スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘と母の「ああ、勘違い」

恥を忍んで告白しよう。

私、今まで「ぼたん雪」の「ぼたん」って洋服の(コートについてる
ような大きめの)ボタンのことだって思ってました・・・。

だって、ボタンって、「粉」より「あられ」より大きいじゃないです
か。それにボタンって白いイメージがあるし。

それが、花の「牡丹」であることがわかったのは、福岡に珍しく雪が
積もった今年のある冬の日のこと。

ぼたん雪が降り、あっという間に真っ白な世界になった夜、娘が
「ぼたん雪のぼたんって、どういう漢字だったっけ?」と聞いてきた。

「カタカナでいいんじゃない、洋服のボタンでしょ」と答えると、娘、
怪訝そうな顔をして、

「え~、違うでしょ、花のぼたんでしょ!」

今は便利な時代です。その場で、娘はスマートフォンですぐに検索。

「牡丹雪ーー雪の結晶が多数付着し合い、牡丹の花びらのように大き
な雪片となって降る雪。冬の季語」

ーーその後、娘にさんざんバカにされたことは言うまでもありません
・・・。



先日の春のお彼岸に、隣りの母の家に東長寺さんからうちの地区を担
当されているお坊さん(東長寺にはたくさんお坊さんがいらっしゃい
ます)がお経をあげにみえました。

私の父方は真言宗なので、昔から東長寺さんにお世話になっています。

このお寺、真言宗別格本山という位の高いお寺で、木造座像では日本
一(10.8m)という大仏さまがあることでも有名です。

昨年は立派な五重塔も完成し、その落成記念イベントとして多彩なゲ
ストも呼んでの「空海劇場」が本殿で行われ、ご住職の藤田紫雲導師
も出演され大好評だったそうです。

お経のあと、お茶を出しながら母いわく、

「今年もまたやられるそうですね、”親鸞劇場”

顔色ひとつ変えず、初老のお坊さん、

「(さりげなく)”空海”ですね、ええ、今年は私は出演はしないので
すよ。セリフを覚えるのも大変でしてねえ」

それでも気がつかぬのか、また母いわく、

「去年は素晴らしかったですものねえ、今年はあいにく用事があって
私、”親鸞劇場”行けないのですよ」

「・・・・」(お坊さん、あきらめる)


2012年の親鸞・・じゃない、空海劇場についてはコチラ




その翌日、20日の夕方からは、娘からのプレゼントということで母
も誘ってシルク・ドゥ・ソレイユの「KOOZA」を観に行きました。

家を出たところで、披露宴に出席した帰りという私の弟(つまり母に
とっては息子)とバッタリ。

「どこ行くの?」と聞かれた母、ニコニコしながら、

「いまから”クーガ”を観に行くのよ♪」

クーガ・・・ま、似てるけど・・・。

「それって、なんか動物だよね?」と私。

「仮面ライダーじゃなかった?」と娘。

またまた調べてみますと、cougarって、「puma, panther, とも言う」
ですって。 へー知らなかった、同じものだったんだ・・・。

pantherって「ヒョウ」じゃなかったかな。あれ、leopard ってのも
似たようなものよね? 

ーーーどちらにせよ、さすがのおアホな私も「ひょう(雹)」は
「豹」と変換はしませんけどねっ。




「KOOZA」は最高でした
KOOZA





スポンサーサイト

「リビングフォト」セミナー初体験

一眼レフの先輩、みちこさんに誘われて申し込んでいた今道しげみ先
「リビングフォト」セミナーに、先週の木、金、と参加してきた
Sophieです。


Pentax Qを手に入れて以来、ずっと楽しみにしていたので「待ちに
待った」という感じでわくわくしながら出かけていきました。

講義をされる今道先生。とっても綺麗なエレガントな方でした~!
初日は中央区の雑貨のお店にて。
 ↓
IMGP0210_convert_20120316232146.jpg

リビングフォトは、素敵な小物や雑貨、自分の作ったフラワーアレン
ジやお料理などを暮らしの中で、雰囲気のある美しい写真におさめま
しょうというコンセプトで、今道先生が商標登録もされている撮影方
法だそうです。

特徴は「撮りたいものはシャープに、それ以外のものはやわらかくぼ
ける絵画のように美しい世界」。

「自分の作品を素敵に撮ってブログにのせたい」という目的を持った
方の参加が多く、しかもご自分でお教室をしていらっしゃる才能豊か
な女性ばかりでビックリ!(皆さんでっかい本格的なデジタル一眼を
持参されていました)

みちこさん自身もご自宅でナンタケットバスケットの教室をされてい
ますが、他にも、フラワーアレンジメント、生け花、お料理、テーブ
ルコーディネート、寄せ植え、タッセル、お菓子、パッケージデザイ
ン、などなどお洒落で素敵な「先生」方ばかりで、お洒落でもなくセ
ンスもなく器用でもない私のなんと肩身の狭いことよ・・。

それでも、今道先生の優しい笑顔に励まされながら、みちこさんに操
作のあれこれを教えてもらいながら、他の皆さんの真似をしながら、
なんとか撮った私の初作品の一部がコレだ~
 ↓
IMGP0176_convert_20120316231716.jpg

リビングフォトセミナー

IMGP0194_convert_20120316233111.jpg

IMGP0188_convert_20120316231856.jpg

IMGP0230_convert_20120316232223.jpg


お花は、部屋の電気を消して、自然光で逆行あるいは半逆光で撮る、
というのが基本だそうです。
「手前にレフ板を置くこと」ーーうーん、レフ板というだけでなんだ
かプロっぽいわ!と感じてしまう私。

全体像を入れると、説明っぽい写真になっちゃうそうです
  ↓
IMGP0172_convert_20120316231625.jpg

(モデルになってくれたお花たちは、全部、La Fleurの原口律子先生
のアレンジによるもの)


2日目は、大濠公園内のフレンチレンストランで、お料理の撮影の
ためのセミナー。

お料理は、業界用語で「シズル感」というのが大事だそうです。

sizzle (ジュージュー言う音、肉などをジュージューと焼く)
という英語からきていて、目の前にあって食べたくなるような臨場
感があるような写真ーーという意味らしいです。

臨場感という点で、食べている最中のフォークが入った写真という
のもアリ、なのだそうです。
 ↓
IMGP0275_convert_20120316232527.jpg

四角のお皿のフチの構図はアシンメトリーに
 ↓
IMGP0242_convert_20120316232358.jpg

下に余白を作るのもおもしろいそうです
 ↓
IMGP0240_convert_20120316232313.jpg

モデル(手タレ?)になっている先生
 ↓
IMGP0257_convert_20120316232443.jpg


本当はカメラで撮ったままではなく、その写真にPhotoshopで色々
補正した方がいいらしいのですが、それはまた次の段階ーーー。

このセミナーで仲良くしていただいた方々と、来月我が家でみちこさ
んの指導のもと、Photoshopセミナー?!を開くことになりました
ので、新しいことを入れる容量が小さい頭がパンクしないように、
その前に習ったことを復習しておかなければーーーと思っている私で
す・・・。

ほんとに楽しくためになるセミナーでした。
お世話になった皆様、ありがとうございました!

また機会があったらぜひ参加したいと思っています


2012・3・12 日本語は素晴らしい!

Sophieです。

昨年の東日本大震災から1年が経ち、マスメディアでも特集記事・番
組が多く見られますね。

編集後記が筋トレに載るのは月曜日ですが、10、11日と大分に泊ま
りがけで行く用事があるため、〆切より早く送ってしまおうと思い、
実際これを書いているのは金曜日の夜中です。

今日(9日)は、友人Fさんに紹介していただいて以来私もファンにな
ったソプラノ歌手、林麻耶さんが出演される「てあとろ・だもうれ」
(愛の劇場)第2回コンサートに行ってきました。

これは麻耶さんたち4人の仲間が、クラシックは「敷居が高い」と敬
遠している人たちにも「楽しい!」と思ってもらえるようにと笑いや
おしゃべりやエンターテイメント性のあるものをと始められたコンサ
ート。

第1回は昨年のまさに3月11日の夜でした。

あの夜は、震災や津波の被害がここまで大きなものだとはまだよく
わかっていない時で、それでも会場の其処此処で「とんでもないこと
が起こった」というひそひそとした不安そうな会話が聞こえていまし
た。

私自身も、東京に住んでいた当時大学生の娘と連絡が取れず、コンサ
ートの第1部だけを聴いて早々に帰宅したことを思い出します。

(娘は卒業旅行のスペインから帰国途中で地震の時はちょうど空の上。
成田には降りられず、横田基地でしばらく缶詰状態となり、結局関空
に回され夜遅くにやっと入国できたのでした)

いろんな意味で日本が大きく変わったあの日と同じ会場で、「あれか
ら1年経ったのだなあ・・・」とあらためて振り返ったことでした。

直に被災地に入りもせず、直に現地の声も聞かず被害者の方々と接し
てもいない遠くにいる私に何も語る資格はありませんが、自分に出来
る募金や省エネ、東北の物産を買うなどの協力は続けていきたいし、
東北のことに常に関心を持って心をよせていきたいと思っています。

9日のコンサートでは、いま大切にしたい「日本の心」ということで、
日本語の歌ばかりが歌われたのですが、井伏鱒二、北原白秋、石川啄
木らの詩による曲、やなせたかし氏の作詞による曲、そしてたくさん
の文部省唱歌などを聴いて、あらためて日本語の美しさ、というもの
に心をうたれました。

なかでも、国文学者の清水重道作詞の組曲「沙羅」は、文語調で格調
高すぎて?!よく意味はわからないのですが、それでも「ああ、日本
語ってなんて情緒のある、やわらかくて美しい言葉なんだろう」と日
本人であることを誇らしくさえ感じました。

組曲3曲目の「北秋の」はこんな感じ
  ↓
北秋の
 峡(かひ)の凝々(こご)しき道の曲(くま) 
 わが見し花に
 名づけてよ 君

 いなむしろ
 君によそへて
 呼ばましものを
 
 みつみつし
 白く小さき
 北秋の花

(ちなみに作曲者は信時潔という東京音楽学校(現・東京芸大)の教
授だった方で、「海ゆかば」や「慶応義塾塾歌」を作られた方なのだ
そうです。へー)

山道で白い愛らしい花を見つけて、愛する人をそっと思う、なんてロ
マンチックな歌でありましょう。

言語はその国をあらわす文化だと言われますが、私達はこんなに品格
のある、優美でかつ凛とした言葉を持つ国民なのだなあ~・・と再認
識いたしました。

非常に控えめで感情表現は苦手だけれど、言わなくても相手の気持ち
を思いやり、恩着せがましくなく相手の必要をさりげなく満たす、あ
うんの感覚というのはやはり、ひとつ日本人の美徳ではないかと思っ
たり・・・。


春はあけぼのーーーと、ちょっと古典などひもときたくなりました。

あ、古典といえば、「枕草子」の「ものはづくし」に例えてYMCAで
日本語を勉強している留学生達(主にアジア系)の作品が壁に貼って
あったのですが、彼らの観察眼と感性もなかなかおもしろいものがあ
りましたよ。

日本的なもの

どこでも道路に書いてある「止まれ」。

似合わないもの

足がきれいじゃないのに短いズボンやスカートをはくこと。

顔がハンサムで体に筋肉もあるのに声が女みたいに高い男性。

夏にはスカトの下にレギンスをはいてる人が、冬には短いスカトの下
にうすいストキングをはいているの。

つい油断してしまうこと

自分が本当に愛してる人も自分のことを愛していると思ってしまうこ
と。


憎いもの

何回もくり返すミス。
後ろ姿がバリ可愛い!!と思って顔見たらllili○l ̄L  



やっぱり日本語最高!!

英語、何するものぞ!!

ーーって、あ、これ「”英語”リーディング」のメルマガでした・・・・。





落ち込む・・

今日チャリティコンサートでトーンチャイムの演奏をしたのだけど
笹丘チャリティコンサート

とんでもないところでとんでもない音を出してしまって
ここ一番の見せ場の曲を台無しにしてしまった私・・・
ああ、また大失敗ーー
落ち込む~~~~・・・・

こういうのって、ひとりで失敗してひとりで恥かくだけならまだ
いいのだけど
「団体競技」で他の人に迷惑が及ぶからヒシヒシと責任を感じます。

団体の新体操で放り投げたリボンを落とした体操選手、
PKを失敗したサッカー選手、
これを取れば優勝というところでフライを取り損ねて逆転された
高校球児のような気分・・・

なんだかこんなドジばっかりで
考えてみたら私って肝心なところであんまり成功体験がないのよねえ
あーあ・・

外は雨だし夜だし
ますます気分は落ち込むばかり・・・どよん・・・


ゲット!!

 2月29日、今年最初の庚申(かのえさる)の日ということで、
福岡市藤崎の猿田彦神社で「初庚申(はつこうしん)大祭」がありま
した。

うるう日に初庚申が重なるのは昭和7年以来80年ぶりなのだそうで
す。

昭和7年は、母が生まれた年でしかも申年。

今まで一度も行ったことなどなかったのに、今年は「自分が生まれた
年以来のめでたい記念の年だから行ってお参りしたい」と、前日に積
もった雪がまだあちこち残る朝、母はてくてくと出かけて行きました。
(ーーということをあとで知ったのですが)

でも、朝のうちはものすごい人出で、待ち時間2時間ということで、
膝の悪い母は長時間立っていられずやむなく断念・・。

それでも、どうしても初庚申のお参りをしたいからーーと夕方出なお
したら、母の強い願いに神様もこたえてくれたのか、早朝のうちに売
り切れてしまってもうないだろうとあきらめていた縁起物のお猿の面
も残っていて、4コも買えたそうです。

初庚申の日にこの猿面を玄関に掛けると「災いが去る」と言われてお
り、また猿は木から落ちないことから、受験のお守りに求める人も多
いとか。

なんとなくユーモラスなかわいいお猿の面(博多人形師が作ります)
  ↓
猿面


母のおかげで、こんなに苦もなく手に入れちゃっていいのかしら。

みんなの幸せを願う母の気持ちがいっぱいこもったお猿さんです。

親孝行しなくっちゃねえ・・・・。




必食!

白くま味のカントリーマアムが発売されるらしい。
  ↓
白くまマアム

白くま好きの私としては、これは絶対食べなければ!!





石コロの私

アカデミー賞の発表があり、「アーティスト」が作品賞始め5部門を
受賞しましたね。

フランスの映画だそうですが、なんだか白黒で地味だなあ、しかも無
声映画だそうだし・・・でも、アカデミーとった映画は一応見なけれ
ば気がすまないので、封切られたら見にいこうっと。

受賞式の女優さんたちのドレス姿を紹介しているテレビ番組で、白い
シンプルなドレス姿のかわいいルーニー・マーラを見て、前日「ドラ
ゴン・タトゥーの女」を観たばかりだったので、外見のあまりの違い
にビックリ!!

「ドラゴンーー」の中ではか~な~り~insaneなハードな役柄だった
ので「女優さんってやっぱすごいわ・・」と思ってしまいました。

評判どおり、謎解きはなかなかおもしろかったし、160分があっとい
う間でした。(少々気分が重くなるところもありましたが)

でも、その日私が一番心に残ったことは、「ドラゴンーー」自体では
なくって、その前にあった「ヒューゴの不思議な発明」の予告編でし
た。

予告編の中で聞いた、原題になってるHugo という主人公の男の子が
言ったセリフ。

「もし、この世界が大きな一つの機械だとしたら、いらない部品なん
て一つもないんだ」

こんな英語らしいです。
  ↓
If the entire world was one big machine, I couldn’t be an extra
part, I had to be here for some reason.
And that means you have to be here for some reason too.


また受験の季節となり、早々に決まった子の他に、なかなか希望どお
りの結果が出ない子もいて一喜一憂する毎日ーーーセンター直前に大
きな事故で怪我をした甥っ子は、浪人中に私立文系から国立理系に志
望変えをしたためそれでなくともすごいハンディなのに、体調まで悪
く、「どうせ僕なんか」と落ち込み気味・・。

いつまでも浪人をさせるほど家計に余裕があるわけではないので、本
人も不甲斐なさやら親に対する申し訳なさやらであせる気持ちも大き
いのだろうと思います。

でも、でも、どんなにいま前が見えずにstruggle していて苦しくて
も、Hugoの言うように、この世界の中でその人でなければ果たせな
いpartというものが必ずあるはず!

まず彼にも「気持ち」から元気になってほしいなあ・・と思っていた
ら、読売新聞に茂木健一郎氏の講演の抜粋がのっているのに目がとま
りました。

簡単にまとめますと、

「生きる力」のために

1、人間の脳は「根拠のない自信」を持っている。楽観的であること
は人間の生きる力でもある。

2、この根拠のない自信を支えるのが「安全基地」(親が子を見守る
ような絆こそが大事)

3、他人のために何かすると中脳からドーパミンが出て脳は喜ぶ。
利他主義が人間を支える。

4、苦しい時、助けになるのはユーモアのセンス。苦しみ、つらさも
 笑いに変えることができたら、マイナスがプラスに変わる。



そういえば、先週の「最後から2番目の恋」(小泉今日子がイタイ
45歳の主人公を演じてて中年女性の間でけっこう人気のテレビドラ
マ)で、キョンキョンが、ミゼラブルに落ち込んでいた飯島直子を励
ますのに「そういうときはね、笑い話にすんのよ!そうすれば心の傷
にならない!」
と言ってみんなで笑い飛ばすシーンがあって、ああ、
いいなあ~、と思ったのでした。

自分の苦しいところを笑いに変えることで人は救われるーーこういう
の、「メタ認知」というそうです。

はたまた、数日前のNHK「あさイチ」では、京都大原の古民家に住む
ハーブ研究家ベニシアさんも、苦しいときに支えとなった言葉として、

Difficulties make you a jewel. (艱難汝を玉にす)

が一番好きな言葉だと話されていました。

ベニシアさんって、自然の中で優雅で素敵な暮らし方をしている方と
いうイメージだけがありましたが、離婚やお嬢さんの統合失調症など
いろんな大変なことを抱えられ通られてきた方だったのですね。

だからこそ、あの輝くような魅力がつくられたのかもしれません。

マナー講師もしてらっしゃる通訳ガイドの同期のJunkoさんも、
「前向きにpositiveに」「まず自分を好きになろう」
「口からは、ひとつひとつが宝石のような言葉を出そう」
ーーっておっしゃってました。

素敵な魅力的な人が言うことはやっぱりグッときます!

でもね・・・・

本音をいえば、

「神様、ダイヤモンドとかエメラルドとかにならなくてもいいです、
磨いても光らない石コロでいいですから、”艱難辛苦”は出来ましたら
ごめんこうむりたい・・・」

って思ってしまう私なんです・・・。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。