スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・9・28 rationalな私?!

先週末、1泊2日のESS英語キャンプで能古島に行ったSophie
です。

能古島は、博多湾に浮かぶ、檀一雄が愛し、井上陽水が「能古島の片
想い」をつくった、四季折々の花が美しい、市内からフェリーで10
分で行けるお手軽な福岡市民の憩いの場です。

お手軽ーーとは言え、子供が大きくなってからは訪れることも少なく
なり、ほんとに久しぶりに島に「上陸」いたしました。

能古島ESSキャンプ

今回ESSの参加者は18名。ネイティブのアドバイザーが2人同行
して、キャンプの間は英語オンリーというルールです。

アイランドパーク内のコテージに分宿し、枕投げこそしませんでした
が、すっかり修学旅行気分でした。

最初の夜の夕食(バーベキュー)前のdiscussion topicは"obesity"
肥満。(なんと私にピッタリの話題!)

医療通訳のコースを終えたばかりのSさんがchairpersonだったので
肥満でなりやすい病気としていろいろ専門的な英語も出てきて、勉強
になりました。

心筋梗塞   myocardial infarction
脳梗塞     cerebral infarction
高脂血症   hyperlipemia
動脈硬化   arteriosclerosis
高血圧     hypertension
糖尿病     diabetes
変形性関節炎  osteoarthritis

10kgダイエットを成功した方の体験談によると、玄米食プラス野菜
中心の食事がやはりすごくいいようです。

白米ばかり食べてビタミンB1不足になると脚気になる、昔は「江戸
わずらい」とも言ってたーーという話から、「脚気」が英語で
"beriberi"ということも知りました。 

コレいったい語源は何だろう?と思ったら、シンハラ語(スリランカ
で話されているシンハラ人の言葉)で「弱いこと」という意味だそう
です。へ~~。

夕食後のゲームは、"Lie detective"

出題者が2つの話を話し、そのどちらが嘘か、を残りの人が質問を
どんどんしていくことによって当てるというゲームです。

これがなぜか初恋がらみの話が多く、皆さまの若かりし頃のいろん
なエピソードを知ることができてなかなか面白かったです。

やっぱり人はいくつになっても初恋は忘れがたきものなのですねえ。

翌日午前中は、クジでforとagainstに分かれてのdebate。
   ↓   
能古島ESSキャンプ


subjectは「日本は軍備をもっと増強すべきか」。

judgeはアドバイザーのBrianとMarkで、結果は「グループとして主
張が一貫して統一されていた」という理由でfor(賛成派)の勝ちだっ
たのですが、最後にアドバイスしてくれたことが「相手を納得させる
ためには”rationalであること”」
ということでした。

「今のままで軍備は十分である」なら、具体的な数字をあげるとか、
「北朝鮮がこわい」と言うならなぜそう思うのかの根拠をきちんと、
理性に基づき合理的かつ論理的に示さなければならないーーと言われ
ました。

日本人は、えてしてこれが苦手で、政治家でさえもただ感情に訴える
ことが多い、と彼らは感じているようです。

私などモロ感覚人間、感情人間なので、rationalであることは最も苦
手とすることかもしれません・・。

昼食後は帰りのフェリーの時間まで、能古博物館を訪れました。
  ↓
能古島博物館
 (コクリコ坂に出てくるおうちみたいでしょう?)   

実は、行きのフェリーの中で偶然母方の叔母に会ったのですが、叔父
の一族が代々黒田藩の御典医をしていた関係で古い薬研(やげん)
所蔵していたのを博物館に展示することになり、それを持って行くと
ころだということで、「暇があったら見ていって」と言われていたの
でした。

なんでも、叔父のご先祖様は、ターヘルアナトミアより87年も前に、
オランダの免許書を取り日本最初の西洋解剖書の翻訳をしたのだとい
うことです。

家に戻って、お留守番していた主人にその話を興奮気味に話した私。

私「すごいよね~~!おじちゃんのご先祖様、新井白石より随分前に
  解剖書を書いてたんだって!」

夫「・・・・・新井白石は書いてないと思う」

私「そりゃ、一人の作じゃなくって、前野良沢とか他にもいたけどさ」

夫「いや・・・そうじゃなくて。新井白石は朱子学の学者でしょう、
  解体新書は杉田玄白!」

・・・・( ̄∇ ̄;)

私、アタマは杉田玄白と言ってるつもりだったんですけど、口が全然
別のことを言ってました。

そして次に私が言ったことーーー

「いいじゃない、”白”の字が一緒なんだから!」


そのまた翌日。高校生Mちゃんの英語のクラスで、例文に
"Don't put your nose into my affairs!" という文がありました。

私「へ~、日本語と同じねえ。いらぬ干渉をするのを”鼻を突っ込む”
  って言うものねえ~」

Mちゃん「・・・・センセ、突っ込むのは”首”です」

・・・・( ̄∇ ̄;)

「でもなにかに突っ込んだら首より鼻の方が先だよねえ、ヘンねえ、
なんで”首”なのかしらねえ~、ワハハハ」

と笑いでごまかす私。

まったく、rational以前であります・・・。



スポンサーサイト

2011・9・21 イケてない

先週木曜日の夜、現在受講中の「ステップ運動とスロージョギング講
座」の実技で、大濠公園を3周走ったSophieです。

減量作戦の一環で、お友達のお嬢さんが講師をされてる集中講座に参
加している私ですが、現在のところ2kgちょっと減。(ただし体脂肪
は変わらず・・。これってあまりいいことではないのでは・・?!)

講座を受けることになった経緯についてはこちら
   ↓
http://pucca72.blog11.fc2.com/blog-entry-154.html

スロージョギングというだけあって、隣りの人とおしゃべりが出来る
程度のゆっくりペースで、大股の早歩きの人に抜かれるような速度で
す。

大濠公園は1周2kmなのですが、1周にちょうど20分かかりまし
た。

ーーーちなみに、英語クラスの中2の男の子に「1周どのくらいで走
れる?」と聞いてみたら、「8分」って言ってました・・・すごっ。

私は息子の結婚式で1回お休みしているので、実際に走るのはこれが
初めて。

最初は1周でもいいということだったのですが、日が落ちるとだいぶ
涼しくなった風をうけながら皆さんと走っていると気分も良くなって
来て、2周目に突入。

講師のノリコちゃんが言うには、走っていると物事に対する考え方も
自然とpositiveになってくるのだとか。

「このままどこまでも走っていけそう~~~」ということで、なんと
3周目もいけちゃいました。

おおっ、4周目もいけるかも!と思ったのですが、明日から中国遠征
のため大阪に移動しなければならないというノリコちゃんが時間切れ
で、そこで解散となりました。

ダイエットのためには一日トータルで30分ステップかスロージョギ
ングをすればOK
ということですから、「毎日2周すれば30分は軽
くクリアするわけだから、案外痩せるのはカンタンかも!」と気持ち
はどんどんpositive思考になっていきます。

帰宅してからも「案外いけてる自分」に興奮気味で、娘にも「ママっ
てけっこういけてるかも~!初めてなのに、3周も出来たのよ!」と
自慢顔。

ところがーーー

翌朝、起きようとして、アレレ、体が動かない・・。

イ、イテテ・・。

く、首が痛い。

背中も痛い。

あ、腰も痛い。

お尻も痛い、ヒザもイタイ・・。


頸椎に持病のある私は、首の痛みはジョギングが原因で再発してしま
ったからではないかとちょっと不安になり、あわててかかりつけの整
形外科に飛び込む羽目に・・。

先生が言われるには、「うーん、関係があるかもしれないね。走ると
いうのは3倍の負荷がかかるからねえ。ま~、首のためには”歩く”
だけにしておいた方がいいかもしれないね。走るとしても1周が限度。
無理しないでください。」

主人からは「年寄の冷水」と言われ(アナタに年寄りと言われるのは
ちと抵抗がありますが)、娘には「さんざん威張ってたくせに、なさ
けな~い」と笑われ、母からは「あなたももう若くないんだから」と
心配され・・・。

上から下までかっこいいジョギングウェアを揃えようと張り切ってい
た私は、ジョギングウェアどころか、全身湿布を貼りまくりーーー
の姿です。

ああ、イケてない・・・



2011・9・14 お久しぶりサイクル その2

「お久しぶり」の方に会うサイクルというのが時々あるな、と感じる
Sophieです。

以前はこんなこともありました
  ↓
http://pucca72.blog11.fc2.com/blog-entry-13.html

今週は、めったに帰省してこない、京大に行ったY君からメールで
「4日間だけ福岡に帰るので、先生、飲みに行きませんか?」
とのお誘い

Y君が帰って来ると必ず集まる、以前一緒だった英語クラスの子たち
も集合して、カジュアルなイタリアンでeat & drink。
  ↓
細~~い路地の奥にある、とてもわかりにくい場所にある隠れ家的な
「ヴェントット28アパートメントイタリア酒場」
古いアパートを改造したような作り。
イタリア酒場

2階の一部はこんな感じ
  ↓
イタリア酒場内部

私達は一応個室で
  ↓
裕樹くん帰省

前菜盛り合わせ
  ↓
DSC00685_convert_20110913215709.jpg

コース料理のごく一部。お財布にやさしいお値段で、気取らない
お料理だけどお味はとってもgood
  ↓
DSC00688_convert_20110913222854.jpg

DSC00689_convert_20110913222955.jpg

この日は、ある運動部のマネジャーをしているMちゃんをとりまく人
たちの「恋」の話で盛り上がりました。

Mちゃんの他にもうひとりYちゃんというとてもかわいいタイプのマ
ネジャーがいるのだけど、この子にまわりの男の子たちがことごとく
魅了され翻弄されているそうなのです。

「一人に決めず、全部に気をもたせて手玉にとってるわけですよ!」

Yちゃんからも男の子たちからもその「恋」の相談役になっているの
がしっかり者で世話好きのMちゃんで、いろいろこんがらがった話に
彼女も「なんで、私カンケイないのに・・」と当惑気味。

「そんなにモテるのは、なんでなん?」

と私達の興味は当然そちらへ。

「普段練習の時なんかは口数少ないのに、メールとなると逆の意味で
豹変するんです、絵文字やハートマーク満載でかわいく。
そのギャップに、”僕にだけこんな面を見せてくれるんだ~っ”てやら
れるんじゃないんですかね」

「ほんとに、”魔法をかける”っていう感じなんです」

う~ん、いつの世もいるのだな、こういうぶりっ子タイプ・・。

ちなみに、ぶりっ子って和英でひいてみると、

あの子はぶりっ子だ。
She is the kind who always tries to act cute [sweet/innocent]

ついでに付け加えれば・・
...and bewitch the young men. ってところでしょうか。

しかもその子、裏方のきつくて面倒くさいマネジャーの仕事はほとん
どせず、Mちゃん一人でこなしているとか。

また、男の子にはモテるけれど、女の子の友達がいないのだそうです。

「同性に信頼がないってことでしょう?それってダメだよね」

とのみんなの意見。

私からすると、Mちゃんの方がずっと情があって優しくて細やかで、
お嫁さんにするならこのタイプ!って感じです。

でも、K君などは、

「あ~、ワナにはめられた~、目の前に落とし穴がある~、ってわか
ってても、ボク、かわいい子だったら自分からその穴に飛び込むかも
しれない」


などと言うものだから、女性軍から顰蹙を買ってました。

いろいろ聞いてると、おもしろくて、「オレンジデイズ」「あすなろ
白書」(古っ・・)みたいな青春テレビドラマが作れそう。

まあ、「命短し、恋せよ乙女」であります。ガンバレ。

他の最近起こった”お久しぶりサイクル”としては、

1、ECCのホームティーチャーをしていた頃の同期の先生から久しぶ
りにメールが来て「近藤嘉宏のピアノコンサート行かない?」とお誘
いが。

2、茅ヶ崎英語会で一緒だった方から、「マンドリンのリサイタルが
ありますから来てね」とお誘いが。3年ぶりに、今回は行けそう。

3、数年前、横浜でマイミクさんたちと会う約束をしていて、その前
にウロウロしていた時にたまたま声をかけて知り合った台湾の女子学
生、Annieから先日突然電話がかかってきて、
「福岡に行くから会いましょう~」
ーーーでもよく事情がわからず、なぜ来ているのか、いつ帰るのか、
いまだに不明・・・。

約束は今日なのですが、ほんとに彼女は福岡に来て、私達は会えるの
でしょうか・・? 

4、20年前、飯塚に住んでいた頃の同じマンション仲間の方々とも、
「会いましょうよ」という話が持ち上がり、来月には実現しそう。

共に子育てをしながら、それこそ味噌、醤油の貸し借りまでした友人
たちです。月日の経つのは早いもので、中にはもうお孫さんが2人い
らっしゃる方も。

5、3月に予定されていたのに震災のために中止になった、小学校の
時の同級生東京在住組の”リベンジ”同窓会が11月に行われることに。
卒業以来初めて、という方も来られるようで楽しみ♪

6、そして、先日は、やっとずっと気になっていた女子大時代の友人
Sちゃんのことが、東京在住の別の友達からの電話でわかりました。

Sちゃんは卒業してすぐ結婚、ずっと東京に住んでいるのですが、引
っ越しを繰り返すうちに連絡がとれなくなってしまっていたのです。

彼女のご実家が陸前高田市で内科を開業されてたということをおぼろ
げに覚えていたので、あの大震災以来ずーーっと心にかかっていたの
ですが、ちょうど震災から半年がたった日に様子がわかりました。

お父様はすでにお亡くなりになっていたこと、一人でそこに暮らして
いらしたお母様はその日たまたま外に出ていたため近くのいとこさん
と一緒に高台に逃げてご無事だったこと、でも家も医院も跡形も無く
津波で流されてしまったこと、震災後は、神戸のお姉様のところに避
難されていましたが、今はSちゃんの家の近くの介護施設に入られて
いること・・・。

彼女の小、中学校のお友達も何人も亡くなってしまったそうです。

電話番号もわかったので、ほんとに久しぶりにSちゃんに電話をして
みようと思います。

人生の折々に出逢った方々と、日頃の忙しさについついご無沙汰ばか
りということも多いのですが、あまりにも「久しぶり」にならないよ
うに、時々は気をつけて「お変わりありませんか?」って連絡してみ
るべきなのかもしれませんね。

人生長くてもたかだか100年ーー「命短し」ですから・・・。




2011・9・7 息子の結婚

先週末、東京での息子の結婚式という一大イベントを終え、脱力
しているSophieです。

なにしろ、あの大型台風12号が接近、上陸という最中でしたので、
まず親や親戚一同が福岡から東京へ飛行機で入れるのかどうか、
また式当日が大雨だったらホテル⇄教会の移動は一体どうなるのか、
ギリギリその日になるまで皆目予想がつかず気を揉みました。

「家族も親戚も出席出来ない式になるかもね~」などと最悪の場合も
覚悟しました。

幸いというか台風の進路が西寄りになったので、なんとか台風の上を
またぎ越すかたちで(だいぶ揺れましたが)無事東京へ入ることがで
き、式のあと教会の庭での写真撮影の時だけ陽が差し、ホテルに戻る
タクシーに乗り込んだ途端に雨が降り出す・・など、すべてが奇跡的
に守られましたーーが、台風が向かった四国、近畿、東海の方面でも
その日結婚式だった方々もたくさんいるだろうことを思うと申し訳な
いような気持ちになります。

息子達の3月の婚約式は震災のため中止となりましたし、今回も死者
が沢山出た大型の台風の日と重なり、人生の節目が別の意味でも忘れ
られない日となりました。

式は上智大学内のクルトゥルハイム聖堂にて。
神父様による結婚の誓約。
  ↓
慎太郎結婚式

神父様は、震災と津波に遭った高校生の作文を引用され、「いま
ある5%の不足を嘆くのではなく95%の当たり前と思っている
大きな恵みに感謝する生き方を」ーーと話されました。

披露宴はホテルオークラにて。
ウェルカムボードは私が描きました。
  ↓
ウエルカムボード

来賓のE役員は、「お互いを理解し合うためにケンカも時には必要。
でもそのとき、”理のある方”が引くこと。感情に走っている方は引っ
込みがつかないので。それがコツです」ということを話され、私の方
が「ナルホドお~~・・」と大きくうなずいてしまいました。

ケーキ入刀
  ↓
慎太郎披露宴

キャンドルサービス
  ↓
慎太郎披露宴


結婚式、披露宴とも上司、同僚、友人など沢山の方々にご出席いただ
き、大学で彼が上京して以来息子の私生活は全然伺い知れず状態の私
でしたが、こんな素晴らしい方々に囲まれている幸せ者だったのだと
いうことがわかり、私の知らないところで、皆さんにそれぞれお世話
になったり成長させていただいたりしたのだろうと思うと、自然と頭
が下がり感謝の気持ちでいっぱいになりました。

また「彼は場を盛り上げながらみんなを引っ張って行くリーダーシッ
プのある人気者ですよ」「仕事もすごい出来ますよ」と(当日限りの
お世辞かもしれないとは思いつつ)言っていただくと、帰省して家に
いる時はぐ~たら寝てばかりの彼でしたが「お~、外ではちゃんとや
っておったのだな」と安心したり・・。

親はなくとも子は育つ。

すべての準備を親に頼らず自分達ですすめていき、仲人をたてなかっ
たので、始めの挨拶から最後の謝辞まで全部彼が自分の言葉でしゃべ
り、(それがユーモアがありまたホロリともさせ、両家代表の御礼の
挨拶をした主人よりも数等上手かった!との皆の感想)なかなか見事
なものでした。

大学生活を始めたばかりの頃は
「手紙って何円切手を貼ればいいと?」
「お湯沸かすのって、何分たてば沸くと?」

などと聞いてきていた息子だったのに・・・。

いつのまにか、しっかりと自分の足で立ち、こうして戸籍の上でも完
全に親から巣立って行き、お嫁さんと二人で新しい「家庭」という単
位を作っていくことーーそれは確かにとても嬉しいことなのですが、
その事実に直面して意外にも大きく私の心にポッカリ穴が空きました。

当日までそんなこと思いもしなかったので、ちょっと自分でもビック
リです。

男の子は高校にもなると、ものは言わず、外で何をしているやら皆目
わからず、まして大学で離れてしまうとますますわからず・・でした
が、それでも長い夏休みなど家にいることも多かったし「within 家族」
であり我が家が彼の「家」であったわけですが、これからは横浜の新
居が彼らの「家」であり、旅から帰ったりして「あ~、やっぱり我が
家が一番いいね」と言うhome sweet home は、そこになるのでしょ
う。

膝の上で「かわいい、かわいい」と抱っこしていた子どもの頃を思い
出すとぼわっと涙が出てきましたが、たぶんそれは、大事大事に慈し
んで育ててこられたお嫁さん側のご両親も同じこと。

お互い、寂しさはあるけれど「家族が増えた」とも言えるわけですし
新しい絆でまたそれぞれの歴史を刻んでいきたいと思います。

働きだしてから、不規則な生活プラス飲みごとのせいでかなり太って
しまった息子ですが、これからは食生活の面も安心です。

「タニタの社員食堂の料理食べて、森三中の大島が痩せたらしいのよ
~。タニタの本、送るね。これで、痩せさせてねー」

と、またいらぬ世話をやく私に、

「はい、健康面からもしっかりサポートして元のイケメンに戻したい
と思います!」

と素直に返事をくれるかわいいお嫁ちゃん。

ーーしかし、ふと横にいる主人の見事に突き出したメタボなお腹を見
ると、「こりゃ、説得力ないわ・・エラソーなこと何も言えないなあ」
・・・と赤面する私でありました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。