スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・1・30 「ちづる」を観て

22日の日曜日、前回のブログに書いたドキュメンタリー映画「ちづ
る」
を観て来ました。


整理券が配られるというので、10時からの上映のために9時に家を
出ようとしていたら、妹からの電話で、あまりの人の多さに整理券を
8時半から配布し始め、急遽1回追加で9時からの上映をすることに
なったそうで、「なるべく早く行った方がいいよ」との情報。

9時半頃KBCシネマに着いて次の10時半からの上映のために並んだ
のですがすでに「補助席47番」(補助席は50席)で、ぎりぎりで
した。

2回目の上映が終わる頃までには午後12時半からの3回目の分は補
助席分どころか立ち見まで全部売り切れてしまっていたそうで、後か
ら来た方は皆、スタッフの方にあやまられながら、仕方なく帰られて
いました。(後日、あまりに評判がいいので、福岡での上映は2月10
日まで延長されました)

この日は、横浜から監督も来福され舞台挨拶があるということもあり、
ご両親の友人らしき方がたくさんみえていてロビーに出ていらした監
督と話したり写真を撮ったりする姿が見られました。

やはり地元は熱いです。

妹の話では、子供の頃の彼は内向的でシャイでどちらかというと人と
のコミュニケーションは苦手だったということですが、ロビーで大勢
の人と言葉をかわす様子や、訥々とでもしっかりとした舞台挨拶を聞
くととてもそんなふうだったとは思えません。

お母さんの久美さんのご本(ちづるーー娘と私の「幸せ」な人生)
にも書いてありましたが、映画を撮っていく過程で、それまで友達に
も隠してきた妹の自閉症とも初めて正面から向かい合い、また自分自
身の中にあった差別にも気がついたり、監督ご自身も変わっていかれ
たそうです。

映画は余分なナレーションや解説はほとんどなく、お母さんと千鶴さ
んの生活をありのままに映し出し、時には母娘の取っ組み合いや、就
職をめぐっての監督とお母さんとの声を荒げての葛藤の場面なども、
そこにカメラがあるなどと全然意識されていないかのように自然に現
されていて、見ているうちになんだか私もこの家族と一緒に暮らして
いるかのような感覚になりました。

期待していた以上に素晴らしいドキュメンタリー映画でした。

「ヘンテコでシュールな笑いがある」と監督が言われていたように、
思わず笑ってしまうやり取りもあり”ちーちゃん”の不思議な魅力に
はまってしまいましたが、おだやかな時ばかりではなく波もありそれ
に毎日寄り添っていくことはやはり大変なことなんだろうなあ・・・。

お母さんは、千鶴さんがはっきりと自閉症との診断を受けたとき、
「自分には無理、育てられない」と一瞬死を考えたそうですが、
「でもとりあえずひと眠りしよう」と家に帰って子供達と昼寝をされ
たそうです。

「そして目覚めたときにはほんの少しですが、現実に立ち向かう気力
がわいていました。そのことをこの20年よく思い出しました。あの
時、私、眠れたなあと。それはなぜかつらい時に自分を支える不思議
な自信になっているのです。力量が足りない母親なりに私に何か強み
があるとすれば、この以外に図太い体質のようなものでしょうか。」
(ちづるー娘と私の「幸せ」な人生より)

とにかくこのお母さんの久美さんが、(体は細いのに)”心”はどっし
りと豊かで大きくておおらかで、しかも賢くて美しくて、本当に素敵
な方なのです。

妹が心から信頼し尊敬している理由がわかったような気がしました。

ご主人の正幸さんは、羽田から自宅に帰るためタクシーに乗りトンネ
ル内を走っていたときに、飲酒運転の車に後ろから激突されるという
不運な事故で2006年に亡くなられています。

映画の中で、監督とお母さんが口論をする場面で、「遅くなるときは
連絡をしなさい、何時に帰るといって帰らないと心配なのよ、お父さ
んがそうだったから。帰ってこなかったから。」と言われるところで
はその時のお気持ちはどんなだったかと思うと涙が出てとまりません
でした。

久美さんの本のあとがきは、こう結ばれています。
   ↓
[去年、夫の4回目の命日の日記にこんなふうに書きました。

悲しみは大事にとっておき、手に負えないと思える苦労にも正面から
立ち向かい、それでも、どんなときでも人生の美しさを淡々と味わい、
慈しむことができる、そんな境地に早くたどりつきだいものだと思っ
ています。

まだまだこんな境地には達していませんが、これまでの人生、どんな
瞬間にも「でも、自分は不幸せとは決して言えない」と思ってきまし
た。千鶴についてはとても「不自由な人生」だと今でも感じています
し、夫の死については確かに「不運で悲しい人生」です。でも、それ
は幸せではないということとはちょっと違っていて、幸せなことも、
数えればきりがないほどたくさんあるのです。とんでもない不自由さ
もどうしようもない悲しみもこれから先ずっと続いていくわけですが、
そういうものを何もかもひっくるめて、私はなかなか「よき人生」で
はないかと近ごろ思うようになりました。そんなふうに思えることも、
私のもうひとつの強みといえるのかもしれません。]

人はそれぞれに大なり小なり悩みや辛いこと苦しいことを抱えていて、
その痛みは本当にはたぶん当人にしかわからないーーでも、
たしかに「100%の不幸」というのもないのでしょう・・・。

先日テレビ(金スマ)でクリス松本が「どんな小さなことにも喜ぶの
よ。たとえば道でかわいい子犬に会った、キャー嬉しい!って」とあ
のオネエ口調で言ってましたが、どんな小さなことでも喜び感謝する
ことを忘れなければ、微笑むことが出来て、そこに希望が生まれ、
「どんなときでも人生の美しさを淡々と味わい慈しむことができる」
ようになるのかもしれません。

そんな元気をもらえるキラリと美しい映画です。

これから近くで上映がある地域の方はぜひご覧になってくださいね!
   ↓
上映劇場情報
スポンサーサイト

ある映画のご紹介

編集後記が3週に1回でよくなって〆切がなくなったら、あらら・・
とたんにブログのアップもサボリがちになってしまいました。
怠惰な性格がすぐ出てしまうSophieです・・・。

さて、今日はぜひ見ていただきたい映画のご紹介です。

今週末(1月21日土曜日)から、KBCシネマで、1週間だけ上映さ
れる「ちづる」という映画があります。

関東圏ではだいぶ話題になってロングランされたそうなのですが、こ
れは立教大生だった赤崎正和さんという方が卒業制作のために作った、
自閉症の妹と家族を1年間に渡り撮り続けたドキュメンタリー映画で
す。

この映画についてはこちらをご覧ください
   ↓
http://www.chizuru-movie.com/intro/index.html

赤崎正和さんのご両親はお二人とも九州大学出身で、「アプリコット」
というテニス同好会で私の妹の先輩でした。

妹は学生時代から、お二人のことをとても尊敬し親しくさせていただ
いていたようです。

今回福岡での上映は、お二人の出身校である筑紫丘高校、福岡高校の
OB、九大OBが中心となり「映画”ちづる”の上映を応援する会・福
岡」
を発足させ、KBCシネマでの1週間の上映を実現させたのだと聞
いております。

妹も九大アプリコットOBとして呼びかけ人の一人となり、ひとりで
もたくさんの方にこの映画を観てもらいたいと奔走していました。

以下、発足のご挨拶のちらしから引用させていただきます。
  ↓
知的障害と自閉症をもつ妹・ちづるさんとその母の姿を1年間にわた
り撮り続けたこの作品は、監督自身がそれまで正面から向き合うこと
のできなかった妹とカメラを通じて対話するなかで家族との新しい関
係を築きあげていくという物語で、すでに公開が始まった東京・横浜
などで大きな反響を呼んでいます。
また、千鶴さんと正和さんの母親である赤崎久美さんは、映画の劇場
公開と同時に、千鶴さんが生まれてからの21年間の子育てや家族に
ついての手記をまとめたものを「ちづるーー娘と私の幸せな人生」
(新評論発行)として出版しました。
自閉症を医師に告げられたときの絶望。そこから立ち上がり次第に千
鶴さんの穏やかな成長を喜べるようになる一方で、自宅に引きこもり
がちになっていく千鶴さんとの波瀾万丈な日々。6年前に飲酒運転の
事故の犠牲者となって夫・正幸さんが急逝するという不運に会いなが
らも、いつも穏やかに明るく苦労に立ち向かう久美さんの姿は感動的
で、「家族の絆」や「人生の幸福」について深く考えさせられます。


福岡のあとも、北海道、群馬、新潟、福島、兵庫、大分、鹿児島、な
どでも上映があるようです。

上映劇場情報はこちらから
  ↓
http://www.chizuru-movie.com/schedule/index.html


私も日曜日に観に行く予定です。
まだ観てないのですからなにも感想は言えませんが、監督のブログに
書いてあったことがとても印象的でした。
  ↓
「障害者についてはやることなすことに対して決して笑っちゃいけな
いと構えてしまう方もいると思います。でも実際面白いことたくさん
ありますよ?
人を小ばかにするような悲しい笑いじゃなくて、ヘンテコで楽しい
シュールな笑いが毎日あるのです。家族の方や身の回りの人はそこを
面白がって本人と楽しく暮らしていると思います。僕はそれを皆さん
に知ってほしくて映画を作りました。」


きっととってもあたたかい笑みがこぼれる作品なのではないでしょう
か。

でも妹はおそらく、今までのご夫婦、ご家族の来し方、そして天国の
正幸さんのことを思い、最初から最後まで泣いてしまうことでしょう。



福岡近郊の方、ぜひKBCシネマへ足をお運びくださいませ!!

上映時間は午前10時からの1回です
(22日のみ2回目上映あり12:30~)



2012・1・9 吉沢久子さんの本を読んで

今年初めての編集後記なので、(ちょっと遅いですが)明けましてお
めでとうございます、Sophieです。

今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

私は去年もたしかそうだったのですが、なぜかこの時期具合が悪くな
ってしまうようで、今(日曜日)もこの編集後記を書きながら、気持
ちワルイ・・・お腹イタイ・・・と少々グッタリしております。

ーーで、ジトっと毛布にくるまりながら、家事評論家の吉沢久子さん
「前向き」―93歳、現役。明晰に暮らす吉沢久子の生活術ーとい
う本を読んだりしていました。

私の従弟のお嫁さんがフリーランスで雑誌や本の編集、企画などをし
ているのですが、この本の企画・構成を手がけたということで私の母
に贈ってくれたもので、「ためになるいい本だからアナタも読みなさ
い」と母が自分が読んだあと貸してくれたのです。

インタビューによる聞き書きといった感じの本ですが、2回目の取材
を終えたあとにあの東日本大震災が起き、エネルギーを節約する昔な
がらの知恵やいざというときの備えや暮らし方などにも話題が広がっ
たものになったそうです。

聞き手は長年吉沢さんと親しくされている生活研究家の阿部絢子さん
という方。

あ~、この方、年末のお掃除特集のテレビ番組で拝見したわ!
何十年も掃除したことがないというものすごい油と埃のこびりついた
換気扇をピカピカにした方だわ~。

家事のカリスマと言われるような阿部絢子さんが師と仰ぐ吉沢久子さ
んは、93歳で一人暮らし。

私など、一人の時は「カップラーメンでいいや」となってしまいます
が、吉沢さんは「自分を甘やかさず、気を抜かず。料理で頭を使うの
は一番の認知症予防」
とおっしゃって、毎日の食事もお盆の上のきれ
いな器にきちんと盛って、決して手を抜かないそうです。

「おかずに合わせて、今日はこのお茶碗、今日はこの蓋付きにしよう、
と選んでいます。それが私の生きてきた私なりの生活文化、生活の技
術でもあります」

家にお風呂もエアコンも冷蔵庫もない時代、戦争を生き抜いてきた世
代である吉沢さんは、「自分で考えて工夫する」姿勢が身に付いてい
て、震災後の電力不足にも、”節電”をもう一歩すすめ”省電”(電気の
使用そのものを見直す)を考えるいい機会ではないかと言われます。

襖や障子をはずし風の通りをよくする、打ち水をする、団扇で涼を取
る、スイカなどは井戸水をはった桶に入れ濡れ布巾をかけて気化熱を
利用して冷やす、冬は家に差し込む日ざしと共に移動し猫のように日
なたで暖を取るーーたしかに、皆昔は当たり前のようにやってきたこ
となんですね。

お菓子がなければカンピョウを揚げてお砂糖をパラパラと振りかけて
みる、野菜の配給が一家に大根5cmだけしかなかった時は、ハコベ
やたんぽぽ、アカザを食べたりもした、お茶がらも佃煮にすると食べ
られる・・・など「ものに囲まれた豊かな暮らしもいいですが、なけ
ればないで工夫をしていく。それが暮らしの楽しみでもありました」。

今朝のテレビで大学の先生が、「これからは富の分配、福祉の享受と
いうよりは、不利益や重荷を分かち合わねばならない時代になってく
る」というようなことを言われてました。

さすがに今の時代、冷蔵庫のない暮らしは考えられないし、雑草まで
食べることはないかもしれませんが、昔ながらの生活の知恵、生活力
というのはこれからますます必要になってくるように思います。

「震災のあと、日本はこれまでと同じではなくなったのだから、私達
もかつてと同じ生活をしようと思わないことです。被災した方々のた
めにできることをしよう、という気持ちを持つ。そして質素に生きて
いけばいいのです」

ふーむ、なるほど・・・と思いながら、先週車の中で聞いたラジオで
の話を思い出しました。

その日、私は年明け初めての秘書仕事で、郊外にあるアメリカ企業の
オフィスに行った帰り道だったのですが、ある男性からの、彼の奥さ
んとの年末年始の”食”に関する価値観が違い過ぎてのお悩みがラジオ
のパーソナリティのお二人の軽妙なやり取りで読まれていました。

この男性、結婚以来一度もいわゆる伝統的な日本の年末年始の年越し
蕎麦やおせち、お雑煮といったものを食べたことがない、というので
す。

抗議のために1ヶ月ほど「家出」をした彼、今年こそはーーと戻って
きた31日の晩ご飯はフツーのいつもの「豚の生姜焼き」(晩ご飯だ
からな、まあ、これはよかろう)ーーーでも、夜が更けても「年越し
蕎麦」はなし・・・。落胆して寝る・・・。

そして翌日、起きてきての元旦の朝ご飯は・・・「コーヒーとトース
ト」
がポン、と出てきただけだったそうです。

私は思わずワハハとひとり、車の中で笑ってしまったのですが、日本
人なのに「お正月はおせちとお雑煮」という遺伝子が入ってないヒト
がいるのだということがすごい新鮮な?!驚きでした。

かく言う私だって、おせちは作るものではなく「とるもの」になって
しまっていますものね・・エラそうなことは言えません。

が、しかし、元旦に「コーヒーとトースト」は、吉沢さんの言う「質
素」とは絶対違うぞー、と思います。

日本人として、これはやはり後世に絶対残さねばならない生活文化で
しょう。

こういう生活文化も意識して伝えていかねば残っていかないことなの
かもしれませんねえ・・。

このご夫婦、かくなるうえはご主人自身がぜひ頑張って年越し蕎麦を
用意し、豪華でなくてもいいからおせちもお雑煮も作ってあげて、ひ
とつひとつ、「これはこういう意味があるんだよ」と教えて、奥様に
美しい日本文化を伝えていただきたいーーと切に願う私です。





明けましておめでとうございます

ブログを読んでくださっている皆様、明けましておめでとうございま
す!

いつもありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m

辰


さて、今年は初めて息子のお嫁ちゃんを迎えてのお正月でした。

出張先の大阪から直接福岡へ戻った息子は28日から、お里の名古
屋に寄ってきたお嫁ちゃんのマキコさんは30日からの滞在でした。

30日の夜は居酒屋で弟夫婦も交えて食事。

31日の夜は家で”かにすき”をして皆で鍋を囲み、10時過ぎには隣
りに住む母のところへ移動して、紅白を見ながら年越し蕎麦。

元旦の朝はおせちとお雑煮を食べ、昼からはいつも通り主人の実家が
ある中津(大分県)へ。

一昨年からグループホームに入っている主人の母(89歳)をまず訪ね、
お嫁ちゃんを初紹介。

誰が誰かもうほとんどわからないし、かみ合う会話にはならないので
すが、人が訪ねてきてくれると嬉しいのか陽気に始終笑って、何かを
しゃべり続けてとても楽しそうにしてくれます。

いつもニコニコと明るい義母は施設でも人気者です。

「生きてきた姿がやっぱり最後にそのままあらわれるのよねえ」
と私が帰り際に言うと、
「その言葉覚えておくからね」と息子。

(うわ、ものすごく意地悪でヘンクツでいっつも怒っているおばあ
ちゃんになって「やっぱりね・・」と言われたらどうしよう・・・)


主人の実家は兄が後を継いで家長となり、一世代めぐりもうご自分の
息子や孫が訪ねてくる立場なのですから本来なら私達が「帰る」とは
言えなくなっているのでしょうが、変わらずあたたかく迎えてくださ
るのがありがたいです。

中津では「ふぐ」を食べるのがお決まりです。

筑紫亭のおせちーふぐ刺しーふぐちり、そして、ヒレ酒をはじめとっ
ておきの日本酒を飲むのが男性軍の楽しみ。

ふぐをこれだけお腹いっぱい贅沢に食べられるのは一年にこの日だけ
なのでそれも中津へ帰る魅力?!なのかも・・・(特に娘はそうです)

息子とマキコさんは、甥のところの双子ちゃん(女の子)のアンパン
マンごっこの遊び相手をしてすっかり気に入られた様子。
(息子はバイキンマンとなり、パンチやキックで退治されてました)

2日は主人は出勤。娘とマキコさんは早起きをして、一緒にデパート
の初売りへ。

でも限定300個の3デパート合同福袋はすでに整理券も配られたあ
とで手に入らず、「読みが甘かった!」と来年の教訓にしていました。

それでも、娘は、お目当てのブランドの狙っていたコートが安くなっ
ていて最後の1着を買うことが出来たそうで上機嫌。

マキコさんも「福岡は東京にあるブランドは全部あるし、こっちの方
が近くにまとまってて買いやすい」といたくご満悦でした。

2日の夜はこれも恒例、母の家で手作りのお正月料理を堪能しました。

特に、黒豆、きんとん、昆布巻き、の3つはどんな有名料亭のものよ
りも美味しいとまわりの皆から言われているもので、毎年「これ、売
り出したらいいよね」という話になるのですが、いまだ妄想段階です。

その席で、年末ジャンボ宝くじの当たり番号を照合。

3億円あったらーーと夢をふくらませておりましたが、残念ながら
最高3000円が1枚とあとは300円が数枚・・・・

1万円に「おしい!」というくじが5枚ありましたが、ハズレはハズ
レだもんねえ・・。

今度は年賀状のお年玉くじに期待しようっと。

そうこうして、3日の午後に息子夫婦は横浜へ帰っていったのですが、
ほぼ丸4日間、お嫁ちゃんと初めて一緒に過ごしてみての感想ーーー
「驚くほどぜっんぜん気をつかわなくてよかった」!

私はもともと、ホームステイなどをしてもあまり気を使って疲れると
いう方ではないのですが、やっぱりこれも相性があると思うのです。

多分マキコさんのおっとりした性格も幸いしているのでしょうが、ま
るで今まで何十年もここで一緒に過ごして来たかのように彼女は自然
体で、こちらも素のままでいられて、とにかく一緒にいてほんとに楽
でした。

どこへ行っても誰と会ってもスッと場になじみ会話も弾むし、遠慮し
過ぎず出しゃばり過ぎず、はしゃぎ過ぎずおとなし過ぎず、緊張し過
ぎずニコニコと気配りをする、実にバランスのいい人だなあ~・・と
感心したことでした。

「一緒にいて楽しい。無理しないでそのままの自分でいられる」
というのはやはり結婚の決め手であると同時に、家族にとってもすご
く大切なことであるとすれば、息子は本当にいい結婚をしてくれたと
あらためて思いました。

しかもマキコさん、ものすごく運のいいヒトで、
元旦の朝、弟夫婦と一緒に近くの神社に初詣に行って引いた懸賞付き
おみくじで「大吉の金賞」を当て、いかにもめでたい!!といった感
じの宝船の飾り物を抱えて持って帰りました。

交際中、息子と一緒に行った初めての競馬では、マークする箇所を間
違えてしまい、息子から散々バカにされたらしいのですが、その間違
ってマークした馬が大穴で勝ってしまい、100円が10万円になっ
たそうです。
(あら~、1000円買っとけばよかったのに~ーーーと、欲の深い私
は思いましたワ)

このお嫁ちゃん、我が家の「福の神」になってくれるやもしれませぬ。

「今年の年末ジャンボは、マキコちゃんに買ってもらおうっ!」と
心に誓いつつ、こうして新しい家族が増え、みんなで仲良く元気に新
しい年を迎えられたことを心から感謝した三が日でした。

最後の日、空港へ行く前に母と一緒に
  ↓
2012年お正月



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。