拶のやりとりとなっ
てしまって・・・。

それを無駄な儀礼と考える人もいるかもしれませんが、多少ともご縁
のあった方々が、元気でいらっしゃるのを知るのは嬉しいことです。

この頃は、娘・息子の結婚や孫ができたというお知らせも多く、それ
に比例して親が亡くなったという喪中の葉書も多く届くようになりま
した。世代がひとまわりした・・という感じがします。

ニューオリンズにいた頃、経企庁(だったかな?)からの出向で来ら
れていたK氏は当時まだ独身で、ニューオリンズ赴任中に日本から婚
約者が来られて結婚されたのですが、そのK氏が今年の年賀状で「退
職しました」と書かれていたのには「え〜〜っ、彼がもう定年!」と
あらためて年月のたつ早さにビックリしてしまいました。


一度も会ったことないお子さんたちが、年賀状の中の写真でどんどん
大きくなっていくのを見るのも楽しみです。赤ちゃんだった男の子が
すっかり凛々しい青年になって体育祭らしき場面で声を張り上げてい
たり、ぽっちゃりした小さかった女の子が茶色のロングヘアをカール
させた美しい大学生になっていたり・・・。


飯塚に住んでいたころ、同じマンションにいたやんちゃでユニークな
幼稚園児だったヒロキくん、♪お〜花が わ〜らった、お〜花が わ
〜らった♪という歌を聴いて、「ふんっ、花が笑うか!」とせせら笑
ってたあの子は、昨年、NTT東日本に就職したそうです。
ふいに♪お〜花が わ〜らった♪の歌が頭の中を流れ、フフフと思い出
し笑いをしてしまいました。




年をとるにつれて、体の不調も増えてきますし、闘病中の方も増えて
きます。

「去年肺ガンと大腸ガンを患い大変でした」などと聞くと、どうぞお
大事になさってくださいーーと祈る気持ちになります。

配偶者を亡くされた方には、どうぞ神様の特別のお守りと慰めがあり
ますようにーーと祈らずにはいられません。

年賀状は祈りの交換なのかもしれません。


郵政省のCMではないけれど「人の心が年の始めに届く国」って、
いいなあと思います。



昨年末、私はもうひとつ嬉しいことがありました。

27年前、ニューオリンズ郊外のアパートに住んでいた時代、シング
ルマザーのKarenと6歳のDannyという男の子が隣りに住んでいまし
た。
Dannyとうちの5歳の息子はすぐ仲良しになり、私達が帰国するまで、
2年間いい友達でした。

帰国してからもしばらくはクリスマスカードの交換などをしていたの
ですが、彼らが引っ越してしまってからは住所がわからなくなって、
以後連絡がとれなくなったままでした。

そのKarenから、突然facebookで友達リクエストが入ったのです!

実は私も一度Karenを探そうとしたことがあるのですが、どうしても
下の姓を思い出せなくて(私は人の名前を覚えるのが苦手デス・・)
あきらめていたものですから、その驚きと嬉しさったら!!♪♪

Karenは、当時恋人だったRalphと結婚し、今はフロリダの郊外に住ん
でいること、昨年6月にニュージーランドに旅行をして帰りに東京と
京都に立寄ったこと、そこで私達に連絡が取れないかと考えたこと、
Dannyは大学で経営学を学んで就職したのだけどリーマンショックで
会社がつぶれてしまい、今、数学教師をやっていること、2年前に結
婚し、お嫁さんは「Lexus」に勤めていることーーーなどなどを教え
てくれて、最近の写真も送ってくれました。

KarenとRalphは全然変わっていなかったけれど、うちの息子と同様、
Dannyは太っちゃって・・「うーん、お互い子供はオッサンになって
しまったなあ〜・・あんなにかわいかったのになあ・・・」と妙な感
慨にひたりました。

「あなた達のことは忘れたことはない。一緒にハロウィーンのTrick or
Treatをして回ったとき、子猫がずっと後をついてきたのを覚えてる?
 結局あの猫を、うちで飼って、17年生きて老衰で死んだんですよ」
ーーなどと聞くと、若かったKarenや私、小さかった息子とDannyが
懐かしく思い出され、また、同じGatehouseというアパートに住んで
いた方々の顔が次々に浮かんできました。


私、facebookはほとんどほったらかし状態で全然活用していないの
ですが、このときばかりは「facebookすごい!!」と思ってしまい
ました。


いま、妹のところの次男(20歳)が、やはり小さい頃住んでいたカ
ナダのトロントの幼稚園で一番の仲良しだったJulianをfacebookで見
つけようとしています。

うまく見つかり、若者となった二人がこれからまた国境を越えて行き
来をし、友情を育むことが出来たらいいなあ〜、と願っているところ
です。





スポンサーサイト

今ごろ年末のこと

すっかりご無沙汰してしまいました!

びっくりです、12月に入ってからいろんなことでとっても忙しく、
また、個人的に懸案事項を抱えたりしていて気分的にもその気になら
ずブログも「明日書こう」「明日まとめて書こう」と毎日思っている
うちに、なんと年が明けてしまいました!!

とりあえず2012年の〆をして2013年の新しいスタートを切る
ためにも、昨年末のいっきに日記。



11月18日

熊本へ。母校の日本女子大学の教授が東京からみえての「源氏物語」
の講演を聞きに。
原文で読まれた源氏物語の文章は、(古文苦手の私はよくわからない
のだが、わからないなりに)ほんとに美しい。
原文では無理でも、日本人としてやはり一度は、世界的名作「源氏物
語」を通して全部読んでおかねば・・・と思う。


11月26日

孫誕生!

母子共に元気。ただただ感謝。

男の子で、「仁太」(じんた)と名付けられる。


11月29日

アクロスホールで林まやさんが出られる「フィガロの結婚」を聴きに
(見に?)。

出演者は全員日本人なのだが、すべてイタリア語。

これだけ覚えるってすごい・・・とまずそれに感動。


12月1日

久留米の聖マリア病院にてコーラスとトーンチャイムの演奏。

ホスピスと聖堂と、2カ所での連続公演?!という初めての経験。

ホスピスでの小さな演奏会では、最前列で、時々「オー、オー」と
言葉にならない声をあげていらしたおじいさんが翌日の朝亡くなられ
たということがリーダーの方に知らされた。

付き添いをされていた娘さんが「父はきっとブラボー!って言いたか
ったのだと思います」と、御礼を言われていたと聞き、涙が出そうに
なった。

12月2日

名古屋へ。

産婦人科病院で仁太と初対面。

とっても小さくて、でも「ここに生きてるんだよ!」という存在感は
とっても大きくて、息子とお嫁ちゃんと両方の家系の遺伝子がこの子
につながっているんだと考えたら、不思議な厳粛な気持ちになった。

寝ている姿は息子の小さい時にそっくりだけど、眼を開けると涼やか
な目元はお嫁ちゃんに似ているようだ。

じんた2

じんた1


1ヶ月名古屋のお里で過ごしたあと、福岡へ来てまた1ヶ月ほど滞在
する予定なので、楽しみ♪♪



12月4日

妹の友人、リサコさんを通じてある地場の老舗企業と不思議なご縁が
出来て、アドバイザリー契約を結ぶことになり、社長さんと面談。

視野がGlobalで「ワクワクすることが大好き」という40代の若き社
長さん。

リサコさんと共にいろいろと面白そうなことが出来そうだ。


12月8日

妹がコーラスで出演する「メサイア」の公演へ。

去年に続いて2回目だが、だいぶ力がついて上手くなったようだ。

何事も続けるということは大切ーーーーでも私のJazzコーラスはなか
なか進歩がないが?!


12月10日

クリント・イーストウッドの「人生の特等席」を観にいく。

原題の「Trouble with the Curve」は、映画の内容と深くかかわって
いるのだが、これを日本語にするのは難しいだろうなあ・・・。

娘役のエイミー・アダムスがとてもいい。

結末も胸がスーッ!とする。

私はやっぱりこういうアメリカっぽい、お決まりのハッピーエンドが
嫌いではない。


さて、これから2週間は怒濤の忘年会続き。



12月13日

和太鼓集団TAOの公演を初めて見に行く。

舞とともに迫力のある大小の太鼓のリズムは「日本」!って感じで、
外国人にはウケるだろうなあ〜。

わたくし的には(男女差別と言われるかもしれないが)こういう集団
は男性だけでやった方がいいなあ・・と思った。



12月14日

日本酒大好きのダイスケさん、パトリック、そしてFukkoさんとの忘
年会で、角打ち初体験。

いいお酒がなんと300円で飲める〜!

本会場に移る前にすっかり出来上がってしまった。


12月15日

国際センターで行われた「ハンドメイドフェア」へ。

親友アツコさんの長女、マリちゃんがブースを出して、自分ブランド
のトートバッグを出品されのだ。

ハンドメイドフェア


アツコさんご家族とは27年前にニューオリンズで会って以来の長〜い
お付き合いだ。

マリちゃんはこちらの大学卒業後、ZARAで働きながらお金を貯めて、
パリの服飾の大学へ入り、そこを卒業後はオートクチュールデザイナー
の会社で将来を嘱望されていたのに、大統領が変わっていろいろと政策
も変わり、VISAがおりないという事態になってしまい、泣く泣く帰
国ーーー再出発を模索されていた。

こうしてひとつ、かたちになったことが私もすごく嬉しい。

マリちゃんは英語はネイティブと同レベル。渡仏してからフランス語も
完璧にマスターし、スペイン語もOK、最近は中国語も堪能になってい
るという語学の達人。

センスあふれるとっても魅力的なレディだ。

ホームページからも注文ができるので、ぜひご覧になってみてね!
  ↓
http://marimini.jimdo.com





12月19日

アクロスでアメリカのハンドベルグループ、ソロスのコンサート。

技術の高さ、見事さは「さすが〜〜!」と思ったけれど、いかんせん、
ハンドベルの音色に対してアクロスホールという会場はだだっ広く大
きすぎやしないか・・??

ハンドベルはやはりもう少しこじんまりとした聖堂などの場所が似合
うなあ・・。


12月22日

主人の書斎のエアコンがこわれたので買い替える。

この家を建てた時からずっと使っていたものなので20年目だった。

これでほとんどのエアコンは買い替えたことになり、20年使っている
ものは、あと娘の部屋のものだけーーーさて、いつ寿命がくることやら
・・・?

それにしても、エアコンと冷蔵庫を買い替えるたびに電気代が安くなっ
ていくのはビックリだ。省エネ家電ってすごい。



12月24日

クリスマスミサ。

笹丘カソリック教会で、今年もトーンチャイムの演奏。

その後、主人たちも交えて中州で打ち上げ。



12月27日

以前頼んでいたホールクロックの修理が終わり、時計屋さんが設置に
来られた。

動かなければただのでっかい置物でしかなかったので、これで「おじ
いさんの時計」復活だ〜ーーーーと喜んだのも束の間、なんと1週間
もたたないうちに再び振り子が動かなくなり停止。

修理代、10万もしたのにぃいい〜〜〜!

また、担当の方の訪問を待つことに・・・・。



12月30日

今年最後の美容院へ。

さっぱりとなって新年を迎えます。

2013年もよろしくお願いいたします!!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。