スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・8・25 分去れの道

時々利用する通販会社から誕生日カードが届いた、8月生まれの
Sophieです。

トシとるのはいやだけど、今年も元気で誕生日を迎えられたというの
は感謝せねばなるまい・・。

そのカードによると、それぞれの誕生日には誕生色があるそうで、
「8/29の誕生色はペールサルビアブルー、色言葉は”気品”」な
んだそうです!

ちょうどカードが届いた日、とある方から主人と一緒に高級フランス
料理レストラン「ひらまつ」のディナーに招待されていた私。

実は「ひらまつ」には随分前ランチに1回行っただけで、ディナーな
んて自腹では行けず、今回がもちろん初めて。

「ベルギー・アールヌーヴォー」の建築様式を表現した内装デザイン
は、入り口からして圧倒される重厚さ豪華さ。
    ↓
http://www.hiramatsu.jp/hakata/space.html

足がすくむようでしたが、ほら、なんせ「気品」が誕生色言葉の私で
すから、「いつも来てるわ、慣れてるわ~」という雰囲気を精一杯漂
わせ、おっとりと微笑みつつ、「優雅ぶりっ子」しましたわ。

5テーブルぐらいある小部屋は、私達だけで貸し切り状態。

給仕をしてくれたギャルソンは、谷原章介似のイケメン。

お料理は今まで見た事も聞いた事もないようなものばかり。
  ↓
アミューズブーシュ
ひらまつ1

アーティチョークのショー・フォロア
ひらまつ2

的鯛のポワレ シェーヴルのムースリーヌソース
ひらまつ3

小鳩のロースト ソース・グランヴヌール
ひらまつ4

ヴァシュランとスフレグラッセのカシス風味
ひらまつ5

ハーブティーに小菓子
ひらまつ6


以前ならった「フレンチテーブルマナー」を実践せんと、ここぞとば
かりに頑張ったのですが、やはりどうしても左手フォークで食べる、
というのが至難の技でした。
  ↓
http://pucca72.blog11.fc2.com/blog-entry-34.html


「気品」という言葉にもっとも似つかわしいのはやはり皇后美智子様
でしょう。


その日の午前中は、いつもお世話になっている南区に住む叔母のとこ
ろに娘と一緒にお邪魔していたのですが、軽い昼食をーーということ
で作ってくださったサンドイッチをいただきながら、叔母の話がおも
しろくてついつい長居をしていました。

叔母は、「歌会始」に入選して皇居に呼ばれ、美智子皇后にじかにお
目にかかるのが夢で、そのためにはやはりちゃんとした先生に習わな
ければならない!ということで、NHK学園の通信講座を受けること
にしたのはいいけれど、絶対の自信をもって送ったものがことごとく
「C」で返ってくるのに嫌気がさし早々にやめてしまったそうな。


その叔母が一番好きな歌だと言って教えてくれたのが、これ。
      ↓
「かの時に 我がとらざりし 分去れの 
                 片への道は いづこ行きけむ」


これは「道」がお題の年に、美智子皇后が詠まれた歌だそうです。

も少し若い頃は夏目雅子そっくりと言われた(今でもきれいですが)
美人の叔母は、やはり私の母と同じく、大学在学中に親にお見合いを
させられたのですが、当時、東京で東大卒の弁護士さんからも結婚を
申し込まれていたそうです。

「あの時のカレは、日弁連の会長にまでなられたのよ。もしもあの時
カレと結婚していたらねえ・・・。あれが私の”分去れの道”だったわ
あ・・。」と、遠い目をする叔母。

ま、今でも十分叔母は幸せだと思いますけどネ。

誰にでも(たとえ今に別に不足はなくとも)、

「もしもあの時、あちらの道を選んでいたら・・・」

と思うことはあるのではないでしょうか。

とらなかった道だからこそ、バラ色に輝いて想像してしまうところは
あるでしょうけれど、でも、どんな選択であったとしても、今の道を
選び取ったのは最終的には結局自分。

選び取った自分を信じていくしかないんだなあ・・。

就職、結婚、とこれから何度も大きな分去れの機会があるであろう娘
に、どうか自分を信じて選択ができますように・・と祈った私でした。


ーーところで、「優雅ぶりっ子」の続きですが、

ご馳走を食べ過ぎてお腹がいっぱいになりすぎて、最後のハーブティ
ーと共に出てきた小菓子がどうしても入らない。

でも「気品」のある私が、「これ、お持ち帰りにしていただけます?」
なんて口がさけても言えないーーー横目で見ながら泣く泣くあきらめ
ました。

いつもなら「美味しかったですう~!」と言うところを、しとやかに
「大変美味しゅうございました」と谷原章介に会釈をし、完璧な夜は
終わりました。

ーーーと思っていました。

ところが

夏バテに加えこのところずっと歯が悪くて鎮痛剤や抗生剤を連日飲ん
でいたせいか、はたまた赤白ワインのフルボトルを3人で空けたせい
か、帰りのタクシーの中で猛烈に気分が悪くなり、家に帰り着いた途
端、あの高級料理を全部吐いてもどしてしまいました・・・。
(お食事中の方、ゴメンナサイ)

なんてこったい・・・。

トイレにはいつくばりながら、「気品」とはまったく縁のない「分去
れの道」をゆく自分を思いっきり悟った日でありました。
スポンサーサイト

2010・8・18 先週に引き続き・・

この暑さは何なんでしょう・・・すっかり夏バテってるSophieです。

ひたすらだるい・・動きたくない・・。

この炎天下、あれだけ動き回る高校球児はえらい!それをスタンドで
応援してる人たちもえらい!ーーとテレビを見ながら感心しています。

例年、高校野球が終わると涼しくなる・・という感覚があるので、優
勝校が決まる頃にはこの暑さもやわらぐと期待しているのですが・・。

お盆も終わり、今週からまたいつもの生活に戻りました。

先週は父の初盆ということもあり、お客様も多く、ちょっとした非日
常が続いておりました。

非日常といえば、先週の編集後記で書いた父の鉄道(駅)の本ですが、
全部で10名の方にお送りすることが出来まして、感謝しております。

興味を持ってくださり、「欲しい」と連絡をくださった皆様、本当に
ありがとうございました!

普通に生活していたらご縁もなかったであろう方々が、こうして父の
本を読んでくださり、父の愛した世界を一緒に楽しんでくださるなん
て、ほんとに嬉しく、かつ不思議な気持ちです。

「実の娘もろくに読まなかったものを、たくさんの方が興味を持って
読んでくださったよ」

と、仏前に報告いたしました。

「駅を地理学的な視点で見られており、その駅がなぜあるのか、その
名前の元は何なのかなどをきちっと調べ上げており、写真とあいまっ
て、すごい、の一言でした」

「学生時代に住んでいた長野の大糸線や飯田線、社会人の研修の時に
利用した山口線がのっていて、なつかしく思いました」

「青春18切符を片手に、東京から北海道や大阪へローカル線を一人
旅したときのことを思い出しました。そのときの、好奇心を満たすよ
うなワクワクとした甘酸っぱいような、そんな感覚がよみがえってき
ました」

「気ままに旅に出て、巡り会ったその土地の空気を吸い込み、時間・
空間・趣を存分に味わい楽しむ・・そんなわくわく感がこの本にはギ
ッシリと詰まっているなーと思いました」

「釧路の出身なので、根室本線(花咲線)のことが収録されていたの
が大変なつかしく、嬉しかったです」


「スキーで行った安比高原駅や津南駅はこんなだったっけな~。私が
行った駅もあれば、どんな線かどんな駅か想像しか出来なかったのが
写真にのっていて感激です」


ーーーなどなど、感想もいただき、その方たちの思い出とともに読ん
でいただけたことも大変ありがたいことだと思いました。

母もたいそう喜んでおりました。

ただ、

「この本の出版さえなければ、このボロ家を建て直すお金ぐらい
出来たかもしれないのにねえ・・」

と多少うらめしげに?!ため息をついてはおりましたが・・・。

このお盆のお客様に、息子のカノジョも初めて東京から来てくれたの
ですが、なぜか息子よりも夫の方がテンション高く、何週間も前から
家の掃除はするわ、「何処へ連れていこうか」「何を食べようか」と
アレコレ計画をたてるわ、異様に張り切っておりました。

結局、盆の時期は遠出をすると高速が混むだろうということで近場を
ドライブして回ったのですが、2日目の夕方、福岡から車で小1時間
西に走ったところの糸島の海岸で夕食をとりました。

この糸島半島志摩町には「二見ヶ浦」という海岸があって、大しめ縄
で結ばれた1組の「夫婦岩」があります。

夫婦岩がある海岸線は、「日の入り」の夕日がきれいに見えることで
有名で、「サンセットロード」という名前がついています。
  ↓
夫婦岩の夕日
二見ヶ浦
食事をしたレストランからの眺め
    ↓
二見ヶ浦


すると、海岸に降りて夫婦岩を眺めながら、カノジョさんいわく、
「伊勢の方の二見浦は、日の出が有名なのに、こちらは反対なんです
ね」。

へ~~~っ!

伊勢にも二見浦があるんだ、知らなかった~!

・・・って言ってたら、ちゃんと、ありました、父の本の中に。

参宮線、二見浦駅。

「二見浦までは駅から徒歩約15分。夫婦岩は海上にある大小二つの
岩で、長さ35mの大しめ縄で結ばれている。4月から9月までは岩
の間から日の出を遥拝できる」

若いカノジョに教えられ。

「真面目に読んどらんから、そういう恥をかく!」

ーーと父の声が聞こえてきそうです。

後日、カノジョさんから御礼のメールが届きました。

訪れた所がどこも楽しく、食べ物も美味しかったこと、とても充実し
た3日間だったこと(これを聞いてさぞ夫は鼻の穴ふくらませて喜ん
だことでしょう)ーーーそして、最後に、

「皆様にもどうぞよろしくご鳳声くださいませ」。

ご、ご鳳声・・??(?(。_。).。o0O??

初めて聞く日本語だっ!!

漢検1級を受けようとしている、日本語教師の妹に聞いてみた。

「ねえ、”ご鳳声”って知ってる?」

「知らん」ヾ(--;)

またまた若いカノジョに教えられ・・・。(さすが副社長秘書)

時々突拍子もないことをやらかす常識のない我が息子のことを、私は
「アホ息子」とよんでいるのですが、カノジョによると私と息子は非
常によく似ているらしい。

ーーーということは、結局私ら、アホ親子・・・・

と、なさけなく思いながら、「ご鳳声」を辞書で引く私なのでした・
・・。


2010・8・11 元祖鉄ちゃん

立秋を過ぎ、夜は少し気温も下がりウォーキングがしやすくなりまし
た。

でもまだまだ日中は暑いので、熱中症になるのをおそれあまり出歩か
ず、出かける時はつい車に乗ってしまうSophieです。

今週は初盆。

先週土曜日に四十九日の法要をすませ、あちらの世界に旅立って行っ
たばかりの父は、またすぐお盆で帰ってこなければならず、「あわた
だしいのう」とでも言ってるかも・・・。

こちらの世界でも、初盆のお参りに来てくださるお客様も多く、母は
なにかとあわただしく過ごしています。

そういうとき、お参りに来てくださった方と自然と昔話や思い出話に
なりますが、皆さんがよくお話になるのが、「先生は鉄道がお好きで
したよねえ」ということ。

私など「どうして毎年買い替える必要があるのだろうか」と思うの
ですが、父は時刻表も必ず毎年分厚く大きいものを本屋から取り寄
せ、どこへ行くという予定がなくとも、嬉々として眺めていました
っけ。

今また鉄道ブームで、男性に限らず女性も子供も、電車を見たり乗っ
たり撮ったりする人が増えているようですが、父は自称「3歳から」
の鉄道ファンで、「鉄キチ歴80年」だとイバっておりました。

鉄道ファンにもいろいろあって、蒸気機関車が好きなひと、車両その
ものが好きなひと、走っている写真を撮るのが好きなひと、乗って旅
するのが好きなひと、などなど専門分野?があるようです。

父の場合は「駅」でした。

現役の頃から、学会などで出張の折、時間が許すかぎり鉄道を利用し
あちこちの駅に立寄り写真を撮っていたようですが、退官後時間の余
裕ができたことから、「JR全線に乗り、全駅に下車して駅舎の写真
を撮ろう!」という目標を掲げたそうです。

「そうです」ーーというのは、父の本にそう書いてあったからです。
(趣味が高じて、生前計5冊も駅についての本を自費出版しているの
です!母いわく、鉄道旅行と本の出版が父の唯一の贅沢・道楽であり
ました。)

あいにく、母を始め私達きょうだい誰一人鉄道に興味はなく、父の趣
味に理解を示す者はなく、贈呈された本も皆ろくに読んでもいないの
では・・?(お父さん、ゴメン!)

でも、まじめに読んでくださった方は「その駅がある地に関する歴史
や文化も実によく調べて書いてあったり、紀行文としてもとても質の
高いものです」などとおっしゃってくださいます。

JR全線の完乗はほどなく達成し、全駅の写真を撮るというのも、ロ
ーカル線含め95%以上やり遂げたそうです。

本数の少ないローカル線で一駅一駅下車していくというのは時間がか
かって大変らしく、2駅先に降りて写真を撮ったあと逆行の列車に乗
り1駅戻る、そして次の列車をとらえるーという工夫をしたり、自分
でマイカーやレンタカーを運転して回ったりもしたそうです。

無人駅で列車を待つ間に、箒とチリトリで駅舎の掃除をしたり、好き
なクロスワードパズルで時間をつぶしたり・・・。

そういうことすべてが、父にとっては無上の楽しみであったようです。

でも「生き甲斐」ーというよりは(父も本で言ってましたが)「これ
は単なる物好き、子供らしい幼稚な道楽である」ということでした。

父は子供時代を満州で過ごしたそうですが、あの大陸を走る鉄道がそ
の原点だったのでしょうか。

何処の線でも駅でも、聞けばものすごく詳しく知識が豊富でした。

ああ、もう少し興味を示していろんな話を聞いておけばよかったなあ
・・・と、父の本を引っ張りだして見ながらちょっぴり後悔していま
す。

駅舎専門家?!の父としては、「日本の駅舎は残念ながら外国のそれ
に比べて貧弱であり芸術性に乏しい」「日本でも、丸の内東京駅の赤
煉瓦、門司港駅のルネサンス建築などは美しいが、いただけないのは
最近流行りの橋上駅、駅舎のない高架駅、テナントを容れた民衆駅で
ある。利便性を追求するあまり、心の安らぎが感じられない」
という
のが持論でした。

今その東京駅も改築中、地元博多駅も来春九州新幹線開通に合わせて
新しい博多駅に生まれ変わります。

その新しい駅を父に見せたかったなあ・・と思います。

父はどういう感想を持つでしょうか?

「近代的すぎて風情がない!」と怒るでしょうか・・?

さて、
父の膨大な駅舎の写真とネガが入ったアルバムを、今後どうするかが
母の頭の痛いところです。

弟は、「全部処分しといてよね、あとが困るから」とツレナイことを
言いますが・・・。

父の本も、知人に贈呈しまくったあと、本屋で売れるはずもなく、実
はまだ段ボール箱いっぱい残っているのです。

メルマガ読者の皆様のなかで、もし、鉄道(特に駅)にご興味のある
方がいらっしゃって、読んでいただけたらそれこそ父も「無上の喜び」
だと思います。

そんな奇特な方がいらっしゃいましたら、住所・名前・電話番号
明記で、ぜひ「英語リーディング筋トレ」のマックスにご一報
くださいませ。
(or このブログで私にメッセージをくださいませ)  
    
マックスのアドレスはこちら
   ↓
max@customer-respect.com

送料こちら負担で喜んで贈呈させていただきま~~す!!

2010・8・4 夏といえば

夏といえばーー甲子園の高校野球、そして花火大会です。

福岡には中央区に大濠公園という、中国の西湖を模して作られた、市
民の憩いの場となっている公園があるのですが、そこで毎年8月1日
に花火大会が催されます。

読売新聞によると、「福岡城の外堀として利用された大濠公園は、周
囲360度から花火を観賞できることが最大の魅力」なんだそうです。

今年は日曜日と重なったこともあり、46万人の人出があり、約60
00発の花火が打ち上げられ、1時間半にわたって大音響と歓声が響
き渡りました。
  ↓
20100802-765618-1-L.jpg
(これは読売新聞さんから拝借した写真です。さすがプロ)

もちろん大濠公園で見る方が大迫力でいいのでしょうが、あまりの人
の多さに身動きもできない、しかも暑い!

ーーということで、今年も、公園近くのマンションの17階に住む友
人の、「花火見に来ない?」のお誘いに、「行く、行く~~!!」と
ふたつ返事で出かけていったSophieでした。

Y宅からの眺め


そしてそこには、当然のようにご馳走とビールとワインが・・。
    ↓
花火party料理


思えば、私達が夏に花火を見るのは、春のお花見のようなものですね。

花火も、パーッと咲いてパーッと散るのが桜と似ていますし・・。

花火
(マンションのベランダから撮影した花火)

この花見ならぬ「花火見Party」の主催者Yちゃんは、ニューオーリン
ズに住んでいた頃通っていた大学のESLで同じクラスだった、25
年来の友人です。

彼女のPartyに呼ばれていつも感心することが、多彩な顔ぶれのguests
です。

友人歴の長さ故?か、私は毎年招待される光栄に浴しているのですが、
毎回来られる方の顔ぶれが違うのでほとんどの方が初対面ということ
になります。

今年も、お花の先生、弁護士さん、加圧トレーニングのインストラク
ター、調剤薬局の社長さん、世界一周をしたというカップル、青果市
場をやってらっしゃるご夫婦、建築士さん、居酒屋や塾やテニススク
ールを経営している若きentrepreneur、などなど、年齢も職業もバラ
バラで「一体どこでどうつながってるの?!」と言いたくなるような
メンバーでした。

でも、Yちゃんのすごいところは、その初対面のメンバー全員を、前
から知っているかのような気持ちにさせる心配りが実に細やかなこと。

遅れて来たひとがあってもその都度必ずひとりひとりをまた紹介し、
乾杯をし、誰がどんなことをしていて、自分とどういうお友達である
のかをきちんと紹介してくれます。

共通点があればそれを話題に引き出してくれます。

食べ物が行き渡っているか、飲み物がきれてないか、楽しんでいるか、
全員のことを絶えず気くばり、目くばりをしているのです。

彼女の天性の明るさやfriendlyさも手伝って、partyが終わるころには
「友達の友達はみな友達~~」と親しくなれるのですね。
    
花火大会party


とかく、日本人は「同じ」類で群れたがったり、partyなどでも知った
人としかしゃべらないーーと言われますし、私もどちらかというと恥
ずかしさもあり、積極的にpartyで話しかけるのは苦手なので、

「Yちゃんのように自然に人と人を結びつけてくれるような人って、
すごいな!」

と、花火以上に彼女の笑顔が心に残った夜でした。

ところでーーー、

大濠公園は池の周囲が2kmあり、ちょうどジョギングやウォーキング
に最適なこともあって、平日休日、朝昼夜関係なく、走る人歩く人犬
の散歩をする人・・などでいつもいっぱいです。

我が家の愛犬ロッキーちゃん、最近ヘルニア気味になってしまい
かかりつけの獣医さんから、

「腰の負担を減らすために、この夏は本気でダイエットに取り組んで
ください!大濠公園でも歩いたらどうですか」

と言われてしまいました。

「この夏は本気で痩せてください!」

・・・この言葉はまるで私自身に言われたかのよう・・・。

犬は飼い主に似るとも言うし、

一番「本気で大濠公園を走らなければならない」のは、私かもしれま
せん・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。