スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011・6・29 Nosy Parker

ついに主人が自力再生を諦め、家のPC(デスクトップ)が修理に出さ
れてしまったSophieです。

修理に10日間ほどかかるそうで、この編集後記は娘のラップトップを
借りて書いています。

私はそれほどPCを使っている方ではないと思っていたのですが、い
ざ家になくなってしまうとなんとなく心もとなく落ち着かず、「すご
く不便だ!」と感じている自分にびっくりしましたーーーけっこう依
存症だったのかもしれません?!

さて、そのPCを修理に出す前日の金曜日の夜。

金曜日は、我が家のリビングテーブルで浪人生や大学生が集まって、
てんでに勉強をする日になっています。

図書館代わり、という感じでしょうか。

私も彼らを手伝って、一緒に英作文や長文問題をするので、それが自
分の勉強にもなっています。

そのなかで、TOEICの問題集をやっていた大学2年の女の子が、

「センセ、Nosy Parkerって知ってる?」と聞いてきました。

なんでも、適語を選ぶ4択問題の選択肢のひとつとして出てきたそう。

聞いたこともなかった私。でもこれ、瀕死のPCで検索するまでもなく、
辞書にのっている単語でした・・。

an overly inquisitive person'「詮索好きな人、おせっかい焼き」
という意味だそうです。

へ~~。

でも、語源まではのっていなかったので、歴史上か物語上誰かそうい
う詮索好きな世話焼きオバサンでもいたのか?と不思議に思い、瀕死
のPCに最後の一働きをしてもらうことにして、調べてみました。

でも、はっきりと「コレ!」という明確な由来はわかっていないみた
いです。

15世紀のカソリックの大司教の故事に由来するという説もあるよう
ですが、Nosy Parkerという言葉が最初に活字で出てきたのが
1907年だそうで、15世紀とあまりに時代の開きがありすぎるた
め、この説はいまひとついただけない、ということになっているそう
です。

一番有力な説は、「1851年にロンドンのHyde Parkで開催された
大博覧会のとき、非常に多くの人々が国内外から見物に訪れ、ホテル
に泊まれない人たちがたくさんHyde Parkに寝泊まりをしていた。
彼らの動向(たぶんhaving sex)を、Parker(公園の手入れをする
人々)が覗き見をしていたことから」というものらしい。

Oxfordには、"from the postcard caption 'The Adventures of
Nosey Parker', referring to a peeping Tom in Hyde Park."

というoriginについての説明がありました。

おもしろいと思ったのが、1960年代のTV show、"Thunderbirds"
に出てくる、Lady Penelope の執事兼運転手の名前として使われた、
ということ!

("Thunderbirds" なつかし~!まだテレビが白黒だった子どもの頃、
楽しみにかぶりつきで見ていましたっけ)

そういえば、いました、いました、鼻の大きなパーカーという執事。
     ↓
Nosy Parker

「かしこまりました、お嬢様」というのが彼の決まり文句ではなかっ
たかしら?

Penelopeお嬢様とParkerは実は国際諜報部員で、そういうスパイ
活動をするところと大きな鼻という特徴から、Nos(e)y Parker と
名付けられたようです。

本名?!は、Aloysius Parkerというそうで、'cat burglar'
'safecracker' の罪で服役していたところをその腕を見込まれて
Penelopeお嬢様に雇われたreformed criminal なんですって。

ここでまた、「'safecracker' は金庫やぶりと推察できるけど、ん?
'cat burglar' って何?」ーーということで調べますと、

cat burglar--a thief who enters a building by climbing to an
upper story (屋根を伝ったりして上階の窓や天窓から建物に忍び込
む夜盗)
なんだそうです。

へ~~、知らなかった。

こちら、You Tubeで見つけた本物の?cat burglar。カワイイ♪
   ↓



また、イギリスでは、iPhone に'Nosey Parker' というアプリがあ
るそうです。これはドライバーが一番近くて安くて安全なcar park
を見つけるためのもの、だそう。

へ~~。

いや~、TOEICに出てきたひとつの単語から、いろいろおもしろい
発見がありました。

そのあと、たまたまちょっと見たテレビ番組で、ある実験をしていま
した。

どこか外国の都市で(ニューヨークだったかな?)実験のため男性が
わざと倒れているふりをしていたのですが、通りがかる人はたくさん
いるのに何分たっても誰も声もかけないし、助け起こそうともしない
のです。

男性が女性にかわっても同じでしたが、女性の場合は20分たってや
っと一人が声をかけました。

これは心理学で「傍観者効果」というものだそうで、人が多くいると
かえって「誰かがやってくれるだろう」という心理が働いてしまうの
だそうです。

最近若い人がなかなか結婚できないのも、「こういう人がおるで」と
紹介してくれる近所の世話焼きオバサンがいなくなったせいだ!とい
う人もいます。

震災後、人と人とのつながりが見直されているいま、私たちはいい意
味でもっと、おせっかいなNosy Parkerになる必要があるのかもしれ
ません。

原発はどうなってるのか? 政府の言ってることはホントなのか? 
日本の将来を託せる政治家は誰なのか?

もっともっと inquisitive Nosy Parker であらねばならぬなあ・・・
と思う私です。




スポンサーサイト

2011・6・22 イケメン君が帰って・・

My PC is now on the verge of a breakdown......家のコンピュータ、
風前の灯ーーーいつまたとまるかとドキドキしているSophieです。

先週金曜日、イケメンAndrew君も帰国してしまい、コンピュータの
リカバリーをhelpしてくれる達人もいなくなってしまいました。

木曜日の夜はYMCAで、空軍士官候補生とホストファミリー全員が集
まってのFarewell Partyがありました。
   
号令とともに隊列を変えながらのマーチングを披露。凛々しい♪
  ↓
Farewell Party

Air Forceの歌、というのを熱唱
  ↓
DSC00377_convert_20110619221358.jpg

念願の?!ツーショット
  ↓
DSC00368_convert_20110619221254.jpg


制服に身を包むと凛々しいCadetですが、私服に着替えるとほんとに
フツーの若者です。

お酒はありませんでしたが、まわりではやしたてられながらカルピス
ソーダの一気飲みをやらされてる子もいました。

(一気飲みって、英語では jug up って言うらしい)

Andrew君は、ことのほか「博多通りもん」がお気に入りで、たまた
ま家にあった「博多通りもん」を毎日おいしそうに食べていたので、
そんなに好きならーーと、アメリカへのおみやげに一箱買って持たせ
てあげました。

これは、洋風な味付けの白餡が中に入ったおまんじゅうなのですが、
「のだめカンタービレ」の中で、のだめちゃんがパリにおみやげとし
て持って行ったということでも有名。
   ↓
通りもん


「のだめーー」のお話の中だけでなく、現実でも「アメリカ人にも
ウケる!」ということが証明されました。

お返しに・・というわけでもないでしょうが、

「もし、日本で手に入りにくいもので欲しいものがあったら何でも
言って。送るから。」

と言うので、じゃあ・・と、StriVectin-SDというシワ取りクリーム
をずうずうしくも頼んでしまいました。

でも、これ、「博多通りもん」の値段の7倍ぐらいする。
20歳の若者相手にエビでタイを釣る私って・・・・。ゞ( ̄∇ ̄;)

さて、「博多通りもん」といえば、息子のカノジョも大好物。

翌日から私は東京へ行き、彼らの結婚式の打ち合わせに行くことにな
っていたのですが、カノジョへのおみやげにも、もちろん「博多通り
もん」。

今回は、ホテルの下見と、ちょうどカノジョがドレス決めをするのに
名古屋のご両親も出てみえるというので、その場にもご一緒させてい
ただくことになりました。

ウェディングドレスは華やかかつ清楚で、お色直しのドレスもオーク
ラいち押しの今年の新作だということで、とっても素敵でした。
  ↓
衣装合わせ

DSC00381_convert_20110619221546.jpg

それにしても、つくづく思ったのが、ウェディングドレスというのは、
ウエストがキュッと細くないとサマにならないなあ・・・ということ。

スタイルのいいカノジョはほんとにホレボレするほど似合っていたの
ですが、これを娘に置き換えると、なんだかドレスのシルエットが変
わってしまうような気がします・・・?!

9月の結婚式に向けて、ひとつひとつ準備をすすめていくのも、二人
にとっては楽しい作業のようです。

金銭的にもあまり親を頼らず、すべて二人で頑張っている姿を見てい
ると、私はこんなに自立してなかったなあ・・とちょっと恥ずかしく
もありました。

子供も巣立っていくし、Andrew君もいなくなった我が家に戻り、
少々寂しさと虚脱感の入り混じる私です・・・。




2011・6・15 イケメン君との日々 その2

家のPCがまったく起動出来ず、実はこの原稿も送れないかもしれな
いとアセッていました。

主人が2日がかりであれやこれやとやってみて、なんとか不安定なが
らも復活しました。(私はこういうこと全くダメなので・・・)

原因もわからず、いきなり「ヤダッ、もう働くのやめるっ!」といき
なりプチン!とキレたアップルちゃんをなだめすかして、なんとか
機嫌をなおしてもらった・・って感じ?!

マックスのもとに原稿を送るまで、なんとかご機嫌が続きますように
と願いつつーーーさて、
先週に続き、イケメン君と暮らしているSophieです♪

日曜日には、予定どおり長崎へ行きました。

Andrew君の仲良しのJosh君とZachary君も一緒です。

それに、通訳ガイドをやってる私の友人Fukkoさんも来てくださるこ
とになったので、長崎の案内は彼女におまかせで私は車の運転手をす
るだけでよくなり「ラッキ~♪」と思っていたのですが・・・その運
転が楽ではありませんでした。・゜゜・(>_<;)・゜゜・

当日は、活発な梅雨前線のために九州全域が猛~~烈な雨!

九州自動車道にのってしばらくすると、上り車線の方で何台もの車が
巻き込まれた事故があり(たぶんスリップしたのでしょう)警察や救
急車が来て騒然としている場面を目撃。

私自身も、バスの横を走っている時大量の水しぶきをかけられ、数秒
間前がまったく見えない状態になってしまい、「ぎゃああ===!!」

心臓が一瞬止まりました。(あそこで急ブレーキでも踏んでたら、私
もスリップしていたことでしょう)

前が見えない運転ほどこわいものはありませんね。

長崎に着くまでドキドキしっぱなしの運転でした。<(゜ロ゜;)>

でも、長崎市内の観光は、プロのガイドのFukkoさんのおかげで効率
よく回りほとんど余すところなく見ることが出来たうえに、彼女のわ
かりやすい説明や丁寧な気配りにAndrew君たちも感動して大満足の様
子でした。
 ↓
原爆資料館。Fukkoさんも背が高いので、私がコビトに見える。
DSC00358_convert_20110614234254.jpg
ここは英語の説明が全部ついているので、ガイドをする必要も
なく、一人一人がそれぞれに静かに見て回りました。
Joshはカソリックだそうで、焼け溶けたロザリオの展示をじっと
見つめていました。

原爆資料館のあと、平和公園へ。
  ↓
DSC00359_convert_20110614234405.jpg

DSC00362_convert_20110614234456.jpg

歴史文化博物館では、長崎奉行所の一部を復元していてそこの
お白州でお芝居があり、この時期は浅野内匠頭の切腹が見れま
す?!
  ↓
長崎
その他、お昼を食べた中華街、崇福寺、26聖人殉教地、グラバー園、
など主立ったところはすべて見て回ることが出来ました。
Fukkoさんに感謝!です。


夕食は帰路の途中川登SAで佐世保バーガーを食べたのですが、その
時、Joshのホストファミリーのお嬢さんが出演したライブに、土曜日
に行ったんだという話の中で、「日本の大学生たちはパーティやライ
ブの時にマリファナ(marijuana)を吸わないのか?」という話題にな
りました。

アメリカの大学ではとても多くの学生がそういう場ではマリファナを
吸うそうですが空軍士官学校ではもちろん御法度。
定期的に薬物検査も受けなければならないそうです。

偶然にもマックスが月曜の編集後記に「日本では、大麻に手を出して
から覚せい剤に移行するケースがほとんどです」と、麻薬のことを書
いていましたが、彼らも、「害がないから大丈夫とmarijuanaをやる
やつはstupid, マリファナのこわいところは、他の有害な薬物への
Gateway Drugとなるところだ」と言っていました。

品行方正な彼らがますますカッコよく見えます。(o^-^o) ♪

明日は地域の高校生、九州大学の学生との交流、意見交換などの場が
あるようですから、そういうこともおおいに話してきてほしいな、と
思っています。


2011・6・8 イケメン君との日々

先週から、20歳のイケメン君と暮らしているSophieです。( ^ ^ )v

コロラドにあるアメリカ空軍士官学校の18名が、日本語研修と日本
文化体験の目的で来福していて、そのホームステイのホストファミリ
ーとなっているのです。

彼らはほんとなら山形県の庄内に行く予定だったのですが、3月の震
災のため、急遽研修先が福岡に変更されたのです。

我が家に来たのは、Andrew君というむっちゃカッコイイ青年です。 
制服姿のなんと凛々しいこと! 
          ↓
   Andrew

Andrew

いつもより、日々のごはん作りにリキが入るのはなぜ?!
ーーでも、スケジュールが連日一杯で、家で晩ご飯を食べないことも
多く、今日も少林寺拳法体験とかで帰りは10時過ぎになるそうです。

昨日は、お茶と陶芸に行ってました。

食品サンプル作りでお寿司を作ったり、和太鼓演奏もしたり、日舞、
三味線、田植え、そば打ち、など、日本に住んでる日本人の私でも、
ほとんどやったことのないことを連日体験し、その他にも市長やアメ
リカ領事を表敬訪問、また高校生や大学生との交流など、ほんとに盛
り沢山の毎日です。

その合間をぬって?!我が家でも1回、Partyをしました。

ESS関係でやはり空軍のホストファミリーをされてる方々や、私の
仕事先のスタッフの他に、以前我が家に4回ホームステイしたことの
あるRyanがたまたままた福岡に遊びに来ていたのでカノジョと共に
急遽飛び入り。

楽しい会となりました。
  ↓
Party with Andrew

うちでPartyをする時は、いつもpotluck(参加者がそれぞれ食べ物
を持ち寄る)party なのですが、これはほんとにラクチン♪

ズボラで怠け者の私でも、1~2品用意するだけでいいのでいつでも
気軽に開くことが出来るし、他の方から新しいレシピも教えてもらえ
るし、紙皿紙コップを使えば洗い物の手間も省けます。

その中でいろいろおしゃべりしてわかったこと。

Andrew君はお母様も空軍だったそうです。(お父様は弁護士)

現在、同級生に女性の数もかなり多く「25%ぐらいはいる」と言って
いましたが、お母様の時代はまだ女性は少なかったのではないでしょ
うか。すごいなあ・・・

Colorado SpringsにあるUS Air Force Academyは、全米で7番目
の大学なのだそうです。(何をもって7番目なのかはわかりませんが
・・とにかく知力体力共に優れてなければ入れないエリート校らしい)

「空軍なら、もう飛行機にも乗れるの?」と聞いたら、

「まだグライダーだけ。卒業したらもう2年パイロットコースに行き
ます」ということでした。

彼は大学でいえば3年生ですが、最初の1年間の厳しさは相当すごか
ったみたいです。(1年目が一番厳しく、あと学年が上がるにつれ、
だいぶ楽になってくるそうですが)

規律正しく、自由時間というものはほとんどなく、男女交際禁止、携
帯禁止、私語禁止、テレビ雑誌禁止、禁止禁止のオンパレード、教官
からは怒鳴られ、シゴキのような訓練の日々。

重~いカバンを片手に持って(肩からかけてはだめ)どこまでも走ら
されたりした、と聞いたときは、そういえば映画なんかで重い銃器を
持って兵隊が走るシーンってあるなあ・・と思ったりしました。

また、勉強の方も科学、工学、社会科学、人文科学などコースも多彩
でとても難しいようです。

入学時1300人ちょっといた同期生が、今は1000人だそうです
から、dropout率、かなり高いですよね。

そうやってふるいにかけられ、精鋭が残るのですねえ・・。

今度の日曜日は長崎に行きたいというので連れて行く予定なのですが、
そこで、空軍のCadet(士官候補生)であるAndrew君にはぜひ、歴
史の一事実としても原爆資料館は見てもらいたいな、と思っています。

フロリダにいるガールフレンドのことを屈託なく話すAndrew君は、
今時の普通の若者にしか見えません。

卒業したら自動的に空軍少尉になれるそうですが、たとえもし戦闘機
に乗ることがあっても、彼には1個も爆弾を落とすことなくあってほ
しいな・・・と願うホストマザーの私なのでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。