スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・10・27 佐世保にゆく

先週末、佐世保よさこい祭りに行って来たSophieです。

ーーというのも、マイミクのかえるちゃんが何ヶ月も前から大変な練
習をしている様子を日記で読んでいて、それだけの情熱を傾けられる
よさこいとはどういうものか、見たくなってしまったのです。

いつものように、「行くゾッ!」と思い立ち、往復ひとりで運転はき
ついので、ヒマそうにしていたオットに声をかけ交替ドライバー要員
確保。

うちの車はナビがないので、Google mapを何枚も印刷して行き先ま
でのルートを確認しながらまいります。

色とりどりの衣装に身を包み、趣向を凝らしたグループそれぞれの個
性が出た踊りはどれも迫力があり、リズミカルで、こちらまで体が動
き楽しくなってしまいました。

こちらは熊本の学生中心という若者のグループ
  ↓
よさこい熊本隊


ーーが、「ワンテンポ遅れる、振りを覚えられないアラフォー」とか
えるちゃんが自らを形容していたように、たしかに踊りはフォーメー
ションを変えながらとても複雑・・。

ウィキペディアにも、「よさこい祭りも近年大きく変容してきている。
踊りの振り付けが複雑で覚えるのが難しく、かつ激しい動きをするも
のが多くなり、中高年などはついていけない傾向にある」
と書いてあ
るではありませんか、う~む、さもありなん・・・。

息切れしたり、腰痛が出たり、手を腫らしたりしながら、ほんとによ
くぞあの振りを覚えてやりきった、すごいぞ、かえるちゃん

かえるちゃんたちのテーマカラーは黄色
  ↓
一連風雅

黄色い花をつけているのがかえるちゃん
  ↓
かえるちゃん

ママと一緒によさこい見物に来ていたアメリカ人の子供。あまりに
かわいかったので写真をとらせてもらいました。
  ↓
アメリカ人の子供


次の会場、パールシーリゾートにも行ってみましょうと移動の途中、
一度本場の「佐世保バーガー」を食べたいと思い、ひかりバーガーと
いうところに寄ろうとしたら、それが二股に分かれている道のヘンな
ところにあり、右にあるから右の道に入れば入り口があるのだろう・・
と右折をしましたところーーーーーあ~~れ~~~ーーーー

そのまま西九州道(高速)に入ってしまいました。

高速なのでUターンも出来ず。

思い通りにならない人生を象徴するかのように、今日もまた予定どお
りにはいかないドライブ・・。

でも、流れに逆らわず、起こったハプニングは楽しむのもまた人生、
なんせその昔アメリカに住んでいたころ、ニューヨークに遊びに行っ
た帰り、天候が悪くフライトが遅れに遅れていたせいもあるけれど
南のニューオリンズに帰るはずが、飛行機を乗り間違えて、北のバー
モント
に行ってしまったこともある私です。

「高速にのってしまったのなら、このままハウステンボスに行ってみ
よう」と予定変更しました。

開園当時に行ったきりで15年以上?ぶりぐらいでしたが、久しぶり
のハウステンボスはあいかわらず花がすばらしくきれい!

ダリア
 ↓
ダリア

コスモス
 ↓
コスモス
 ばら園
  ↓
ばら園

オランダの街をモデルしているだけに、花といえばチューリップのイ
メージがありましたが、季節ごとに四季折々の花が街中(ハウステン
ボスは佐世保市ハウステンボス町、というひとつの大きな町なのです。
入国、出国、という言葉を使うのでひとつの「国」といってもいいか
もしれません)、実に見事に手入れされていて、一年中楽しめるよう
です。

施設も建物もとてもきれいで、fakeとはいえすごく良く出来ていて、
ほんとにヨーロッパの街にいるような気分にさせられます。

街はハロウィンの飾り付け
  ↓
ハロウィン

運河の向こうは迎賓館
  ↓
迎賓館

坂本龍馬とツーショット?!
  ↓
龍馬とツーショット

パレスハウステンボス(ベアトリクス女王がお住まいの宮殿を忠実に
再現したそうです)
  ↓
パレスハウステンボス

パレスの裏にあるオランダ・バロック式の庭園がそれはそれは見事。
クリックするとこちらから、360度眺めることが出来ます
  ↓
パレスハウステンボスの庭園


舞台では本場のダンスだって見られます
  ↓
ハーベストダンス


経営も最近HISに変わり、九州の企業も再生に協力しているそうで
すから、これからますます人気の観光名所になっていくのではないで
しょうか。

来年からは、園内に英語だけが通用する「ハウステンボス・イングリ
ッシュタウン」という区画を設ける計画もあるそうです。

街頭に外国人40人を配置し、英会話でふれあってもらうというもの
らしいのですが、お洒落な街並みのなかで英語でおしゃべりしたり
買い物したり、まさに日本にいながら海外体験ができますね。

「場内に宿泊しながら、米国大学生による個別指導もついた中高年や
家族向けプログラム、英語教師の育成コースも設ける予定。英語で営
業するレストランやジャズクラブも新設し、ホテルデンハーグ(現在
休業中)を英語だけが使えるホテルとして再開することも検討してい
る」
そうですから、花や庭園を観賞し、アトラクションを楽しみ、か
つ英語まで学べる一石何鳥ものお得感(この言葉に主婦は弱い)があ
るではないですか。

特に私は「宿泊しながら米国大学生による個別指導」というところに
ビビビッと反応いたしました。

長期滞在というのもあり、かもです?!

ほんとに細部まで手入れの行き届いた庭園や施設に感激しながら、ハ
ウステンボス、頑張ってほしいな~、と願い「今日は道を間違ってよ
かったな」と思った私でした。

ーーーそれにしても、あの「ひかりバーガー」いったいどうアクセス
すればいいのだろう・・・?

いまだにナゾです・・・。

スポンサーサイト

2010・10・20 人生をあきらめない!

今日は、まずマックスより前回18日のメルマガ「英語リーディ
ング筋トレ」の内容についての訂正が送られてきましたので、
お知らせいたします。

--------------------------------------------------------------
マックスです。
前回のメルマガ2010/10/18(1699)において誤りがありましたので
お詫び訂正させて頂きます。申し訳ございません。
LDP = Liberal Democratic Party = 自民党が正しく、
DPJ = Democratic Party of Japan =民主党は誤りでした。
正しくは、以下の通りです。

□LDP = Liberal Democratic Party: 自民党

●"It is hard to say (言いがたい) / what the outcome of the
election will be, (選挙結果がどうなるのか) / especially (特に) /
since the LDP's support rate is not increasing," (自民党への支
持率が上がらなくなっているため) / Kubo said. (久保氏は言った)

■「選挙結果がどうなるのかなんとも言えない。特に自民党への支
持率が上がらなくなっているためだ。」と久保氏は言った。
--------------------------------------------------------------

あらためまして、Sophieです。

LDPとかDPJとか、略語は似ていると特に間違えやすいですね。

昨日、高2クラスで教科書を一緒に訳していたら、PET scanという
略語が出てきました。

ガンの早期発見に役立つということぐらいしかわからず、PETが何の
略なのかも知らなかった私です。

なんでも、「ポジトロン断層法」Positron Emission Tomography
の頭文字だそうで・・・。(絶対覚えられない・・)

パーキンソン病の人の脳内のドーパミン量を測定するのにPET scan
を使ったという場面だったのですが、実際の治療を行った患者達と、
画期的な新薬だと言って偽薬(placebo)を与えた患者達とどちらもド
ーパミン上昇値が変わらなかったという実験結果があるという話から、
人間のmindがいかにbodyやhealthに強く影響するかという内容でした。

逆に言えば、いかにstressが体に悪いか、ということでもあり、

Uncontrolled stress can kill.

という文章もありました。

絶え間ないuncontrolled stressが抑うつ状態を引き起こし、それ
が原因で自殺にいたることもあることを思うと、この言葉はほんとに
重い・・・。

ドーパミンと同じく神経伝達物質であるセロトニンは、脳を活性化し
て前向きな気分にさせ、気持ちを安定させる働きがあるそうなのです
が、このセロトニン、朝の太陽を浴びることで刺激され目覚めと共に
分泌が始まるということですから、昔から言われる「早寝、早起き」
はやはり理にかなった大切なことなのですね。

マックスが18日の編集後記で、「本当に人生をあきらめないで、挑
戦すると何か化学反応が起きてきます」
と書いていたのが心に残って
います。

ストレスで辛いときは、とりあえず手始めに、朝しっかり太陽の光を
浴びて、セロトニンの原料となるトリプトファン(必須アミノ酸のひ
とつ)を多く含むバナナと牛乳やヨーグルトを食べるだけでも、文字
通り良い化学反応が起きそうですよ。

私はこのいい加減な性格のせいか、よく「ストレスなんてないでしょ」
と言われるのですが、いえいえ、そんなことはありません。

人間誰しも大なり小なり、現代社会で生きているかぎりなんらかのス
トレスはつきものでしょう。

ただ、私の場合はどうも「ためこむ」ことが出来ないようです。

これは欠点でもあると思うのですが、辛いこと悲しいことも全部表に
出してしまい、まわりの人に迷惑をかけております。(スミマセン)

今読んでいる"Eat, Pray, Love"に、主人公Lizが自分のことをポーカ
ーフェイスの対極である、と描写している箇所がありましたが、「ま
さにこれだ」と思ってしまいました。

When I don't know what I'm doing, I look like I don't know
what I'm doing.
When I'm excited or nervous, I look excited or nervous.
And when I'm lost, I look lost.
My face is a transparent transmitter of my every thought.

思ったまんま、感じたまんまがすぐ顔に出るーーというわけで、花札、
麻雀、トランプゲームの「ダウト」・・・最も向かないタイプですね
・・・。

「なに考えてるかがすぐわかる」とも言われておりますが、案外そう
いう人間の方が、うつにはなりにくいのかもしれないなあ・・・とも
思います。(単にこらえ性が無いだけか?!)

また、ケニアのTさんからメールが来て、あちらは今から夏に向かい
暑くなってきたこと、水事情、電気事情も悪くなってきたこと、コン
ピューターもなかなかつながらないこと、などが書いてありました。

朝、顔を洗いながら「こうしてきれいな水をふんだんに使えることは
当たり前ではない幸せなんだ」とあらためて思ったことでした。

新聞がきちんと届く幸せ、今朝も編集後記を送信できる幸せ、庭のき
んもくせいが薫る幸せ、家族に「おはよう」と言える幸せーーー
個人的には、「感謝をいっぱいすることもセロトニンを増やすのだ~
!」と信じております。(根拠はないけど)

ちょっとストレスで疲れている方、朝の太陽浴びて、仁王立ちして、
腰に手を当てて、牛乳の一気飲みして、ご一緒に叫ぼうではありませ
んか、

「人生をあきらめない!」

2010・10・13 ゲゲゲの道は遠し

ある日の午前10時過ぎ、用事があって出かけたデパートでコンタク
トがゴロゴロして痛かったので、はずして洗おうと思い、トイレに入
りました。

洗面台でコンタクトを洗っているとーーー40代くらいの眼鏡かけた
男性が入ってきました!

・・・・う、うっぎゃああ~~~!!

あわてて男子トイレに入ってしまっていたようです!

怪訝そうな顔をする男性尻目に、ヘイゼンとした顔を装い、シレッと
出て来たSophieです。

自分でも「女、捨ててるな・・」と思ったのが、実際そう恥ずかしく
もなく、動悸ひとつしなかったこと・・・。( ̄_ ̄ )

いくつになっても女らしい恥じらいは捨ててはいかんよなあ・・と自
己反省したことでした。

私の新しい職場(・・と言っても週2回ほど通うだけですが)は、ま
わりほぼ男性なのですが、今週アメリカに帰国される方の奥様に、同
じビルにある日本の取引先のスタッフが「感謝状」を送りたいという
のでその翻訳を頼まれました。

ユーモアたっぷりのその感謝状、「不慣れな日本の生活の中で、いか
なるときも主人を支えた貴女の功績は偉大であり、ここに”ゲゲゲの女
房”の称号を授けます」というものでした。

”ゲゲゲの女房”になるためにーーという添付には、

1、順境のときも逆境のときも、夫を支え

2、おいしい料理をつくり

3、いつもきれいでいて

4、時々はキスをして

ーーーと続いていくのですが、
やはり、この職場の男性諸氏にとっても、松下奈緒演じたあの
「ゲゲゲの女房」が理想の女性像のようです。

どんなときも、「そげですね」とおっとりと笑って、いったん懐に受
けとめる、あの度量の広さや優しさがいいのでしょう。

(余談ですが、私はこの松下さんがピアニストでもあるということを
全然知りませんでした!)
      ↓


3連休は、数年ぶりに会ういとこが父のお参りに来たり、通訳ガイド
の友人の送別会があったり、コスモスを見にドライブに出かけたりー
―で過ごしました。

同年代のいとこは、諸事情が重なり、15年勤めた大学教授の職を辞
め、まったく縁もなかった甲府の地へ来月から行くことになったそう
です。

通訳ガイドの友人Nさんは、福岡の家を引き払って、さらなる活躍の
場を求めて単身東京へ「移住」されます。

事情は違えど、どちらも、慣れ親しんだ家、土地、友人、積み重ねて
きた諸々の出来事や歴史を、大げさに言えば「捨て」て、あえて新し
い環境に飛びこみ、ゼロからまたスタートするわけです。

一般的にはもう「若くはない」年代ですが、彼ら、彼女らの決断と勇
気に、人生いくつになってもアドベンチャーだわ・・と、こちらまで
奮い立つような思いがしました。

積み重ねてきたものを守っていくことも大事だけれど、同時に、いつ
でもゼロになれるという覚悟を持つ潔さもひとを強くするものかもし
れないと思います。

さて、主人の運転で、私の母と妹も一緒に筑後方面へ出かけたドライ
ブの方は、この夏の異常な暑さのせいだそうですがコスモスがまだ全
然咲いていなくて、緑の畑を見に行ったようなものでした。(残念)

その途中お昼を食べに立ち寄った久留米のレストランの駐車場で、車
をコインパークに入れるときのこと。

何回も切り返してもなかなか真ん中に入らず、結局ストッパー端の段
になったところに乗り上げる主人が、「おまえが”大丈夫”だと言った
から!」などとこちらのせいにするのにカッチーン!ときた私、

「自分で横の線を見ればちゃんと入ってるかどうかぐらいわかるでし
ょっ!へたくそっっ!!

と言ってしまったのでした。

でもすぐに、ああ、プライドの高い主人を、母と妹の前で
「へたくそ」呼ばわりすることはなかったよなあ・・
と深く、いやちょっと反省はしたのですが。

こげなコマイことには動ぜず、ここでおっとり微笑んで言わねばなら
なかったわ、

「そげですね」

ーーー「ゲゲゲの女房」の称号はまだまだ遠い私です・・。


2010・10・6 rucksack-freakの妄想

妻夫木くんファンの友人に誘われて、映画「悪人」を観て来たSophie
です。

「誰がほんとうの悪人なのか?」という観終わってやるせない悲しい
気持ちが残る映画でした。

脇を固める樹木希林、柄本明らの演技が素晴らしく、生きて行くせつ
なさみたいなものが胸をしめつけました。

この映画は福岡、佐賀、長崎、が舞台で、おなじみの地名や場所が映
画の中に出てくるのも九州人にとっては興味深いところ。

特に、父親役の柄本明と、間接的に娘が殺される原因を作ったチャラ
けた大学生役の岡田将生がKubrickという本屋さんの前でもみ合うシ
ーンは、福岡市赤坂の「けやき通り」という、名前どおりけやき並木
が両側からトンネルのように続くおしゃれな通りなのですが、私が結
婚してから5年間住んでいたところでもあり思い入れ深くみてしまい
ました。

映画の中に行った土地、住んでいた土地などが出てくるとそこを再訪
したような気持ちになり、その時感じた風、におい、温度、などの感
覚までよみがえってくるようです。

1日の映画半額の日には、今度こそ!と「食べて、祈って、恋をして」
を観て来たのですが、(今回はちゃんと題名を言えましたよ)
その映画の中ではローマとバリ島に再訪?!することが出来ました。

ローマは2年前、バリ島は去年行ったのですが、そのときのローマの
石畳の感触、ピザやワインの香り、バリ島のお寺の独特のお香やプル
メリアの香り、肌にはりつくような湿気と暑さ、夕陽のまぶしさ、な
どが鮮やかに思い出されました。

映画自体は、主人公が自分を'SEEK'するのになぜそんなに世界を回ら
なければならないのかいまいち動機がわからなくて、ハテナだった
のですが、先日会ったアメリカ人Tamahさんによると「自分探しで
インドに行くのはアメリカ人にはすごくよくわかる」そうです。

ふ~~~ん・・・。

「でもこれは原作の本の方がいいよ」ということだったので、やはり
ちゃんと読んでみようと思います。
(買うだけ買って、毎度のごとくに放り投げてあるの・・・)

ところで、この「食べて、祈って、恋をして」で私が一番印象に残っ
たのは、映画の内容よりも、バリ島でジュリア・ロバーツ演ずる主人
公が自転車に乗っていて、後にboyfriendとなるFelipeの車と接触す
る場面で、彼女がからっていた、藤で編んだ四角いバッグをリュック
にしたもの。(「からう」ってわかります?背負うことですが、これ
って方言なのかしら?)

「あ~~!これ欲しい~!かわいい!♪」

このビデオの最初にちらっと出てきます。
     ↓



実は私はリュックフリークなのです。

ウォーキングが趣味なので、重心が片寄らず両手が使えるリュックが
一番歩きやすいし便利だから。

しかし!

私はトレーニングウェアを着て、歩くのが目的で歩くわけではなく、
ワンピースやスカートに歩きやすいミュールといういでたちで普段の
生活の中でバスや地下鉄に乗らないでかわりに歩くーーというながら
ウォーキングがほとんどなのに、私が欲しいデザインのリュックとい
うのがまったく売ってない

リュックといえば、基本いわゆるアウトドアのデイパックスタイルで
すが、私はワンピースにも似合う、もっとエレガントでお洒落で可愛
いリュックが欲しいわけです。

たとえば、光沢のあるサテン生地にリボンがついてたり、思いっきり
レースひらひらだったり、シャネルのようなキルティング生地でゴー
ルドチェーンの肩ひもだったり、ケリーバッグをリュック型にしたり、
フランスのリセ風だったり、上等な皮で書類も入り通勤に使えるリュ
ックだったり、もこもこのウールで羊型のリュックだったり、パーティ
にも行けるようなスパンコールいっぱいのちっちゃめのリュックだっ
たり・・・と、用途によっていろいろ使えるように頭の中には山のよ
うにデザイン画が描かれているのですが・・・。

最近の私の妄想は「私のデザインをもとにリュックを作ってくれると
ころを見つけて、オリジナルリュックをネット販売し、それが大評判
となり大儲けする」ーーというもの。

妄想が高じて、この頃はなかば本気でブランド名まで考えちゃってる
私です。

「よくそんな妄想で遊べるよね~」

と娘にはあきれられていますが、母は、

「なんでも、やってみれば?」

と、これまたなかば本気?!

とりあえず、ジュリア・ロバーツの藤のリュックのデザインはいただき
です!(^∇^)/ 

「Sophieデザインのリュックを作ってみたい」という方がいらっしゃ
いましたら、ぜひご連絡くださいませ。

一緒に「大儲け」いたしましょう?! ♪♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。