スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスによせて

今年も残りわずかとなりました。年賀状書きに追われているSophie
です。

日本は、25日のクリスマスがすんでしまうと、たちまち気分は
「お正月」に向き、飾り付けもパッとお正月バージョンに変わってし
まいますね。ショッピングモールにはクリスマスの翌日にはさっそく
門松が飾られていました。

先週は、どっぶりとクリスマスムードの1週間でした。

火曜日の夜は、妹がコーラスの一員として出演した、ヘンデルの
「メサイア」コンサートを聴きに行きました。

これは、妹のミッションスクールの先輩でソプラノ歌手の方が、東北
支援のチャリティとして企画されたもので、コーラス隊も「メサイア
を歌う会」として急遽結成されて、素人がほとんど。

練習期間も短く、それぞれに仕事があったりで、完全に全員(90人)
が揃っての練習は当日のリハーサルが初めてだったとか。

妹も、分厚い楽譜を手に、英語の歌詞、複雑なメロディーを覚えるの
に必死で、先生手作りのカラオケテープ?!を家でも車の中でも聞き
ながら一生懸命練習していました。

でも、妹いわく「まるで学生時代の部活動のようなノリで楽しかった」
そうです。

家族、親戚揃ってチケット購入にも協力したのですが、「ヘタよ、ヘ
タだからね」と念押しされたわりには、当日のコーラスは見事なもの
で、よく”にわかコーラス隊”がここまで仕上げたなあ~~!と皆で感
心しました。

指揮者の先生にも、「皆さん、素晴らしい!」と誉められたそうです。
さぞかし、やり遂げた充実感があったことでしょう。


イブの夜は、トーンチャイムのグループで毎年恒例の、教会のミサで
の演奏でした。

演奏させていただいた笹丘カソリック教会は、古い教会を建て替えて、
今年の夏に完成したばかりの真新しい教会です。
   ↓
DSC01226_convert_20111228221249.jpg

内から見たステンドグラス。
  ↓
DSC01224_convert_20111228221136.jpg

祭壇
 ↓
DSC01225_convert_20111228221215.jpg

教会でのクリスマスは、ただパーティやケーキやプレゼント交換とい
う商業的におどらされたものではない、キリストの誕生を祝い感謝す
るというクリスマスの本来の意味を思い出させてくれます。

今年聞いたお話のなかで特に心に残ったことは、

「人間は、人間本来の姿で生きるときが一番幸せなのです。その本来
の姿とは、互いに愛し合い、互いに支え合い、互いに分かち合う存在
である、ということです。クリスマスは”与えるとき”です」

というお話でした。

今年は「絆」が、一年を象徴する漢字となりました。

「絆」を辞書でひくと、「断ち切ることの出来ない一体感」「なんら
かのきっかけで生じた、今まで疎遠だった人同士の必然的な結びつき」
という意味があるそうです。

たしかに、なんらかのきっかけ=震災によって日本中の人たちが必然
的に結びつけられた一年だったような気がします。

そして、日本中の人たちが、”互いに支え合う”という”本来の姿”を取り
戻した年でもあったかもしれません。

そういえば、この時期よく演奏されるベートーベンの第九の合唱の
歌詞にも、「あなたの魔力は時が切り離した者達をも再び結び合わせ
あなたの柔らかなつばさが留まる所で全ての人はきょうだいとなる」

というようなところがあり、言ってみれば「絆」の歌なのかも・・・
なんて思ったことでした。


25日の夜は大濠公園の中にある「花の木」というフレンチレストラ
ンで、母も一緒にクリスマスdinner。
  
「冬のボーナスもらったからごちそうする」という娘のおごりです♪

日頃ケチな娘がなんと珍しい!
ーーそうよね、「与えるとき」クリスマスですもの?!

DSC01227_convert_20111228221329.jpg
(あまりに顔がデカく写りすぎたためパパはカットされました)

「絆」の漢字の話から、私が「そういえば、英語の生徒さんで漢字が
よく書ける子がいてねー、和訳のとき私ならひらがなやカタカナで書
いちゃうような字もちゃんと漢字で書くのよ」と言い出し、

「この前もね、”瓶”って漢字が私書けなかったのに、彼はちゃんと正
しく書いてたものねー。ね、”瓶”って書ける?」

とみんなに聞いてみますと、母も娘もテーブルに指でしきりに書いて
みるのですが、

「うーん、なんとなくわかるけど、正確には書けない」

すると、主人が「そんなの、簡単じゃないか」と、やはりテーブルに
指で書き出しました。

でも、その指の動きを読んでもどうも違う。

「ほら、こう!」と彼がもう一度書く仕草を目を凝らして追いますと
ーーー主人が書いてた漢字は「缶」でありました。

「カンじゃない、ビン!」

「左が弁みたいなので、右が瓦みたいなの!」と娘。

そこで、ワッハッハ、と自分の間違いを笑い飛ばせればいいのですが、
プライドの高い主人はどういう時でも決して自分のミスを認めません。
なんせ、車をぶつけても、そこにある石が悪い、という人ですから・
・・。

さあ、今回は何と言う?!と興味津々で待っておりましたら、

「”瓶”という字は学校で習う常用漢字ではないからな」
(真偽のほどは知りません・・・)

主人の横に坐っていた娘の目が
「はいはいはい」
と言っているのを私は見逃しませんでした。

こういういつものやりとりも、家族の「絆」?!を深めるのに一役か
っているのかもしれませぬ。

こうして、クリスマスの夜は更けてゆくのでありましたーーー。

大濠公園のイルミネーション
  ↓
DSC01237_convert_20111228221414.jpg


スポンサーサイト

2011・12・19 手紙雑感

「英語リーディング筋トレ」が週1配信となり、初めて月曜日の編集
後記を書くSophieです。

土曜日にマックスから「原稿は日曜日の12時までに送ってね」と
メールが入り、「おおっ、そうであった!」と、締め切り日の違い
にちょっとアセりました。

その日は、友人のJazz AcademyというグループのChristmas Liveに
出かけていました。
  ↓
カントリーも得意なWさんは国際交流ワークショップがきっかけで
知り合った10年来の友人。
Jazz Academy Christmas Live

いつも若々しくスリムなサッちゃんは元気な曲がよく似合う
  ↓
DSC01206_convert_20111218211939.jpg

年に2回はライブをされるグループの皆さん。アマチュアながら
シンガー歴は皆12、3年あり、年々上手くなるなあ~と感じます。
70歳過ぎてお孫さんもいるUさん(中央)のように、いつまでも
こうして楽しく歌える、お洒落で素敵なおばあちゃんになりたいね、
と一緒に行ったJazzコーラスのメンバー達と話したことでした。
  ↓
DSC01211_convert_20111218212013.jpg


早いものでもう今週末はクリスマス。

里親として学費支援をしているケニアの Ireneちゃんにも、家族写
真と手紙を添えてやっと先日クリスマスカードを出したところです。
(クリスマスにはとても間に合わないだろうな・・・)

お世話をしてくださっている現地のミコノ・インターナショナルとい
うNPOのスタッフが、Ireneちゃんの手紙と成績表を学期ごとに送っ
てきてくださるのですが、今学期も彼女は学年一位の優秀な成績でし
た。

医者になりたいというIreneちゃんは、とっても聡明で努力家です。

もっと頻繁にお手紙も出したいとは思っているのですが、英語の手紙
ってねえ・・・やっぱり日本語と同じようにはスラスラと書けず、つ
いつい筆無精になる私。

昔から、母に「短くても簡単でもいいから、出すべき手紙はすぐに」
と言われていたのに、このごろe-mailの普及もあって、日本語でさえ、
紙とペンで”手紙”を書くという機会がほんとに少なくなってきました。

いや、手紙どころか、年々怠惰ぶりに拍車がかかり、e-mailでさえ
「すぐ返事をよこさないヤツ」と言われる始末。

電話の他は手紙しか通信手段がなかった時代は、私もよく手紙を書い
ていたものでしたが・・。(何十年前よ)

主人の留学についてアメリカに住んでいた頃は、日本からの母の手紙
がとても楽しみでした。

学生時代住んでいた県人寮の寮監のおばさま、家族ぐるみで親しくし
ていただいていた大学の地理学の先生とは、結婚後も文通のように
しょっちゅう手紙のやりとりをしていました。

春には桜、秋にはコスモス、と季節に合わせた便せんや封筒を選び、
特別な用事はなくとも、日々の生活のあれこれ、子供の成長、折々の
新聞やテレビニュースの雑感、などとりとめもないことを書いていた
と思うのですが、現在のe-mailとちがって、お返事がくるのが1週間
とか2週間とかかかっても、待つ間の時間もひとつの楽しみだったよ
うな気がします。

無機質なe-mailの文字と違い、手書きの文字はその人そのものを表し
ポストに届いた手紙も妙に人間くさく感じます。

地理学の先生は晩年パーキンソン病を患われ、そのために、いただく
お手紙の字がどんどん小さく細かくなっていかれ、筆圧もなくなって
いかれるのが悲しかったことを思い出します。

大掃除の時期とも重なり、先日私もついに、今ベストセラーとなって
いるコンマリさんの「人生がときめく片付けの魔法」という本を買っ
てしまったのですが、その中に、「最初に手をつけるべきではないも
の」に「思い出の品々」というのがありました。

これらは、捨てる、捨てない、を決めるのが非常にheavyな作業にな
り、片付け初心者が最初に手をつけたら時間ばかりがかかってちっと
も作業が進まなくなるからだそうです。

“断捨離”という言葉も流行りましたが、やはり私は「捨てられない女」
・・・。

手元に残ったおばさまや先生のお手紙を見るとたちまちその頃の情景
や気持ち、もういまは亡きお二人のお人柄などがなつかしくよみがえ
ってきて、「人間たまには思い出にひたることも必要よねえ。生きて
きた道は捨てられないしねえ」などと思ってしまうのです。

ーーーなんてこと考えてたら、「そういえば、私は”ラブレター”とい
うものを一度ももらったことがないな」
ということに気がつきまし
た。

読み返して思い出にひたれるようなラブレターがない・・・う~ん、
返す返すも残念であります・・・・(┯_┯)


九大院内コンサート

15日の木曜日の夕方、トーンチャイムのグループで、九州大学病院
エントランスロビーでクリスマスコンサートを行いました。

昨年の今頃、大野城の”まどかぴあ”で行ったクリスマスコンサートの
CDを聴いた方が、九大病院の医事課に推薦してくださったそうです。

まどかぴあでのコンサートは、その前の太宰府天満宮でのコンサート
を聴いた方が推薦してくださったーーということを考えると、こうし
て、いろんな方のご縁で、次々により大きな演奏の場が与えられてい
ることが本当に不思議で、感謝なことだと思っています。

九大病院の外来棟は2009年の秋に移転オープンしたばかりの、きれ
いで立派な建物で、ロビーは大きな明るい吹き抜けとなっています。
  ↓
DSC01194_convert_20111216225503.jpg

そこに、すのこのような即席舞台を作り、椅子を並べると、あっとい
う間にコンサートホールへ早変わり。
200名以上が集まってくださいました。

DSC01175_convert_20111216225238.jpg

一緒に活動することが多い、ママさんコーラスグループと、バリトン
のO先生(指導者のOさんのご主人)、ヴァイオリンのR先生、が今
回も参加してくださいました。

DSC01184_convert_20111216225341.jpg

院内コンサート

演奏曲目は10曲。レパートリーも徐々に増えていってます。
DSC01177_convert_20111216225314.jpg

チャイムだけでもきれいな音色でいいのですが、それに歌、ヴァイオ
リンが加わっていくと、どんどん重厚感が出て来て、これがコラボの
醍醐味です。

コーラスも加わって
  ↓
DSC01200_convert_20111216225537.jpg

震災以来復興のテーマソングともなっている「見上げてごらん夜の星
を」を、ハミングーチャイムー合唱―ヴァイオリンーとどんどん厚み
を増してクライマックスにもっていくOさんの編曲は、(自分達で演
奏していてもグッときてしまったのですが)涙をぬぐっている観客の
方が何人もいらっしゃいました。

一番前に開演前から陣取っていらっしゃった車椅子の若い女性の方は
途中からずっと泣いていらっしゃって、演奏後、「コーラスの方達と
話がしたい」と言われ、わざわざ地下の控え室まで来てくださいまし
た。

こんなに感動してくださるなんて、と私達の方がありがたく、コーラ
スの方々もお互い手をとりあいながら、その方にお礼を言われていま
した。

院内コンサートなので、中には点滴のスタンドをつけたまま聴きにき
てくださった方、パジャマ姿の方もたくさんお見受けしましたが、私
達の演奏で少しでも、ひとときでも、入院生活の慰めとなり心がホッ
となってくださったら・・と思います。

偶然、「いま院内学級の先生をしている」という高校時代の同級生が、
貼られていたポスターに私の名前があったから、と聴きにきてくれて
いて、演奏後声をかけてくれました。

院内学級の子供達の中には、下までも降りてこられない子もたくさん
いるそうです。

もし機会がもらえたら、院内学級の子供達やご家族の方達にも、きれ
いなチャイムの音色を聴かせてあげたい、そして一緒に演奏もできた
らいいなあ~。

次の、私達の願いです。

2011・12・7 私の望年

12月の声を聞くやいなや、さっそく忘年会シーズンに突入した
Sophieです。

第1週目の金曜日は、ソファ席でゆったりと落ち着けるBarタイプの
お店ーーだけどお食事は本格和食が出てくるところでした。

振り返ってみると、2011年は、まずなんといっても震災・原発事故
という日本全体にとって大変な出来事があり、私的なところでは娘の
卒業(卒業式は震災のため中止になりましたが)と就職、息子の結婚、
と人生の節目が重なり、一生忘れられない年となりました。

天神を歩いていると、「望年会うけたまわります」という看板が目に
入りました。

そうですね、この年のことは"忘"れてはいけませんーー明日に夢を描
き、明るい未来がくるようにと"望"む会にしたいですね。

マックスもグローバルな人材を育てるための幼児ビジネスに踏み出し、
新しい展開のある年となるようで、まさに「望年」!

来週からメルマガは週1配信となり、編集後記で皆様にお目にかかる
のは3週間に1回となりますが、このブログでは今までどおり週1ペ
ースでアップしていきたいと思っていますので、よかったら時々のぞ
いてみてくださいませ。m(_ _)m

さて、ブリジット・ジョーンズのように、毎年「今年こそダイエット」
を掲げては成果もなくむなしくまた次の年も「今年こそダイエット」
New Year's Resolutionを繰り返してきた私ですが、来年はそれに
「少しでも脳の衰えを防ぐ」を目標に加えなければならないかも。

ーーーというのも、このところ、予定や約束を忘れて、まわりの方々
に迷惑をかけることしばしば。(汗)

ダブルブッキングをしてしまって「きゃ~」となってしまったこと
も一度や二度ではありません。

この夏買った日傘も置き忘れで2本なくしました・・・。

ETCカードとnimocaカード(西日本鉄道のカード)も見当たらず、
紛失届けを出しました・・・。

先日、大好きな沖縄のお友達から、「自分もとても使いやすかったの
で」とアンテプリマの長財布がサプライズプレゼントとして送られて
きました。
  ↓
かわいい小花のついたとっても素敵なもので、彼女の気持ちも嬉しく、
さっそく今まで使っていたルイ・ヴィトン(made in Korea)から、
すべて中身を入れ替えました。
  ↓
その夜忘年会へ出かけるために、主人と娘に晩ご飯を作って置いてい
かねばならぬ、と牛しゃぶの材料を買いに近くのスーパーへエコバッ
グと財布だけを持って行きました。
  ↓
時間がなく急いでいたので、しらたき、とうふ、白菜、えのき、エリ
ンギ、牛肉・・・とバババッと買い物かごに入れ、小走りにレジまで
行き、「ほいっ」と台に置いて、パッ、と手にとった財布は・・・
はい、ご想像どおり、空っぽのルイ・ヴィトンでした・・・。

「す、すみません!財布間違えました、また来ます!」

赤面しつつ、また牛肉、エリンギ、えのき、白菜、とうふ、しらた
き・・と逆に売り場に戻して行った私・・・恥ずかしくてそのスーパ
ーには戻れず、車でちょっと遠い別のスーパーに出直しましたけどね。

今日も今日とて、またまた、テレビのリモコンでエイッ、エイッ、と
エアコンをつけようとしていました・・・。

通訳のクラスでも、あいかわらずのボケっぷりです。

frustratedをfirst ladyと訳すのはまだfとかrとかなんとなく共通点
?!があり言い訳にもなりますが (ならないってば)、先日は、
a trillion need our loveというのがどうしてもbelieve it or not
聞こえてしまいどうしたらそうなるねん!という感じで、もう通訳
というより自分自身の「創作」となっています。

脳と体ーーそして、耳の衰えも防ぎたいです。(って、リスニングの
悪さはどうしようもないか・・・?)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。