スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・1・27 母の詫び状

庭の梅、一週間後。さらに開花。

梅5分咲き


今日も1時間歩きましたが、全然正月太りが解消される気配もない
Sophieです。

先週の土曜日、「デトロイトメタルシティ」をテレビで見ました。
「見ました」ーーと言っても途中からなのですが。

(実は予備知識も何もなかった私、題名だけを見て、「近未来のSF
ものかしらん」と思ってました。)

おしゃれなポップス歌手になる夢を抱いて東京に出て来た根岸崇一君
が、意志に反して悪魔系デスメタルバンドのカリスマボーカル、クラ
ウザーになってしまう悲劇(喜劇?)は、途中から見ても十分におも
しろくって、松山ケンイチの正反対のキャラを演じるうまさに涙流し
て笑ってしまいました。

その映画の中で、私が一番感動したのが、大分の田舎で農業をやって
る崇一のお母さん。(宮崎美子がやってました)

もう歌をやめると決心して田舎に帰ってきた崇一が見たものは、クラ
ウザーに心酔して、すっかりヘビメタ風に変わり果てた?!弟の姿。

ビックリする崇一にお母さん、「そうなんよ、家の手伝いもせんし、
学校にも行かんようになってねえ」と、のんびりとした口調で言う。

それは、非難するでもなく、愚痴を言うでもなく、嘆くでもなく、た
だ弟の今のありのままの状態をそのままに受け止めているという自然
体。

そして、クラウザーになって弟を諭そうとしていた崇一と鉢合わせを
した時も、見かけがどんなに変わっててもすぐに息子だとわかっただ
ろうに、これまた何も余計なこと言わずに、「泊まっていかんね」。

私だったら、「なにっ、何なの、その格好!アンタ、何考えてんの!」
と、罵声をあびせ、取り乱してしまいそう・・・。

「人の立場にたつ」とよく言うけれど、人間、概して「自分が正しい」
と思ってるもので、自分勝手に「こうしたら、人はこうしてくれるは
ず」「こう思ってくれるはず」とか、自分の価値観で「こうあるべき」
という理想をひとにも押し付けてしまいがち。

昔の私がまさにそうで、「子供の立場」にちっともたてない親でした。

中高一貫の進学校の寮に入っていた息子が中1のおわりに「やめたい」
と言いだし、そのあげく不登校になったとき、私の「常識」では、
「子供が学校に行かないなんてありえない」のですから、「なんで?」
「どうして?」とうろたえるばかり・・。

いま、思えばあの時は、丸ごと息子の気持ちになって、「そうなの、
やめたいんだね」とそのまま受け止めてあげればよかったんだ・・と
わかります。

崇一がなぜ田舎に帰ってきたのか、理由を問いただすわけでもなく、
笑顔で迎え入れ、さりげなく神社に散歩に誘うお母さん。

そして、崇一は絵馬に書かれた「崇一の夢がかないますように」との
お母さんの言葉を見つけます。

こうして毎日毎日お母さんは神社で僕のために祈ってくれていたんだ
ということを知り、また東京へ戻る決心をする崇一・・もとい、クラ
ウザー。

親は、子供を「信じて、待つ」。子供は自分が愛され理解され丸ごと
ありのままを受容されていることを感じられると、どんな辛い困難な
状況からも一歩踏み出すことが出来るのかもしれません。

宮崎美子演ずるこのお母さんの「子供を信じて、待つ」度量と器の大
きさ、あったかさに、理想の母親像を見た私なのでした。

息子の不登校をとおして、ガチガチの独りよがりの常識に凝り固まっ
ていた私は、「まっ、いいか」「なんとかなるさ」が口癖の超ルーズ
な性格に成長?!させていただきました。

でも・・・・・

彼も、そろそろ結婚してもおかしくはない「お年頃」になったのです
が、このごろ私が思うことーーー

「やっぱり相手は九州のひとがいいよね、お正月とかも帰ってきてく
れるだろうしねー」
「やっぱ、ひとり娘さんじゃない方がいいよねー」

ーーーおもいっきり「親の立場」でしか考えてませんね・・・。

懲りない親です。

ごめんね、息子!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おまけ(シャンプーに出したあと、黄色い羽飾りをつけられて
帰ってきたロッキー。似合わない・・・)

ロッキー黄色いヘア飾り

スポンサーサイト

2010・1・20 映画雑感

うちの庭の梅が咲き始めました。

梅の花


春の訪れが待ち遠しいSophieです。(ウォーキングも再開しましたよ)

月曜日のマックスの編集後記を読んで、引きこもっていた間にスター
チャンネルで見た映画をいくつか思い出しました。

科学で説明できない超常現象(super natural)ーといえばまず
「X-File:真実を求めて(I want to believe)」ですねー。

FBI捜査官の失踪事件に、元神父の霊能者(psychic)ジョーが協力
を申し出、現場復帰をしたモルダーも捜査に乗り出す。

ジョーの超能力を信じたいモルダーと、頭から信じないスカリーの対
比が面白い。

でも、そのスカリーも、彼女が主治医となっている難病の子供の治療
を巡り悩み迷う過程を通して、また、ジョーのおかげでモルダーの
危機を救うことになったことを通して、結局信じざるをえなくなる
のですが・・・。

私自身はけっこう目に見えないもの、科学で説明できないものを信じ
るクチです。


「Henry Poole is here」という映画もとても好きでした。

出てくる場面もフツーの住宅地だけだし、お金かかってないだろうな
あ~・・という超地味な映画なのですが、妙に味があります。

余命わずかと宣告されたヘンリー・プールが、残りの日々を過ごそう
と昔住んでいた場所に引っ越してきて、そこで買った家の壁に奇妙な
シミが出来ます。

隣家に住む信心深いエスペランザが、キリストの顔だと言いだしたこ
とから次々といろんな人が訪ねて来て、奇跡が起こり始める・・・。

当のヘンリープールはまったく馬鹿らしいと信じないのですが。

隣りに住むシングルマザーのドーンと、口のきけない娘ミリーとの交
流もあたたかく、奇跡とはこういう人と人との出逢いや心の通い合い
ではないのかな、とも思えます。


ここからは超常現象やスピリチュアルとは関係ないのですがーーー

「ニューオリンズ・トライアル」は、ジョン・キューザック、ジーン・
ハックマン、ダスティン・ホフマン、レイチェル・ワイズという錚々
たる顔ぶれが揃っているのに、私全然この映画のこと知りませんでし
た。

銃の製造と販売責任をめぐり大手の銃器メーカーを民事で訴えた法廷
ものですが、アメリカにおける銃規制の問題や、陪審員工作の問題、
加えて謎解きのサスペンスもあって、最後まで飽きさせません。

日本でも裁判員制度が始まりましたが、陪審員を選ぶところから徹底
的に各個人の情報を集め評決をコントロールしようとする手口には驚
くというよりおそろしくなりました。

司法というのは公正で公明正大なものだと信じたいのですが、こんな
こと、実際に行われているのでしょうか??

「二重誘拐(The Clearing)」も、ロバート・レッドフォード、ウィ
リアム・デフォーという大物が競演してるのに、知らなかったわ・・。

これは内容はイマイチだったのですが、印象的だったのが、ロバート・
レッドフォードの妻役を演じたヘレン・ミレン。

「クィーン」でエリザベス2世を演じた女優さんですが、(この映画
のとき60歳ぐらい)ま~~~きれいなこと、エレガントなこと、ス
タイルのいいこと、セクシーなこと!

水着姿も、ラフな普段着姿も、バスローブ姿も、キャメルのコート姿
もほんとに素敵で、映画の内容そっちのけで彼女ばかり見てました。

うーん、年とってもかくありたいものだわ・・・。

女性が素敵だったという点では、17日に見たアンジェリーナ・ジョ
リーの「Changeling」。(「グラン・トリノ」も素晴らしかったし、
監督としてのクリント・イーストウッド、ほんとにすごい!)

1920年代に実際にあったゴードン・ノースコット事件を基にした
そうで、実話だということにびっくりしました。

当時ロサンゼルスの警察ってこんなに腐敗していたんですね・・。

その警察組織に毅然と立ち向かい、変えさせるきっかけとなったのが
一番弱い立場のひとりの女性だったということが、公民権運動のきっ
かけとなったローザ・パークスをも思い出させました。

腐敗してきた組織のなかにも必ずや心ある人はいるのだろうし、自助
作用がないのならば外に必ずやそれを正すため戦う人が出てくる
(ジョン・マルコビッチ演ずる牧師や無料で弁護を引き受けてくれた
弁護士のように)。

Right man, Right time, Right place, という言葉がありますが、今話題
の坂本龍馬も、まさにあの時代に出たRight manだったのでしょうね。

腐敗ーーとまでは言いたくないけど、
「なにかヘンだぞ!今の日本の政治!」

「いでよ、Right man !!」

いや、この頃は大学の総代も半分以上は女子だそうだし・・・

「いでよ、Right woman !!!」






2010・1・13 as busy as a bee

ぐだぐだしているうちに、いつのまにか新しい年も2週間近くが過ぎ
ようとしているSophieです。

世の中はすでに正月気分も終わり、テキパキと動いているというのに
私といえば、「よくそれだけ眠れるよねー」とあきれられるくらい、
本気で冬眠中のクマになってしまった感があります・・。


先週の金曜日は、「あー、お料理のクラスがあるんだった」とやっと
重い腰をあげて久しぶりにお日様の下を歩きました。

お料理の先生は、息子の幼稚園のときの同級生ママです。

ピンポーン、とお宅のインタフォンのチャイムを押すとーーー

「あら?どうしたの?ちょっと待ってね」

ーーーなんかいやーな予感・・・。

「き、今日、お料理の日じゃなかったっけ?」

「やだ~。Aさんがご都合が悪いっていうんで、18日に変更になっ
たじゃない」

うわ!そうでした!思い出しました・・・。

手帳に書き留めるのを忘れていたらこの有様です。

自分の記憶ほど当てにならないものはありません (--,)

「お休みのところをお騒がせして、ほんとにスミマセン!」

そしてまたとぼとぼと戻り、クマになる私・・・。

夕方からの英語クラスはちゃんとやってるのですが、「家からこの頃
私出てないのよね」と言うと、生徒さん達は皆一様に「えー、珍しい
ですね」と驚きます。

私は、忙しく飛び回ってるイメージがあるらしいのですが、でも、自
分では、このぐだぐだが真の姿ではないかと思っています。

小学校の時の娘の作文だか詩だかに、「ソファでころころ」というの
を書かれたことがあって、たしか「ままはいつもソファでころころ。
私もころころ。二人でころころ。」とかいう内容でした。
(今は娘のかわりに愛犬ロッキーところころしてますが)

おのれの進歩のなさに愕然とします・・・。

話は変わりますが、私はお友達と月1~2回、"Chat Club"と称して、
NHKのトラッドジャパンのテキストを使って勉強会をしています。

ガイドの勉強になるのと、ホームステイに来た外国人にいろいろ日本
のことを説明するのに内容がバラエティに富んでいてとても役にたつ
のです。

今月号の内容は「こま、囲碁、ラーメン、面」ですが、こまの項を読
んでいて、「へー、知らなかった・・」という表現がありました。

「こまは、安定して回転している時には止まっているように見えます
が、英語では、その状態をThe top sleeps. と言います。また、ぐっす
り眠ることを静止したこまに例えて、sleep like a top と言います」

こまがくるくる回転しているのなら、忙しく働いているイメージかと
思いましたが、全然反対の「ぐっすり眠る」とは・・。へえーーー

いまの私は昼間も夜もsleep like a top 状態ですが、「日曜日も働いて
います」という友人のメールなどを読むとさすがに自己嫌悪に陥って
きました。

連休も終わったし、今年最初の"Chat Club"も始まるし、今週はスケ
ジュールもいっぱいだし、as busy as a bee ですよ!
さっ!!

ころころしてないで、動きますよ!!



☆☆☆これ英語で何と言う☆☆☆
働き者  an eager beaver, a busy bee









2010・1・6 New Year's Resolutions

年が明けても、寒さのために、冬ごもりのように家でぐだぐだしてい
るSophieです。

まだ松の内なので「明けましておめでとうございます」を言えるでし
ょうか。皆様、今年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月用にアレンジしたお花です。(お年賀状がわりに)
    ↓
お正月花


さて、新年ーーといえば、そう、New Year’s resolution ですね。

「新しい年」に「新しい気持ち」で、「今年こそは・・」といろいろ
思うものです。

私も、「今年こそはぐだぐだしない!」と心に思ったばかりだったの
ですが・・それが"resolution"になる前にすでに3が日で挫けてしまい
ました・・。

そして、毎年かかげる「ダイエット」も、ぐだぐだに付随してすでに
食っちゃ寝状態なので、これまた"resolution"になる前に挫けました・
・・。

こんな情けない私に、今年最初の「引き寄せ」でしょうか、
英語の達人でいつも役に立つ記事や情報を書いてくださるマイミクさ
んが、「8割の人は新年の目標達成できず。’成功の秘訣’を心理学者が
指南」(Key to keeping New Year resolutions revealed by psychologist)
という記事をアップしてくださいました。

イギリスのワイズマン教授という方がされた調査と分析の結果だそう
ですが、

「自分のまわりにある誘惑をとりのぞく」

「模範的なお手本に沿って行動する」

「自分の意志の力に頼る」

ーーこう聞くと、「フムフム、そうすれば成功するのか・・」
と思いませんか?

実はこれらはみな、失敗に陥りやすいひとの傾向、なのですって!

真面目すぎても、一生懸命すぎてもいけないということでしょうか?

「失敗した」グループを分析した結果、こういう類いの目標をたてる
人のほかに、「もし成功することができなかったら・・と悪い方向に
考えてしまう人」、というのも多かったそうです。

逆に、「成功した」グループを分析した結果、ワイズマン教授が伝授
する、目標達成のための10のアドバイスとはーーー

・目標はひとつだけにする。

・数日じっくり考える。

・以前たてた目標は避ける。

・ごく普通の目標にする。

・細かくポイントを設定し、1つずつクリアしていく。

・自分にプレッシャーをかけサポートを得るために、
 家族や友人に目標を話す。

・定期的に「達成するとどう好ましくなるのか」を書き出し、
 利点を考えるようにする。

・モチベーションと進歩の感覚を守るため、1つのステップをクリア
 したら自分にご褒美を与える。

・達成までの計画やプロセスを記録し、グラフや絵を使って
 わかりやすく示す。

・心が折れそうなときは諦めるのではなく、一時的に前の習慣に
 戻ったと解釈する。

ーーということでした。

New Year's Resolutionsと聞いていつも私が思い出すのが "Bridget
Jones's Diary"です。

第1ページ目から延々と、 I WILL NOT--------(13項目), I WILL
--------(20項目)と続く年初の誓い。

(のっけから「目標はひとつだけにする」に反してますね。)

きっと彼女も毎年毎年同じようなresolutionsをしてたのでしょうねえ。

彼女のresolutionsを読むだけでもおもしろいのですが、今日あらため
てその部分を読み返してみて、私自身の目標にもしたいなーと思うも
のがいくつかありました。たとえばーー

I WILL
be more confident.

give proportion of earnings to charity.

make better use of time.

be kinder and help others more.

eat more fiber.

get up straight away when wake up in mornings.

 
う~~ん・・・ひとつにしぼるのは難しい・・・。

「数日じっくり考え」ます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。