スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・6・30 この世では、さようなら

Sophieです。

6月21日に父が亡くなり、とりこんでおりましたので、先週の編集
後記をお休みしてしまってすみません。

入院してからちょうど3ヶ月でした。

母いわく、「ほどほどが信条のお父さんらしく、ほんとにほどほどの
時を選んだようね」。

今の保険制度では3ヶ月過ぎると病院側はほとんど利益がでなくなる
そうなのですが、その意味でも病院にも迷惑をかけないように、また
私達にも徐々に覚悟ができるように時間をくれ、母にとっても「一人
暮らしとはこんなものなのだな」と夜一人で過ごすことが慣れてきた
ころに、「もうよかろう」とでも言うみたいに、大きな咳を1、2度
して、スーッと息をひきとりました。

最後の2ヶ月は意識もありませんでしたから、痛みもなく死への怖れ
もなく、母に見守られながらやすらかな、幸せな最期だったと思いま
す。

3ヶ月間、毎日のように母を囲んで、病室に私達きょうだいや、いと
こ達や叔父叔母達が集い、差し入れのお菓子をいただきながら(ゆえ
に私達は看病疲れで痩せることもなく)まるでなにかのサロンのよう
に、いろんなおしゃべりをしながら過ごした時間は、変な感覚なので
すが、とっても「楽しく幸せな」時間でした。

今まで以上に絆が深まり思いやりに満ちたときを過ごせたことも、父
からのプレゼントであったような気がします。

26日に告別式を行いましたが、大学を退官して20年近く経つとい
うのに、600人が入るホールいっぱいの沢山の方が雨の中お別れに
来てくださり、また会場に入りきれないほどの献花、山のような弔電
もいただき、父の仕事や業績のことなど何も知らない孫世代にとって
は「おじいちゃんって、偉かったんだね」とびっくりしているようで
した。

ーーでもかくいう私自身も、弔辞をよんでくださった先生方の内容か
らあらためて、「ほ~、そうだったんだ・・」と初めて知ることも多
く、ただの「とっつきにくい頑固オヤジ」だった父の側面を知った思
いがしています。

父は病理学の教授でしたが、実は私は自分の父親が実際何をしている
のか、ある程度大きくなるまで知りませんでした。

「なにか顕微鏡を覗いて、解剖というのをするらしい」とは聞いてい
ましたが、小さいころは、「カエルやモルモットをカイボウ(←意味
がわかっていない)しているんだろう」ぐらいの感覚でした。

それが「どうも人間をカイボウしているらしい・・」ということがわ
かってくると、フランケンシュタイン博士みたいなイメージがわいて
きて、「このヒトいったい何をやっているんだろう・・」とちょっと
不気味に思えたり。

父は軟部腫瘍が専門でその分野では世界的な評価も受けていたそうで
すが、ことさら自分の仕事のことを話す人でもなく、また私も聞くで
もなかったので「何をしてるのかわからない」状態は続いていました。

病理医は、病変の組織標本を顕微鏡で良性か悪性かなどを的確に診断
し、担当医に助言する「患者がめったに見ることのない医者」と言わ
れています。

地味で目立たない、でも非常に重要な仕事なのに、世間の認知度は低
く(「白い巨塔の大河内教授」とか「向井千秋のご主人の万起男さん」
と言うと「あ~」という人も多くなったそうですが)、小児科医や産
婦人科医の不足が言われていますが、病理医の不足はその比ではない
そうです。

その「何してんのかワカンナイ」父をがぜん見直すきっかけになった
のが、高校の終わりにたまたま読んだ、アーサー・ヘイリーの「最後
の診断」という本でした。

内容のこまかいことは全然覚えていないのですが、とにかく「病理は
大事だ!」と感銘をうけたことと、登場人物の病理医の偏屈さと頑固
さが父に似ていて(?!)その題名だけは記憶に残っています。また、
アメリカにおける病理医の地位の高さにも驚いたことでした。

(もう一度さがして、読み直してみようと思っているところです)

「地味で目立たない」「学者で華美なことがきらいな」「”ほどほど”
が信条」の父らしく、葬儀のことも母に「すべて下から2番目で」と
言いおいていたそうで、

「棺はどれになさいますか?」

「下から2番目で」

「骨壺はどれになさいますか?」

「下から2番目で」

「祭壇は・・・」

「下から2番目で」

・・・と、葬儀社と母のやりとりは続き、しまいには葬儀社の方から、

「下から2番目はこれでございます」

で、すべてスムーズにコトは決まっていったのでした。

(「下から2番目」の、白菊だけのシンプルな祭壇はスッキリと美し
く、「すてき」だと皆さんからもなかなか好評でした。)

弔辞をうかがっても、「とっつきにくく怖い存在だったけれど、心底
やさしい人」というのが父の人間像であったようです。

きょうだいの中でも、私は一番父に似ていて、「橋の下に捨てても顔
ですぐどこの子かわかる」などと言われてきましたが、照れ屋で素直
にお上手が言えないようなところも、すごく似ていたと思います。

父が火葬される直前、生まれて初めて、

「お父さん、ありがとう」

「あなたの娘で幸せでした」

とやっと言えました。

そんなことは、生きてるうちにちゃんと言うもんだ、という人もいる
でしょうが、口に出さなくとも、きっと父はわかっていてくれたと思
います。

私も、言われなくても、ちゃんと愛されていたことがわかっていたん
ですから。

でも、これからは、母には出し惜しみせずに、ちゃんと伝えていこう
と思って・・・・

いや、やっぱり照れくさくて言えないかなあ~~・・。

お父さん、しばらくのお別れですが、また、天国で会えるよね。

それまでしばし、この世では、さようなら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<追記>
告別式では、弔辞の最後に私の息子が孫代表として、「お別れの
言葉」を述べました。
「英語リーディング筋トレ」の編集後記の方にはもちろんこれは
のせていないのですが、ここは個人的なブログでもあり、備忘録
としてほんとにワタクシゴトですが追記させていただきます。
前日に私も一応目を通しましたが、ほとんど手直しするところもなく、
彼の祖父に対する正直な気持ちがあらわれていたと思います。

「祖父への弔辞」

孫を代表してお別れの挨拶を述べます。
おじいちゃんとは去年の暮れに紅白歌合戦を一緒に視聴していたので、
今御霊前に立ち、このような形でおじいちゃんとの思い出を語るとは
思いもよりませんでした。

おじいちゃんは孫達にとってもとても怖い存在でした。
言葉数多く叱られることはありませんでしたが、
威厳と威圧感が伴う一言には、親の説教とは違う重みがありました。

しかし怖いばかりではなくとても優しいおじいちゃんで、
鉄道好きだったのでよく電車を見に駅や線路脇に連れていってくれ
たり、トイザラスにおもちゃを買ってもらいに行ったりしました。

分かりやすい優しさはなかなかありませんでしたが、
私が初孫として誕生したときに、私の写真を財布に入れて持ち運
んでいた話を聞いたときは嬉しかったです。

また大変記憶力が優れていて、私がおじいちゃんと同じ修猷館高校
に入学した際は、修猷館館歌をまだ覚えていると言ったり、
私が大学で上京したときに住んでいた周辺の駅名を
私より詳しく知っていたり、何度も驚かされることがありました。

クロスワードパズルが大好きで、新しい言葉もいろいろ教えてもら
いました。

水戸黄門やサスペンスドラマも好きでよく一緒に見ましたね。

あれやこれや思い出はつきません。

今では私達孫も手足は伸びきったものの、人間としての成長は
妥協を許さないおじいちゃんが期待していたものには
まだまだ遠く及ばない状況です。

会うたびに握手をして「しっかり。」と激励してくれたおじい
ちゃんを思い出しながら、
何か困難に向かい合ったときは「おじいちゃんならどうするだろう」
と自分に問いかけながら、明日から日々精一杯生きて行きます。

おじいちゃんの孫として生まれてこれたことをとても誇りに思います。

今まで長い間お疲れさまでした。そして私達孫を可愛がってくれて
ありがとうございました。

おじいちゃんの大切なおばあちゃんのことは、私達が全員でこれから
守っていきますから、安心してください。

お別れするのは寂しいですが、これからも天から皆を見守っていて
下さい。
さようなら。



スポンサーサイト

2010・6・16 私のなかに宇宙がある

核酸を飲み始めて1週間ーー若返り続けているSophieです。(←ウソ
です)

太陽の回りを5周、約60億キロの長旅の末帰還し、カプセルを届け
てくれたはやぶさ、日本サッカーのカメルーン戦勝利、と感動でうる
うるすることが続きますね。

満身創痍で帰ってきたはやぶさストーリーは、日本の科学技術の素晴
らしさも証明してくれました。

テレビで誰かコメンテーターが「ここを仕分けしちゃいかんだろ!」
と言ってましたが、ほんとほんと!

カプセルに入っているかもしれない小惑星イトカワの砂を分析するこ
とによって、46億年前の太陽系の形成モデル解明につながる可能性
があり、ひいては地球の基となった物質や、なぜ地球に水があるのか、
あるいは生命の起源にまで迫る大きな手掛かりにもなりえるそうです。

先週の金曜日、私達トーンチャイムのグループは、太宰府天満宮での
花菖蒲鑑賞会に呼んでいただき演奏をしてきたのですが、その演奏の
前に、主催者側である国際奉仕婦人部の方たちの研修としてある病院
の産婦人科の先生がなさった「生殖医療」についての講演を、一緒に
聞かせていただきました。

講師のS先生は、世界初の試験管ベビーを誕生させたPatrick Steptoe
先生のもとで研究をされた、生殖医療や遺伝の専門家でいらっしゃる
そうで、まず、「遺伝子とは何か」というお話から始まりました。

出ました、DNAの二重螺旋!

DNA


遠い遠い日、生物の時間に習った記憶がかすかにある、遺伝情報の元
の元。

「DNAは細胞核の中にあり、この物質こそが私たちが遺伝子と呼ぶ
ものです。染色体は巨大な糸巻きのようなもので、ヒストンというタ
ンパク質のまわりにDNA鎖が巻き付いています。DNAはアデニン
(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4つの塩基からなり・
・・(ここいらから聞いてももうチンプンカンプン、以下省略)」

染色体モデル


この二重螺旋のテープの上にA,T,G,C4つの塩基が整然と正しい順番
で並んでいて、ヒトの細胞1個の核に含まれる遺伝子の基本情報量は
30億塩基対!!あり、これをもし本にすると1000ページの本
1000冊分になると言われています。

これだけの膨大な情報量が、人間の60兆の細胞のひとつひとつにあ
るわけですから、その量たるや天文学的数字です。

また、これら遺伝子の構造と原理は、地球上すべての生物に(カビも
大腸菌も植物も)同じなんだそうです。

イトカワの砂が、地球の生命の起源をさぐる手掛かりになるかもしれ
ないーというニュースを聞いて、ますます、人間のいのちって宇宙に
つながっているのだなあ・・という神秘に圧倒される思いがしたので
した。

DNAは糖とリンと塩基から出来ているのだから、自然界に生命のも
とになる素材はいくらでも存在しているわけだけど、しかし絶対に
「偶然に」「自然に」生命ができたとは思えません。

もし、そんなことができるのなら、時計の部品を箱の中に一式入れて
おいて、その箱をシャカシャカと振れば自然に時計が組み立てられて
出来ちゃったーようなものです。

それを創造主と呼ぼうが神と呼ぼうが、とにかくとてつもなく偉大な
意志が存在し、目的をもってこの生命の設計図をつくってくれたと思
わずにはいられません。

また、遺伝子は原理は同じなのに、その組み合わせによって、二つと
同じものはなく、一組の両親から生まれる子供には70兆通りの組み
合わせがあるそうです。

自分という人間が今ここに存在しているユニークさ(being the only
one of its kind, very special or unusual) ということは、70兆分の1
の奇跡なんですねー。

地球も、太陽からいまよりほんの少しでも遠かったり近かったりした
ら、また軸の傾きがほんの少し違っても、私達が生きられる環境には
ないそうです。

水、金、地、火、木、土・・・と覚えたあの順番もそれぞれの軌道も
なにか大きな大きな意志のもとにそうなっているのではないかしら。

ミクロの遺伝子もマクロの大宇宙も、あまりにも美しい秩序を持って
動いている不思議。

私の中に宇宙があるーーそんな感覚に満たされ、なんだか感動で胸が
ふるえます。

技術が進みすぎて、生殖医療の現場には以前には思いも及ばなかった
新たな問題が山積しているようですが、人間は人間のアタマや科学を
越えた大きな存在の前に謙遜である心は忘れてはいけないのではない
かと思いました。

さて、講演のあとは、いよいよ私達の演奏です。
           ↓
太宰府チャイム演奏

太宰府チャイム演奏



2日前に商工会議所のオジサマ方100名ほどの前で演奏したばかり
だったので、それがリハーサル代わりとなっていたし、今日もバッチ
リよ!ーーと不安のかけらもなかった私。

演奏しながら客席に向かって笑みすらうかべるこの余裕。

3曲目は聞かせどころの、カッチーニの「アヴェ・マリア」。
(これはスラバの歌で日本でも有名になりました。とっても素敵な曲
です)
 ↓


私は右手左手にそれぞれ2本ずつチャイムを持つという、4刀流の高
等技を駆使します。

前奏に続いて、テノールのY先生の厳かな歌も始まり、担当箇所のC#
(ド#)を振るーーと、

あれ~~~??!!なんか違う音・・・・

(えー、私、何の音持ってるンダ?)と体をねじって音の表示を見た
ら,

どっひゃああ~~~っ!!

C#じゃなく、G#(ソ#)を握りしめていました!

C#とG#を間違うなんて、これも老眼のなせるわざか。

演奏は始まっているし、頭パニックになりながらも、

(な、なんとかしなきゃ、替えなきゃ。C#はどこにあるンダ?前の
曲では誰が使ってたんだっけ?)

あった!二人隣りのYさんの前の台の上だ!

担当音がない4小節分の間に、素早く横に欽ちゃん走りで走りより、
グワッシ!とC#をつかみ何くわぬ顔でまた元に戻るーーーといっても
もう客席にはバレバレなんですけど・・・。

せっかく高尚で深遠なことを考えていた私のアタマはすっかり現実に
戻り、またみんなに迷惑をかけてしまった情けなさに身も縮む思い・
・・(泣)

でも、他の皆さんの素晴らしい演奏とテノールの美しい歌声、リーダー
のピアノーーのおかげで、「すばらしかったです!」と喝采をうけ、
またその場で別のオファーもいただき、次につなげることは出来たの
でした。感謝♪

それにしても、毎度毎度の舞台での失敗、失態。

私の遺伝子には、「そ・こ・つ」という暗号が組み込まれているので
はないだろうか・・・。


見頃だった太宰府の菖蒲
 ↓
菖蒲園景色

 
菖蒲園全体写真

2010・6・9 やっぱりね?!

先週土曜日に、お見合い(のようなもの)をさせたSophieです。

かしこまったものではなく、主人の知り合いと私の知り合いと4人で
お食事をしただけなのですが。

美男美女で、私達から見てもとてもお似合いだったし、お食事の後は
我が家に来てもらって、遅くまで飲んで、話もはずんで・・とイイ感
じだったのですが、翌日男性の方からお電話があり、

「とても魅力的な方だとは思うけれど、どうも自分とは合わないと思
う・・」

とのことでした。

女性の方はもう一度お会いしたいとおっしゃっていただけにとっても
残念で、なんだか自分が断られたような気分になってガッカリしてし
まいました・・。

「ちょろっとお話しただけじゃわからないこともあるじゃない?もう
1回ぐらいお二人で会ってみればいいのに~」

とゴネる私に、主人はあきらめも早く、

「仕方ないじゃないかー」

とアッサリ。

こういうことは「ご縁」のことなので、傍から見てどんなに良いと思
ってもどうしようもないものがありますが、「合う」「合わない」と
いうのは一体どこで決めるものなのか・・??

俗に、第一印象は1秒で決まる、いや4秒だ、7秒だ、といろいろ説
はあるようですが、とにかく人の印象を決めるのは一瞬のことらしい
です。

私のお友達でビジネスマナーや魅力学の講師をしていらっしゃる方は、
第一印象は「0・4秒で決まる」と言ってらっしゃいました。

「0・4秒でその人の何がわかる?!」と言いたいところですが、そ
の一瞬でわかる(感じる)ものとは、やはりその人の持つ”気”とか”オ
ーラ”とか”波動”とか、気配レベルそのものでしょうか。

つまり、人がある人を見て感じる霊感、第六感的なものこそが一番正
しく自分に合った人を判断するのかな~?と思ったりしたのでした。

この「気配レベル」というのは、月曜日のマックスの編集後記に書い
てあった「無意識レベルのコミュニケーション」とも通ずるものなの
かもしれないなあとも思いました。

それがお互い同じように、同時に「合う!」と感じてくれればいいの
ですが、そう上手くはいかないのが人間の難しさ、複雑さなのでしょ
う。

ああ、残念・・(←まだ言ってる)

私自身は、ひとにどういう第一印象を与えているのかなあ・・?

「単純そう」

「アホっぽそう」

「お世辞に弱そう」

「褒められたらすぐノリそう」

「すすめられたら気が弱くて断れなさそう」

「人の言うことを批判精神なくすぐ鵜呑みにしそう」

ーーーだったりして・・・。

はい、お察しのとおり。

先週の編集後記で書いた、マリさんの核酸を飲み始めた私です。

あああーーー「やっぱりね」と笑ってください・・・。(≧д≦)・゚゚







2010・6・2 ほめほめ大作戦

6月ですね。家の庭の紫陽花が咲き始めました。
 ↓
DSC04067_convert_20100601212353.jpg
 

先週日曜日のこと、とびこみで入った美容院で、30代に間違われた
Sophieです。

ーーーという出来事に関連してひとつ。

先日のニュースで、新たな振り込め詐欺として、俳句や短歌を嗜むお
年寄りをターゲットにした「ほめほめ詐欺」が急増していると注意を
よびかけていました。

「あなたの短歌(俳句)が素晴らしいので雑誌に掲載させてほしい」
と電話がかかり、作品を誉められて悪い気はしないし、無料だから・
・・と親切心で承諾すると、後から広告代理店と名乗るところから9
万円の請求書が届いたーーーというもの。

話が違うと支払いを拒否すると脅しにかかり、執拗に電話がかかって
くるため、着信音が鳴るたびに怯えノイローゼになった女性もいるそ
うです。

「オレオレ詐欺」はさすがに広く周知のこととなり被害も少なくなっ
ただろうけれど、悪い人というのはまあ、かくもこう次々に新たな手
口を考えだすものだなあ・・。

ある意味アタマがいい?!のか、人間の心理的な隙をうまくついてく
るような気がする。

誰だって、ほめられたら嬉しいし、短歌と限らずどんな分野でも自分
の作品が認められて、それが雑誌や新聞(メジャーな大きなところで
なくても)に掲載されて人の目にふれるというならば、「いいですよ」
と承諾してしまうでしょう。(電話では決してお金がかかるーーとい
うことは言わないそうです)

私が子供だったころは、「ほめる教育」というよりは、「悪いところ
を矯正する」スパルタ教育の方が主流だったのか?!、自分自身、あ
まりほめられて育ったという記憶がありません。

よくたたかれもしたし、押し入れに入れられたり、家の外に出された
り・・。(ま、めげませんでしたけどネ

小・中学校を過ごした鹿児島では、宿題を忘れた子がいたら連帯責任
をとらされて班全員が床に正座して、椅子の上に教科書広げて勉強し
たりもしてました。

ほっぺたビンタなど日常茶飯事。(よく誰も文句を言わなかったもの
だなあ~・・と今思えば不思議です)

ひょっとすると、ほめほめ詐欺にかかるお年寄りも、誉められ慣れて
ない年代で、「素晴らしい!すごい!」とほめそやされると、それだ
けで嬉しくなっちゃって、警戒心などどこかへいってしまうのかもし
れません。

さて、前記の話に戻りますが、日曜日に久しぶりにデトックスマッサ
ージに行っての帰りがけ。

どうしても頭頂部の白髪染めをしたくなって、以前から目についてい
た「ヘナ(インドの香草を原料とした自然の毛染め)をやります」と
看板の出ている美容室に飛び込みました。

気さくなお話好きのオバサマが一人で切り盛りしているところでした。

そのマリさんというオバサマがにこにこしながらいわく。

「まー、若白髪やねー!」

私「え・・いえ、十分トシ相応ですが・・。」

マリさん「え~、おたく30代やろ?」

ーーーこの一言で、「絶対、営業トークだ」とアタマではわかっては
いても、コロリと単純に嬉しくなった私は、間違いなく誉められ慣れ
てない年代です。

2時間位坐っている間に、マリさんしゃべるしゃべるーー波瀾万丈の
彼女の人生劇場をほとんど全部伺った感じです。

今までになく仕上がりもしっとりと、出来映えが非常に気に入ったの
で、これからも来てもいいかな~・・と思っていると、またマリさん
にこにこしながら、

「私、66歳なのよー。ね、そんなには見えないでしょ?」

「うん、たしかに・・。」(実際お肌もツヤツヤ、とても元気そう)

「私ね、これ飲んでるのよ」

と、持ってこられたのが、核酸のドリンク。

「無理にはすすめないけどね、もし興味があったら、会員になると3
割引で買えるのよ。抗酸化作用があって、肌もきれいになるし、白髪
も減ってくるのよね~。ほんっと、ますます若返るわよー。

うーむ、こう来たか・・。

ほめほめ詐欺のニュースが頭をよぎる。

でも、この程度ならもし効果がなくても別に実害はないしなあ~・・。

良かれと思ってすすめてくれてるのだろうしなあ・・。

このほめほめ大作戦に私がまんまと引っかかって、来週核酸ドリンク
を飲んでたりしたら・・・。

皆さん、笑ってください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。